志村けん

志村けんさんの出身高校や大学などの学歴と本当の出身地を徹底解説!卒アル画像を含め、学生時代に迫ります!

若い頃はイケメンでかっこよかったことや芸名の由来が感動的だったことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

志村けんの出身大学

放送大学

志村けんさんは放送大学・教養学部・教養学科へ入学し、卒業しています。(※時期は調査中)

学校名 放送大学
学部・学科 教養学部・教養学科
偏差値 ─(※放送大学は希望者全員合格のため偏差値なし)
入試難度
所在地 〒261-8586
千葉県千葉市美浜区若葉2-11
最寄り駅 海浜幕張駅(JR京葉線)
公式HP https://www.ouj.ac.jp/

志村けんさんが放送大学出身であることは、ユニベルシテ株式会社が運営する『エンタMEGA 』で❝同校出身と言われている❞と掲載していることから可能性が高いでしょう。

❝芸能人では志村けんが、放送大学を卒業しているといわれていますね。時期はわかりませんが、志村は高校在学中にいかりや長介に弟子入りを志願し、芸能界入りを果たしています。もともと父親は小学校教諭であり、二人の兄も公務員になる厳格な家に育ったため、大学へ行きたい思いはあったのかもしれませんね。❞
引用元:【放送大学の地上波放送が終了、あの芸能人も卒業生?(エンタMEGA)】

志村けんの若い頃がカッコいい!

高校を卒業する直前にザ・ドリフターズに直談判をして弟子入りを希望していた志村けんさん。

当時の画像をみると、トレンディドラマの主役もできそうなくらいのイケメンです。

志村けん 若い頃

志村けん 若い頃

弟子入りを許可してもらってからは加藤茶さんの付き人になって1年余り頑張っていたにもかかわらず、逃走してしまうんです!

ザ・ドリフターズの規律が厳しかったのか、当時は靴が買えなくて裸足でいたところをテレビ局の美術さんが見かねてわらじをくれたという話から、弟子では貧乏すぎて絶えられなかったのかもしれません。

バーテンダーのアルバイトをしながらもザ・ドリフターズに戻りたい意志が強くなり、再び弟子入りを希望しています。

なんと、いかりや長介さんは「二度も弟子入りする奴は、よくよく好きなんだろう」と許してくれたんですよ!

きっと志村けんさんに笑いの才能を買ってくれていたのでしょうね。

大学4年生にあたる1972年に井上淳さんとお笑いコンビ『マック・ボンボン』を結成して一時期は人気もあったのですが、出演していたテレビ番組『ぎんぎら!ボンボン!』の放送が打ち切りになったことでコンビは消滅してしまうんです…。

志村けん 若い頃 マック・ボンボン

志村けんさんはザ・ドリフターズの付き人を4ヶ月ほどした後、荒井注さんが脱退したことで1973年4月1日から正式メンバーになりました。

志村けんの出身高校

都立久留米高等学校
志村けんさんは1965年4月に都立久留米高等学校(現:都立東久留米総合高等学校)へ入学し、1968年3月に卒業しています。

学校名 都立久留米高等学校(現:東久留米総合高等学校
学科・コース 普通科
偏差値 51
入試難度
所在地 〒203-0052
東京都東久留米市幸町5丁目8−46
最寄り駅 東久留米駅(西武池袋線)
公式HP http://www.higashikurume-sogo-h.metro.tokyo.jp/site/zen/index.html

志村けんさんが久留米高校出身であることは、『mixi』の東久留米総合高等学校の掲示板に同校の先輩だったと掲載されていることから間違いないでしょう。

mixi 久留米高等学校

志村けんさんの中学から13人が同校を受験しましたが、合格したのは志村けんさんただ1人。

しかも1期生だったので、志村けんさんは中学からの知り合いは全くいない環境になったんです。

それでも持ち前の明るさと人を引きつける魅力で体育祭のときには中心人物として演じているんですよ。

志村けん 高校時代

ステテコにダボシャツで『カトちゃんペッ』をしている画像ですが、『変なおじさん』の原型だったそうで、高校時代から頭角を現しはじめていたんですね。

2018年5月28日放送の『『ファミリーヒストリー「志村けん〜東村山で生きた父 教師と柔道を貫く〜」』で高校の卒アルとともに志村けんさんの本名が明らかになっています。

志村けん 卒アル 高校

志村けん 高校時代

髪型がマッシュルームカットの志村けんさんは、当時大流行していたビートルズのマネをしていたんですって!

『けん』という芸名はどこから来たのかというと、芸人になるキッカケの人の名前だったんです。

志村けんさんの芸名に感動!

志村けんさんの父親は『志村憲司』さんといい、小学校の教頭先生をしていて厳格な人だったんだそう。

とても厳しい父親がお笑い番組を見て笑ったことから、志村けんさんは「将来、芸人になろう!」と決めたんだとか。

つまり、父親の名前を芸名にしていたんです!

『ファミリーヒストリー』によると、1962年に父親が校長先生の資格を取ろうとした矢先にバイクで通勤途中に交通事故に遭い、3年後に事故が原因の脳血栓で重度の後遺症に悩まされたそうです。

父親の名前を有名にすることで、励まそうをいう気持ちもあったことでしょう。




志村けんの出身中学校

東村山市立第二中学校

志村けんさんは1962年4月に東村山市立第二中学校へ入学し、1965年3月に卒業しています。

学校名 東村山市立第二中学校
偏差値
入試難度
所在地 〒189-0003
東京都東村山市久米川町2丁目4−1
最寄り駅 東村山駅(西武新宿線)
公式HP http://higashimurayama.ed.jp/e17-higashimurayama2/

志村けんさんが東村山市立第二中学校出身であることは、市議会議員のいしばし光明氏のブログに同校出身と掲載されていることから間違いありません。

いしばし光明議員 ブログ

志村けんのバンド仲間は所ジョージのいとこ!

2017年7月5日放送『あいつ今何してる』によると、志村けんさんが結成していたバンドのメンバーに所ジョージさんのいとこがいたんです。

志村けん テレビ あいつ今何してる

中学時代にバンドをしていたからこそ、ザ・ドリフターズの弟子になろうと希望したのでしょう。

卒アル画像を見ると、七三分けの髪型が優等生のようですね。

志村けん 卒アル 中学

志村けんの出身小学校

東村山市立化成小学校
志村けんさんは1956年4月に東村山市立化政小学校へ入学し、1962年3月に卒業しています。

学校名 東村山市立化政小学校
所在地 〒189-0021
東京都東村山市諏訪町1丁目4−1
最寄り駅 東村山駅(西武新宿線)
公式HP http://higashimurayama.ed.jp/e01-kasei/

志村けんさんが化成小学校出身であることは、東村山市のホームページに掲載されていることから間違いありません。

❝東村山市出身で、市立化成小学校卒業生である志村けん氏が、昭和51(1976)年TBS系列のTV番組「8時だョ!全員集合」の「少年少女合唱隊」でアレンジしたものを披露した事でも有名です。❞
引用元:【東村山市】

志村けんがお笑いに目覚めたキッカケは?

2019年4月4日放送『中居正広のキンスマスペシャル』に志村けんさんが出演した時の話によると、お笑いに目覚めたキッカケはおもらしのイメージを払拭させたかったからなんですよ。

小学3年生の運動会の徒競走で緊張のあまり便意に襲われたのですが、我慢できずに❝おもらし❞してしまったそう。

おもらしのイメージを払拭するために、たまたま聞いて面白かった酔っぱらいの落語を参考にしてコントをしたところ大ウケしたんですって!

おもらしのままだといじめられっ子になったかもしれなかったところをコントで切り抜けていたとは、賢い方法だったと言えるでしょう。

志村けんの学歴一覧・出身地詳細

志村けん

【調査中】幼稚園
入園年月
卒園年月
東村山市立化政小学校
入学年月 1956年4月
卒業年月 1962年3月
東村山市立第二中学校
偏差値 入試難度
入学年月 1962年4月
卒業年月 1965年3月
都立久留米高等学校(現:都立東久留米総合高等学校)
偏差値 51 入試難度
入学年月 1965年4月
卒業年月 1968年3月
放送大学・教養学部・教養学科
偏差値 入試難度
入学年月 調査中
卒業年月 調査中

ここまで志村けんさんの学歴について見てきましたが、出身小学校が東村山市立化成小学校ということから出身地は東村山市諏訪町付近でしょう。

東村山市は多摩湖(村山貯水池)のダムの堰体の上を歩くことができる狭山公園で有名なので志村けんさんはコントのネタを考えるために散歩していたのかも?

志村けんさんは父親の笑顔が見たくて芸人になり、芸名も父親由来のものだったとは感動的でした。

志村けんさんほどの才能がある人はなかなか現れないでしょう。