河野太郎

河野太郎さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!卒アル画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

アメリカの大学に留学をして英語が神がかっていることや政治家になるきっかけなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

河野太郎の出身大学

河野太郎さんは1981年4月に慶應義塾大学・経済学部・経済学科へ入学し、1981年6月に中退。

1982年9月にジョージタウン大学に入学し、1985年12月に卒業しています。

【慶應義塾大学・日吉キャンパス】

慶應義塾大学

慶應義塾大学
学部・学科経済学部・経済学科
偏差値83
入試難度難関
所在地日吉キャンパス(1~2年生)
〒223-8512
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
三田キャンパス(3~4年生)
〒108-8345
東京都港区三田2-15-45
公式HPhttp://www.econ.keio.ac.jp/

【ジョージタウン大学】

ジョージタウン大学

学校名ジョージタウン大学
学部・学科比較政治学専攻
偏差値
入試難度
所在地3700 O St NW, Washington, DC 20057 アメリカ合衆国
最寄り駅ロスリン駅(地下鉄)
公式HPhttps://www.georgetown.edu/

河野太郎さんが慶應義塾大学経済学部に入学しまもなく中退したたことは、2008年12月12日発信の慶應義塾大学の学生によるサイト『SFC CLIP』に掲載されています。

❝河野議員は義塾経済学部入学後2ヶ月で退学し、渡米したエピソードを紹介。❞
引用元:【衆議院議員河野太郎氏、「予算編成論」にてゲスト講演(SFC CLIP)】

ジョージタウン大学を卒業したことは、首相官邸ホームページに掲載されていることから間違いありません。

河野太郎 首相官邸ホームページ

ジョージタウン大学は多くの政治家を輩出している有名な大学で、第42代アメリカ合衆国大統領・ビル・クリントン氏やコスタリカ元大統領・ラウラ・チンチージャ氏がいます。

河野太郎の英語が神ってる!

政治家で海外の大学に留学した人は麻生太郎さんや安倍晋三さんなど数多くいますが、河野太郎さんの英語力ほど神がかっている人は少ないでしょう。

河野太郎さんが外務大臣に就任し、2018年4月2日の入省式のコメントには❝(外務省の職員なら)TOEFLで100点は必要❞と語っています。

株式会社アルクが運営する『ENGLISH JOURNAL ONLINE』によると、❝英検なら1級以上、TOEICなら870点以上に相当❞するんだそう。

職員に求めるだけでなく河野太郎さん自身も英語の勉強をし続けているようで、ジョージタウン大学に入学する前にマサチューセッツ州アンドーバーでサマースクールへ通っていたときは英語の本を読んだときは辞書を手放せなかったのが、20年経ってもう一度読み返した際には辞書は必要なかったんですって!

サマースクール以外にも1年間コネチカット州にある❝サフィールドアカデミー❞で英語を学んでいますが、アカデミーと言えども全寮制高校です。

現地の高校から勉強しなおすとは、語学力の基礎をしっかりと学んでから大学に臨もうという意志を感じますね。

ジョージタウン大学に在学中も1984年に休学してポーランド中央計画統計大学(現:ワルシャワ経済大学)に留学しているんですよ!

ちなみに、ポーランド中央計画統計大学在学中に後の第2代大統領でノーベル平和賞受賞者・レフ・ヴァウェンサ氏(自宅軟禁中)を訪ねたことで逮捕されてしまったことがあります。

ジョージタウン大学では後の国務長官になるマデリーン・オルブライト氏のゼミに参加。

アメリカの大統領選挙に立候補したアラン・クランストン上院議員の選対本部の財務部門でボランティアを経験したり、リチャード・シェルビー下院議員のもとでインターンを務めました。

日本から出ない一般人にとっては誰が誰なのか覚えきれませんが、河野太郎さんが国を牽引していく人達の元で学んでいたことはわかります。

卒アルを見ると、ハリウッドで活躍する日系人のようにイケメンですね。

河野太郎 卒アル 大学

河野太郎さんは父親が元衆議院議長・河野洋平さん、祖父が元副総理・河野一郎さん、大叔父が元参議院議長・河野謙三さんと政治家一家ですが、本人が政治家になろうと思ったきっかけは何だったのでしょう。

河野太郎の政治家のきっかけは?

2010年1月22日発信『THE JOURNAL』のインタビューによると、米日間ほど重要な二国間系はないと言いながらも米国人は日本のこと何も知らないことに問題を感じたからです。

❝ワシントンポストを読んでいて、”JAPAN”の文字を見ることはほとんどありませんでした。学生時代の知人には、「ソニーは米国の企業だろ」と言われたこともあります。日本の新聞では米国の記事ばかりなのに米国では日本のことを取り上げてない、この日米間の情報の非対称性に疑問を感じていました。❞
引用元:【【第23回】政治家に訊く:河野太郎(THE JOURNAL)】

日本の情報発信の仕方に問題があるのではないかと思ったそうで、自己アピールの苦手な日本人気質をなんとかせねばならんと感じたのでしょう。

当時の画像ではありませんが、若い頃の河野太郎さんを見ると鼻が高いのでアメリカナイズされたかと勘違いしてしまいますね。

河野太郎 若い頃

河野太郎の出身高校

慶應義塾高等学校

櫻井翔さんは1997年4月に慶應義塾高等学校へ入学し、2000年3月に卒業しています。

学校名慶應義塾高等学校
学科・コース普通科
偏差値76
入試難度難関
所在地〒223-8524
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-2
最寄り駅日吉駅(東急東横線)
公式HPhttps://www.hs.keio.ac.jp/

河野太郎さんが慶應義塾高校出身であることは、2017年8月3日発信『選挙ドットコム』に同校出身と掲載されていることから間違いありません。

❝慶応義塾高等学校卒業後、慶応大学に進学。❞
引用元:【外務大臣に内定。自民党・河野太郎(こうの たろう)氏の人柄・学歴・経歴は?(選挙ドットコム)】

河野太郎は駅伝アンカー!

河野太郎さんは中学から慶應義塾體育會(体育会)競走部に所属し、アンカーやキャプテンを務めたこともあったんですよ。

将来は箱根駅伝に参加したいと願っていたそうで、練習に励んでいたのでしょうね。

一方で将来留学をしたいと考えていた河野太郎さんは、タイプライターの練習をしていたんですよ。

❝その時に、カンマの後はスペースひとつ、ピリオドの後にはスペースふたつと習いました。❞
引用元:【ごまめの歯ぎしり(河野太郎ホームページ)】

しかし、マイクロソフト社のWordが❝ピリオドの後にスペースをふたつ入れるのはタイプライターの名残だ、パソコンの時代にはスペースはひとつで充分だ。❞とルールを変えたことに抗議したかったんですって!

スペースの数に怒り心頭するとは、河野太郎さんは真面目な人なんですね。

高校時代は寝グセ頭で毎日していたようで、卒アルもバッチリはねてます!

河野太郎 卒アル 高校
【河野太郎の高校時代の同級生】

  • 西田実仁(参議院議員)



河野太郎の出身中学校

慶應義塾 中等部

河野太郎さんは1975年4月に慶應義塾中等部へ入学し、1978年3月に卒業しています。

学校名慶應義塾中等部
偏差値70
入試難度難関
所在地〒108-0073
東京都港区三田2丁目17−10
最寄り駅三田駅(都営三田線)
公式HPhttps://www.kgc.keio.ac.jp/index.html

河野太郎さんが慶應義塾中等部出身であることは、首相官邸ホームページに掲載されていることから間違いありません。河野太郎 プロフィール河野太郎 プロフィール

河野太郎さんは中学1年生から同じ目覚まし時計で起きているそうで、物持ちがいいんですね。

河野太郎の出身小学校

平塚市立花水小学校

河野太郎さんは1969年4月に平塚市立花水小学校へ入学し、1975年3月に卒業しています。

学校名平塚市立花水小学校
所在地〒254-0814
神奈川県平塚市龍城ケ丘5−62
最寄り駅平塚駅(湘南新宿ライン)
公式HP

河野太郎さんが花水小学校出身であることは、本人のホームページに掲載されていることから間違いありません。

河野太郎 ホームページ

河野太郎は平塚第5団

小学生時代はボーイスカウトに参加していて、平塚第5団に所属していた河野太郎さん。

真面目で頭脳明晰な河野太郎さんは、ボーイスカウトでもリーダー的な立ち位置だったに違いありません。

ボーイスカウトでも両親からも人の悪口は言わないように教わっていたんだそう。

学校では体育館の掃除当番だったんですよ。


当時の画像をTwitterに投稿していますが、母校ではない小学校に友達がいるとは幼い頃から交友関係が広かったんですね。

河野太郎の出身幼稚園

河野太郎さんは1966年4月に平塚YMCA幼稚園へ入園し、1966年3月に卒園しています。(※現在廃園)

学校名平塚YMCA幼稚園
所在地
最寄り駅
公式HP

河野太郎さんが平塚YMCA幼稚園出身であることは、本人がFacebookに投稿していることから間違いありません。

YMCAはボランティア活動やキャンプをはじめとしたアウトドア活動を積極的に行っているので、河野太郎さんはボーイスカウトに入団することにしたのでしょう。

河野太郎の学歴一覧・出身地詳細

河野太郎

平塚YMCA幼稚園
入園年月1966年4月
卒園年月1969年3月
平塚市立花水小学校
入学年月1969年4月
卒業年月1975年3月
慶應義塾中等部
偏差値70入試難度難関
入学年月1975年4月
卒業年月1978年3月
慶應義塾高等学校
偏差値76入試難度難関
入学年月1978年4月
卒業年月1981年3月
慶應義塾大学・経済学部・経済学科
偏差値83入試難度難関
入学年月1981年4月
卒業年月1981年6月
ジョージタウン大学・比較政治学専攻
偏差値入試難度
入学年月1982年9月
卒業年月1985年12月

ここまで河野太郎さんの学歴について見てきましたが、出身小学校が平塚市立花水小学校ということから出身地は神奈川県平塚市でしょう。

平塚市は湘南平(高麗山公園)で有名なので河野太郎さんは桜のトンネルを通っていたかも?

河野太郎さんは慶應義塾大学という一流大学に進学しながらも2ヶ月で進路変更したことは潔くてかっこいいですね。

ジョージタウン大学で学んだことを最大限生かし、日本のトップリーダーになってくれる日も近いことでしょう。