木南晴夏

木南晴夏さんの出身高校や大学などの学歴と本当の出身地を徹底解説!高校時代の画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

幼なじみが有名女優で高校の同級生だったことや兄も姉も高学歴だったことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

木南晴夏の出身大学

國學院大学

木南晴夏さんは2004年4月に國學院大学・文学部へ入学し、2008年3月に卒業しています。

学校名國學院大學
学部・学科文学部
偏差値58~69
入試難度
所在地〒150-0011
東京都渋谷区東4丁目10−28
最寄り駅渋谷駅(山手線)
公式HPhttps://www.kokugakuin.ac.jp/

木南晴夏さんが國學院大学出身であることは、同校同窓会のFacebookに❝本人が院友❞と投稿されていることから間違いありません。

❝院友で女優の木南晴夏さんが協力❞
引用元:【國學院大學ホームカミングデーFacebook】

大学では英語、中国語、韓国語を学び、韓国語は大学以外にも韓国語学校にも通っていたことから、韓国人に間違われるほど話せるんだそう。

日本語と合わせて4か国語を操れる木南晴夏さんは勉強が良くできますが、兄や姉も高学歴なんですよ。

木南晴夏の兄姉も賢い!

2018年6月15日放送の『A-studio』に出演した木南晴夏さんの兄と姉も紹介されてましたが、兄は大阪大学出身なんですよ。

A-studio 木南晴夏 兄 木南雅利

番組内では紹介されませんでしたが、姉は京都市立芸術大学音楽学部を卒業し、劇団四季に所属していた時期もありました。

兄と姉は国公立大学出身ということもあり、國學院大学という難関校を卒業していても家族の中ではアホ扱いなんだそう…。

頭脳明晰ばかりの家庭に生まれると木南晴夏さんほどの秀才でも影になってしまいますね。

木南晴夏の出身高校

木南晴夏さんは2001年4月に雲雀ケ丘(ひばりがおか)学園高等学校へ入学。2001年9月に東京の高校に転校し、2004年3月に卒業しています。

【雲雀ケ丘学園高等学校】

雲雀ケ丘学園高等学校

学校名雲雀ケ丘学園高等学校
学科・コース普通科
偏差値64
入試難度難関
所在地〒665-0805
兵庫県宝塚市雲雀丘4丁目2−1
最寄り駅雲雀丘花屋敷駅(阪急宝塚本線)
公式HPhttps://www.hibari.jp/

木南晴夏さんは宝塚北高等学校出身という噂がありますが、2019年12月13日放送の『ボクらの時代』で相武紗季さんと出演した際に「同じ高校だった」と語っていたことと、相武紗季さんが同校出身であることから間違いありません。

相武紗季 高校時代 雲雀学園

転校先の高校は明らかになっていませんが、当時ホリプロの寮に一緒にいた浜口順子さん、深田恭子さん、綾瀬はるかさんが全員堀越高校出身であることと、ホリプロの女子寮が堀越高校と近いことがYahoo知恵袋に投稿されていることから堀越高校に転校した可能性が高いでしょう。

Yahoo知恵袋

木南晴夏は有名女優を発掘していた?

『ボクらの時代』に出演した際の話によると、木南晴夏さんは幼いころから相武紗季さんと同じミュージックスクールに通っていて、「芸能人になるなら相武紗季さんだ」と感じていたんだそう。

相武紗季さんの母と姉は宝塚でタカラジェンヌとして活躍し、本人も身長165㎝と高くてかわいかったことから確信していたんだとか。

ちなみに、木南晴夏さんは宝塚の大ファンで、天海祐希さん推しだったそうです。宝塚の影響を受けて演劇部に所属していました。

絶対に相武紗季さんは芸能界に行くべきだと思いながらも、相武紗季さん自身は水泳が得意で芸能界に興味を示さなかったんですよ。

ところが、木南晴夏さんが『夏の高校野球PR女子高生』に選ばれて、テレビに出演するようになったことで相武紗季さんは影響を受けて芸能界入りをすることにしたんだそう。

木南晴夏 高校時代

木南晴夏 高校時代

『ボクらの時代』で木南晴夏さんは「相武紗季さんを発掘したのは私です」と語っていましたが、確かに木南晴夏さんがいなかったら相武紗季さんが芸能界入りすることはなかったでしょう。

木南晴夏さんは相武紗季さんの人生を変えたほどの影響力の持ち主だったんですね。

木南晴夏さん自身は高校2年生のときにアイドルユニット『Licca』でデビューしました。

木南晴夏 Licca

(※画像左から:木南晴夏さん、酒井彩名さん、あびる優さん)

『Licca』はリカちゃん人形生誕35周年記念の限定ユニットで、2年間活動していたんですよ。

2001年1月放送のドラマ『桜咲まで』で女優デビューを果たしました。

木南晴夏 ドラマ 桜咲くまで

(※画像左から:木南晴夏さん、沢尻エリカさん)

沢尻エリカの高校や中学の学歴・出身情報!元ヤンの理由は肉親の他界?

【木南晴夏の高校時代の同級生】

  • 相武紗季(女優)



木南晴夏の出身中学校・小学校

木南晴夏さんは1998年4月に豊中市の中学校へ入学し、2001年3月に卒業。1992年4月に豊中市の小学校に入学し、1998年に卒業しています。

木南晴夏さんの出身小中学校がどこなのかは明らかにされていませんが、豊中市の広報に❝千里中央近くで超ローカルな生活を送っていた❞という内容のエッセーを書いていることから、下記の千里中央駅付近の3つの小学校、2つの中学校のいずれかに通っていたと考えられます。

木南晴夏 エッセー

❝遊びに行くのも一番遠くて千里中央。せんちゅうパルでプリクラ撮ったり、マクドナルドでポテトをみんなで分けたり。誰かに会う確率がめちゃくちゃ高くて、でもそれがなんだかわくわきして。そんな超ローカルな生活だった❞
引用元:【これからも思い出が増える地、豊中(とよなか ゆめ・まち・ひと)】

【千里中央駅付近の地図】

地図 千里中央付近

【千里中央駅付近の小中学校】

  • 豊中市立第八中学校
  • 豊中市立第九中学校
  • 豊中市立新田小学校
  • 豊中市立西丘小学校
  • 豊中市立東丘小学校

木南晴夏のパン好きは小学生から

木南晴夏さんはパンコンシェルジュ2級の資格を取得し、大人のサークル活動『パン部』を設立してパンの番組を持つほどのパン好き。

小学生時代のころ、母親がパン工場に勤めていてゴミ袋に3袋ほどのパンを持ち帰っていたことがきっかけでパンが好きになったんだそう。

木南晴夏さんは食パンが一番好きで、何もないシンプルな味が好みなんですよ。

ちなみに、部活はバドミントン部でした。

パンは太りやすいと言いますが、バドミントンだけでなくクラシックバレエも習っていたそうで、運動できっちり消費していたんですね。

幼少期の画像を見ると、姉に影響を受けて今からクラシックバレエを習うのでしょう。

木南晴夏 幼少期

木南晴夏の学歴一覧・出身地詳細

木南晴夏

【調査中】幼稚園
入園年月
卒園年月
豊中市の小学校
入学年月1992年4月
卒業年月1998年3月
豊中市の中学校
偏差値入試難度
入学年月1998年4月
卒業年月2001年3月
雲雀ケ丘学園高等学校
偏差値64入試難度難関
入学年月2001年4月
卒業年月2001年8月(転校)
東京の高等学校
偏差値入試難度
入学年月2001年9月(転入学)
卒業年月2004年3月
國學院大学・文学部
偏差値58~69入試難度
入学年月2004年4月
卒業年月2008年3月

ここまで木南晴夏さんの学歴について見てきましたが、出身小中学校が千里中央駅に近いということから出身地は豊中市新千里東町付近でしょう。

新千里東町は1970年に開催された大阪万博会場に近いので、木南晴夏さんは太陽の塔の元で遊んでいたのかも?

木南晴夏さんは難関校の國學院大学に進学していながらも大阪大学の兄と比べると影薄い存在でした。しかし、相武紗季さんに影響を与える(発掘する)ほどの有名芸能人になり、兄の方が目立たなくなりましたね。

2018年6月に玉木宏さんと結婚し、より美しさを増してきた木南晴夏さんの今後の活躍が気になります。