井上尚弥

井上尚弥さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!ボクシング画像や細い眉毛画像を含め、学生時代に迫ります!

史上初のアマチュア7冠達成したことや彼女と別れて4kg痩せてしまい復縁したことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

井上尚弥の出身大学

井上尚弥さんは大学に進学していません。

井上尚弥さんは高校卒業後にアマチュアからプロへ転向したため大学へは進学していません。

2012年12月にはフィリピンのクリソン・オマヤオ選手を相手にプロデビュー戦を飾りました。

クリソン・オマヤオ選手は同年4月に母国フィリピンでミニマム級王座を獲得した実力者です。

見事、井上尚弥さんが第4ラウンドで左ボディを決め、KOで勝利を収めています。

プロデビュー戦とは思えない強さですよね!バキバキの体が強さを物語っています。

井上尚弥さんがプロに転向する際、小学1年生から指導を続けてきた父親・井上真悟さんも一緒に専属トレーナーとして大橋ジムへ入っています。

大橋ジム入りした会見での画像ですが、体もまだ細い雰囲気ですね。

井上尚弥 プロ入り

父親と一緒に入所したのは、親子一緒に二人三脚でやって世界王者になることを希望したからなんですよ。

ちなみに井上尚弥さんはジムに入る時に大橋会長から❝怪物(モンスター)❞というあだ名を付けられています。

大橋会長はすでに海外で活躍することを見据えていたんだとか。

❝最初から日本の枠を飛び出して海外で活躍することを念頭に置き、「海外で浸透しやすいニックネームになれば」との理由で「モンスター」を考えたという。❞
引用元:【「井上尚弥はなぜ「僕は天才ではない」と言い切るのか?」マネー現代】

たくさんの選手を見てきた大橋会長に怪物と言わせるほどのポテンシャルを持ち合わせていたんですね。

井上尚弥さんは若くして結婚していますが、一度別れていたんですよ。

井上尚弥は別れが辛くて4kg減!

井上尚弥さんは現在の奥様である咲弥(さや)さんと7年の交際を経て21歳で結婚しています。

井上尚弥 入籍

井上尚弥さんと咲弥さんは20歳の時に一度別れたそうですがショックで4㎏も痩せてしまったんだとか…。

別れてから約1ヶ月後に咲弥さんと再会すると、なんと咲弥さんもガリガリに痩せてしまっており、2人はお互いの存在の大きさに気付かされたそうですよ。

7年もの交際中に、1度別れたことでお互いの存在の大きさに気付かされる関係ってとっても素敵ですよね。

井上尚弥の出身高校

神奈川県立新磯高等学校

井上尚弥さんは2009年4月に神奈川県立新磯高等学校(現:相模原青陵高等学校)普通科へ入学し、2012年3月に卒業しています。

学校名神奈川県立新磯高等学校(現:相模原青陵高等学校)
学科・コース普通科
偏差値42.0
入試難度容易
所在地〒252−0325
神奈川県相模原市南区新磯野468
最寄り駅下溝駅(相模線)
公式HPhttps://www.pen-kanagawa.ed.jp/sagamiharayaei-h/

井上尚弥さんが神奈川県立新磯高等学校に通っていたことは日本ボクシング連盟のツイッターや、井上尚弥さん出身の神奈川県のタウンニュースでも報じられているため間違いありません。

高校時代の井上尚弥さんの眉毛…なんだか薄い気がしますね。

小柄な井上尚弥さんですが、すでにアマチュア選手として活躍していました。

❝相模原青陵高校は2010年4月、相武台高校と新磯高校の再編・統合により、新たに開校した。部活動でも顕著な成果を残し、その中にはボクシング世界3階級制覇王者の井上尚弥さんも含まれている。❞
引用元:【「青陵高校 最後の卒業式」神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙タウンニュース】

井上尚弥はアマチュア7冠達成!

井上尚弥さんは誰も成し遂げていないアマチュア7冠を達成しています。

❝相模原青陵高1年時にインターハイ、国体、全国選抜と3冠達成。2年時は国体、3年時に国際大会プレジデント杯、インターハイ、全日本選手権を制覇。高校史上初のアマ7冠を達成した。❞
引用元:【「高校史上初のアマ7冠達成/井上尚弥略歴」日刊スポーツ】

当時の画像をみると、眉毛の存在がほとんどありませんね…。

井上尚弥 高校時代

本当は高校7冠以上の高校8冠を目標に掲げていたんですよ!

飛ぶ鳥を落とす勢いで高校時代には1年生の時にはインターハイ、国体、選抜で3冠を達成する活躍を見せています。

井上尚弥 高校時代 インターハイ

しかし、西宮香風高校の野邊優作選手に負けてベスト8という結果になり、目標達成できなかったんです…。

当時の喪失感は想像を超えるものだったようで、井上尚弥さんは家族に向けて「ごめんなさい。」と何度も言葉を発していたんだとか。

父親は井上尚弥さんの喪失感を埋めるために勝者の野邊優作選手の元にスパークリングへ出向き、スパーリングで勝利を収めたことで目標達成できなかった喪失感から抜け出せたんですって!

父親との二人三脚があったからこそ、プロ入りしたときに一緒に大橋ジムに入るべきだと感じたんですね。




井上尚弥の出身中学校

座間市立栗原中学校

井上尚弥さんは2006年4月に座間市立栗原中学校へ入学し、2009年4月に卒業しています。

学校名座間市立栗原中学校
偏差値
入試難度
所在地〒252−0014
神奈川県座間市栗原中央6−4−1
最寄り駅座間駅(小田急線)
公式HPhttp://schit.net/zama/jhkurihara/?page_id=13

井上尚弥さんが栗原中学校出身であることは、神奈川新聞で同校出身と掲載されていることから間違いありません。

❝ボクシングの日本ライトフライ級王者の井上尚弥選手(20)=大橋ジムの後援会が10月、座間市に発足する。母校の市立栗原小・中学校のPTAや教職員らが中心となり、さらなる高みを目指す兄弟を支援する。❞
引用元:【「ボクシング・井上兄弟を地域挙げ応援、母校教職員ら後援会発足へ/座間」他にはない神奈川のニュースを!神奈川新聞カナコロ】

井上尚弥はU15で優秀選手賞を獲得!

井上尚弥さんは父親が経営するアマチュアボクシングジムで練習に明け暮れていました。

父親は常に井上尚弥さんと一緒に練習をこなしていたんですよ。

❝「口だけだとついてこないんです。だからロードワークでも一緒に走る時は走る。『父さん頑張っているからもっと頑張らないと』って思うし、一緒に戦っている感はあるじゃないですか。そこは大事かなと思うんですよね」❞
引用元:【「井上尚弥の父・真吾トレーナーを独占直撃 「絶対に手を上げない」指導者としての哲学」THE ANSWER】

まさに親子二人三脚だったんですね。

また井上尚弥さんは座間市のインタビューで中学時代の50メートル走のタイムが7秒ジャストくらいで野球部やサッカー部の選手よりも足が速かったんですって!

RADWIMPSの曲が好きだったそうで、ランニングのときには『有心論』を聞きながら走っていたのかもしれませんね。

井上尚弥の出身小学校

座間市立栗原小学校

井上尚弥さんは2000年4月に座間市立栗原小学校へ入学し、2006年3月に卒業しています。

学校名座間市立栗原小学校
所在地〒252-0014
神奈川県座間市栗原中央6−8−1
最寄り駅座間駅(小田急線)
公式HPhttp://schit.net/zama/eskurihara/index.php?page_id=0

井上尚弥さんが栗原小学校出身であることは、同校のホームページで❝栗原小学校の卒業生❞と紹介されていることから間違いありません。

❝勝利した井上尚弥選手、そして昨夜敗れたものの力いっぱいがんばった井上拓真選手は、本校の卒業生となります。❞
引用元:【「卒業生 井上尚弥選手 おめでとうございます!」座間市立栗原小学校ホームページ】

小学生6年生の時には始めて出場したスパーリングの大会で対戦相手の中学2年生に圧勝したんですよ!

『日本ボクシング史上最高傑作』の兆候はすでにあったんですね。

井上尚弥のボクシングは小学1年生!

井上尚弥さんがボクシングを始めたのは小学校1年生の時のことです。

元々は井上尚弥さんの父親がボクシングをしていましたが、「僕も一緒にやりたい」と言ったことからボクシング人生をスタートさせています。

父親は生半可な気持ちではないかどうかを確かめているんですよ。

❝「父さんはボクシングに噓をつきたくないから一生懸命やっているんだ。尚もボクシングに噓をつかないと約束できるか。練習がどんなに辛くてもやり通せるか」。尚弥は頰を真っ赤にさせて返してきました。
「うん。お父さんと一緒にやりたい」。
それを受けて、自分は「親と子」ではなく「男対男」としての約束をしました。❞
引用元:【「井上尚弥を育て上げた、誰でもできる子育ての秘密」現代新書】

小学生だからと子供扱いにせずに男として認められた井上尚弥さんは嬉しかったでしょうね。

小学生の頃にすでにワックスをつけてヘアセットしているなんて、おませさんだったんですね。

井上尚弥の学歴一覧・出身地詳細

井上尚弥

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月1997年4月
卒園年月2000年3月
座間市立栗原小学校
入学年月2000年4月
卒業年月2006年3月
座間市立栗原中学校
偏差値入試難度
入学年月2006年4月
卒業年月2009年3月
神奈川県立新磯高等学校(現:相模原青陵高等学校)・普通科
偏差値42.0入試難度容易
入学年月2009年4月
卒業年月2012年3月
【進学せず】大学
偏差値入試難度
入学年月
卒業年月

ここまで井上尚弥さんの学歴について見てきましたが、出身小学校が座間市立栗原小学校ということから出身地は神奈川県座間市でしょう。

神奈川県座間市は芹沢公園で有名なので井上尚弥さんはトレーニングなどで芹沢公園へ足をよく運んでいるそうですよ!また座間市にある「うそつきや」という定食屋さんにも通っているそうです。

井上尚弥さんのインスタグラムではボクシングのトレーニング姿だけでなく、家族の画像や動画をアップされています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

井上尚弥 (@naoyainoue_410)がシェアした投稿

ボクシングの時に見せる険しい表情とは全く逆の優しい笑顔がとっても素敵ですよね。

海外進出も成功し、今後の活躍にも注目の井上尚弥さんから目を離すことができませんね!