比留川游

比留川游さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!かわいい幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

モーニング娘。のオーディションに落ちていたことや美容院でスカウト人が凄かったことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

比留川游の出身大学

昭和女子短期大学

比留川游さんは2004年4月に昭和女子大学短期大学部・人間文化学科へ入学し、2006年3月に卒業しています。(※2014年に廃校)

学校名昭和女子大学短期学部
学部・学科人間文化学科
偏差値─(※廃校のため偏差値なし)
入試難度
所在地〒154-8533
東京都世田谷区太子堂1丁目7−57
最寄り駅三軒茶屋駅(田園都市線)
公式HP

比留川游さんが昭和女子大学短期学部・人間文化学科出身であることは、2018年4月19日発信の『CYAN』のインタビューで同校出身と語っていることから間違いありません。

❝人間文化学科を選んだ理由は?(という問いに)色々な国の文化が学べ、モデルの仕事も続けていけそうな立地環境ということも含め、三軒茶屋にある昭和女子短期大学に進学することを決めました。❞
引用元:【Yu Hirukawa Special Interview(CYAN)】

比留川游の大学生時代は片道2時間!

横浜市の実家から世田谷区の三軒茶屋まで通っていた比留川游さんの通学時間は、なんと片道2時間。

短大に進学してから月2回発行の雑誌『mina』のレギュラーモデルをしていたので、ほぼ毎日撮影があったそう。

比留川游 雑誌 mina

短期大学は4年制大学のカリキュラムを2年で修了するので、とても忙しいんですよ。比留川游さんは仕事と授業が重なって出席日数が危ぶまれる中、1つも単位を落とすことなく卒業をしたようで、かなりの努力家ですよね。

宗教のこととか、人は何を考えて生きているんだろうっていうことが気になっていたので人間文化学科を専攻したのですが、短期大学にしたのは母親が「宗教のことなどを勉強したらモデルの仕事をしなくなるだろうからやめなさい」と助言されたので、せめて2年にしたんだとか。

美術史の授業が好きで、作品の背景にあるメッセージを知ることが楽しかったんですって!

大学を卒業してからになりますが、23歳のときにあまりにも仕事が忙し過ぎたことからハワイ州のマウイ島に3か月間語学留学をしています。

充電することを目的にしていたようですが、リフレッシュと英語の上達が両方かなうなんて理想的です。

比留川游さんはモデル仲間から❝肌がキレイ❞だとあこがれの的になっていますが、充電をしっかりするのも理由の一つなのかもしれません。

比留川游の出身高校

昭和女子短期大学
比留川游さんは2001年4月に神奈川県立松陽高等学校へ入学し、2004年3月に卒業しています。

学校名神奈川県立松陽高等学校
学科・コース普通科
偏差値60
入試難度
所在地〒245-0016
神奈川県横浜市泉区和泉町7713
最寄り駅いずみ野駅(相鉄いずみ野線)
公式HPhttps://www.pen-kanagawa.ed.jp/shoyo-h/

比留川游さんが松陽高等学校出身であることは、同校出身というつぶやきが投稿されていることから間違いないでしょう。

松陽高校は偏差値60と勉強ができないと進学できませんが、比留川游さんの父親がお祭り好きで、同校の文化祭や体育祭が充実していたことを理由に一生懸命勉強したんだそう。

『CYAN』のインタビューによると国語と英語が好きで体育はいつも成績5だった反面、数学は存在自体も理解できないと定期テストで2点だったこともあったんですよ!

美人だったことから美容院でのサロンモデルをしていたところ、凄い人にスカウトされたんです。

比留川游の高校時代に美容院でスカウトした人が凄い!

ヘアサロン『bloc(ブロック)』の撮影で待機していたところ、土屋アンナさんが偶然にサロンに来たんだそう。

土屋アンナ

ヘアサロンの代表・山本洋史さんが土屋アンナさんに比留川游さんを紹介したところ、土屋アンナさんは「え、モデルになりたいの? かわいいじゃん!」と所属事務所の社長にすぐに電話して事務所に所属が決定したんだとか。

とんとん拍子に話が決まるのは、比留川游さんの美貌が誰から見ても飛びぬけているからですよね。

ちなみに、モデルにならなかったら、スポーツインストラクターになりたかったそうですよ。きっと雑誌で❝美しすぎるインストラクター・比留川游❞と紹介されていたかもしれませんね。




比留川游の出身中学校

比留川游さんは1998年4月に中学校へ入学し、2001年3月に卒業しています。

比留川游さんの出身中学がどこなのかは明らかにされていませんが、同じ中学校だったとつぶやいている人の地元が泉中央公園付近だと語っていることから、下記のいずれかの中学校に通っていたと考えられます。

  • 横浜市立中和田中学校
  • 泉が丘中学校

比留川游の中学時代は❝ぼっち❞?

中学時代からサロンモデルをしていた比留川游さんですが、学校では人気者ではなかったんだそう。

団体行動が苦手で時間を拘束されることにも抵抗があったようで、遊びに誘われても断っていたのかもしれませんね。

『CYAN』のインタビューでは「中学校時代には帰りたくない。」と語っていたことから、❝ぼっち❞だった可能性が高いでしょう。

中学校に行きたくない状況の中でも難しい高校に進学しているのですから、勉強はおろそかにせずに頑張っていたんですね。

比留川游の出身小学校

比留川游さんは1992年4月に小学校へ入学し、1998年3月に卒業しています。

比留川游さんの出身小学校がどこなのかは明らかにされていませんが、中和田中学校と泉が丘中学校の校区から、下記のいずれかの小学校に通っていたと考えられます。

  • 横浜市立和泉小学校
  • 横浜市立伊勢山小学校
  • 横浜市立中和田小学校
  • 横浜市立中和田南小学校
  • 横浜市立下和泉小学校

出身地も泉区だろうと思いきや、『CYAN』のインタビューで「戸塚区生まれ」と語っているんですよ。

❝神奈川の戸塚生まれです。❞
引用元:【Yu Hirukawa Special Interview(CYAN)】

横浜市戸塚区の小学校の可能性もありますね。

比留川游は小学生時代にモー娘。を受けていた!

幼稚園時代から歌うことが好きで、芸能界に憧れを持っていた比留川游さん。小学4年生のときに友達を誘ってモーニング娘。のオーディションに応募していたんですって!

クールビューティーのイメージである比留川游さんがガーリーなアイドルを目指していたとは意外ですね。

比留川游さんには7歳年上の兄がいて、当時モデルをしていたことから芸能界は身近なものだったのでしょう。

オーディションは書類選考の時点から会場に自ら持ち込むシステムになっていましたが、比留川游さんは書類選考で落選してしまいました…。

幼稚園時代はマイクを片時も離さない女の子だったにも関わらず、カメラを向けられるのか苦手だったそうで、モデルをしている今からは考えられないですね。

比留川游 幼少期

比留川游の学歴一覧・出身地詳細

比留川游

【調査中】幼稚園
入園年月1989年4月
卒園年月1992年3月
【未確定】小学校
入学年月1992年4月
卒業年月1998年3月
【未確定】中学校
偏差値入試難度
入学年月1998年4月
卒業年月2001年3月
神奈川県立松陽高等学校
偏差値60入試難度
入学年月2001年4月
卒業年月2004年3月
昭和女子大学短期大学部・人間文化学科
偏差値入試難度
入学年月2004年4月
卒業年月2006年3月

ここまで比留川游さんの学歴について見てきましたが、『CYAN』のインタビューから神奈川県横浜市戸塚区出身でした。

横浜市戸塚区は舞岡公園にある❝河童が相撲を取っている池❞で有名なので、比留川游さんはもしかして河童と出会っていたかも?

モデル仲間からも「肌がキレイ」と憧れる比留川游さんがモーニング娘のオーディションに落選していたとは意外でした。

モデルから女優に転身を遂げようとしている比留川游さんの今後に期待します。