西村康稔

西村康稔さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!卒アル画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

ロス五輪に出業していたかもしれなかったことや甲子園で行進していたことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

西村康稔の出身大学院

メリーランド大学

西村康稔さんは1991年9月にメリーランド大学・公共政策大学院へ留学し、1992年5月に卒業しています。

学校名メリーランド大学・公共政策大学院
研究科・専攻国際政治経済学
所在地College Park, MD 20742 アメリカ合衆国
最寄り駅カレッジ・パーク・マーク・ステーション(マーク鉄道カムデン線)
公式HPhttps://www.umd.edu/

西村康稔さんがメリーランド大学・公共政策大学院出身であることは、首相官邸ホームページに同校出身と掲載されていることから間違いありません。

西村康稔 首相官邸ホームページ

西村康稔さんは通商産業省(現:経済産業省)に在籍しながらメリーランド大学の修士号を取得しています。

通商産業省では若手行政官の能力向上のために留学制度を用意しているので、西村康稔さんは利用したんですね。

I.M.デスラー教授のもとで学んでいました。

西村康稔の感想はアメリカも大したことない

2012年4月25日放送の政治トーク番組『みわちゃんねる突撃永田町!!』によると、渡米した当時は地名も上院議員と下院議員の名前が分からずに苦労していたのですが、ワシントンの中をインタビューしてレポートにまとめるうちに、アメリカも大したことないと感じたんだそう。

❝アメリカも大したことことないなぁ、っていうのも分かったんです。授業に出ていてもみんな関係のない好きなことを言うんですよ。とにかく言えばいい、っていう・・・ しかも、数学や経済学の授業ではみんな出来ないんですよ。全然出来なくて(私に)聞いてくるんですよ。❞
引用元:【第28回4月25日放送自民党西村康稔衆議院議員(みわちゃんねる突撃永田町!!)】

後述しますが、東京大学を奨学金をもらっていた人にとっては簡単に感じたのでしょう。

ちなみに、西村康稔さんの奥さんとはワシントンDCで知り合ったそうで、仕事のできる方と結婚していたんですね。

西村康稔の出身大学

東京大学

西村康稔さんは1981年4月に東京大学・文科一類へ入学し、1985年3月に法学部・2類(政治コース)を卒業しています。

学校名東京大学
学部・学科法学部
偏差値83
入試難度難関
所在地〒113-0033
東京都文京区本郷7丁目3
公式HPhttp://www.j.u-tokyo.ac.jp/

西村康稔さんが東京大学法学部出身であることは、外務省のホームページに同校出身と掲載されていることから間違いありません。

西村康稔 外務省ホームページ

東京大学に入るだけでもスゴイことですが、❝奨学金をもらって通っていた❞と公式ホームページに書かれていることから、高得点で合格しているんですよ。

❝奨学金を頂き大学に進学。 ❞
引用元:【西村やすとしプロフィール(西村やすとしホームページ)】

勉強だけでなく、ボクシングでも成績優秀だったんです。

西村康稔はロス五輪に出場したかも?

大学になって初めてボクシンググローブをはめた西村康稔さんでしたが、当時のフェザー級・57kgでメキメキと頭角を現し、大学3年生のときにはロサンゼルスオリンピックの日本代表を決める予選に出場したんですよ!

第一回戦で後の日本代表になる東悟選手と対戦したので1ラウンドKO負けになってしまったのですが、大学時代の成績は9勝2敗、文京区の大会では優勝も経験しています。

西村康稔 大学時代

初戦で日本代表と当たってしまったのは運がなかったですね…。

夏の練習の時は体重制限と熱中症対策でかき氷を丼いっぱい食べていたそうで、お腹を冷やしてくだしてしまったのかもしれません。

卒業旅行でイギリスに行ったとき、異文化に触れたことが衝撃でもっと早く海外旅行に行けばよかったと感じたんですって!

毎日フットワークやヒット&アウェイをひたすら練習していた西村康稔さんに旅行する時間は取れなかったことでしょう。

西村康稔の出身高校

灘高等学校

西村康稔さんは1978年4月に灘(なだ)高等学校・普通科へ入学し、1981年3月に卒業しています。

学校名灘高等学校
学科・コース普通科
偏差値79
入試難度難関
所在地〒658-0082
兵庫県神戸市東灘区魚崎北町8−5−1
最寄り駅白浜の宮駅(山陽電気鉄道本線)
公式HPhttp://www.nada.ac.jp/

西村康稔さんが灘高校出身であることは、同校の卒業生として『週刊ダイヤモンド』に掲載されていることから間違いありません。

西村康稔は甲子園で行進

野球部に所属していた西村康稔さんは兵庫県の予選大会の出場式に参加し、甲子園を行進しています。

ポジションは外野手で、勝負に関わる大事な打席のときはいつも決めていたそうですよ。

西村康稔 高校時代

後ろ姿でありながらもスイングしている姿がかっこいいですね!

受験のために高校3年生に進級するとともに退部してしまいましたが、不完全燃焼の思いが残り3年生まで続けていればよかったと後悔しているんだとか…。

野球部は体育会系の王道のようなものですから、たとえ2年であろうとも学んだものは多かったことでしょう。




西村康稔の出身中学校

神戸大学附属明石中学校

西村康稔さんは1975年4月に神戸大学附属明石中学校へ入学し、1978年3月に卒業しています。(※2010年閉校し、神戸大学附属中等教育学校へ)

学校名神戸大学附属明石中学校
偏差値
入試難度
所在地
最寄り駅
公式HPhttp://www.edu.kobe-u.ac.jp/kuss-top/

西村康稔さんが神戸大学附属明石中学校出身であることは、『PRESIDENT ONLINE』のプロフィールに同校出身と掲載されていることから間違いありません。

西村康稔 PRESIDENT ONLINE

西村康稔は3000m市内4位!

中学時代は陸上部で活躍していた西村康稔さんは、明石市の大会では個人3000mで4位、駅伝ではアンカーを務め準優勝に輝いているんですよ!

灘高校に合格するほどですから当然ながら成績は抜群で、その上生徒会長を務めたり、先輩の卒業式では『送辞』を読む担当を担ったりと目立つ存在でもありました。

西村康稔さんはイケメンなので、自分の卒業式のときは第2ボタンを狙う女子生徒がたくさんいたことでしょう。

神戸大学附属明石中学校は教科書を使わずに❝神戸大学の教育学部(現発達科学部)で研究されている最先端の内容を附属で実験しつつ、新しい時代を担うにふさわしい人材を育んでいく❞ことをモットーとしているので、音楽の授業でシンセサイザーを使ったり、数学の時間にコンピューターで微分積分の解析をしていたんですって!

明石の片田舎で最先端の授業を受けられた西村康稔さんは運がいいですね。

西村康稔の出身小学校

神戸大学附属明石小学校

西村康稔さんは1969年4月に神戸大学附属明石小学校へ入学し、1975年3月に卒業しています。(※2014年閉校し、神戸大学附属小学校へ)

学校名神戸大学附属明石小学校
所在地〒673-0878
兵庫県明石市山下町3−4
最寄り駅山陽明石駅(山陽電鉄本線)
公式HPhttp://www.edu.kobe-u.ac.jp/hudev-akashie/gakkougaiyou.html

西村康稔さんが神戸大学附属明石小学校出身であることは、衆議院議員のホームページに同校出身と掲載されていることから間違いありません。

西村康稔 衆議院議員

西村康稔は通知簿2ばかり

両親から勉強を催促されることがなかった西村康稔さんは成績が芳しくなかったんですよ…。


そんなある日、四六時中一緒に遊んでいた友達から「中学を受験すんねん」と言われたんだそう。

西村康稔さんも影響を受けて塾に通い出したそうですが、間に合わなかったんだとか…。

神戸大学附属中学校に進学できるにもかかわらず、あぐらをかかずに受験勉強に励む友達に囲まれていたとはハイレベルの環境にいたんですね。

ちなみに、西村康稔さんは図書館に缶詰になって本を読み漁ったそうで、とてつもない集中力と持久力を兼ね備えているのでしょう。

西村康稔の出身幼稚園

神戸大学附属幼稚園

西村康稔さんは1966年4月に神戸大学附属明石幼稚園(現:神戸大学附属幼稚園)へ入園し、1969年3月に卒園しています。

学校名神戸大学附属明石幼稚園
所在地〒673-0878
兵庫県明石市山下町3−4
最寄り駅山陽明石駅(山陽電鉄本線)
公式HPhttp://www.edu.kobe-u.ac.jp/hudev-akashikg/

西村康稔さんが神戸大学附属明石幼稚園出身であることは、2002年10月発売『リスクを取る人・取らない人―しがらみを断ち切る勇気がこの国を救う』に同園出身と掲載されていることから間違いありません。

❝兵庫県明石市出身。神戸大学附属明石幼稚園、小学校を経て、同中学校卒業❞
引用元【リスクを取る人・取らない人―しがらみを断ち切る勇気がこの国を救う】

西村康稔は市営住宅出身

幼稚園へは電車に乗って通っていたんですよ。

❝毎日、近所の姉崎外科のお嬢さんと手をつないで山陽電車に乗って幼稚園に通ったことをよく覚えている。❞
引用元:【2005年4月8日(西村やすとし公式ブログ)】

母親の実家の方が幼稚園に近かったこともあり、祖父が経営する明石駅前・東仲ノ町の『大崎時計店』に泊まることも多かったんだとか。

泊まった際には祖父が吉田茂首相のことを話してくれたそうで、すでに政治家への英才教育が施されていたんですね。

西村康稔さんは近所のパン屋さんや飲食店のお兄さんに遊んでもらっていたことをよく覚えているそうで、画像を見てもアットホームな町で育ったことがうかがえます。

西村康稔 幼少期

西村康稔 幼少期

海辺でカニやヤドカリを一所懸命探していたそうで、西村康稔さんは磯モン博士だったのかもしれませんね。

ちなみに、西村康稔さんの出身地は本人がつぶやいています。

西村康稔さんは明石市西二見出身だったんですね。

西村康稔の学歴一覧・出身地詳細

西村康稔

神戸大学附属明石幼稚園(現:神戸大学附属幼稚園)
入園年月1966年4月
卒園年月1969年3月
神戸大学附属明石小学校
入学年月1969年4月
卒業年月1975年3月
神戸大学附属明石中学校(※2010年閉校)
偏差値入試難度
入学年月1975年4月
卒業年月1978年3月
灘高等学校
偏差値79入試難度難関
入学年月1978年4月
卒業年月1981年3月
東京大学・法学部・法律学科
偏差値83入試難度難関
入学年月1981年4月
卒業年月1985年3月
メリーランド大学・公共政策大学院
偏差値入試難度
入学年月1991年9月
卒業年月1992年5月

ここまで西村康稔さんの学歴について見てきましたが、出身地は明石市西二見でした。

明石市はタコで有名なので西村康稔さんはタコの足を噛んで歯固めをしていたのかも?

西村康稔さんは灘高校から東京大学法学部へ進学し、メリーランド大学公共政策大学院も卒業するという絵に描いたような素晴らしい学歴の持ち主です。

日本を代表する政治家として今後の活躍に大いに期待します。