新川優愛

新川優愛さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!卒アル画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

小学校から劇団に入っていたことやオリンピック選手と同級生だったことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

新川優愛の出身大学

新川優愛さんは大学に進学していません。

幼いころから芸能界に入りたいと願っていたので、高校を卒業後は仕事に専念することにしたのでしょう。

大学在学中にあたる2012年4月から2016年3月の間に出演したドラマは22作品。2012年7月放送の『GTO』では本編と他にスペシャル3作品にも出演しました。

新川優愛 ドラマ GTO

同時期に出演した映画は2作品で、2016年7月2日公開の『全員、片想い「嘘つきの恋」』は主演を務めました。

新川優愛 映画 全員片想い

4年間でドラマ22作品と映画2作品のスケジュールは過密だったでしょうから、大学に通っていた時間はありませんね。

新川優愛の出身高校

埼玉栄高校
新川優愛さんは2009年4月に埼玉栄高等学校へ入学し、2012年3月に卒業しています。

学校名 埼玉栄高等学校
学科・コース 調査中
偏差値 48~65
入試難度
所在地 〒331-0078
埼玉県さいたま市西区西大宮3丁目11−1
最寄り駅 西大宮駅(JR埼京線)
公式HP http://www.saitamasakae-h.ed.jp/h/

新川優愛さんが埼玉栄高校出身であることは、同校の出身である加藤凌平さんと2016年08月23日発信の『東スポWeb』に同級生だと掲載されていることから間違いありません。

加藤凌平

❝新川といえば、高校の同級生だった体操男子日本代表きってのイケメン、加藤凌平選手(22)とネット上でまことしやかに“熱愛”が騒がれてきた。❞
引用元:【新川優愛 体操・加藤凌平との“熱愛”完全否定「タイプではないです」(東スポWeb)】

同校はスポーツが盛んで、相撲部や硬式野球部、陸上部やバドミントン部が知名度をあげています。吹奏楽部も有名で全国大会で18回の金賞受賞を経験しているんですよ。

新川優愛さんが高校2年にあたる2010年6月19日公開の映画『瞬またたき』で映画初主演を務め、『ミスマガジン』でグランプリに輝いています。

【ミスマガジン】

新川優愛 ミスマガジン

また、高校3年生のときに『ミスセブンティーン2011』に選ばれました。

新川優愛 ミスセブンティーン

学習塾Z会のパンフレットにも起用されました。

新川優愛 高校時代

新川優愛 高校時代

新川優愛 高校時代

新川優愛さんがうなぎ登りに売れ始めた時期ですが、将来の夢は意外なものだったんですよ。

新川優愛の高校時代の夢は介護士?

ドラマに映画に雑誌に引っ張りだこだったはずの新川優愛さんですが、介護士に向けて勉強していたんだとか。

芸能界は不安定であるため、安定した職業に就きたいと考えていたのかもしれません。

しかし、『東スポWeb』によると同級生の加藤凌平さんが「俺は五輪に出てメダルを取る」と高校時代から語っていたそうで、夢を追いかけている姿に影響を受けた可能性はありますよね。

【新川優愛の高校時代の同級生】

  • 加藤凌平(新体操)
【スポンサーリンク】

新川優愛の出身中学校

草加市立栄中学校

新川優愛さんは2006年4月に草加市立栄中学校へ入学し、2009年3月に卒業しています。

学校名 草加市立栄中学校
偏差値
入試難度
所在地 〒340-0041
埼玉県草加市松原3丁目3−1
最寄り駅 新田駅(東武伊勢崎線)
公式HP http://www.soka-stm.ed.jp/sakae-jh/

新川優愛さんが栄中学校出身であることは、同校出身であるというつぶやきが複数あることから間違いないでしょう。

新川優愛さんはお祭りが大好きだったようで、体育祭や文化祭では号泣するほど全力投球していたんだそう。部活はバドミントン部でしたが、大会で成果を出すほどの実力はなかったようですね。

好きな人にチョコレートを渡そうとして周囲に違いされたんです…。

新川優愛の中学時代の恋の行方は?

2019年1月30日発信の『スポーツ報知』によると、新川優愛さんはバレンタインデーで好きな男の子にチョコレートを渡せず、持って帰るのも気分が悪いと帰り道に出会った幼馴染みに渡しました。

その場面を友人に見られてしまい、新川優愛さんが幼馴染みに告白をしていたと勘違いされてしまったんですって!

恋話は電光石火のように広がるので、新川優愛さんの好きな男の子まで噂が広がらなかったのか心配になりますね。もしかして、チョコレートを渡せなかったのは先に他の女の子が渡している場面に遭遇してしまったのかもしれません。

一方で新川優愛さんは両親との仲が良く、反抗期にあたる中学生時代になっても父親と買い物に出かけるほどだったんですよ。きっと恋の相談もしていたことでしょう。

中学2年にあたる2008年2月放送のドラマ『長男の結婚』で女優デビューをしました。

新川優愛 ドラマ 長男の結婚

CM『オロナミンC』にも出演していたので、学校では有名人だったでしょうね。

新川優愛の出身小学校

新川優愛さんは2000年4月に小学校へ入学し、2006年3月に卒業しています。

新川優愛さんの出身小学校がどこなのかは明らかにされていません。出身地が中学の草加市と東松山市であるというつぶやきの2つの情報があるため引き続き調査し、新しく情報が入りましたらここに追記します。

新川優愛は書道4段

小学校3年生から書道を習いはじめ、8年間続けて4段の資格を持っている新川優愛さん。

新川優愛 書道

さすがに4段ともなると線がまっすぐになっていて美しい字ですね。

スポーツも得意だったようで、新川優愛さんはバドミントン部やバレーボールを特技にあげています。

クラスメイトと仲は良かったのですが、両親が共働きで一人っ子だったので1人遊びをする時間が多かったんだとか。

テレビを見ている時間が多く、新川優愛さんもテレビに出たいと思うようになり、『劇団東俳』に所属しました。

新川優愛 小学生時代 12歳

小学生にして既に完成されていますね。

新川優愛さんはのんきな性格だったようで、観察用の朝顔やミニトマトは水をあげずに枯らしてしまい、夏休みの宿題は新学期間近になっても手を付けなかったんだそう。

更にはお風呂に入っているときに居眠りをして溺れたこともあったそうで、大事に至らなくてよかったですね。

可愛すぎる幼少期の画像があるのでご紹介しましょう。

新川優愛 幼少期

新川優愛 幼少期

新川優愛の学歴一覧・出身地詳細

新川優愛

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月
卒園年月
小学校
入学年月 2000年4月
卒業年月 2006年3月
草加市立栄中学校
偏差値 入試難度
入学年月 2006年4月
卒業年月 2009年3月
埼玉栄高等学校
偏差値 48~65 入試難度
入学年月 2009年4月
卒業年月 2012年3月
大学
偏差値 入試難度
入学年月 進学せず
卒業年月

ここまで新川優愛さんの学歴について見てきましたが、草加市と東松山市出身の両方の情報がありますので引き続き調査していきます。

新川優愛さんは小学生の時からの芸能界の夢をかなえました。抜群のスタイルと幼少期からのかわいらしさで今後も活躍してくれるでしょう。