泉里香

泉里香さんの出身大学や高校などの学歴を徹底解説!中学生とは思えない大人っぽい画像やセーラームーンの画像を含め、学生時代に迫ります!

小学生時代から京都で高学歴だったことや芸名を3度も変えていたことなど、他では知れない情報満載でお伝えします。

泉里香の出身大学

泉里香 明治学院大学 文学部
泉里香さんは2007年4月に明治大学・文学部・文学科・英米文学専攻へ入学し、2011年3月に卒業しています。

【和泉キャンパス】

【駿河台キャンパス】

学校名 明治大学
学部・学科 文学部・文学科・英米文学専攻
偏差値 72~76
入試難度 難関
所在地 和泉キャンパス(1~2年生)
〒168-8555
東京都杉並区永福1丁目9−1駿河台キャンパス(3~4年生)
〒101-8301
東京都千代田区神田駿河台1丁目1
公式HP https://www.meiji.ac.jp/

泉里香さんが明治大学出身であることは、泉里香さんの公式ブログに学位記(卒業証書)を持って写っている画像が掲載されていることから間違いありません。

泉里香 明治大学 卒業

芸能活動と並行しながら泉里香さんは現役卒業しています。授業の空き時間を雑誌の撮影時間に当てるなどの工夫をしていたんだとか。

泉里香の大学生時代は芸能活動再開!

高校時代は芸能活動を休憩していた泉里香さんでしたが、大学に進学するとともにモデル活動を再開しました。

大学1年生の時にファッション誌『PINKY』のオーディション『プリンセスPINKY』で最終選考まで残ったことが再スタートのきっかけだったんだとか。

翌年の2008年6月、芸能事務所をスノーラビッツプロモーションから変えるために自撮りをしてサンミュージックブレーンに応募。

2009年9月号から女性ファッション雑誌『Ray』の専属モデルの就任しました。

泉里香 雑誌 Ray

大学時代に出演したドラマは下記の3作品。

  • 2010年3月17日放送の『曲げられない女』最終話
  • 2010年9月8日放送の『新・警視庁捜査一課9係season2』第11話
  • 2010年11月11日放送の『ナサケの女〜国税局査察官〜』 第4話

同時期に出演した映画は下記の2作品でした。

  • 2007年11月17日公開の『呉清源 極みの棋譜』
  • 2008年2月16日公開の『クリアネス』

大学に通いながらモデルもして女優もしていたわけですから、体力の要る4年間だったでしょうね。

泉里香の出身高校

泉里香 桃山高校
泉里香さんは2004年4月に京都府立桃山高等学校へ入学し、2007年3に卒業しています。

学校名 京都府立桃山高等学校
学科・コース 調査中
偏差値 60~69
入試難度 難関
所在地 〒612-0063
京都府京都市伏見区桃山毛利長門東町8
公式HP http://www.kyoto-be.ne.jp/momoyama-hs/mt/

泉里香さんが桃山高校出身であることは、同校出身であるというつぶやきがあることから可能性は高いでしょう。

泉里香さんは出身大学は公表していますが、高校は明かにしていません。

高校時代に芸能活動を控えていたことを考えると、高校時代は完全にプライベートの時間として知られたくない意志を感じますね。

一生に一度しかないJKの時間を有意義に過ごしたかったのでしょうか。

泉里香の高校時代は普通のJKだった?

高校1年生にあたる2004年9月まで放送された実写版『美少女戦士セーラームーン』にセーラーマーキュリーとして出演してからは、いったん芸能活動を休止しています。

泉里香 セーラームーン

(※画像左から:安座間美優さん、泉里香さん、沢井美優さん、北川景子さん、小松彩夏さん)

北川景子さんは同じ明治大学の先輩でもあり、泉里香さんは北川景子さんの影響を受けて大学選びをしたのかもしれませんね。

→北川景子の高校や大学の学歴・卒アルまとめ!セーラームーンとヤンキーな黒歴史!

泉里香 セーラーマーキュリー

部活は吹奏楽部に所属し、サックスやユーフォニウムを担当していたんだそう。

サックス ユーフォニウム

(※画像左から:サックス、ユーフォニウム)

吹奏楽団で演奏していても、美しすぎて目立っていたでしょうね。

【スポンサーリンク】

泉里香の出身中学校

泉里香さんは2001年4月に京都聖母学院中学校へ入学。

2003年1月ごろに京都市立桃山中学校に転校し、2004年3月に卒業しています。

【聖母学院中学校】

泉里香 聖母学院中学校

学校名 京都聖母学院中学校
偏差値 44~49
入試難度
所在地 〒612-0878
京都府京都市伏見区深草田谷町1−番地
公式HP http://www.seibo.ed.jp/kyoto-hs/

泉里香さんが桃山中学校出身であることは、Wikipediaの京都聖母学院中学校のページに泉里香さんの名前が掲載されていることから間違いないでしょう。

泉里香 聖母中学校在学

京都聖母学院中学校は芸能活動が禁止とされていることと、泉里香さんは2003年1月1日に芸能事務所に所属していることから2003年1月に転校した可能性が高いですね。

【京都市立桃山中学校】

泉里香 桃山中学校

学校名 京都市立桃山中学校
偏差値
入試難度
所在地 〒612-0055
京都府京都市伏見区桃山水野左近東町19
公式HP http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/index.php?id=206402

泉里香さんが桃山中学校出身であることは、同校出身であるというつぶやきがあることから間違いないでしょう。

京都には桃山と名付けられた学校が多く、同じ区内に桃山中学とは別の中学校で京都教育大学附属桃山中学校があります。

高校も『桃山高等学校』でしたが、『桃山中学校』と中高一貫ではなく、お互いに独立した公立の学校です。

泉里香の中学時代は整形していた?

泉里香さんがあまりにも可愛いので整形していたのではないかという噂が流れていますが、整形はしていないでしょう

中学の時の画像を見ても、当時から中学生とは思えないほど完成された美しさであることから、整形する必要はありません。

泉里香 中学生時代

泉里香 中学生時代

泉里香 中学生時代

2002年8月12日にスカウトされた泉里香さんですが、2003年1月1日に芸能事務所・スノーラビッツプロモーションに所属し、ローティーン向けのファッション誌『melon』の専属モデルになっています。

泉里香 浜千咲 中学生

左上に書かれている名前は泉里香さんではなく『浜千咲(はまちさき)』さんですよね。

同時は違う芸名で活動していて、中学時代から大学時代までの5年間に改名を3度して、4つの名前があるんですよ。

  • 2003年 浜千咲
  • 2004年 梨華
  • 2005~2007年 泉里果
  • 2008年から泉里香

名前を変える人は多くはいませんし、3度も改名するのは特に珍しいですが、占いを信じて運気アップのために改名していたのかもしれませんね。

2003年8月には1stシングルである『恋するソルジャー」で歌手デビュー。

泉里香 CD デビュー中学生時代

中学生はまだ子供の雰囲気が残っている時期ですが、泉里香さんはまったく幼さがなくて、美しさが際立っていますね。

泉里香の出身小学校

泉里香 聖母学院小学校

泉里香さんは1995年4月に京都聖母学院小学校へ入学し、2001年3月に卒業しています。

学校名 京都聖母学院小学校
所在地 〒612-0878
京都府京都市伏見区深草田谷町1
公式HP http://www.seibo.ed.jp/kyoto-es/

泉里香さんが京都聖母学院小学校出身であるとは、辞書サイト『Weblio辞書』の同校のページに卒業生として泉里香さんの名前が掲載されていることから間違いないでしょう。

泉里香 聖母学院小学校出身

泉里香の小学生時代から才女だった?

京都聖母学院小学校は共学ですが内部進学できる中学校は女子校のため、男子生徒は中学受験をするか公立の中学校に進学することになります。

全国でもトップクラスの灘中学校や東大寺学園中学校に毎年合格者を出すほどの学校であることを考えると、泉里香さんも同校の試験を受けて入学したわけですから、高い学力があったことがうかがえますね。

テレビに出演する際は事前に許可が必要なほど厳しい校則があるんですよ。

京都聖母学院はカトリック系(伝統のある宗派)であるので、プロテスタント系(新しい進歩的な宗派)に比べても厳しくなるのでしょうね。

泉里香さんは生花店に憧れていたんだそう。美しい人が花を売っていたら、お店は繁盛して仕方ないでしょうね。

泉里香の学歴まとめ!

泉里香

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月 1992年4月
卒園年月 1995年3月
京都聖母学院小学校
入学年月 1995年4月
卒業年月 2001年3月
京都聖母学院中学校
偏差値 47 入試難度
入学年月 2001年4月
卒業年月 2002年12月転校
京都市立桃山中学校
偏差値 入試難度
入学年月 2003年1月
卒業年月 2004年3月
京都府立桃山高等学校
偏差値 60~69 入試難度 難関
入学年月 2004年4月
卒業年月 2007年3月
明治大学・文学部・文学科・英米文学専攻
偏差値 72~76 入試難度 難関
入学年月 2007年4月
卒業年月 2011年3月

泉里香さんは美しいだけでなくモデルをするほどスタイルがよい上に、難関の明治大学を現役卒業するほどの才女でした。

『天は二物を与えず』という諺がありますが、複物を与えられている逸材の今後の活躍に期待します。