加藤勝信

加藤勝信さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!学生時代に迫ります!

小学生時代の夢は国連事務総長だったことや日本労働組合総連合会会長と同級生だったことなことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

加藤勝信の出身大学

東京大学経済学部

加藤勝信さんは1974年または1975年4月に東京大学へ入学し、1979年3月に経済学部を卒業しています。

学校名東京大学
学部・学科経済学部
偏差値82
入試難度難関
所在地〒113-8654
東京都文京区本郷7丁目3−1
最寄り駅東大前駅(南北線)
公式HPhttps://www.u-tokyo.ac.jp/ja/schools-orgs/faculties/faculty.html

加藤勝信さんが東京大学出身であることは、首相官邸ホームページに同校出身と掲載されていることから間違いありません。

❝昭和54年 3月 東京大学経済学部卒業❞
引用元:【加藤勝信(首相官邸)】

加藤勝信さんは1955年11月22日生まれなので、現役であれば1978年に東京大学を卒業することになります。

昭和54年は1979年であることから、加藤勝信さんは1年浪人したかあるいは1年留年したことになりますね。

引き続き調査していき、新しい情報が入りましたら追記します。

大学を卒業し大蔵省に入省している加藤勝信さんは、東京大学の中でも成績優秀であったことがうかがえますね。

嘉悦大学教授・高橋洋一さんよると、「財務省(旧:大蔵省)は予算を作るので、入省したてのことから政治家と接することが多くなる」のだそう。

政治家を意識するのも自然の流れだったのでしょうね。

加藤勝信の出身高校

都立大泉高等学校

加藤勝信さんは1971年4月に東京都立大泉高等学校へ入学し、1974年3月に卒業しています。

学校名東京都立大泉高等学校
学科・コース
偏差値65
入試難度難関
所在地〒178-0063
東京都練馬区東大泉5丁目3−1
最寄り駅石神井公園駅(西武池袋線)
公式HPhttp://www.oizumi-h.metro.tokyo.jp/main/index.html

加藤勝信さんが東京都立大泉高等学校出身であることは、本人のFacebookに同校出身と書かれていることから間違いありません。

❝都立大泉高等学校
1974年卒業東京都 練馬区❞
引用元:【加藤勝信さんの自己紹介(Facebook)】

同窓生に亀井静香さんや池上彰さんがいるということからも、優秀な生徒がいる学校と言えるでしょう。

池上彰の大学や高校の学歴まとめ!教授の任命数がハンパない!

加藤勝信さんは東京大学に進学していることを考えると、高校時代も優秀な生徒だったに違いありません。




加藤勝信の出身中学校

東京学芸大学付属小金井中学校

加藤勝信さんは1968年4月に東京学芸大学附属小金井中学校へ入学し、1971年3月に卒業しています。

学校名東京学芸大学附属小金井中学校
偏差値56
入試難度難関
所在地〒184-8501
東京都小金井市貫井北町4−1−1
最寄り駅武蔵小金井駅(JR中央線)
公式HPhttps://www.u-gakugei.ac.jp/~gkoganei/index.html

加藤勝信さんが東京学芸大学附属小金井中学校出身であることは、2019年2月3日発信の朝日新聞デジタルの関連サイト『論座』で❝東京学芸大附属小学校・中学校に進んだ❞と掲載されていることと、同校出身というつぶやきが投稿されていることから間違いありません。

❝加藤さんは東京生まれで、東京学芸大付属小学校・中学校に進みますが、この時の同級生に連合会長の神津里季生さんがいます。❞
引用元:【中島岳志の「自民党を読む」(6)加藤勝信(論座)】

東京学芸大学附属の中学校は小金井中学校だけでなく、全部で下記の4校あるんですよ。

  • 東京学芸大学附属世田谷中学校
  • 東京学芸大学附属小金井中学校
  • 東京学芸大学附属竹早中学校
  • 東京学芸大学附属大泉中学校(2009年閉校)

小金井中学校は修学旅行が年に1回(計3回)あり、1年次は北総・常南、2年次は秩父・長瀞、3年次は飛鳥・奈良に『修学』しに行きます。

観光旅行のような修学旅行でははなく、事前学習や事後レポートを作成する本格的な学習であるのはさすがに国立中学校ですね。

【加藤勝信の中学時代の同級生】

  • 神津里季生(日本労働組合総連合会会長)
  • 田中一穂(財務官僚)

加藤勝信の出身小学校

東京学芸大学附属小金井小学校

加藤勝信さんは1962年4月に国立東京大学附属小金井小学校へ入学し、1968年3月に卒業しています。

学校名国立東京学芸大学附属小金井小学校
所在地〒184-8501
東京都小金井市貫井北町4−1−1
最寄り駅武蔵小金井駅(JR中央線)
公式HPhttp://www.u-gakugei.ac.jp/~kanesyo/

加藤勝信さんが東京学芸大学附属小金井小学校出身であることは、中学と同様『論座』に東京学芸大学附属小学校出身と掲載されていることから間違いありません。

ちなみに加藤勝信さんの実父は室崎勝聡さんですが、2008年11月14日発信『四国新聞社』に掲載された自宅の住所から加藤勝信さんの出身地は阿佐ヶ谷でしょう。

❝室崎 勝聡氏(むろさき・かつとし=加藤勝信自民党衆院議員の父)島根県出身。自宅は東京都杉並区阿佐谷北5の19の23。❞
引用元:【SHIKOKU NEWS(四国新聞社)】

加藤勝信さんと実父の姓が異なるのは、加藤六月さんの娘・加藤周子さんと結婚したからです。

加藤勝信の夢は国連事務総長!

将来は総理大臣という小学生を見ることはありますが、2018年10月23日発信の『NEWS ポストセブン』によると、加藤勝信さんの夢は国連事務総長で作文にも書いたほどなんですよ。

小学生時代から選挙速報が好きだったと言いますから、幼い頃から政治に興味があったんですね。

日本労働組合総連合会会長である神津里季生(こうづりきお)とは、6年間一緒に中央線に乗って帰っていたんだそう。

神津里季生

日本の政治経済について論議していたのかもしれませんね。

【加藤勝信の小学生時代の同級生】

  • 神津里季生(日本労働組合総連合会会長)

加藤勝信の学歴一覧・出身地詳細

加藤勝信

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月
卒園年月
国立東京学芸大学附属小金井小学校
入学年月1962年4月
卒業年月1968年3月
国立東京学芸大学附属小金井中学校
偏差値56入試難度難関
入学年月1968年4月
卒業年月1971年3月
東京都立大泉高等学校
偏差値65入試難度難関
入学年月1971年4月
卒業年月1974年3月
東京大学・経済学部
偏差値82入試難度難関
入学年月1974年4月
卒業年月1979年3月

ここまで加藤勝信さんの学歴について見てきましたが、出身地は杉並区阿佐ヶ谷でしょう。

阿佐ヶ谷は阿佐ヶ谷神明宮で有名なので、加藤勝信さんは初詣のお参りに行っていたのかも?

加藤勝信さんは国立の小学校に通い、東京大学を卒業するというエリート街道の王道を進んで来られました。

持ち前の頭脳を生かして日本を牽引してくれることを願います。