相川七瀬

相川七瀬さんの出身高校や大学などの学歴と本当の出身地を徹底解説!若い頃の画像やを含め、学生時代に迫ります!

45歳で大学に合格したことやインパクトありすぎなヤンキーだったなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

相川七瀬の出身大学

國學院大學

相川七瀬さんは2020年4月に國學院大學・神道文化学部・フレックスBへ入学し、2024年3月に卒業予定です。

学校名 國學院大學
学部・学科 神道文化学部
偏差値 57~60
入試難度
所在地 〒150-8440
東京都渋谷区東4丁目10−28
最寄り駅 渋谷駅(JR山手線)
公式HP https://www.kokugakuin.ac.jp/

相川七瀬さんが國學院大學・神道文化学部に入学したことは、2020年3月13日発刊の『中日スポーツ』で同校に進学したことが掲載されていることから間違いありません。

❝歌手の相川七瀬(45)が、4月から国学院大学神道文化学部に入学することが13日、分かった。❞
引用元:【相川七瀬が4月から大学生に 実家が神社の氏子「民俗学的なことに興味」高卒認定を取得、国学院大神道文化学部へ(中日スポーツ)】

國學院大學神道文化学部にはフレックスA(夜間主コース)とフレックスB(昼間主コース)がありますが、相川七瀬さんには子供が3人いることからフレックスBの可能性が高いでしょう。

フレックスBの方がフレックスAよりも偏差値が10ほど高いんですよ。

相川七瀬が45歳で大学に進学した理由は?

2020年3月21日発信の『Asajo』によると、赤米を伝承する大使をしているうちに神事を学びたいと感じるようになったからだそう。

❝種子島や対馬、岡山などで、御神体として古くから崇められている赤米。その赤米を伝承する大使として、相川は10年近く活動しているという。学術的に神事を勉強したいという欲求が募り、大学受験に挑戦。❞
引用元:【相川七瀬が高卒認定から大学合格!あの元アイドルアナも同じ道だった(Asajo)】

相川七瀬さんは神社の氏子をしていたことやデビュー25周年を迎えて『祭り』を通じて地域活性に携わりたいという思いもあったんだそう。

相川七瀬さんは高校を中退しているので、高卒認定試験(旧大検)を2年半かけて取得しているんですよ。

2020年3月13日の『ORICON NEWS』のインタビューによると、数学に関しては海外に留学している相川七瀬さんの長男と一緒に猛勉強したんだとか。

一緒に試験会場にも行って、受験生ならではの悩みや普段の生活からではシェアできないことも語り合えたそうで、親子の距離もぐっと近づいたようですね。

大学では❝なぜ、その地域の祭りは続いたのか、あるいは続かなかったのかということも研究テーマにしたい❞と語っていたことから、相川七瀬さんの研究は極めたものになるでしょう。

相川七瀬の出身高校

大阪府立北淀高等学校
相川七瀬さんは1990年4月に大阪府立北淀高等学校へ入学し、1992年ごろに中退しています。

学校名 大阪府立北淀高等学校
学科・コース 普通科
偏差値
入試難度
所在地 〒533-0013
大阪府大阪市東淀川区豊里2丁目11−35
最寄り駅 だいどう豊里駅(大阪メトロ今里筋線)
公式HP http://www.osaka-c.ed.jp/kitayodo/

相川七瀬さんが北淀高校出身であることは、『みんなの高校情報』に同校の卒業者として掲載されていることから間違いありません。

相川七瀬 みんなの高校情報

相川七瀬さんが高校を中退したのは、学校の先生から促されていたという情報があります。

高校2年生になるまでに100人以上退学者が出て、友人がどんどん減っていったことから「ここ(北淀高校)にいてもあなたのプラスになるとは思えない」と忠告されたんだとか。

相川七瀬さんは約1年前にオーディションを受けて審査員だった織田哲郎氏から連絡を受けていました。

当時の画像をみると、お声がかかるのも当然のかわいらしさです。

相川七瀬 高校時代

相川七瀬 高校時代

連絡をもらったときは断っていた相川七瀬さんも、学校の先生に他の道を探すことをアドバイスされたことで、上京すると決心したのでしょうね。

1995年11月リリース『夢見る少女じゃいられない』でデビューしましたが、実は芸名だったんですよ。

相川七瀬の名前は駅から由来?

相川七瀬さんの本名は『佐伯美咲』さんと言い、芸名の相川は阪急電鉄の駅名からと噂になっていますが、駅名と芸名は関係ありません。

❝「(出身は)上新庄です。それで隣の駅だから『相川』って付けたんじゃないかってすごい言われるんですけど、何の関係もないんですよ。都市伝説です」❞
引用元:【相川七瀬 「阪急・相川駅」由来説否定(デイリー)】

駅名由来説を否定しただけで『相川七瀬』という芸名の由来は明らかになっていませんが、芸名と本名は一緒じゃなかったんですね。




相川七瀬の出身中学校

大阪市立東淀中学校

相川七瀬さんは1987年4月に大阪市立東淀中学校へ入学し、1990年3月に卒業しています。

学校名 大阪市立東淀中学校
偏差値
入試難度
所在地 〒533-0013
大阪府大阪市東淀川区豊里6丁目25−19
最寄り駅 だいどう豊里駅(大阪メトロ今里筋線)
公式HP http://swa.city-osaka.ed.jp/swas/index.php?id=j652424

相川七瀬さんが東淀中学校出身であることは、株式会社ウィルが運営するサイト『WILL』に同校出身と掲載されていることから間違いありません。

相川七瀬 東淀中学校

相川七瀬さんが中学2年生のときに両親が離婚をしてヤンキーの道に進んでしまったのですが、とんでもないものを万引していたんです…。

相川七瀬のヤンキー度がすごい!

万引きというと、ポケットやかばんに入る大きさの商品を盗むものですが、相川七瀬さんはタンスだったんです!

相川七瀬さんは細くて華奢なイメージにもかかわらず、タンスをどうやって運んでいたのでしょうね…。

ヤンキーの傍ら、中学時代はオーディションを受けまくっていました。

親には「中学3年生までは受けさせてほしい」とお願いしていたそうで、本気度が伝わってきますね。

相川七瀬の出身小学校

大阪市立豊里小学校
相川七瀬さんは1981年4月に大阪市立豊里小学校へ入学し、1987年3月に卒業しています。

学校名 大阪市立豊里小学校
所在地 〒533-0013
大阪府大阪市東淀川区豊里5丁目14−60
最寄り駅 だいどう豊里駅(大阪メトロ今里筋線)
公式HP http://swa.city-osaka.ed.jp/swas/index.php?id=e651425

相川七瀬さんが豊郷小学校出身であることは、同校のことを懐かしいと語っているつぶやきがあることから間違いありません。

相川七瀬の小学生時代は女子力あり

相川七瀬さんの小学生時代は手芸クラブに所属し、ピアノも習っていたそうで女子力が半端ないですね。

國學院大學の受験理由にもなった実家が氏子をしていたことで、お祭りが大好きな少女だったんだそう。

「大学では古事記や日本書紀を掘り下げたい」ともインタビューで語っていたので、小学生時代から古事記の本を読んでいたのかもしれません。

相川七瀬の学歴一覧・出身地詳細

相川七瀬

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月
卒園年月
大阪市立豊里小学校
入学年月 1981年4月
卒業年月 1987年3月
大阪市立東淀中学校
偏差値 入試難度
入学年月 1987年4月
卒業年月 1990年3月
大阪府立北淀高等学校
偏差値 入試難度
入学年月 1990年4月
卒業年月 1992年ごろ中退
國學院大學・神道文化学部・フレックスB
偏差値 57~60 入試難度
入学年月 2020年4月
卒業年月 2024年3月(予定)

ここまで相川七瀬さんの学歴について見てきましたが、出身小学校が大阪市立豊郷小学校ということから出身地は大阪市東淀川区豊里付近でしょう。

相川七瀬さんは神社の氏子だったことから、豊里小学校近くの大宮(神社)にお仕えしていたのかも?

相川七瀬さんは45歳にして國學院大學に進学するために高卒認定試験も突破しました。いくつになってもチャレンジすることは大事であることの手本としてこれからも活躍してくれることでしょう。