大島優子

子役でデビューし、AKB48ではチームの顔として活躍され、卒業してからは女優としてますます輝いている大島優子さんですが、どんな学生だったのでしょうか?

そんな彼女の出身校や偏差値などの経歴情報と共に、卒アル画像や芸能界へデビューしたキッカケをご紹介します!

1男1女の長女として育った大島優子さんはどこの学校を卒業したのでしょうか?

家族構成などのプライベートな情報とともに見てきましょう!

大島優子のプロフィール

大島優子

芸名:大島優子(おおしまゆうこ)※本名同じ
愛称:ゆうこ・コリス

生年月日(星座):1988年10月17日(てんびん座)
血液型:B型
出身地:栃木県下都賀郡壬生町生まれ、神奈川県横浜市に引っ越し、再び栃木県下都賀郡壬生町に戻る

所属:太田プロダクション
職業・ジャンル:女優
活動期間:1996年~

趣味・特技:ベース・サッカー観戦・乗馬・スノーボード
SNS:ツイッターフェイスブックインスタグラムブログ公式サイト
家族:兄・未婚

<主な出演作品>

  • 2012年8月25日公開の映画『闇金ウシジマくん』
  • 2014年10月~CM第一三共ヘルスケア『ミノン』洗浄シリーズ
  • 2016年3月月連続テレビ小説『あさが来た』
    ほか

大島優子の経歴~デビューのキッカケ~

大島優子さんはお母さんがオーディションに応募したことがキッカケで1996年にセントラル子供劇団に入所しデビューしました。

大島優子さんが7歳の時に母親がオーディションの記事を見つけてきて「やってみる?」と聞かれ、「うん」と答えたエピソードがありますが、ドラマのワンシーンみたいですよね。

女優(子役)としてのデビュー作は、1996年4月ドラマ『ひよこたちの天使』でした。

大島優子 7歳 ひよこたちの天使

同ドラマに子役として出演していますが、当時7歳だった大島優子さんは目鼻立ちがはっきりしていますよね。

子役のころは撮影のために三味線を習うなど、芸能界でしかできないことができたとオリコンニュースの関連サイト『Deview』で語っていました。

しかし、徐々に芸能界の仕事が減ってきて、高校の頃には芸能界を辞めて福祉系の仕事をしようかと思っていたのです。

AKB48に入ろうと思ったきっかけは、子役時代のマネージャーに強く勧められて最後のチャンスと思ってオーディションを受けたんだとか。

大島優子さんほどの美貌とスレンダーな体型があれば、芸能界のほうが絶対に向いていますよね。

大島優子の家族構成

大島優子さんには兄がいますが、どんな人なのでしょうか?両親の情報とともに見ていきましょう!

大島優子の父親

大島優子 父親

名前:大島(名前不明)
生年月日:不明

大島優子さんの父親も大島優子さんのように美形ですね!

横浜市でサラリーマンをしていましたが、大島優子さんが小学校6年生の時に父親の兄(叔父)の割烹料理屋(寿司屋の説もあり)を手伝うために栃木県下都賀郡壬生町に引っ越したという情報があります。

その直後、両親は離婚して母親がいなくなったため、父親が母親代わりもしました。

AKB48の秋葉原に通うときも父親が最寄り駅まで送り迎えしていたり、お弁当を作ってくれたり、夕食を店の上の家まで運んでくれたりしたエピソードがあるのですが、子供思いの父親ですね。

割烹料理屋は10年後に閉店し、その後はサラリーマンに戻ったという噂です。

大島優子の母親

名前:大島(名前不明)
生年月日:不明

母親は日本人とアメリカ人のハーフで、大島優子さんはクオーターになります。

母親が父親の働く割烹料理屋の常連客と蒸発したと言われていますが、噂の域からは出ていません。

その後大島優子さんが高校生になるまでは音信不通でしたが、今は親子関係が良好で、一人暮らしの大島優子さんの家にも訪ねてきます。

一度は悲しい別れがありましたが、再び仲良くなれて良かったですね。

大島優子の兄

大島優子 兄

名前:大島(名前不明)
生年月日:不明

前歯が抜けている所がカワイイですね!

大島優子さんの兄は一般人のため名前などの情報は明らかにされていませんが、2016年3月に結婚していることが大島優子さんのインスタグラムから分かります。


兄の結婚式の画像はありませんが、こんなカワイイ妹がいたらお嫁さんよりも目立ってしまうかも知れませんね。

大島優子の出身校と偏差値

大島優子さんはどんな学生だったのでしょうか?通っていた小学校や中学校、高校や大学はどこなのか、偏差値の情報もあわせてご紹介します!

大島優子の大学と留学

大島優子さんは大学に進学していません。

AKB48の活動が忙しいため大学進学は考えなかったのですが、2017年8月から1年間アメリカに語学留学しています。

”「30歳までに海外で英語を勉強したい」と、約1年間の留学に向かった。”
引用元:【米国留学中の大島優子 本格復帰へ 三浦春馬初の舞台単独主演作で娼婦役(スポニチ・アネックス)】

アメリカのどこかは事務所が公表していないために明らかにされていませんが、語学だけでなく演技の勉強もしていると考えられますので、ブロードウェイ辺りの可能性が高いでしょう。

大島優子の高校と偏差値

大島優子 卒アル 高校

大島優子さんは栃木県立壬生高等学校(偏差値:46.0 難易度:低)2004年4月に入学し、2007年3月に卒業しています。

【高校の住所】
〒321-0221
栃木県下都賀郡壬生町藤井1194

カワイイ以外の言葉が見つからないくらいにカワイイです。

大島優子さんは、出席日数や定期試験が大きく卒業を左右する全日制の学校に通っていました。

高校2年の時は『THE ALFEE』の高見沢俊彦さんがサウンド・プロデュースしたジュニアアイドルユニット『Doll’s Vox』に在籍しています。

大島優子 Doll's-Vox

また高校3年の2006年4月にAKB48チームKの初日公演において大島優子さんもデビューしているので、芸の活動と学校生活を並行させるのは大変だったでしょう。

大島優子 AKB48 チームK 

学校が終わってから片道2時間かけて秋葉原まで通っていたんですよ。毎日学校が終わってからの4時間は辛いですよね。

部活は男子バレーボール部のマネージャーをしていたと噂されていますが、高校2年生、高校3年生は芸能活動が忙しかったので高校1年生の時だけでしょう。

高校時代にはかなりモテていたそうなので、男子バレーボール部は大島優子さん目当てに入部してきた男子もいたのかも知れませんね。

大島優子の中学校

大島優子 13歳 中学生

大島優子さんは壬生町立南犬飼中学校2001年4月に入学し、2004年3月に卒業しています。

【中学校の住所】
〒321-0207
栃木県下都賀郡壬生町北小林743

目がくりくりで愛くるしいですよね!

男子バレー部にサッカー選手の福西嵩史と似た人の掛け声に惚れて、男子バレー部のマネージャーになり、大島優子さんからアタックして交際に発展したとの情報があります。

福西崇史

※画像は福西崇史さんです。

中学時代はジュニアアイドルとした活躍していたことで、モテモテだった大島優子さんから告白されるとは、かなりイケメンの男性だったのでしょう。

大島優子の小学校

大島優子 卒アル 小学生

大島優子さんは小学校に1995年4月に入学し、2001年3月に卒業しています。

大島優子さんの小学校の情報は明らかにされていませんが、後で述べる幼稚園が春日野幼稚園であることから、下記の3校のどれかに通っていた可能性があります。

  • 横浜市立吉原小学校
  • 横浜市立日野小学校
  • 横浜市立日野南小学校

小学校6年の途中で叔父の住む栃木県下都賀郡壬生町に引っ越したので、卒業した学校は可能性として下記の4校のどれかになります。

  • 壬生町立稲葉小学校
  • 壬生町立東小学校
  • 壬生町立藤井小学校
  • 壬生町立藤井小学校

小学校の文集に6年の途中で引っ越しして別れが辛かった事が書かれています。

大島優子 文集 小学生

小学6年生のときの修学旅行が一番楽しかったことと、転校になって別れがつらいけれど頑張っていくことが書かれています。

大人の事情で友達と別れないといけないわけですから、納得いかないですよね。

子役として活躍する一方で障害を持つ子供の世話をしてあげる優しい子だったとの情報が入ってきています。

高校に入った時は福祉系の仕事をやってみたいと思ったとオリコンニュースの関連サイト『Deview』で語っていて、小学校から思っていたんですね。

小学校に通っているころの大島優子さんはこんな感じです。

大島優子 小学生

笑顔のえくぼは小学校のころからあったんですね。

大島優子の幼稚園

大島優子 卒アル 幼稚園

大島優子さんは春日野幼稚園1995年3月に卒業しています。

【幼稚園の住所】
〒234-0053
神奈川県横浜市港南区日野中央2-29-18

大島優子さんの幼稚園の初恋の相手がAKB48の握手会に来てくれたことを2017年の1月3日放送のバラエティ『今夜くらべてみました 新春ゴールデンSP』で語っていました。

「僕のことを覚えていますか?」と言われてもファンの変わった自己紹介だと思いスルーしたんだとか。帰宅して母親にその事を告げると、「初恋の相手だよ!」と言われて驚いたんですって。

幼稚園の頃を覚えていなくても仕方ないとは思いますが、きっと覚えていてくれているだろうと期待した彼は落胆しているでしょうね。

子役のころから考えると20年以上もの芸歴になる大島優子さん。高校時代は福祉の仕事をしようと考えていましたが、今の活躍ぶりを見ると芸能界で大正解でしたね。

女優として益々の活躍を期待しています!