木梨憲武

お笑い芸人の大御所であり歌手であり俳優でもあって、更には画家でもある才能の塊のような木梨憲武さんですが、どこの高校や中学を卒業しているのでしょうか?

卒アル画像や学生時代のエピソードも併せた学歴情報をお届けします!

木梨憲武の学歴・経歴一覧

まずは木梨憲武さんの学歴と主な経歴を年表形式で紹介します!

ふりがな きなしのりたけ 木梨憲武
氏名

本名
木梨憲武/※本名同じ
生年月日 1962日生 60
出身 東京都世田谷区千歳台
身長 177cm  血液型 O
最終学歴 高卒 帝京大学附属帝京高等学校
年齢 学歴・経歴
1962 東京都世田谷区千歳台生まれ
父親はサイクルショップ経営
1968 世田谷区立塚戸小学校入学
1994 12 世田谷区立塚戸小学校卒業
世田谷区立千歳中学校入学
1977 15 世田谷区立千歳中学校卒業
帝京大学附属帝京高等学校入学
1979 17 全国高等学校サッカー選手権大会東京都予選メンバー
1980 18 帝京大学附属帝京高等学校卒業
東京ダイハツ販売・杉並営業所勤務
木梨憲武とコンビ『貴明&憲武』結成
1982 21 『お笑いスター誕生‼』でグランプリ
1986 25 映画初出演『そろばんずく』
1994 32 安田成美と結婚
1996 34 第47回NHK紅白歌合戦初出場『憲三郎&ジョージ山本』名義
1998 36 連続ドラマ初主演『甘い結婚』
2000 38 株式会社コッカ設立
2004 42 映画吹き替え『ファインディング・ニモ』
2014 52 個展『木梨憲武展×20years INSPIRATION-瞬間の好奇心』
2019 57 ソロ音楽活動・自主レーベル『木梨レコード』

(※緑文字:学歴 赤文字:印象的な事柄

東京都世田谷区千歳台出身の木梨憲武さん。父親の木梨作三(さくぞう)さんは漁師をしていましたが、サイクルショップ『木梨サイクル』を経営しています。

木梨憲武 父親 木梨作三

木梨サイクルは世田谷区千歳台にありましたが、2004年に祖師谷に移転しました。

母親は木梨サイクルを手伝っていることでしょう。

木梨憲武さんには妹がいますが、一般人のため詳しい情報はでてきていません。

普通な家庭に生まれ、4人家族として育った木梨憲武さん。

そんな木梨憲武さんはどんな学生生活を送っていたのでしょうか?当時のエピソードや画像などを現在からさかのぼりながら見ていきましょう!

木梨憲武の大学

木梨憲武さんは大学に進学していません。

高校を卒業してから東京ダイハツ販売杉並営業所に就職していることから、大学進学は考えていなかったのでしょう。

会社員をしながら1982年『お笑いスター誕生!!』に『とんねるず』として石橋貴明さんと出場し、グランプリを獲得!!

木梨憲武 お笑いスター誕生!!

石橋貴明の高校や大学の学歴&経歴まとめ!高校野球の実力は?

10週連続で勝ち続けたことで自信がつき、プロデビューすることになりました。

木梨憲武の高校

木梨憲武さんは1977年4月に帝京大学附属帝京高等学校へ入学し、1980年3月に卒業しています。

学校名 帝京大学附属帝京高等学校
学部・学科 調査中
偏差値/難度 49~56/中
所在地 〒173-0002
東京都板橋区稲荷台27-1
最寄駅 板橋本町駅(地下鉄三田線)
学費 初年度:110万円

高校生にしては老けていますよね!サラリーマンでも通用しそうな落ち着きです。

木梨憲武 高校
帝京大学附属帝京高等学校の学費は入学金と授業料3年間で約148万円です。

1980年頃の私立高校学費の平均が約89.5万円なので、かなり高めですね。

高校時代のエピソード

帝京校高等学校に入学した木梨憲武さんはサッカー部に所属し、全国高等学校サッカー選手権大会では高校1年生の時は優勝、高校2年生のときは準優勝、高校3年生のときは優勝しました。

木梨憲武のサッカーの実力は?

サッカー部員は100人以上いてベンチ入りするのも難しいくらいでしたが、木梨憲武さんは準レギュラーとして活躍していたんですよ。

1979年の都大会の準決勝では試合に出てシュートしたのです!

木梨憲武 高校 サッカー

しかし、得点にはなりませんでした。

その上、高校生がしてはいけないことがバレてしまいます。

”帝京高校サッカー部時代は、部室での喫煙がばれてレギュラーから外されたこともあるという。”
引用元:【男の履歴書 木梨憲武(IN LIFE)】

もし、木梨憲武さんがプロになるには、帝京高校で常にレギュラーであることと素行の良さが必要だったでしょうね。

また、木梨憲武さんはチームを盛り上げることが上手だったんだそう。

特にチーム仲間とカラオケに行くときは、鍋奉行ならぬカラオケ奉行で、歌う順番やこの人にこんな曲を歌わせたらいいかもとプロデュースして盛り上げていたんだとか。

学校の活動とは別に1980年1月から3月頃バラエティ番組『TVジョッキー』の『ザ・チャレンジ』のコーナーに出演していた木梨憲武さん。

素人が一芸を披露するコーナーでしたが、木梨憲武さんは『正司歌江(かしまし娘)』さん、『和田アキ子』さん、『ルパン三世』を演じて5代目チャンピオンになったんですよ。

高校卒業間際、石橋貴明さんと『貴明&憲武』というコンビを組んで『所ジョージのドバドバ大爆弾』に出演し、もう少しで賞金獲得するところまで行きました。

これが『とんねるず』の前身でコンビ初デビューですが、素人が出演する番組に数多くでていたんですね。

【主な同級生】

  • 石橋貴明(芸人)
  • 川添孝一(元サッカー選手、サッカー解説者)
  • 名取篤(元サッカー選手、サッカー指導者)
  • 小門洋一(元サッカー選手、元競輪選手)

木梨憲武の中学校

木梨憲武さんは1974年3月に世田谷区立千歳中学校へ入学し、1977年3月に卒業しています。

学校名 世田谷区立千歳中学校
所在地 〒157-0071
東京都世田谷区千歳台6-15-1
最寄駅 芦花公園駅(京王線)

中学時代のエピソード

中学に入る頃まではクラスで一番小さい方だったんだとか。現在は178cmなので、中学から急成長したのですね。

中学時代もサッカーを頑張っていましたが、ただテクニックを上達させようとしていたのではなく、試合中に自分がチームの中でどういう動きをしたらベストかと言うことも考える少年だったんだとか。

冷静に第3者の視点から自分を見ることができるなんて、なかなか大人でもできることではないですよね。

木梨憲武の小学校

木梨憲武さんは1968年4月に世田谷区立塚戸小学校へ入学し、1974年3月に卒業しています。

学校名 世田谷区立塚戸小学校
所在地 〒157-0071
東京都世田谷区千歳台6-7-1
最寄駅 芦花公園駅(京王線)

木梨憲武さんの小学校の情報がつぶやかれています。

小学生時代のエピソード

父親が自転車サイクルショップを経営していることもあって、自転車でどこでも行っていたんだそう。

”自転車屋の息子ですから。1人でおばあちゃんの家のある伊東に行ってみたこともありますよ。”
引用元:【帝京・サッカー部で宴会芸担当だった木梨憲武「今と変わらない」(SANSPO.COM)】

世田谷から伊東までは約90kmあり、ちょっとした冒険ですよね。自動車との事故もありますから、親からするとかなりヒヤヒヤものだったと思います。

木梨憲武 小学校一人旅

木梨憲武さんは車でも遠いと思う様な距離を1人で自転車で行けたことが大きな自信になったでしょうね。

小学校時代は三谷幸喜と同じサッカーチームだった?

小学校のときに所属していたFC東京サッカースクールの八幡山スクールに、脚本家の三谷幸喜さんも所属していました。

三谷幸喜

木梨憲武さんは2軍で三谷幸喜さんは13軍だったのですが、世間は広いようで狭いですね。

木梨憲武 小学生

三谷幸喜さんにとっては、木梨憲武さんはサッカー上手で雲の上の人だったんだとか。

いつも明るくて優しくて私生活は真面目な印象の木梨憲武さんでしたが、高校生の頃はタバコを吸ったりと普通の男の子がやってみたい悪さもしていたんですね。

お笑いだけでなく、歌や演技やアートにまで及ぶ多彩な才能をこれからもずっと発信続けて欲しいと思います。

木梨憲武さんは中年の星だと思いますので、ぜひ頑張ってください!