本田太一

本田太一さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!小学時代の画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

幼稚園で英検3級に合格していたことや中学でフィギュアの引退も考えていたことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

本田太一の出身大学

関西大学

本田太一さんは2017年4月に関西大学・経済学部へ入学し、2021年3月に卒業予定です。

学校名関西大学
学部・学科経済学部
偏差値57.5
入試難度
所在地〒564-8680
大阪府吹田市山手町3-3-35
最寄り駅関大前駅(阪急千里線)
公式HPhttps://www.kansai-u.ac.jp/ja/

本田太一さんが関西大学出身ということは、Webメディア『ブームスポーツ』に紹介されていることから間違いありません。

❝フィギュアスケート男子の本田太一さん(18=関大高等部3年)が、4月から関西大学経済学部に進学することが関係者の話で分かった。❞
引用元:【フィギュア本田太一さんが関西大学経済学部進学(ブームスポーツ)】

大学でフィギュアスケートを続けることはもちろんのこと、将来の夢に向け経済学に興味があり、経済学部への進学を希望したそう。

体育界系の学生はそのスポーツだけに学生生活の全てを捧げるイメージがありますが、本田太一さんはフィギュアスケートだけでなく学問にも興味を見出せるとは器用な方なのでしょう。

本田太一はアメリカで苦難を味わった!

本田太一さんは大学2年生の時、練習拠点をアメリカへ移しましたが、練習スタイルの違いや言葉の壁に直面し、結果を出せない困難を味わっていたと、Webメディア『4years. #大学スポーツ』で語っています。

本田太一 アメリカ

❝まずはジャンプを一から見直した。それは、1回転ジャンプしか跳ばない日もあるほどの徹底ぶりだ。他にも、氷上以外でのトレーニングが多い練習方式に慣れず、言葉の壁にもぶつかった。また、日本と時差があることによって、練習後に友人に連絡をすることができなかったことも精神的な負担になった。❞
引用元:【関西大フィギュアスケート・本田太一のラストシーズン 4回転を跳んで爪痕を残す(4years. #大学スポーツ)】

スポーツ選手が海外へ練習拠点を移すと聞くと一流のスポーツ選手として華々しい道のりを歩んでいるように見えがちですが、その背景には慣れない土地で生活し言葉や環境など様々な壁がある中で苦悩し努力しているということ、またそれを乗り越えてきた人にしか華々しい結果は訪れないのだという厳しい現実を私たち視聴者も忘れてはいけませんね。

事実このシーズンは本田太一さんはなかなか結果が残せず苦しいシーズンを過ごしていました。

こちらは大学3年生の時に出場した西日本選手権での写真です。
総合5位という結果でした。(本大会での1位は高橋大輔さん)

本田太一 大学時代

アメリカから帰国後は、特定のコーチに師事せず一人で練習してきたという本田太一さんですが、今まで教わってきたことから取捨選択し自身を信じて練習していったそうでこの後から徐々に調子を取り戻していっていました。
コーチなしで練習を進めるのは勇気がいることだと思いますが、乗り越える強さを持った方だということがうかがえますね。

【本田太一の関西大学時代の同級生】

  • 久保まな(モーターサイクル・モトクロスライダー)

本田太一の出身高校

関西大学高等部

本田太一さんは2014年4月に関西大学高等部・普通科へ入学し、2017年3月に卒業しています。

学校名関西大学高等部
学科・コース普通科
偏差値67.0
入試難度難関
所在地〒569-1098
大阪府高槻市白梅町7−1
最寄り駅高槻駅(東海道・山陽本線)
公式HPhttps://www.kansai-u.ac.jp/senior/

本田太一さんが関西大学高等部出身ということは、関西大学高等部の公式サイトに在学中の大会出場実績が掲載されていることから間違いありません。

❝1月19日~23日に栃木県宇都宮スポーツセンターで開催された平成28年度全国高等学校総合体育大会(第66回全国高等学校スケート競技選手権大会)フィギュア競技において、高等部3年生の本田太一さんが2位入賞いたしました。❞
引用元:【【アイススケート部】本田太一さんが、全国高校総体フィギュア競技にて2位入賞いたしました(関西大学高等部公式サイト)】

本人のインスタグラムにも卒業証書とともに同校出身のことが掲載されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taichihonda(@taichihonda)がシェアした投稿

本田太一は高校時代に引退に傾いた!

本田太一さんは高校時代本気で引退を考え塾に通い受験勉強にはげんだが思い直したことをWebメディア『4years. #大学スポーツ』で語っています。

❝本気で引退を考え、高校3年生のときには塾に通い受験勉強までした。それでも、大学でフィギュアスケートを続ける道を選んだ。きっかけは妹である本田真凜(まりん、JAL・明治大)の存在。引退を考えている時期、妹の真凜は世界ジュニア選手権で優勝するなど大きな大会で結果を残すようになっていた。妹の活躍を見て、自然と自分も頑張ろうという気持ちになった。❞
引用元:【関西大フィギュアスケート・本田太一のラストシーズン 4回転を跳んで爪痕を残す(4years. #大学スポーツ)】

結局引退はせず、スケートを続ける気持ちになったきっかけは妹である本田真凜さんの存在だったとは、兄妹で支えあいながら成長してきた二人だからこそのエピソードですね。きっと絆が深いのでしょう。

本田真凜の高校や大学の学歴・出身情報!藤井聡太へ公開告白!

当時の画像を見てもピッタリと寄り添って写る兄妹はとても仲が良さそうです。

本田太一 高校時代

本田太一さんは今より少しふっくらしていますが面影が残っていますね。




本田太一の出身中学校

関西大学中等部

本田太一さんは2011年4月に関西大学中等部へ入学し、2014年3月に卒業しています。

学校名関西大学中等部
偏差値 43.0〜52.0
入試難度 高
所在地〒569-1098
大阪府高槻市白梅町7−1
最寄り駅高槻駅(東海道・山陽本線)
公式HPhttps://www.kansai-u.ac.jp/junior/

本田太一さんが、関西大学中等部出身であることは、関西大学中等部の公式サイトに在学中の大会出場実績が掲載されていることから間違いありません。

❝2月1日(土)~4日(火)、長野市・ビッグハットで開催されました第34回全国中学校スケート大会 フィギュアスケート男子シングルにおいて、本田太一さん(3年)が準優勝を果たしました。❞
引用元:【【アイススケート部】本田太一さんが第34回全国中学校スケート大会で準優勝(関西大学中等部公式サイト)】

本田太一は中学時代が一番上り調子!

本田太一さんは中学3年間が一番登り調子だったと、Webメディア『4years. #大学スポーツ』で語っています。

❝濱田コーチに師事するようになってから1年ほどで驚くほどに成長した本田。ダブルアクセルや3回転ジャンプを習得し、全国大会でも表彰台を狙える実力に。「中学校3年間が自分の中では一番上り調子だった」と振り返る。フィギュアスケート連盟の指定強化選手にも選ばれ、国際試合にも出場。自分を応援してくれるファンができたことが活動の後押しになった。❞
引用元:【関西大フィギュアスケート・本田太一のラストシーズン 4回転を跳んで爪痕を残す(4years. #大学スポーツ)】

小学時代はアイスホッケーとフィギュアスケートを両立していましたが、濱田コーチに才能を見出されフィギュアスケート一本に絞ったそう。

中学時代という成長期を優秀で相性の合うコーチと共に歩めたことは、本田太一さんのフィギュアスケート人生に大きく影響を及ぼしていたことは言うまでもありません。

こちらは14歳の時に全日本選手権に初出場した際の写真です。

本田太一 中学時代

あどけない表情ですが、堂々とポーズする姿からはオーラが感じられますね。

本田太一の出身小学校

京都女子大学付属小学校

本田太一さんは、2005年4月に京都女子大学付属小学校へ入学し、2011年3月に卒業しているでしょう。

学校名京都女子大学附属小学校
所在地〒605-0926
京都府京都市東山区今熊野北日吉町6−3
最寄り駅七条駅(京阪本線)
公式HPhttp://fusho.kyoto-wu.ac.jp/

本田太一さんが京都女子大学附属小学校出身であることは、本田真凜さんが通っていたことから同じ小学校に通っていた可能性が高いでしょう。

本田太一は京都で一番の成績!

本田太一さんは小学生の頃、習っていた公文式の3教科試験で京都で一番になったことがあると、2017年7月5日掲載『CREDIT SAISON』のインタビューで父親が語っています。

❝勉強においては、公文式で太一と真凜がそれぞれの学年で3教科(数学、国語、英語)の総合成績が京都で一番になったんです。子どもたちはどの習いごとに対しても一生懸命努力をしていましたね。❞
引用元:【フィギュアスケート本田真凜選手のパパに直撃。才能伸ばす「超参加型」子育て(CREDIT SAISON)】

しかも、アイスホッケーの4年生以下の大会でチームのキャプテンを務め、水泳、体操、テニスに、ピアノと絵画教室。勉強も頑張っていて、七田チャイルドアカデミー(脳科学に基づいた独自の教育論「七田式教育」を取り入れた幼児教室)にも通っていました。

多くの習い事をこなすだけでも大変なことだと思いますが、それぞれで優秀な成績を残しているとは驚きです。

両親は子どもがやりたいことを見つけられる環境をつくることが親の役目と考えていたそうですが、本田家は5人兄妹なので子どもたち一人ひとりにこれだけ多くの習い事をさせるには、送り迎えや金銭面など相当負担が大きかったことでしょう。

もちろん本人たちの努力があってこそですが、本田兄妹の活躍は両親の力も大きかったようですね。

こちらは小学時代の写真です。

本田太一 小学生時代

本田太一 小学生時代

末妹の本田紗来さんが人形のようにかわいいですね。

本田紗来の中学や小学校の学歴・出身情報!実家がスゴすぎる!

本田太一の出身幼稚園

京都幼稚園

本田太一さんは2002年4月に京都幼稚園へ入園し、2005年3月に卒園しているでしょう。

学校名京都幼稚園
所在地〒605-0925
京都府京都市東山区今熊野日吉町16-12
最寄り駅七条駅(京阪本線)
公式HPhttp://kyoto-kindergarten.ed.jp/

本田太一さんが京都幼稚園出身であることは、本田真凜さんと幼稚園から小学3年生まで一緒だったというつぶやきがあることから間違いないでしょう。

本田望結さんが同園の門の前で写っている幼少期の画像があることも本田太一さんが同園に通っていた可能性が高くなりますね。

本田望結 幼少期

本田望結の高校や大学の学歴・出身情報!朝5時からアイスクリーム!

本田太一は幼稚園で英検3級!

本田太一さんは幼稚園の頃、英検3級に合格したと2016年3月21日放送『直撃LIVE グッディ!』で明らかにしています。

本田太一 テレビ 直撃LIVE グッディ!

幼稚園ではまだ文字が読めない子もたくさんいますが、本田太一さんは英検3級に合格していたとは驚きです。

本田太一さんは、幼稚園の頃、朝から帰るまで泥だんごを作っていたと、Webメディア『SPORTS BULL』のインタビューで語っています。

❝幼稚園では朝から帰るまで泥だんごを作って、ウサギ小屋の裏に何個も隠していました。どうやれば綺麗に光るか本を読んだりして、今までで1番ハマった遊びだと思います。笑❞
引用元:【本田太一 – 関西大学アイススケート部/ COLLEGE MONSTERS(SPORTS BULL)】

ただ作るのではなく、どうすれば綺麗に光るのか本を読んで研究していたとは、幼い頃から賢い少年だったことがうかがえますね。

お宮参りの画像を見ると、凛々し眉毛からすでに賢そうに見えますね!

本田太一 幼少期

本田太一の学歴一覧・出身地詳細

本田太一

京都幼稚園
入園年月2002年頃
卒園年月2005年3月
京都女子大学附属小学校
入学年月2005年4月
卒業年月20011年3月
関西大学中等部
偏差値43.0〜52.0入試難度
入学年月2011年4月
卒業年月2014年3月
関西大学高等部・普通科
偏差値67.0入試難度難関
入学年月2014年4月
卒業年月2017年3月
関西大学・経済学部
偏差値57.5入試難度
入学年月2017年9月
卒業年月2021年4月卒業予定

ここまで本田太一さんの学歴について見てきましたが、実家が京都府京都市伏見区にある会社を親族経営していることから出身地は京都市伏見区ということで間違いないでしょう。

伏見区は、何重もの赤い鳥居が並ぶ山道で有名な伏見稲荷大社があり多くの観光客が訪れますので、本田太一さんも子どもの頃一度は訪れていたかも?!

今季限りでのフィギュアスケートの現役引退を表明している本田太一さんですが、彼の特技はフィギュアスケートだけではなく経済学を勉強しており小さい頃からとても頭のいい少年だったんですね。

アメリカに練習拠点を移した際は苦難を自身の力で乗り切ったり、小さい頃から多くの習い事をかけもちしつつもそれぞれで優秀な結果を残していたりと、本田太一さんの努力家の一面も伝わったのではないでしょうか?

フィギュアスケート引退後も持ち前の頭の良さと努力家の性格で活躍することを祈っております。

大学卒業後はどういった仕事に挑戦するのか、今後の本田太一さんから目が離せないですね!