Taka 森内貴寛

Taka(森内貴寛)さんの出身高校や大学などの学歴と本当の出身地を徹底解説!リアル制服画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

高校時代の英語は下手だったことや兄弟間でも敬語だったことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

Taka(森内貴寛)の出身大学

Taka(森内貴寛)さんは大学に進学していません。

後述しますが、高校1年生で自主退学をしたのちに青山の飲食店でアルバイトをしながら大阪の音楽学校に通っていたことから大学には進学しませんでした。

ONE OK ROCKに所属する前はCoM(Chivalry of Music)というバンドを組み、R&Bやバラード曲中心のライブ活動をしていたんですよ。

CoMのライブを見に来たONE OK ROCKの現リーダーToruさんがTakaさんの声と英語の発音の良さに感動して強烈なスカウトを受けたことをきっかけにメンバー入りを果たします。

大学1年相当時にあたる2007年4月45日に1stシングル『内秘心書』がリリースされました。

バンド活動に邁進しているTakaさんに大学進学の選択肢はなかったことでしょう。

Taka(森内貴寛)の出身高校

慶應義塾湘南藤沢高等部

Taka(森内貴寛)さんは2004年4月に慶應義塾湘南藤沢高等部へ入学し、2005年3月に中退しています。

学校名慶應義塾湘南藤沢高等部
学科・コース
偏差値76
入試難度難関
所在地〒252-0816
神奈川県藤沢市遠藤5466
最寄り駅湘南台駅(江ノ島線)
公式HPhttp://www.sfc-js.keio.ac.jp/

森内貴寛さんが慶應義塾湘南藤沢高等部出身であることは、『みんなの高校情報』に同校出身と掲載されていることから間違いありません。

❝Taka(ミュージシャン(ONE OK ROCK))慶應義塾湘南藤沢高等部1年終了時自主退学❞
引用元:【慶應義塾湘南藤沢高等部(みんなの高校情報)】

Takaさんが堀越高校に転校して中退したという噂がありますが、ONE OK ROCKのメンバーToruさん、Alexさん、RyotaさんTomoさんが堀越高校の同級生だったことから混同されたのでしょう。

慶応義塾湘南藤沢高等部(SFC高等部)は英語に特化していて、❝英語は世界平和実現のための必須ルール❞と定義し、短期留学生との交流や英字新聞、英語の映画を授業に取り組んでいるのですが、それを踏まえてもTakaさんの英語力は飛び抜けてるんですよ。

Taka(森内貴寛)の英語は下手だった!

Takaさんのインタビューを聞いていると、生まれつきアメリカに住んでいるとしか思えないほど流暢な英語を話しています。

英語は相当勉強したようなので成績も抜群だったと思いきや、母親の森昌子さんは不思議がっているんですよ。

❝高校の時、ひどかったんですね(英語が)できなくて。どうしてあんなに英語の歌が歌えるようになっちゃったのかしら…。❞
引用元:【森昌子、ONE OK ROCK・Takaの高校時代のエピソード明かす「こんなこと言うとクレームがくるかも…」(modelpress)】

高校在学時の英語の偏差値は40だったんだとか…。

高校を自主退学したのは2005年3月ですが、翌月に両親(森進一さんと森昌子さん)が離婚をしていることを考えると、Takaさんはバンドで自立しようと決意し、英語を習得しようと考えたのかもしれませんね。

ONE OK ROCKに所属したのが同年5月であることを考えると、わずか3ヶ月の間に人生を大きく変える出来事が立て続けに起きたことになります。

精神不安定になったのではないかと想像しますが、着実に実績を積んできたTakaさんはメンタルの強い人なのですね。




Taka(森内貴寛)の出身中学校

慶應義塾湘南藤沢中等部

Taka(森内貴寛)さんは2001年4月に慶應義塾湘南藤沢中等部へ入学し、2004年3月に卒業しています。

学校名慶應義塾湘南藤沢中等部
偏差値63~67
入試難度難関
所在地〒252-0816
神奈川県藤沢市遠藤5466
最寄り駅湘南台駅(江ノ島線)
公式HPhttp://www.sfc-js.keio.ac.jp/

森内貴寛さんが慶應義塾湘南藤沢中等部出身であることは、『modelpress』の❝Takaのプロフィール❞に同校入学と紹介されていることから間違いありません。

❝略歴 2001年4月、慶應義塾湘南藤沢中等部(SFC中等部)入学。❞
引用元:【トップページ 人物一覧 Taka(modelpress)】

TakaはNEWSの元メンバー

日本のロック界で飛ぶ鳥を落とす勢いのONE OK ROCKですが、Takaさんはジャニーズの初代NEWSのメンバーなんですよ。

Takaさんがジャニーズに入所したのは中学1年にあたる2001年8月のことでした。

少年隊の舞台を見たことがきっかけでジャニーズに入ろうと決めたのですが、父親からは❝学業に支障をきたすことがあったらジャニーズは辞める❞ということを条件に週1回だけレッスンに通っていたようです。

Taka ジャニーズ

ちなみに、TakaさんにはHIROさん(MY FAST STORY)がいますが、同時期にジャニーズに所属していたんですよ。

Taka 弟 HIRO

Hiro(森内寛樹)の高校や大学の学歴・出身情報!いじめにあった!

わずか週1回のレッスンだったにもかかわらず、2年後の2003年11月に初代NEWSのメンバー入りを果たしているのはTakaさんにエンターテイメントの才能があったからに他ならないですよね!

Taka ジャニーズ時代

Taka ジャニーズ時代

しかし、デビューしてたった3ヶ月でTakaさんはNEWSの活動を休止し、ジャニーズ事務所を自主退所しています。

親の七光りでデビューできたと勘違いされ、苦節ウン年のジャニーズJr.推しであるファンにTakaさんが歌うところだけ後ろを向くという嫌がらせを受けていたんだそう…。

学校にも行かずに夜遊びをするようになったTakaさんは喫煙・女性問題でスクープされてしまいました。

Taka スキャンダル

Taka スキャンダル

偉大な親を持ったがゆえの悩みは誰もが共有できるものではないので、Takaさんは1人抱え込んで辛かったことでしょう。

Taka(森内貴寛)の出身小学校

慶應義塾幼稚舎

Taka(森内貴寛)さんは1995年4月に慶應義塾幼稚舎へ入学し、2001年3月に卒業しています。

学校名慶應義塾幼稚舎
所在地〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿2丁目35−1
最寄り駅広尾駅(日比谷線)
公式HPhttp://www.yochisha.keio.ac.jp/

森内貴寛さんが慶応義塾幼稚舎出身であることは、幼稚舎出身の男性が森内さんと同級生で同じクラスだったと語っていることから、同校出身であることは間違いありません。

❝「幼稚舎出身者は、同級生で親が有名人っていう子はけっこういました。森進一さんの息子とは同じクラスだった。あいつとは中高もSFCで一緒でしたが、英語が3クラスある中で彼はベーシッククラスだった。幼稚舎生の『かわいそうなパターン』として、偉大なオヤジのプレッシャーに潰され、道を踏み外すパターンがあるんです。でも、森内はしっかりしていて、ちゃんと巣立っていてすごい」
引用元:【天才とアホの両極端慶応幼稚舎の卒業生(プレジデント社)】

勉強は好きではなかったそうですが、超難関小学校の同校に合格したのは地頭がいいからでしょう。

Takaは弟から敬語

森家の教育方針で親にはもちろん、兄弟間でも敬語を使うように育てられたTakaさん。

Taka 幼少期

今のご時世、先生に対しても敬語を使わない人が多いにもかかわらず、兄弟間で敬語とは他のしつけも厳しかったことでしょう。

音楽一家に育ったTakaさんですが、小学生時代はサッカー少年で地元のサッカーチームに所属していたんですよ。

どこのチームだったのかは明らかになっていませんが、画像を見る限りとてもメンバーと仲が良かったようですね。

他の画像を見ても幼い頃からTakaさんは可愛い顔をしているので、周囲から愛されていたことでしょう。

Taka 小学生時代

Taka 小学生時代

Taka 小学生時代

Taka 幼少期

6年生のときの担任の先生は、Takaさんの才能に気づき大きな期待を寄せていたようですね。

ちなみに、Takaさんの出身地ですが、父親の森進一さんが設立した株式会社森音楽事務所が自宅と兼ねていることから世田谷区松濤ですね。

❝株式会社森音楽事務所
演歌歌手「森進一」が設立した芸能事務所の運営会社❞
引用元:【株式会社森音楽事務所(Baseconnect)】

【株式会社森音楽事務所】
〒150-0046
東京都渋谷区松濤1丁目14−11

Taka(森内貴寛)の学歴一覧・出身地詳細

Taka

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月
卒園年月
慶應義塾幼稚舎
入学年月1995年4月
卒業年月2001年3月
慶應義塾湘南藤沢中等部
偏差値63~67入試難度難関
入学年月2001年4月
卒業年月2004年3月
慶應義塾湘南藤沢高等部
偏差値76入試難度難関
入学年月2004年4月
卒業年月2005年3月
大学【進学せず】
偏差値入試難度
入学年月
卒業年月

ここまでTaka(森内貴寛)さんの学歴について見てきましたが、出身地は東京都世田谷区でしょう。

世田谷区は吉田松陰氏をお祀りする松陰神社があるので、Takaさんはお参りに行っていたのかも?

Takaさんは親の七光りに苦悩しながらも実力で成功を勝ち取りましたが、人生始まったばかりのTakaさんが今後どのようなチャレンジをするのか楽しみですね。