麻生太郎

麻生太郎さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!卒アル画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

米・英留学していたことや小学校を作ってもらっていたことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

麻生太郎の出身大学院

麻生太郎さんは1963年9月にスタンフォード大学・大学院へ留学。

1965年9月にロンドン大学・政治経済学院(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)に留学し、1966年7月に帰国しています。

【スタンフォード大学】

スタンフォード大学

学校名スタンフォード大学・大学院
研究科・専攻調査中
所在地CRGJ+X4 スタンフォード, アメリカ合衆国 カリフォルニア州
最寄り駅
公式HPhttps://www.stanford.edu/

【ロンドン大学・政治経済学院】

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス

学校名ロンドン大学・政治経済学院(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)
研究科・専攻調査中
所在地Houghton St, Holborn, London WC2A 2AE イギリス
最寄り駅テンプル駅(地下鉄)
公式HPhttp://www.lse.ac.uk/

麻生太郎さんがスタンフォード大学とロンドン大学に留学したことは、麻生太郎オフィシャルサイトに掲載されていることと、2019年9月5日発信の日本経済新聞に麻生太郎さんが留学したことが掲載されてることから間違いありません。

麻生太郎 留学

❝麻生が米国留学中の出来事だった。❞
引用元:【華麗なる一族 英国流首相の系譜(日本経済新聞)】

麻生太郎さんは留学したと掲載されていることから、学位は取得していない可能性が高いと考えられます。

よって、最終学歴は大学になりますね。

麻生太郎の英語の実力は?

スタンフォード大学に留学中に祖父の吉田茂元内閣総理大臣に「アメリカなまりの英語ではだめだ」と言われ、ロンドン大学に留学しなおしたんですよ。

3年間英語の中で暮らしてきた麻生太郎さんの英語はかなりのものです。

15分にも渡り原稿を読んでいるのにもかかわらず、「日本にもっと投資してくださいね!」とユーモアを含めながら聞き手を飽きさせずにスピーチできるのは英語に長けている証拠でしょう。

留学中にクリスチャンの洗礼を受け改宗したことから、西洋の文化の方が麻生太郎さんにとって近い感覚なのかもしれません。

留学時代と思われる画像がありますが、個性派イケメンでかっこいいですよ。

麻生太郎 大学時代

俳優としてスカウトされても不思議ではないですね。

麻生太郎の出身大学

学習院大学

麻生太郎さんは1959年4月に学習院大学・政治経済学部・学科へ入学し、1963年3月に卒業しています。

学校名学習院大学
学部・学科政治経済学部
偏差値66~68
入試難度難関
所在地〒171-0031
東京都豊島区目白1丁目5−1
最寄り駅目白駅(JR埼京線)
公式HPhttps://www.univ.gakushuin.ac.jp/

麻生太郎さんが学習院大学・政治経済学部出身であることは、『時事ドットコムニュース』の麻生太郎プロフィールに同校出身と掲載されていることから間違いありません。

❝最終学歴  1963年学習院大学政経学部卒業❞
引用元:【国会議員情報 麻生太郎(時事ドットコムニュース)】

麻生太郎さんは高校3年生のときに「東京大学に進学したい」と相談したところ、「国立大学は国の税金を使っている大学だ。金持ちは国立に行くべきではない」と許可が下りなかったんだとか。

怖いものなしの無敵なイメージの麻生太郎さんですが、父親の言うことには逆らえなかったんですね。

麻生太郎のクレー射撃がすごい!

大学時代からクレー射撃を始めた麻生太郎さんは、4年生の時に全日本選手権を当時の日本新記録で優勝しています。

1974年に行われた第2回メキシコ国際射撃大会に優勝し、1976年モントリオールオリンピック日本代表に選出されているんですよ!

麻生太郎 オリンピック

優勝続きだったことからオリンピックも期待されていましたが、結果は41位と振るわずに終わってしまいました…。

しかし、大学時代から始めてオリンピックに出場したのは偉業だといえるでしょう。

麻生太郎の出身高校

学習院高等科
麻生太郎さんは1956年4月に学習院高等科へ入学し、1959年3月に卒業しています。

学校名学習院高等科
学科・コース普通科
偏差値70
入試難度難関
所在地〒171-0031
東京都豊島区目白1丁目5−1
最寄り駅目白駅(JR埼京線)
公式HPhttps://mobile.gakushuin.ed.jp/bsh/sp/

麻生太郎さんが学習院高等科出身であることは、2018年4月23日発信の『文春オンライン』で同校出身と掲載されていることから間違いありません。

❝学習院高等科(=麻生太郎)❞
引用元:【安倍晋三、麻生太郎に連敗中 慶応高校の神童は、大人になってどうなったのか?(文春オンライン)】

麻生太郎さんの高校時代の情報はありませんが、クレー射撃のように時代を先取りした趣味を持っていたのかもしれません。

学習院高等科は男子校ですが、洗練されている麻生太郎さんは他校の女子生徒から告白されるようなモテ男だったのではないかと想像してしまいますね。




麻生太郎の出身中学校

学習院中等科

麻生太郎さんは1953年4月に学習院中等科へ入学し、1956年3月に卒業しています。

学校名学習院中等科
偏差値61
入試難度難関
所在地〒171-0031
東京都豊島区目白1丁目5−1
最寄り駅目白駅(JR埼京線)
公式HPhttps://www.gakushuin.ac.jp/bjh/

麻生太郎さんが学習院中等科出身であることは、1990年8月30日発行の『毎日グラフ別冊復刻版』に同校生として麻生太郎さんの作文が掲載されていることから間違いありません。

❝『ぼくのおじいちゃま』 学習院中等科1年 麻生太郎❞
引用元:【サン写真新聞9-昭和29年 (毎日グラフ別冊復刻版)】

麻生太郎の中学時代は落ちこぼれ?

麻生太郎さんが執筆した書籍『とてつもない日本』によると、145人中140番の成績で自らのことを❝劣等生だった❞と語っています。

麻生太郎さんの弟・麻生次郎さんがスポーツ万能で成績も優秀だったことから、「どうせ頑張ったって弟に勝てない」と思っていたんだそう。

兄に負けることよりも、弟に負けることの方がやる気が出なくなりますよね…。

中学時代ではありませんが、麻生太郎さんと麻生次郎さんが一緒に写っている画像があります。

麻生太郎 弟 幼少期

麻生太郎さんが麻生次郎さんの肩に手を回している様子から、仲が良い兄弟だったでしょう。

麻生太郎の出身小学校

麻生太郎さんは1947年4月に麻生塾小学校へ入学(1972年廃校)。

1950年4月に学習院初等科に転校し、1953年3月に卒業しています。

【麻生塾小学校】

麻生塾小学校

学校名麻生塾小学校
所在地福岡県飯塚市
最寄り駅
公式HP

麻生太郎さんが麻生塾小学校に在学していたことは、2018年5月22日発信の『AREAdot』に同校に通いと掲載されていることから間違いありません。

❝麻生太郎副総理兼財務相(77)はまさに「銀の匙(さじ)」をくわえて生まれてきた。九州・福岡時代は父親が自分のためにつくった「麻生塾小学校」に通い❞
引用元:【暴言連発の麻生財務相、即刻政治家を辞めるべき、これだけの理由(AREAdot)】

【学習院初等科】

学習院初等科

学校名学習院初等科
所在地〒160-0011
東京都新宿区若葉1丁目23−1
最寄り駅四ツ谷駅(JR中央線)
公式HPhttps://www.gakushuin.ac.jp/prim/

麻生太郎さんが麻生塾小学校に在学していたことは、2018年8月6日発信の『エキサイトニュース』で初等科から同校であることが掲載されていることから間違いありません。

❝学校は初等科から大学まで学習院で❞
引用元:【天下の猛妻 -秘録・総理夫人伝- 麻生太郎・千賀子夫人(エキサイトニュース)】

麻生太郎は小学校を作ってもらった!

麻生塾小学校は1947年に麻生太郎さんの父親で政治家の麻生太賀吉さんが麻生太郎さんのために作ったんです。

入学した生徒は麻生太郎さんを含め4人だったんだとか。

ほとんどマンツーマン指導に近い授業だっただろうと想像でき、成績は良かったでしょう。

裕福な人はたくさんいますが、自分のために小学校を作ってくれるお坊ちゃんはそういないですよね。

当時の画像を見ても、たくさんの大人よりも優先してもらっている様子が分かります。

麻生太郎 小学生時代

麻生太郎 小学生時代

記念撮影の服装も身なりが整えられていて、裕福な雰囲気が伝わってきますね。

麻生太郎 小学校時代

麻生太郎 幼少期

(※画像左から:吉田茂元内閣総理大臣、麻生太郎さん、麻生和子さん、麻生太賀吉さん)

吉田茂元内閣総理大臣(第45・48・49・50・51代)は麻生太郎さんの母方の祖父になり、近親者に内閣総理大臣が2人もいるなんてスゴイですよね。ところが、それでは収まらないんですよ。

麻生太郎の家系図が最強すぎる!

麻生太郎さんの家系図を見ると、先祖に歴史の教科書に出てくる『大久保利通』さんがいます。実の妹・信子さんは皇族に嫁ぎ『寛仁親王妃殿下』になりました。

そして、安倍晋三さんとも遠縁になるんですよ。

安倍家 麻生家 家系図

(※画像タップで拡大表示)

吉田茂さん、鈴木善幸さん、佐藤栄作さん、岸信介さん、安倍晋太郎さん、安倍晋三さん、そして麻生太郎さんと内閣総理大臣経験者が珍しくない家系なんて、最強すぎますよね。

麻生太郎の学歴一覧・出身地詳細

麻生太郎

【調査中】幼稚園
入園年月
卒園年月
麻生塾小学校
入学年月1947年4月
卒業年月1950年3月(転校)
学習院初等科
入学年月1950年4月(転入学)
卒業年月1953年3月
学習院中等科
偏差値61入試難度難関
入学年月1953年4月
卒業年月1956年3月
学習院高等科
偏差値70入試難度難関
入学年月1956年4月
卒業年月1959年3月
学習院大学・政治経済学部
偏差値66~68入試難度難関
入学年月1959年4月
卒業年月1963年3月
スタンフォード大学・大学院
偏差値入試難度
入学年月1963年9月
卒業年月1965年8月
ロンドン大学
偏差値入試難度
入学年月1965年9月
卒業年月1966年8月

ここまで麻生太郎さんの学歴について見てきましたが、入学した小学校が麻生塾小学校ということから出身地は福岡県飯塚市です。

炭鉱だったことから、麻生太郎さんは山で走り回る子供時代を過ごしたのかも?

小学校を作ってもらうほどのお坊ちゃんだったとは想像を超えていました。

大学院で留学したことでネイティブなみの英語を話し、かっこいいの一言ですね。