前澤友作

前澤友作さんの出身大学や高校などの学歴を徹底解説!高校時代の画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

大学に進学せずバンドでデビューしていたことや小学生時代から商売をしていたことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

前澤友作の出身大学

前澤友作さんはバンド活動に専念するために大学に進学していません。高校を卒業するなりアメリカ・サンタモニカに留学している彼女を頼って音楽を学びに渡米しました。

前澤友作さんは早稲田実業学校に通っていたので早稲田大学に進学することもできたのですが、あえて進学しなかったんですよ。

ミュージシャンは麻薬などのダークなイメージがありますが、サンタモニカのミュージシャンはアルコールやタバコも無くクリーンだったんだとか。

音楽で世の中を変えて行こうと前向きな人が多く前澤友作さんは影響を受け、本格的に音楽の道に進もうとしていたんです。

前澤友作はメジャーデビューしていた!

アメリカから日本に帰国した1988年に高校時代から結成していたバンド『Switch Style』がアルバム『METRONOME』でメジャーデビューをしました。

前澤友作 バンド Switch Style

前澤友作さんは「音楽で生きていくんだ」という気負いはなく好きでやっていただけだそうで、ゆるいかんじでもメジャーデビューできるなんて才能あふれる人なんですね。

2007年10月27日発信の起業家を応援するサイト『ドリームゲート』のインタビューによると、当時バンドでも生活できるほどの収入があったのですが、趣味で始めた輸入レコード・CDの通信販売事業が軌道にのり、年商1億円が見えて来たところで音楽活動を辞めたんだとか。

通信販売の最初はライブ会場の片隅で売っていたところ、A4のカタログを配ったり、『DOLL』という音楽雑誌の無料3行広告で告知したら全国から問い合わせがあったそうで、広告を作ることに天才的な才能があったんですね。

バンド仲間と当時の彼女が集まって前澤友作さんが22歳のときに『株式会社スタートトゥデイ』を起業しました。

ちなみに、社名の『スタートトゥデイ』は前澤友作さんが好きだったニューヨークのバンド『ゴリラ・ビスケッツ』の曲のタイトルからだそうで、音楽が原点だったことがよくわかりますね。

前澤友作の出身高校

前澤友作 早稲田実業高等部
前澤友作さんは1991年4月に早稲田実業学校高等部へ入学し、1994年3月に卒業しています。

学校名 早稲田実業学校高等部
学科・コース 普通科
偏差値 76
入試難度 難関
所在地 〒185-8505
東京都国分寺市本町1丁目2−1
最寄り駅 国分寺駅(中央線)
公式HP https://www.wasedajg.ed.jp/

前澤友作さんが早稲田実業学校出身であることは、インタビューサイト『HIGHFLYERS』おけるプロフィール欄に同校卒業と掲載されていることから間違いありません。

前澤友作 早稲田実業出身

前澤友作は高校中退するつもりだった?

高校1年生までは皆勤賞だった前澤友作さんが2年生になるとほとんど行かなくなりました。通学時間が1時間半かかったこともあったのですが、❝電車で通勤するサラリーマンの表情が疲れているのを見て、学校で勉強する将来が暗い❞と感じたからなんだとか。

早稲田実業学校は1901年創立の伝統を重んじる学校だったことや男子校だったことも、面白味を感じなくなった要因かもしれませんね。(※現在は共学)

週2日だけ学校に行き、5日は建築現場でアルバイトをしていたんですよ。「学校を辞めたい」と両親に告げたところ、「高校だけは卒業して欲しい」と頼まれたんだそう。同時に担任の先生が前澤友作さんの味方になってくれる人で、「卒業はしろよ」と言われていたことから、出席日数ぎりぎりラインで卒業しました。

実は前澤友作さんがやりたかったのはバンド活動で、高校2年生にあたる1993年3月にインディーズバンド『Switch Style』を結成しドラムを叩いていたんですよ。

前澤友作 Switch-Style

ちなみに前澤友作さんの弟・前澤周作さん(物流コンサルティング企業『株式会社ゼアー』の社長)もメンバーでした。

バンド活動と並行してレコードやCDを輸入していたそうで、高校時代から国際ビジネスの才能があった可能性があります。

当時の画像を見ると、茶髪で何も考えていないように見えますが、無意識レベルでビジネスのことを考えられる才能を持っていたのでしょう。

前澤友作 高校時代

【スポンサーリンク】

前澤友作の出身中学校

前澤友作 鎌ヶ谷市立第二中学校

前澤友作さんは1988年4月に鎌ヶ谷市立第二中学校へ入学し、1991年3月に卒業しています。

学校名 鎌ヶ谷市立第二中学校
偏差値
入試難度
所在地 〒273-0115
千葉県鎌ケ谷市東道野辺4丁目19−26
最寄り駅 鎌ヶ谷大仏駅(新京成線)
公式HP http://kamagaya.ed.jp/2tyu/

前澤友作さんが鎌ヶ谷市立第二中学校出身であることは、同校出身であるというつぶやきが複数投稿されていることから間違いないでしょう。

前澤友作の中学時代からバンドマン?

2007年10月27日発信の『ドリームゲート』のインタビューによると前澤友作さんは部活には所属していませんでした。無理やりやらされて競わされ、抱き合って泣くような世界が大嫌いだったんだそう。

帰宅部に徹し、ギターを弾きはじめて中学3年生の時にはバンドを組んでいました。

BOOWYやエックスからスタートし、ボン・ジョヴィやメタリカが好きになり、更にハードコアパンクという大音量の激しい音楽を好むようになったんだとか。

帰宅途中に駄菓子屋で『うまい棒』を買って食べていただけなのに、激しい音楽をしていたことから「悪の枢軸だ!」と言われたことがあったようで、誤解されやすかったんですね。

自分に納得がいかないことは先生にも食って掛かる中学生だったことから、熱血先生には好かれるけれども公務員的な先生には完全に無視されていたそうで、大人からは生意気な子供に映っていたのかもしれません。

前澤友作の出身小学校

前澤友作 鎌ヶ谷市立東部小学校

前澤友作さんは1982年4月に鎌ヶ谷市立東部小学校へ入学し、1988年3月に卒業しています。

学校名 鎌ヶ谷市立東部小学校
所在地 〒273-0105
千葉県鎌ケ谷市鎌ケ谷8丁目3−11
最寄り駅 鎌ヶ谷大仏駅(新京成線)
公式HP http://kamagaya.ed.jp/toubu/

前澤友作さんが東部小学校出身であることは、同校出身であるというつぶやきが複数投稿されていることから間違いないでしょう。

前澤友作さんは人と同じことが嫌いで、常に人と違うことを求めていた小学生だったそう。

流行っていたキン肉マン消しゴムやビックリマンチョコのシールをクラスで一番たくさん集め、友達から「何でそんなにたくさん持っているの?」と聞かれることに優越感を感じていたんだとか。人と違う量のコレクションに満足していたのでしょうね。

父親がクラッシック好きで、母親がアルフィー好きだったことから、前澤友作さんは幼いころから音楽に触れていました。

前澤友作 幼少期

審判台に乗っているのは前澤友作さんの弟ですが、兄弟でお揃いの服を着てオシャレですね。母親のセレクトもあったでしょうが、前澤友作さんは小学4年生から古着でリーバイスのジーンズを着ていたんだそう。

公文教室に通っていて成績も良かったらしく、スポーツもできた前澤友作さんはモテモテだったんだそうですよ。

前澤友作さんの近所に毎朝たき火をしている不思議な老人がいたのですが、老人から教えてもらったことが前澤友作さんのビジネスの原点になっていたかもしれないんです。

前澤友作は小学生時代から商売?

近所の老人と仲良くなった前澤友作さんは、クワガタがたくさん採れる秘密の場所と捕まえ方を教えてもらったんだそう。電車で5駅ほど移動しなければならなかったのですが、前澤友作さんは言われた通りにクワガタを大量に捕まえてきて、友達に売っていたんだとか。

電車賃を差し引いても利益が出るほど稼いでいたそうで、前澤友作さんの商売の原点はクワガタにあったに違いないでしょう。

前澤友作の学歴・出身地まとめ!

前澤友作

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月
卒園年月
鎌ヶ谷市立東部小学校
入学年月 1982年4月
卒業年月 1988年3月
鎌ヶ谷市立第二中学校
偏差値 入試難度
入学年月 1988年4月
卒業年月 1991年3月
早稲田実業学校高等部
偏差値 76 入試難度 難関
入学年月 1991年4月
卒業年月 1994年3月
大学
偏差値 入試難度
入学年月 進学せず
卒業年月

ここまで前澤友作さんの学歴について見てきましたが、出身小学校が東部小学校ということから出身地は鎌ヶ谷市鎌ヶ谷でしょう。

鎌ヶ谷市は梨や葡萄などで有名なので前澤友作さんは果物好きな子供時代を過ごしたのかも?

前澤友作さんは高卒で経済の勉強をしたわけでもないのに、1代で大きな財産を築きました。バンドでメジャーデビューを果たしていたので、継続していたら音楽の分野でも大成功していたかもしれませんね。

学歴が人生の成功と必ずしもつながらないことを証明してくれる前澤友作さんが、今後どのような分野でビジネス展開をされるのか楽しみですね。