上川陽子

上川陽子さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!若い頃の画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

ハーバード大学初の快挙だったことや結婚相手は大学の同級生だったことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

上川陽子の出身大学院

ハーバード大学ケネディスクール

上川陽子さんは1987年ごろにハーバード大学ケネディスクール(公共政策大学院)へ入学し、1988年に卒業しています。

学校名ハーバード大学ケネディスクール(公共政策大学院)
研究科・専攻政治行政学修士・フルブライト奨学生
所在地79 John F. Kennedy St, Cambridge, MA 02138 アメリカ合衆国
最寄り駅
公式HPhttps://www.hks.harvard.edu/

上川陽子さんがハーバード大学ケネディスクール(公共政策大学院)出身であることは、『OFFICIAL WEB SITE YOKO KAMIKAWA』に掲載されていることから間違いありません。

❝最終学歴
ハーバード大学ケネディスクール卒業
(政治行政学修士・フルブライト奨学生)❞
引用元:【プロフィール(OFFICIAL WEB SITE YOKO KAMIKAWA)】

東京大学を卒業後、三和総合研究所で研究員を経験しハーバード・ケネディ・スクールに進学された上川陽子さん。

東洋経済』によると、こんなにも大変なんですよ。

❝ハーバード・ケネディ・スクールに入るには大学時代の成績、GMATもしくはGREという日本のセンター試験のような米国の大学院向けの統一試験、エッセイ(志望動機書)、推薦状などが必要❞
引用元:【平均年齢38歳、ハーバード生の「頭の中」(東洋経済)】

中々入学するにも大変そうですよね。

フルブライト奨学生は、日米両政府からの相互に出された資金により運営されている日米教育委員会からの奨学金制度利用者で、年間13人ほどしかなれないんですよ。

そもそも上川陽子さんが留学したのは、当時勤務していた三菱総合研究所と政治家と共に公共政策したいと願っていましたが、日本はアメリカよりも10年遅れていると感じて現地で学ぼうと思ったからだそう。

上川陽子さんは既に結婚して子供が2人いるなか、13人という狭き門を突破しているんですからスゴイとしか言いようがないですよね。

しかも、偉業はそれだけではなかったんです。

上川陽子はハーバード初の快挙!

上川陽子さんはハーバード大学ケネディスクールに入学した日本人初の女性だったんです!

2020年を過ぎても日本で一般女性が政治を男性と対等に議論することさえ稀ですが、さかのぼること30年以上も前に留学して政治を学ぼうとチャレンジするなんて考えも及びませんよね。

1985年に男女雇用機会均等法が成立したので、上川陽子さんは政治の世界にも女性は平等であるべきだと考えたのかもしれません。

留学中はガチガチに勉強していたのかと思いきや、アメリカの友人たちとの交流を深めるため焼き鳥料理で「やきとりパーティー」や「日本の夕べ」と題し着物の着付けの実演と友人のピアノ演奏に合わせ荒城の月や出船、さくらさくらなどの日本の歌を歌い披露し大好評だったんだそう。

ハーバード大学に留学するほどであれば勉強しかしていなかったように感じますが、着付けも習得していたとは親近感がわきますね。

大学院を終了した時の画像をみると、子供と一緒に微笑んでいるけれども目ヂカラを感じることから母親をしながら第一線で頑張るぞという意志を感じます。

上川陽子 大学院時代

上川陽子の出身大学

東京大学

上川陽子さんは1973年ごろに東京大学へ入学し、1977年3月に教養学部(国際関係論)を卒業しています。

学校名東京大学
学部・学科教養学部(国際関係論)
偏差値84
入試難度難関
所在地〒153-8902
東京都目黒区駒場3丁目8-1
最寄り駅東京メトロ南北線(東大前)
公式HPhttps://www.c.u-tokyo.ac.jp

上川陽子さんが東京大学出身であることは、❝かみかわ陽子オフィシャルサイト❞に同校出身と掲載されていることから間違いありません。

❝1953年(昭和28年)静岡市生まれ。白百合幼稚園、横内小学校、静岡雙葉学園、東京大学(国際関係論)。三菱総合研究所研究員を経てハーバード大学大学院へ留学(政治行政学修士)。❞
引用元:【上川陽子プロフィール(上川陽子オフィシャルサイト)】

上川陽子さんが浪人していたことは公式ホームページに記載されていますが、年数までは明記されていないため引き続き調査していきます。

❝ちょっと勉強してみようか、浪人してもやろうかとかね。❞
引用元:【上川陽子公式ホームページ】

上川陽子は東大の同級生だった!

上川陽子さんの夫は上川卓苗さんと言いますが、大学の同級生だったんですよ。

上川卓苗

目元が柔らかで優しそうな上川卓苗で、妻である上川陽子さんが留学したいと言うのを許したのもわかる気がしますね。

女性も社会の中で自分の持ち味を生かす世界をもつべきだという考え方で協力してくれたんだそう。

大学時代と思われる上川陽子さんを見ると当時流行っていた髪型をしていることから、時代に敏感だったことがうかがえます。

上川陽子 大学時代

上川陽子さんはマドンナ的存在だったようですよ。

上記の画像よりも当時はロングヘアーだったとは、ぜひ見てみたいですね。

上川陽子さんの母親の理解もあったそう。

何何をしなきゃいけないとか、女の子はこうあるべきとか、そういうことを言われたことは一切ない。これからの時代は、女の人でも能力があればどんどん社会に出ていくということがだいじなんだよ、あなたもやればできるんだからやりなさいねと、いつも私の前の障害物をどけていてくれるというか。❞
引用元:【official web HP YOKO KAMIKAWA】

川上陽子さんの母親の固まった固定観念がなく子供の自発的な成長を見届けサポートしてくれるような部分が伺えますね。

【上川陽子さんの大学時代の同級生】

  • 松村一登(言語学者)
  • 吉岡知哉(国際政治学者)
  • 久保亨(歴史学者)

上川陽子の出身高校

静岡雙葉高等学校

上川陽子さんは1968年4月に静岡雙葉高校へ入学し、1971年3月に卒業しています。

学校名静岡雙葉高等学校
学科・コース普通科
偏差値
入試難度
所在地〒420-8628
静岡県静岡市葵区追手町10-71
最寄り駅新静岡駅(JR東海)
公式HPwww.shizuoka-futaba.ac.jp

上川陽子さんが静岡雙葉高等学校であることは『静岡雙葉中学校・高等学校ホームページ』の卒業生として記載されていることから間違いありません。

❝道への好奇心が、勇気を与え、若い決断を後押ししてくれました。その力は、静岡雙葉での6カ年一貫教育の中で培われたものと確信しており、心から感謝しております。❞
引用元:【静岡雙葉中学校・高等学校ホームページ卒業生)】

本人の過去のインタビューで「中高一貫校でのびのびと好きなようにできた。」と語っていることから高校生活を優雅に謳歌していたようですね。

上川陽子の出身中学校

静岡雙葉中学校

上川陽子さんは1965年4月に静岡雙葉中学校へ入学し、1968年3月に卒業しています。

学校名静岡雙葉中学校
偏差値47
入試難度
所在地〒420-8628
静岡県静岡市葵区追手町10-71
最寄り駅新静岡駅(JR東海)
公式HPwww.shizuoka-futaba.ac.jp

上川陽子さんが静岡雙葉高等学校であることは『静岡雙葉中学校・高等学校ホームページの卒業生』として記載されていることから間違いありません。

❝道への好奇心が、勇気を与え、若い決断を後押ししてくれました。その力は、静岡雙葉での6カ年一貫教育の中で培われたものと確信しており、心から感謝しております。❞
引用元:【静岡雙葉中学校・高等学校ホームページ卒業生)】

上川陽子は男女格差で女子校?

上川陽子さんが中学校に入学された1965年も戦後20年とまだ日本には男女格差があり、高校受験では男子枠、女子枠とあったんだそう。

女子校である静岡雙葉中学校を受験したのは男女格差の影響があったからなんですね。

上川陽子の出身小学校

静岡市立横内小学校

上川陽子さんは1959年4月に静岡市立横内小学校へ入学し、1965年月に卒業しています。

学校名静岡市立横内小学校
所在地〒420-0844
静岡県静岡市葵区緑町1-1
最寄り駅音羽町駅(静岡鉄道)
公式HPhttps://yokouti-e.shizuoka.ednet.jp/

上川陽子さんが静岡市立横内小学校出身であることは。2012年2月27日発信の『かわかみ陽子のラジオシェイク第11回』に葵区横内小学校出身と掲載されていることから間違いありません。

❝陽子さんも私も葵区の横内小学校の卒業です。私は陽子さんより10年ぐらい後の卒業ですが(笑)・・・、横内小学校時代のこと、覚えていますか?(上川)まず思い出すのは校歌です。「♪ わき出ずる~われは泉よ、わきわきて~♪」❞
引用元:【かみかわ陽子のラジオシェイク第11回オンエア(2)地域と子どもたち(かみかわ陽子オフィシャルブログ)】

上川陽子さんは小学生時代から勉強時間が長かったのかと思いきや、勉強するとものもらいができたり7時になると眠くなってしまう子だったそう。

やるときはとても集中してやったそうで、尋常ではない集中力だったのでしょうね。

上川陽子の出身幼稚園

清水白百合幼稚園

上川陽子さんは1956年4月に清水白百合幼稚園へ入園し、1959年3月に卒園しています。

学校名清水白百合幼稚園
所在地〒424-0846
静岡県静岡市清水区木の下町312
最寄り駅飯田橋駅(JR総武線)
公式HPhttp://shimizu-shirayuri.com

上川陽子さんが清水白百合幼稚園出身であることは、❝かみかわ陽子オフィシャルサイト❞に同校出身と掲載されていることから間違いありません。

❝1953年(昭和28年)静岡市生まれ。白百合幼稚園、横内小学校、静岡雙葉学園、東京大学(国際関係論)。三菱総合研究所研究員を経てハーバード大学大学院へ留学(政治行政学修士)。❞
引用元:【上川陽子プロフィール(上川陽子オフィシャルサイト)】

幼いころの画像をみると、顔の輪郭や目の感じに面影がありますね。

上川陽子 幼少期

上川陽子の学歴一覧・出身地詳細

上川陽子

清水白百合幼稚園
入学年月1956年4月
卒業年月1959年3月
静岡市立横内小学校
入学年月1959年4月
卒業年月1965年3月
静岡雙葉中学校
偏差値47入試難度
入学年月1965年4月
卒業年月1968年3月
静岡雙葉高等学校
偏差値入試難度
入学年月1968年4月
卒業年月1971年3月
東京大学教養学部(国際関係論)
偏差値84入試難度難関
入学年月1973年頃
卒業年月1977年3月
ハーバード大学ケネディスクール(公共政策大学院)
偏差値 入試難度難関
入学年月 1987年
卒業年月1988年

ここまで上川陽子さんの学歴について見てきましたが、出身小学校が静岡市立横内小学校ということから出身地は静岡県静岡市でしょう。

静岡県静岡市はお茶で有名なので上川陽子さんはお茶が好きかもしれませんね。

上川陽子さんは結婚して子供が2人いながらも留学し、ハーバード大学ケネディスクール初の日本女性として第一線を走ってきました。

まだまだ女性が少ない政治の世界で、これからも活躍されることを期待します!