若林正恭

若林正恭さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!中学時代の画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

小学生時代に花王のCMに出演していたことや春日俊彰を遅刻させる会を発足させていたことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

若林正恭の出身大学

東洋大学

若林正恭さんは1997年4月に東洋大学・文学部・第2部国文学科(現・日本文学文化学科イブニングコース)へ入学し、2001年3月に卒業しています。

学校名東洋大学
学部・学科文学部・第2部国文学科
(現・日本文学文化学科イブニングコース)
偏差値52.5
入試難度
所在地〒112-0001
東京都文京区白山5-28-20
最寄り駅白山駅(地下鉄三田線)
公式HPhttps://www.waseda.jp/top/

若林正恭さんが東洋大学出身ということは、2015年10月10日放送『オードリーのオールナイトニッポン』で本人が語っていることから間違いありません。

❝この日の番組では、日本大学付属高校に通っていた若林と相方の春日俊彰が、高校3年生当時のやりとりについて回想。ふたりは、成績の悪さから内部進学が叶わなかったそうで、結局、春日は一般受験で日本大学の商学部に、若林は東洋大学の夜間部に入学したという。❞
引用元:【若林正恭テレビ局員から学歴イジリを受けて爆笑されたと明かす(livedoor NEWS)】

もともと芸人になる夢を持っていてサラリーマンになる気はなかったそうなので、若林正恭さんはあまり学歴は意識していなかったようですね。

若林正恭は大学時代、アフロヘアだった!

若林正恭さんは、19歳の頃アフロヘアだったと、2017年11月19日放送『誰だって波瀾爆笑』で語っています。

❝若林さんは東洋大学に進学した。19歳でアフロにした。❞
引用元:【「誰だって波瀾爆笑」 2017年11月19日(日)放送内容(価格.com)】

若林正恭 大学時代

現在のシンプルな髪型の若林正恭さんからは想像できない髪型ですがそれなりに似合っていますね。

大学4年生にあたる2000年4月にオードリーの前身である『ナイスミドル』を結成。

ナイスミドル

2005年4月に『オードリー』と改名しました。

若林正恭 オードリー結成時代

春日俊彰さんの頭がドラゴンボールのようになっていますが、若林正恭さんがアフロヘアのままだとしたら、強烈な個性のコンビになっていましたね。

春日俊彰の高校や大学の学歴・出身情報!賞金稼ぎで100万円!

【若林正恭の東洋大学時代の同級生】

  • 三浦貴(元プロ野球選手)
  • 石井安里(フリーライター)

若林正恭の出身高校

日本大学第二高等学校

若林正恭さんは1994年4月に日本大学第二高等学校・普通科へ入学し、1997年3月に卒業しています。

学校名日本大学第二高等学校
学科・コース普通科
偏差値67
入試難度難関
所在地〒167-0032
東京都杉並区天沼1-45-33
最寄り駅阿佐ヶ谷駅(JR中央線)
公式HPhttps://www.nichidai2.ac.jp/

若林正恭さんが日本大学第二高等学校卒業ということは、2017年11月19日放送『誰だって波瀾爆笑』に出演した際、本人が語っていることから間違いありません。

❝日本大学第二高等学校に進学して同じ部活に入部した。若林は中学時代ラグビー部でそのまま高校ではアメフトに入部した。春日もアメフト部だったので2人は毎日同じ行動をしていたと言う。❞
引用元:【「誰だって波瀾爆笑」 2017年11月19日(日)放送内容(価格.com)】

せっかく偏差値67を誇る進学校に在籍していた若林正恭さんですが、高校時代の成績は悪く日本大学への内部進学が叶わなかったんですよ…。

とは言え、MCとしてバラエティ番組で活躍する姿からはやはり頭の回転の良さが伝わってきますね。

若林正恭は春日俊彰を遅刻させる会発足!

中高一貫校の同校に真面目に通っていた春日俊彰さん。

もうすぐ6年間の皆勤賞をもらえるということに気づいた若林正恭さんは、『春日を遅刻させる会』を発足し、通学途中の春日俊彰さんにタックルをして阻止しようとしていたんだそう。

❝真面目な学生だった春日の6年間皆勤賞を阻止しようと同級生たちで『春日を遅刻させる会』を発足したことなどを語っていた。❞
引用元:【オードリー若林正恭の“奇行”に春日俊彰「気持ち悪い」(livedoor NEWS)】

皆勤賞を狙っている友だちを『遅刻させる会』を立ち上げるとは一見ひどいようにも感じますが、仲が良いからこそできる行動でもあると思うので二人の絆の深さが伝わってきますね。

アメフト部で一緒だったことも仲が良い要因だったに違いありません。

若林正恭 アメフト部

若林正恭さんは攻撃側のポジションであるライニングバック、春日俊彰さんは守備側のディフェンスエンドでした。

中学時代はラグビー部だったのですが、練習場所がバスを使うほど遠いグラウンドだったために、アメフト部に転部しているんです。

❝僕は中学の時ラグビー部だったんですけど、練習するのに学校からバスに乗らないと行けないグランドで、せっかく家から自転車で通える学校に入ったのに、自転車で通えないのはどういうことだ!? って家族会議になって(笑)、それじゃー楕円形のボールつながりってことで、入部したのがアメフトを始めたきっかけです。❞
引用元:【ATHLETE INTERVIEW オードリー(部活応援プロジェクト「エール」)】

卒業式では春日俊彰さんとのツーショット画像もあります。

若林正恭 春日俊彰

こちらは卒業アルバムの写真です。

若林正恭 卒アル 高校

今よりは少しほっそりとしていますがほとんど変わらないですね。




若林正恭の出身中学校

日本大学第二中学校

若林正恭さんは1991年4月に日本大学第二中学校へ入学し、1994年3月に卒業しています。

学校名日本大学第二中学校
偏差値 44
入試難度 高
所在地〒167-0032
東京都杉並区天沼1-45-33
最寄り駅阿佐ヶ谷駅(JR中央線)
公式HPhttps://www.nichidai2.ac.jp/

若林正恭さんが、日本大学第二中学校出身であることは、2017年11月19日放送『誰だって波瀾爆笑』に出演した際、本人が語っていることから間違いありません。

❝二人の出会いは日本大学第二中学校。若林の15歳の写真を公開した。成績はクラスでほぼビリだった。春日の当時13歳の写真を公開した。❞
引用元:【「誰だって波瀾爆笑」 2017年11月19日(日)放送内容(価格.com)】

相方の春日俊彰さんとは中学で出会ったんですよ。中学では同じクラスだったこともあるそうで当時からの仲がよかったことがうかがえます。

若林正恭のあだ名はじゃり!

若林正恭さんのあだ名は『じゃり』だったのですが、若林正恭さんが小さくてすばしっこく、『じゃりン子チエ』のようだからだったんですって!

じゃりというあだ名は微妙ですが、チエちゃんが採用されたら性が変わってしまうところでしたね。

若林正恭さんは、前の席に座っていた春日俊彰さんの頭がデカく邪魔だったのでこっそり髪の毛をちょっとずつ切って黒板を見えやすくしていたんだそう。

❝中学生時代を振り返り、同級生だった春日へのイタズラとして「授業中、ちょっとずつずっと(春日の)髪を切ってた」といったエピソードや、真面目な学生だった春日の6年間皆勤賞を阻止しようと同級生たちで『春日を遅刻させる会』を発足したことなどを語っていた。❞
引用元:【オードリー若林正恭の“奇行”に春日俊彰「気持ち悪い」(livedoor NEWS)】

春日俊彰さんなら毎日少しずつなら髪を切られていても気付かなそうですが、見えないから切っちゃえという発想は独創的ですよね…。

オードリーの2人の中学時代の卒アルがありますが、春日俊彰さんの髪型よりも若林正恭さんの方が毛が逆だっていて切られる立場のようですよ。

オードリー 若林正恭 春日俊彰 中学時代

若林正恭 卒アル 中学校

まるでバンドマンのような髪型で若林正恭さんは音楽系の部活に入っていたのかと思いきや、ラグビー部に所属していました。

若林正恭 中学時代

身長169cmの若林正恭さんが中学時代はもっと低かっただろうと想像すると、体の大きい部員を相手に苦戦したでしょう。

若林正恭の出身小学校

若林正恭さんは1985年4月に中央区立明石小学校に入学し、1991年3月に卒業しています。

中央区立明石小学校

学校名中央区立明石小学校
所在地〒104-0044
東京都中央区明石町1−15
最寄り駅築地駅(地下鉄日比谷線)
公式HPhttps://www.chuo-tky.ed.jp/~akashi-es/

若林正恭さんが中央区立明石小学校出身であることは、2013年2月25日放送『お願い!ランキング』に出演した際、同校出身であることをアピールしていたことから間違いありません。

❝地元が築地の若林は取材許可をもらうための作戦として明石小学校出身をアピールするという策をたて、洋食店「フォーシーズン」を訪問し、取材はOK。❞
引用元:【テレビ紹介情報 中央区立明石小学校(お願い!ランキング)】

しかし、小学6年生のときに実家が地上げされて杉並区久我山に引っ越しをしています。

若林正恭さんは転校することなく越境通学することを選んだため、水道橋から京王井の頭線久我山駅まで満員電車で通学していました。

小学生ながらに「大人になって満員電車で仕事に行くのは嫌だ」と感じ、ビートたけしさんがバラエティ番組で暴れている姿を見て「こんな仕事をしたい!」と思っていたんだそう。

若林正恭はCMデビューしていた!

若林正恭さんは小学2年生のときに、花王のCMに家族で出演していました。

若林正恭 CM 小学生時代

若林正恭 CM 小学生時代

父親が野球好きということもあって少年野球チームに所属していた若林正恭さんですが、剣道もしていたんですね。

若林正恭 小学生時代 野球

プライベートコーチは父親で、マン・ツー・マンで野球を教えてもらっていたんですよ。

ポジションはショートで中央区選抜に選ばれるほど活躍していたことから考えると、若林正恭さんは運動神経が抜群なんですね。

野球選手を夢見ていたのかと思いきや、当時の夢は競馬の騎手だったそう。小学生にして競馬新聞を読み漁っていたそうで、競馬も父親の影響だったのかもしれません。

運動だけでなく、作文も得意だったんですよ。拾った亀を育てるうちに友情が芽生えたという作文で受賞しているんです。

具体的な賞の名前は明らかになっていませんが、新聞社が若林正恭さんのところに取材に来たほどですから大きな賞だったのでしょうね。

ところが、本当は亀なんて拾っていなかったので、慌てて亀を購入したんですって!小学生にして堂々と嘘がつけるなんて根性が座っていますね…。

ちなみに、若林正恭さんは小学生の頃、銀座まで歩いて10分のところに住んでいたので自転車で銀座によく行っていたと、『ほぼ日刊イトイ新聞』のインタビューで語っています。

❝入船での幼少期は、どんな風に過ごされていたんですか。
若林うーん‥‥。入船って、銀座まで歩いて10分ちょっとだったので、小学生の時から意味もなく自転車で、銀座をグルグル走っていました。❞
引用元:【オードリー若林さんから見た「東京」(ほぼ日刊イトイ新聞)】

銀座まで歩いて10分とは、若林さんはかなり都会で育ったのですね。松坂屋、三越、松屋などデパートのおもちゃ売り場や屋上が遊び場だったそうです。

小学生が自転車でウロウロしていたら思わず二度見してしまいそうです。

こちらは小学生の時の写真ですが、凛々しい表情でイケメンですね。

若林正恭 卒アル 小学校

若林正恭の出身幼稚園

若林正恭さんの幼稚園がどこなのかは明らかになっていませんが、1982年頃に東京都中央区入船にある幼稚園へ入園し、1985年3月に卒園していると考えられます。

若林正恭さんは、入船出身だと語っていることから入船にある幼稚園に通っていた可能性は高いでしょう。

❝若林さんのご出身は、
東京のどちらですか?
若林
あのー、中央区の入船という地域です。
駅でいうと、八丁堀駅や新富町駅の近くで、
隅田川も近くに流れています。❞
引用元:【オードリー若林さんから見た「東京」(ほぼ日刊イトイ新聞)】

出身地は入船ですが、入船だとどこかわからない人が多いので、「築地です」と答えることが多かったそうですが築地の近くでロケをしていたら、「お前、築地じゃねぇだろう。入船だろう」って、築地のおっちゃんに言われてしまったそうです。

下町文化の残る築地では、築地にプライドを持っている人が多いのでそういった会話がうまれるのでしょうね。

若林正恭は幼少期、奇行が目立っていた?

若林正恭さんは、幼少期、奇行が多く、施設に連れて行かれて検査をされる程だったと、2019年4月14日放送『セブンルール』で語っています。

❝若林は「俺はね、勝手に帰っちゃうっていうので随分大変だった」というエピソードを披露。続けて「家に半紙があって、ずっと敷き詰めていたんですよ。家の部屋に」と身振りを交えて幼少期の少し変わった行動を明かし、共演者のYOUは「怖いねぇ」と驚いた様子を見せた。❞
引用元:【オードリー若林が明かした幼少期の“奇行”にYOU「怖いねぇ」(exciteニュース)】

周囲に理解不能なことばかりをしていたので、施設に連れて行かれて絵を描かされたそうで、きっとバウムテスト(樹木画テスト)という内面を判断することを目標に作られた検査を受けていたのでしょう。

幼稚園からもすぐに帰ってきてしまっていた若林正恭さんは、どうしても『大きな栗の木の下で』をすることに抵抗があったようで、精神年齢が高かったのかもしれませんね。

現在では、司会業を立派にこなす若林正恭さんですが、幼い頃はなかなか手の焼ける子どもだったようですね。

当時の画像を見る限りは、可愛い男の子で問題なんて全く感じられません。

若林正恭 幼少期

若林正恭 幼少期

若林正恭 幼少期

野球やラグビーをしていた若林正恭さんですが、生まれたころは体が弱かったんですね。

若林正恭 幼少期

若林正恭の学歴一覧・出身地詳細

若林正恭

【調査中】東京都中央区入船にある幼稚園
入園年月1982年頃
卒園年月1985年3月
中央区立明石小学校
入学年月1985年4月
卒業年月1991年3月
日本大学第二中学校
偏差値44入試難度
入学年月1991年4月
卒業年月1994年3月
日本大学第二高等学校・普通科
偏差値67入試難度難関
入学年月1994年4月
卒業年月1997年3月
東洋大学・文学部・第2部国文学科(現・日本文学文化学科イブニングコース)
偏差値52.5入試難度
入学年月1997年9月
卒業年月2001年3月

ここまで若林正恭さんの学歴について見てきましたが、出身地はインタビューで本人が入船と答えていることから、東京都中央区入船でした。

入船は桜の名所として有名な桜川公園がありますので若林正恭さんも子供時代一度は訪れていたかもしれません。

芸人としてだけでなく、司会者としても活躍されている若林正恭さんですが、幼い頃は奇行が目立つ子どもだったというのは意外でした。

相方の春日俊彰さんとは中学時代に出会い当時から仲が良かったんですね。

今後も芸人・司会者として活躍される若林正恭さんから目が離せません。