石橋貴明

石橋貴明さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!卒アル画像を含め、学生時代に迫ります!

高校時代の野球の実力についてや中学時代にチャンピオンになっていたことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

石橋貴明の学歴・経歴一覧

まずは石橋貴明さんの学歴と主な経歴を年表形式で紹介します!

ふりがな いしばしたかあき 石橋貴明
氏名

本名
石橋貴明/※本名同じ
生年月日 19611022日生 60
出身 東京都葛飾区
身長 182cm  血液型 A
最終学歴 高卒 帝京高等学校(現:帝京大学系属高等学校)
年齢 学歴・経歴
1961 東京都葛飾区生まれ
父親は石橋化成経営
1965 浮間幼稚園入園
(調査中) 浮間幼稚園中退
1968 板橋区立志村第四小学校入学
1970 板橋区立成増小学校転校
1974 12 板橋区立成増小学校卒業
板橋区立赤塚第二中学校入学
テレビに出演している
1977 15 板橋区立赤塚第二中学校卒業
帝京高等学校(現:帝京大学系属高等学校)入学
西武ライオンズ入団テスト不合格
1980 18 帝京高等学校(現:帝京大学系属高等学校)卒業
    センチュリーハイアット東京、ホテルオークラ勤務
    木梨憲武とコンビ『貴明&憲武』結成
1982 21 『お笑いスター誕生‼』でグランプリ
1986 25 映画初出演『そろばんずく』
1988 27 一般人女性と結婚
1989 28 第一子・石橋穂乃香誕生
1991 30 NHK紅白歌合戦初出場
1994 33 ハリウッド映画デビュー『メジャーリーグ2 』
1997 36 ドラマ初出演『PUFFYのドラマ ワイルドでいこう』
1998 37 一般人女性・雅代と離婚
鈴木保奈美と結婚
1999 38 第二子・石橋紙音(しおん)誕生
2000 39 第三子・石橋花音(かのん)誕生
2002 41 第四子・石橋桃音(ももね)誕生
2019 58 音楽ユニット『B Pressure』結成
2020 59 Twitter、YouTube開設

(※緑文字:学歴 赤文字:印象的な事柄

東京都葛飾区出身の石橋貴明さん。父親の石橋武夫さんは石橋化成を経営していましたが倒産してしまいました。

母親は主婦だった可能性が高いですね。

石橋貴明さんには2歳年上の兄がいますが詳しい情報はでてきていません。

お金持ちな家庭に生まれ、貧乏に転落し4人家族として育った石橋貴明さん。

そんな石橋貴明さんはどんな学生生活を送っていたのでしょうか?当時のエピソードや画像などを現在からさかのぼりながら見ていきましょう!

石橋貴明の出身大学

石橋貴明さんは大学に進学していません。

高校を卒業してホテルの『センチュリーハイアット東京(現:ハイアットリージェンシー東京)』に就職したので、大学進学は考えていなかったでしょう。

1982年に『お笑いスター誕生!!』で木梨憲武さんとコンビを組んで10週勝ち抜いてグランプリを獲得しました。

石橋貴明 お笑いスター誕生!!

木梨憲武の高校や大学の学歴&経歴まとめ!卒アル画像がサラリーマン!

5週目を勝ち抜いたときには森永製菓株式会社の『ドーナッチョ』のCMが決まったんですよ!

とんねるず CM ドーナッチョ

このときは芸能事務所に所属していなかったために、石橋貴明さんの兄が契約代理人になってくれてギャラは年間で30万円ずつだったんだとか。

その後も10年以上森永製菓のCMを務めましたが、『チョコボール』のCMソング「くえっ!くえっ!くえっ!チョコボール」は一度口ずさむとエンドレスになってしまいますよね。

石橋貴明 森永乳業 チョコボール

当時、石橋貴明さんは学歴コンプレックスが強かったんだそう。

テレビ局のスタッフは大学を卒業している人が多いために❝自虐ネタ❞として「高卒だから」と使っていましたが、小泉今日子さんや吉川晃司さんに「私は中卒(高校中退)だから」と言われたことでこのネタはお蔵入りになりました。

また、山口もえさんが成城大学、三谷幸喜さんが日本大学出身と聞いて「頭いいね」と言っていたことがあり、石橋貴明さんの中での頭のいい大学は偏差値57以上ということですね。

石橋貴明の出身高校

石橋貴明さんは1977年4月に帝京高等学校(現:帝京大学系属高等学校)・普通科へ入学し、1980年3月に卒業しています。

学校名 帝京高等学校(現:帝京大学系属高等学校)
学部・学科 調査中
偏差値/難度 49~56/中
所在地 〒173-0002
東京都板橋区稲荷台27-1
最寄駅 板橋本町駅(地下鉄三田線)
学費 初年度:110万円

石橋貴明さんが帝京高校出身であることは、2018年6月1日発信の『バーチャル高校野球』で同校出身と掲載されていることから間違いありません。

❝元高校球児として知られるタレントの石橋貴明さん(56)。帝京高(東京)では控え投手で、ベンチ入りはできませんでした。❞
引用元:【「帝京の秘密兵器」忘れられぬ濃密な時間 石橋貴明さん(バーチャル高校野球)】

❝面白いやつ❞として野球部で人気者だった石橋貴明さん。サッカー部と野球部の交流が盛んで、サッカー部だった木梨憲武さんとはそこで知り合いました。

高校野球は3年生の夏に引退してしまうので、時間が空いた石橋貴明さんは1981年放送のバラエティ『TVジョッキー』の『ザ・チャレンジ』に出場し、竹中直人さんを抑えての初代グランドチャンピオンに輝きました。

竹中直人

木梨憲武さんはサッカー部の活動が正月まであったために遅れて『TVジョッキー』に出演し、第5代チャンピオンになっています。

そして高校の卒業記念にと、木梨憲武さんと『貴明&憲武』というコンビを組んで『所ジョージのドバドバ大爆弾』に出演し、もう少しで賞金を獲得するところまで行ったんですよ。

それでも、このころは芸能界で生きていくつもりは全く無かったといいますから、驚きですよね。

石橋貴明さんは岩城滉一さんのことをカッコイイと思っていて、2011年9月から放送『とんねるずのみなさんのおかげでした』の看板コーナー『男気じゃんけん』で何度も「俺は岩城滉一さんの後輩だから」と言っていました。

岩城滉一

石橋貴明さんは帝京高校で岩城滉一さんは帝京大学なので、厳密に言うと違うのですが、帝京つながりということなのでしょう。

石橋貴明の野球の実力はどのくらい?

7歳年上の兄の影響ではじめた野球。

高校2年の秋のときは肩の調子が良くてベンチ入りできそうだったのですが、練習をサボっているのを監督にバレてしまいレギュラー入りが実現できませんでした。

その後は後輩の伊藤昭光さん(後のヤクルトスワローズ投手)が頭角を現してきたため、レギュラーのチャンスが来ることはなかったんだとか。

伊東昭光

このことを石橋貴明さんは「帝京の秘密兵器が秘密のままに終わった」と言っています。

打者としての実力は、高校時代のホームラン数は13塁打。高校野球のホームラン王、清宮幸太郎さんは111本ということから考えると1割強です。

元野球部員の観点からすると体の動きが硬く、打つ瞬間に左足が開いているためにホームランどころか強い打球を打つもの難しいだろうと評されています。

部活の先輩・後輩の上下関係はとても厳しくて、『説教』とは名ばかりの『暴力』が頻繁に行われていたんだそう。

礼儀正しくすることや先輩の身の回りを世話しないといけませんでした。

石橋貴明さんも殴られていたようで、まるで戦争時代の軍隊のような環境だったんですね。

帝京高校からメジャーリーグにデビュー?

1989年6月24日公開の映画『メジャーリーグ』が世界でヒットしたのですが、日本ではいまいちだったことを受けて石橋貴明さんが出演することで話題を作ろうとしました。

1994年6月11日公開の映画『メジャーリーグ2』でタカ・タナカ役でハリウッドデビューを果たします。

石橋貴明 メジャーリーグ2

当時は日本人のメジャーリーグ入りが珍しく、石橋貴明さんの役がバットをへし折るほどの剛球主だったことから本場のメジャーリーガーからも一目を置かれる存在になったんですよ。

同映画は日本で大ヒットをしたため、1998年6月6日公開の映画『メジャーリーグ3』にも出演しました。

甲子園に出場を果たせなかった石橋貴明さんが銀幕と言えどもメジャーリーグにデビューしたとは、強運の持ち主ですね。




石橋貴明の出身中学校

石橋貴明さんは1974年4月に板橋区立赤塚第二中学校へ入学し、1977年3月に卒業しています。

学校名 板橋区立赤塚第二中学校
所在地 〒175-0094
東京都葛飾区3-18-1
最寄り駅 成増駅(東武東上線)
公式HP http://www.ita.ed.jp/edu/aka2jh/

石橋貴明さんが赤塚第二中学校出身であることは、石橋貴明さんを先輩と呼ぶ同校出身のつぶやきがあることから間違いないでしょう。

石橋貴明の中学時代にチャンピオン

中学2年に同級生の島崎伸一さんと『ザ・ツンパ』というコンビを組んで1975年放送バラエティ『ぎんざNOW』に出場し、チャンピオンになりました。

ぎんざNOW

しかし、チャンピオンになったことが中学校で問題になってしまったのです…。

その時、父親の石橋武夫さんが「帰宅後の子供の行動は親の私が責任を持つもので、学校側が口を挟むことではない」と言って事態を収めたんだとか。

番組で優勝することもカッコイイですが、子供のためにタンカ切ってくれる父親を見て石橋貴明さんは感動したことでしょう。

しかし、石橋武夫さんは石橋貴明さんが中学のころに失踪してしまったという情報があるんですよ…。

子供のことをとても大事に思っていたのにもかかわらず、残して去ってしまったのには相当な事情があったのでしょうが、石橋家は母子家庭として更に経済的に厳しい状態になってしまったのです。

石橋貴明さんが学生時代からTV番組に出演していたのは、いなくなった父親に頑張っている姿を見せたいという思いがあってのことだったのかもしれません。

石橋貴明の出身小学校

石橋貴明さんは1968年4月に板橋区立志村第四小学校へ入学。

1970年4月に板橋区立成増小学校へ転校し、1974年3月に卒業しています。

【板橋区立志村第四小学校】

学校名 板橋区立志村第四小学校
所在地 〒174-0051
東京都板橋区小豆沢4−13−1
最寄り駅 北赤羽駅(JR埼京線)
公式HP http://www.ita.ed.jp/edu/simu4es/

石橋貴明さんが志村第四小学校に入学したことは、同校の一年一組だったというつぶやきがあることから間違いないでしょう。

【板橋区立成増小学校】

学校名 板橋区立成増小学校
所在地 〒175-0094
東京都葛飾区1-11-1
最寄り駅 地下鉄成増駅(地下鉄副都心線)
公式HP http://www.ita.ed.jp/edu/narimes/

石橋貴明さんが成増小学校出身であることは、同校出身というつぶやきがあることから間違いないでしょう。

石橋貴明はモハメド・アリと握手!

小学1年生のときに父親の事業『石橋化成』が失敗し、裕福な暮らしから夜逃げ同然になってしまいました。

小学3年生のときに成増のアパートに引っ越し、高校卒業まで暮らしたのですが、6畳と3畳の2部屋しかなかったんだとか。

結構苦労していたんですね。

その頃、モハメド・アリが大好きだったことを2018年4月30日放送『石橋貴明のたいむとんねる』で語っています。

モハメド・アリ

小学4年生のときにノンタイトル戦で来日していたモハメド・アリさんのサイン会に池袋の東武デパートへ向かったのですが、整理券は配り終わってしまった後。

モハメド・アリの絵を描いてきていた石橋貴明さんは、階段で絵を渡したんだそう。モハメド・アリさんはサインをしてくれて、握手までしてくれたんですって!

モハメド・アリさん、めっちゃいい人ですね。

また、モハメド・アリさんがスパーリングをしている場所を報知新聞に電話して教えてもらったとも言っていました。

報知新聞に電話する案は周りの大人のアドバイスかと想像しますが、実際に電話して電車に乗って見に行く石橋貴明さんの行動力が小学4年生とは思えないですね。

また、26歳にして亡くなったカリスマロック歌手『尾崎豊』さんの隣町に住んでいたと何度も自慢しているので、石橋貴明さんは尾崎豊さんをかなりリスペクトしていることがうかがえます。

尾崎豊

ちなみに、石橋貴明さんの影響で小学校の修学旅行先としてディズニーランドに行けなくなったという話がありますが間違いです。

石橋貴明さんが1996年の『新春かくし芸大会』の番組内でミッキーマウスの着ぐるみを脱がそうとしてディズニーから厳重注意を受けたという話と、ある修学旅行生がミッキーマウスを川に落としたという噂が合体したもの。

確かに石橋貴明さんならいつものノリでミッキーマウスを川に落としそうなものですが、さすがにそこまではしていませんでした。

石橋貴明の出身幼稚園

石橋貴明さんは1965年4月に浮間幼稚園へ入園し、中退しています。

学校名 浮間幼稚園
所在地 〒115-0051
東京都北区浮間3−33−16
最寄り駅 浮間舟渡駅(JR埼京線)

石橋貴明さんが浮間幼稚園中退していることは、『まちBBS・東京23区掲示板』で同園を中退したことが投稿されていることから可能性が高いでしょう。

石橋貴明 まちBBS

学校教育情報サイト『Gaccom』によると浮間幼稚園は存在するのですが、北区のホームページには存在しません。廃園または合併した可能性もありますので引き続き調査していきます。

石橋貴明の幼稚園時代は体が弱かった

石橋貴明さんは板橋区に住んでいたのですが、土地柄があまり良くなかったので母親が評判の良い浮間幼稚園に通わせていたんだとか。

しかし、石橋貴明さんは体が弱く、幼稚園を休みがちだったことが元でいじめにあってしまったために中退してしまいました。

テレビではいじめっ子のイメージがあったので、いじめられていたとは意外ですね。

石橋貴明の学歴一覧・出身地詳細

石橋貴明

ここまで石橋貴明さんの学歴について見てきましたが、入学した小学校が板橋区立志村第四小学校ということから出身地は板橋区でしょう。

板橋区は赤塚植物園で有名なので石橋貴明さんは遠足で行っていたかも?

石橋貴明さんは私立の帝京高校で野球をしていたので、そこそこの収入のある家庭で育ったのかと思いきや、父親は事業に失敗をしてしまいアパート暮らしをしていたんですね。

モハメド・アリさんのサインをもらったときのように、今の自分が置かれている状況が悪くとも、工夫次第で目標を達成する勘の良さとタイミングを見極める洞察力に優れている人だなと感じました。

これからもお笑いの大御所としてお茶の間を明るくし続けてほしいですね。