三崎優太

三崎優太さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!若い頃の画像を含め、学生時代に迫ります!

高校を2回中退していたことや高校時代に稼いでいた金額が半端ないど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

三崎優太の出身大学

三崎優太さんは大学に進学していません。

三崎優太さんのSNSに大学のことが一切書かれていないことと、高校卒業後に起業し上京していることから大学には進学しませんでした。

三崎優太は就職せずに起業!

高校時代からインターネットを利用した広告宣伝である❝アフィリエイト❞で稼いでいた(後述)三崎優太さんは父親からの税金対策として法人化することを勧められたんだそう。

広告代理店の勧めで東京進出をし、ほどなく従業員10人の中小企業に成長していたんですよ。

❝アフィリエイトでお世話になっていた広告代理店の方の誘いもあり、原宿竹下通り近くにオフィスを構え、東京進出を果たしました。「夢占い」や「動物占い」など、携帯電話の公式サイト運営をメインに事業を行い、西新宿へ移転した2009年には、社員数は10名ほどになっていました。❞
引用元:【いいと思ったビジネスは中途半端に終わらせない( Buzip社長.tv)】

成人式を迎えるかどうかの頃に10人も雇用していたとは、かなりのやり手ですよね。

2014年から美容通販事業を開始し始めています。

三崎優太さんはSNSで高級車やブランド品を見せ、馬主になるほど派手な金銭感覚を披露していましたが、当時は地味だったようですよ。

❝まだ有名になる前の’15年頃に“王子“と知り合ったんですが、そのときははっきり言って『地味な男』でした。おカネにもシビアで、高級なレストランに行っても安いシャンパンを1本空けるだけ。さすがに私と二人のときはカレのおごりでしたが、男友達が一緒のときは割り勘にしているときもありました(笑)。そんなセコかったカレが、派手にカネを使うようになったのはテレビに出るようになってから。❞
引用元:【「青汁王子」1.8億円脱税で逮捕 三崎優太容疑者のバブリー生活(FRIDAYデジタル)】

友達と割り勘するほど金銭感覚にシビアだったのが成功につながったのでしょうね。

三崎優太の出身高校

三崎優太さんは2004年4月に札幌市内の全日制高等学校へ入学し、退学。

通信制高校に編入し、退学。

クラーク記念国際高等学校に編入し、2007年3月に卒業しています。

三崎優太さんが高校を2回していることは本人がつぶやいていることから間違いありません。

番組名は明らかになっていませんが、全日制の高校に入学し、通信制の高校に編入するも再び退学になっていることをテレビで発言していたという情報が複数あることから、可能性が高いでしょう。

三崎優太さんの入学した高校がどこなのか明らかになっていませんが、三崎優太さんのフェイスブックの友人の出身校から下記の5校のうちのいずれかに入学した可能性があります。

  • 札幌龍谷学園高等学校
  • 札幌東商業高等学校
  • 札幌山の手高等学校
  • 北海道札幌白陵高等学校
  • 札幌新陽高等学校

編入した通信制高校は北海道にある高校の中でもクラーク記念国際高等学校以外の下記のいずれかに通っていたでしょう。

  • 北海道有朋高校
  • 星槎国際高校
  • 札幌自由が丘学園三和高校
  • とわの森三愛高校
  • 北海道芸術高等学校
  • 池上学院高校
  • 双葉高等学校

【クラーク記念国際高等学校】

クラーク記念国際高等学校

学校名 クラーク記念国際高等学校
学科・コース 通信制課程
偏差値 ─(※通信制課程のため偏差値なし)
入試難度
所在地 〒078-0151
北海道深川市納内町3丁目2−40
最寄り駅 納内駅(JR函館本線)
公式HP https://www.clark.ed.jp/

三崎優太さんがクラーク記念国際高等学校出身であることは、本人のつぶやきに履歴書を投稿し、同校出身と掲載していることから間違いありません。

高校を2回退学になっているにもかかわらず、履歴書の卒業した年月をみると2007年3月と現役卒業しています。

学年の途中で退学になると、その年はカウントされないので、三崎優太さんは2回とも3月に退学になったのでしょう。

しかし、高校ニートだった時期もあったというつぶやきがあることを見ると、疑問点として残りますね。

三崎優太は高校生で月収400万円!

高校時代から稼ぎたいと思っていた三崎優太さんは、2006年10月30日発売の書籍『ケタ違いに儲かるアフィリエイト術』をヒントに独学でサイト作成を勉強し、初月から10万円を稼いでいたんだとか。

当時の画像をみると、茶髪でチャラい感じがしますね。

三崎優太 若い頃 18歳

翌月には30万円、翌々月には100万円を売り上げ、最終的には月400万円も稼いでいたんですよ!

父親から「節税対策に法人化したほうがいい。」とアドバイスを受け、起業しています。

高校生で社長だったとは、凄いとしか言葉が見つかりませんね。

しかし、当時は弁護士になりたかったようです。

履歴書の文字を見ると博学のような印象はないですが、起業してわずか10年ほどで年商130億円もの売上を達成しているほどの三崎優太さんですから、地頭はかなり良いのでしょう。

2018年には総額2億2400万円の4頭の馬主になっていますが、 きっかけは高校時代にハマっていたゲーム『ウイニングポスト』だったそうで、ゲームが三崎優太さんの人生に大きく関わっているんですね。

【スポンサーリンク】

三崎優太の出身中学校

北見市立北中学校

三崎優太さんは2001年4月に北見市立北中学校へ入学し、2004年3月に卒業しています。

学校名 北見市立北中学校
偏差値
入試難度
所在地 〒090-0068
北海道北見市美山町南10丁目31−1
最寄り駅 北見駅(JR石北本線)
公式HP https://www.city.kitami.lg.jp/school/school-c-kita.html

三崎優太さんが北中学校出身であることは、高校と同じく本人が書いた履歴書に同校出身と書かれていたことから間違いありません。

三崎優太の中学時代はやんちゃだった?

三崎優太さんのつぶやきにもあるように、中学時代からタバコを吸っているようなやんちゃだったようです。

『mixi』における北中学校の掲示板によると学校自体がやんちゃだったようで、放火事件が多発していたんですよ。

北中学校 mixi

在学3年間で2回も放火事件があるのは多すぎますよね…。

大自然でおおらかな性格の生徒ばかりかと思いきや、事件ばかりが起きるのは北海道の七不思議と言えるのかもしれません。

やんちゃばかりの中で三崎優太さんは一風変わった人だったようです。

「鳥になりたい。」と言って飛ぶのも驚きですが、そのことを覚えていないという三崎優太さんの発言のほうが更にびっくりですね…。

三崎優太の出身小学校

三崎優太さんは1995年4月に小学校へ入学し、2001年3月に卒業しています。

三崎優太さんの出身小学校がどこなのかは明らかにされていませんが、北中学校の通学区から下記の3校のうちのいずれかに通っていたと考えられます。

  • 北見市立中央小学校
  • 北見市立北小学校
  • 北見市立美山小学校

三崎優太は小学生時代からヤンキー?

入学当初から最上級の6年生に向かってツバを吐いていたという威勢の良さだったようです。

父親は歯医者やステーキ店経営という情報がありますが、そのどちらかだとしても生まれた環境からはツバを吐くようなことは考えられないですよね。

三崎優太さんはヤクザ映画のようなものを見ていて影響を受けていたのかもしれません。

三崎優太の学歴一覧・出身地詳細

三崎優太

【調査中】幼稚園
入園年月
卒園年月
【調査中】小学校
入学年月 1995年4月
卒業年月 2001年3月
北見市立北中学校
偏差値 入試難度
入学年月 2001年4月
卒業年月 2004年3月
北海道の全日制高等学校
偏差値 入試難度
入学年月 2004年4月
卒業年月 中退時期調査中
北海道の通信制高等学校
偏差値 入試難度
入学年月 編入学時期調査中
卒業年月 中退時期調査中
クラーク記念国際高等学校
偏差値 入試難度
入学年月 編入時期調査中
卒業年月 2007年3月
大学【進学せず】
偏差値 入試難度
入学年月
卒業年月

ここまで三崎優太さんの学歴について見てきましたが、出身中学校が北見市立北中学校ということから出身地は北見市美山町南付近でしょう。

北見市美山町は美山公園があるので三崎優太さんは芝生の上で走り回っていたのかも?

三崎優太さんは2回も高校を退学していながら最終的には高校を卒業したことは評価すべきです。

その後、起業から10年余で年商130億円を達成している三崎優太さんですから、つまづいたところで必ず復活してくれるでしょう。