浅井七海

浅井七海さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!卒業式の画像や小学生時代のエピソードを含め、学生時代に迫ります!

高校卒業が絶望的だったことや楽器が得意で音大に進学したことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

浅井七海の出身大学

浅井七海さんは2019年4月に音楽大学へ入学し、2023年3月卒業予定です。

浅井七海さんの大学がどこなのかは明らかにされていませんが、雑誌『OVERTURE』019号の撮影現場で行われたインタビューで❝2020年4月から音大に通っている❞と発言していることから、音大に通っていることは間違いありません。

❝──まず浅井さん個人のお話からお聞きしたいのですが、この4月から大学生になられたとか。AKB48の活動をしながらの受験は大変だったのでは?
浅井:今、行ってるのが音大で、指定校推薦で入れたんです。だからセンター試験とかは受けてないんです。試験は面接と歌で。❞
引用元:【AKB48 浅井七海「『PRODUCE48』挑戦の時に白間美瑠さんからもらったアドバイス」(ENTAMEnext)】

指定校推薦で入学していたとは、浅井七海さんは成績抜群だったんですね。

AKB48の活動をしながら大学に通うのであれば首都圏にある大学の方が都合が良いので、首都圏にある下記の音大のいずれかに通っている可能性が高いでしょう。

  • 国立音楽大学
  • 東京音楽大学
  • 洗足学園音楽大学
  • 昭和音楽大学
  • 桐朋学園大学

浅井七海の大学選びは親の影響が大きかった?

浅井七海 入学式 大学

高校3年の夏までは大学に進学するか決めていなかった浅井七海さんでしたが、親は大学進学を望んでいて、オープンキャンパスに強制的に連れて行かれたそうです。

❝──元々、音大に行こうと思っていた?
浅井:実は去年の夏までは何も考えてなかったんです。大学を強く勧めていたのは親で、オープンキャンパスに半ば強制的に連れて行かれたんです。それが今の大学なんですけど、その時に楽しそうだなって思ったのがきっかけですね。❞
引用元:【AKB48 浅井七海「『PRODUCE48』挑戦の時に白間美瑠さんからもらったアドバイス」(ENTAMEnext)】

結果的にその大学に入学することになった彼女ですが、音楽が好きな人が集まって常に音楽が鳴り響いている環境にとても刺激を受けているそうです。

その刺激がAKB48での活動にもいい影響を及ぼしているのかもしれません。

浅井七海の出身高校

日出高校 (現:目黒日本大学高等学校)

浅井七海さんは2016年4月に日出高等学校(現在は目黒日本大学高等学校)・通信制課程・芸能・スポーツプロフェッショナルコースに入学し、2019年3月に卒業しています。

学校名日出高等学校(現在は目黒日本大学高等学校)
学科・コース通信制課程・芸能・スポーツプロフェッショナルコース
偏差値
入試難度
所在地〒153-0063
東京都目黒区目黒1−6−15
最寄り駅目黒駅(JR山手線)
公式HPhttps://www.meguro-nichidai.ed.jp/senior/

浅井七海さんが慶應義塾女子高校出身であるという噂がありますが、浅井七海さんと同じ年の同姓同名さんが慶應義塾女子高校の慶應義塾體育會(体育会)女子ラクロス部にいてブログを発信していることから勘違いされてしまったんですね。

浅井七海さんが 日出高等学校に通っていたことは、福岡聖菜(AKB48)が自身のツイッターアカウントで卒業式の写真と共に同じクラスだったことを告白していることから、間違いありません。

また、浅井七海さん本人もインスタグラムで卒業式の写真を公開しています。

 

同校には全日制課程と通信制課程がありますが、浅井七海さんが通信制課程に通っていたことは、同じクラスだったという与田祐希さんが通信制課程であることから間違いありません。

【与田祐希さんの高校卒業式】

与田祐希 日出高校 卒業式

無事に卒業式を迎えた浅井七海さんでしたが、実は危なかったんです…。

浅井七海は卒業が絶望的だった!

実は高校3年生の夏に留年の可能性もあったんですよ。

浅井七海 高校時代

❝3年生の夏に絶望的に思えていた卒業も今の高校に出会えたから無事に卒業できました!❞
引用元:【浅井七海ツイッター】

絶望的から復活するとは、浅井七海さんの集中力は半端ないものがあるんですね。

高校の卒業式の画像を見ると、少しはにかんだ表情がたまらなく可愛いです。卒業証書の文字が手書きなので友達からの寄せ書きかもしれませんね。

浅井七海 卒業式 高校

浅井七海は高校時代にアルトサックスを練習していた?

浅井七海さんは中学時代に吹奏楽部で習得したアルトサックスの技術を高校時代にさらに磨いていたようです。
2018年1月に開催されたAKB48グループの若手選抜メンバーで披露した『法定速度と優越感 フレッシュオールスターズコンサート~ゼロポジションの未来~』では前座でアルトサックスを披露しています。

また、PRODUCE48の自己紹介でも披露して高評価を得ました。

楽器が演奏できると、言葉が話せなくとも世界中の人とと繋がることができるのがいいですね。

【浅井七海の高校時代の同級生】

  • 福岡聖菜(AKB48)
  • 与田祐希(乃木坂46)
  • 佐藤妃星(AKB48)



浅井七海の出身中学校

浅井七海さんは2013年4月に中学校へ入学し、2016年3月に卒業しています。

浅井七海さんの出身中学校がどこなのかは明らかにされていませんが、公式プロフィールで神奈川県出身と公表されていることから、神奈川県内の中学校に通っていたと考えられます。

【AKB48公式プロフィール】

浅井七海 プロフィール

また、2019年3月10日には神奈川県にある松田町立寄中学校の閉校式に、AKB48としてサプライズ訪問するなど、出身地である神奈川県でも活動しています。

松田町立寄中学校 訪問

式典後の懇親会では、卒業生や職員による演奏などが行われた後に、人気グループAKB48のメンバー6人(村山彩希さん、北澤早紀さん、茂木忍さん、山内瑞葵さん、浅井七海さん、小嶋真子さん)によるサプライズライブが開催されました。
引用元:寄中学校閉校式典・懇親会で開催されたAKB48によるサプライズライブの様子が放送されます!(松田町Website)

浅井七海の中学時代は勉強が苦手だった?

歌とダンスだけでなく楽器も得意な浅井七海さんですが勉強は苦手だったとのこと。

AKB48の16期研究生公演(2017年2月19日) で、MCからの「時間と止めれたら何をしたいか?」という質問に対し「私は時間を止めて中学校3年間分の勉強をやり直したい」と答えています。

ただ、この質問に対して、“勉強をやり直したい”と答える時点で勉強家の可能性が高く、勉強苦手キャラを演じているだけかもしれません。

当時の画像を見ると、乱れもなく結ばれている髪から折り目正しくしないと気が済まない優等生タイプに見えますね。

浅井七海 小学生時代

浅井七海の出身小学校

浅井七海さんは2007年4月に小学校へ入学し、2013年3月に卒業しています。

浅井七海さんの出身小学校がどこなのかは明らかにされていませんが、中学と同様、神奈川県内の小学校に通っていたと考えられます。

浅井七海は小学生時代はマーチングバンドメンバーだった?

浅井七海さんは小学生の頃マーチングバンドに所属し、その頃から楽器をやっていたとのこと。
マーチングバンドは歩きながら楽器を演奏し、ときにはダンスチームやカラーガードなどと行進するものなので、この経験が、現在歌やダンスで活躍されている浅井七海さんの原点となったと言えるでしょう。

また、小学2年生の時に書いた10年後(高校3年生)の自分への手紙では、部活ではバトミントンがやりたいと語っていますが、当時の彼女はまさかAKB48として活躍することになるとは想像していなかったようですね。

浅井七海の学歴一覧・出身地詳細

浅井七海

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月
卒園年月
【調査中】小学校
入学年月2007年4月
卒業年月2013年3月
【調査中】中学校
偏差値入試難度
入学年月2013年4月
卒業年月2016年3月
日出高等学校(現:目黒日本大学高等学校)・通信制課程・芸能・スポーツプロフェッショナルコース
偏差値入試難度
入学年月2016年4月
卒業年月2019年3月
【調査中】音楽大学
偏差値入試難度
入学年月2019年4月
卒業年月2023年3月卒業予定

ここまで浅井七海さんの学歴について見てきましたが、AKB48での活動と並行して高校時代を過ごし大学にも進学しているということがわかりました。

また、多忙なAKB48の活動をしながらもアルトサックスの技術に磨きをかけ特技と言えるまでになった彼女は努力家だということがうかがえます。

出身地の神奈川県には横浜中華街があったり、海に近い地域では海産物が有名なので浅井七海さんも神奈川の多くのグルメに触れて子供時代を過ごしたのかも?

現在音大という恵まれた環境で音楽を学んでいる浅井七海さんの今後の活躍から目が離せませんね。