中川梨花

中川梨花さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!大学入学式での画像や高校時代の画像を含め、学生時代に迫ります!

中学時代にアイドル活動をしていたことや高校時代に弁論大会で優勝していたことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

中川梨花の出身大学

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス

中川梨花さんは2017年9月に慶應義塾大学・総合政策学部へ入学し、2021年8月卒業予定です。

学校名慶應義塾大学
学部・学科総合政策学部
偏差値70
入試難度難関
所在地〒252-0082
神奈川見藤沢市遠藤5322
最寄り駅湘南台駅(小田急江ノ島線)
公式HPhttps://www.keio.ac.jp/ja/

中川梨花さんが 慶應義塾大学出身であることは、2018年3月2日掲載『HUSTLE PRESS』のインタビューで本人が語っていることから間違いありません。

❝――慶応義塾大学に9月入学したのは、最初からの予定通りだったんですか?
「4月に入れればベストでしたけど、高3の夏が映画撮影とカブって、部活の全国弁論大会で優勝したのも夏で、受験勉強に集中できなかったんですね。それで自分のタイミングで秋入学しようと思って、ちゃんと準備してから受けました」。❞
引用元:【FRESH ACTRESS 中川梨花(HUSTLE PRESS)】

中川梨花さんは高校3年生の夏は、2017年11月18日公開の映画『画像甲子園0.5秒の夏』の撮影中でしたので4月入学ではなく9月入学を選んでいます。

中川梨花 映画 写真甲子園0.5秒の夏

芸能人の中には芸能活動を武器に推薦入学というケースがありますが、中川梨花さんは入学タイミングを遅らせてでもしっかり準備して受験し真摯に向き合っていることに好感が持てますね。

こちらは大学入学式の画像ですが、自らの力で勝ち取った自信あふれる満面の笑みです。

中川梨花 大学入学式

中川梨花さんが慶應義塾大学総合政策学部を選んだのには理由があったんです。

2016年の夏に映画の撮影のため東川に滞在し、地元を誇りに思う多くの人たちと触れあったのをきっかけに東川町の取り組みや人々を紹介する本『東川スタイル』の編著者、慶応大学総合政策学部の玉村雅敏教授のもとで学ぼうと同大へ進学したんですよ。

こちらは2019年11月に大学のゼミ合宿で沖縄に行った際の画像です。

中川梨花 大学時代

中川梨花 大学時代

中川梨花さんは目標をしっかり持って大学に行っていることがうかがえますね。

中川梨花は大学ではチアリーダー!

中川梨花さんはなんと大学では、慶應義塾大学公認のソングリーディングチーム、Merfilles(メルフィルズ)に所属しチアリーダーをしていることが同団体の公式Twitterに画像がアップされたことで明らかになりました。

中川梨花 大学時代

なんと読売ジャイアンツの試合にもオープニングに出演しています。

中川梨花 大学時代

仕事と学業を両立させるだけでも大変だと思いますが、サークルにも所属しているとは中川梨花さんはタイムマネージメントが得意なのでしょう。

また、興味を持ったことに積極的に挑戦するバイタリティのある方だということが伝わってきますね。

中川梨花の出身高校

北海高等学校

中川梨花さんは2014年4月に北海高等学校へ入学し、2017年3月に卒業しています。

学校名北海高等学校
学科・コース調査中
偏差値56〜64
入試難度
所在地〒062-0911
北海道札幌市豊平区旭町4−1−41
最寄り駅学園前駅(地下鉄東豊線)
公式HPhttp://www.hokkai.ed.jp/

中川梨花さんが北海高等学校出身ということは、同校のホームページに弁論大会で入賞した記録が掲載されていることから間違いありません。

❝「全国高校総合文化祭弁論部門 文部科学大臣旗全国高等学校弁論大会」
平成28年  中川梨花が出場し、最優秀賞を受賞。
「高文連全道大会」
平成26年 課題の部  中川梨花が優秀賞を受賞。
平成27年 課題の部  中川梨花が最優秀賞を受賞。❞
引用元:【部活動紹介(北海高等学校公式ホームページ)】

また制服姿の中川梨花さんと同校の制服と比較してみても同じですね。

中川梨花 高校時代

【北海高等学校の制服参考画像】

北海高等学校 制服参考画像

中川梨花は高校時代に培った弁論スキルがすごい!

中川梨花さんは上述の通り高校時代弁論大会で輝かしい成績を残していますが、どれほど本気で向き合っていたかについて2018年3月2日掲載『HUSTLE PRESS』のインタビューで語っています。

❝「優勝したときの原稿は1年くらい書き直し続けたものです。北海道で石狩支部の予選があって、勝ち上がったら全道大会、そこで何位内かに入賞したら全国大会に行けるので、期間が1年くらいあるんです。その間ずーっと書き直して、原稿用紙5枚に完成するまで、100枚以上使いました」。❞
引用元:【FRESH ACTRESS 中川梨花(HUSTLE PRESS)】

原稿は1年間かけて何度も書き直して準備し、原稿用紙5枚の最終版が完成するまでに100枚以上も使ったなんて相当な根性がないとできないですよね。

幼い頃から感じたことを文章にすることが好きだったという中川梨花さんですが、同校の弁論部は100年以上続く伝統があることやせっかく文章にしたことを発表するにはいい環境だと考えたんだそう。

ただチャレンジするのではなく、すると決めたら徹底にやり遂げる意思の強さも感じます。

こちらは『文部科学大臣旗全国高等学校弁論大会』の決勝出場が決まった際のツイートです。

新聞にも掲載されていたとは、当時の注目の大きさが伝わってきます。

この大会で最優秀賞を受賞したときの画像を見ると、注目だけでなく優勝旗も賞状も大きいですね。

中川梨花 高校時代 弁論大会

この大会は『文化部のインターハイ』と呼ばれるほどレベルが高く、中川梨花さんは北海道勢としては27年ぶりに最優秀賞を受賞していますので、北海高校としても自慢の生徒だったことでしょう。




中川梨花の出身中学校

中川梨花さんの中学校がどこなのかは明らかになっていませんが、2011年に北海道札幌市にある中学校へ入学し、2014年3月に卒業しています。

中川梨花さんは高校卒業後に上京していますがそれまでは札幌市で過ごしているので、中学校も札幌市内だったと考えて間違いないでしょう。

また、2019年に中学の同窓会に参加したことを画像付きでTwitterで明らかにしています。

芸能界で活躍している今でも中学の同級生と繋がっていられるのは素敵ですね。

中川梨花はご当地アイドル!

中川梨花さんは中学時代、2011年4月に結成した北海道のアイドルユニット『PEACEFUL』のメンバーとして活動していました。

『PEACEFUL』は北海道発の全国で活躍できるアイドル育成を目指したオーディションプロジェクトで誕生したユニットで中川梨花さんは12歳の時のにこのオーディションに参加し見事合格しています。

中川梨花 中学生時代

しかし、2012年3月に中川梨花さんは脱退し、このユニット自体も同年7月に解散。

中川梨花 小学生時代

こちらは『PEACEFUL』のパフォーマンス動画です。

短期間での解散ということからも『PEACEFUL』の活動が順風満帆ではなかったことが予測されますので中川梨花さんが早々に脱退してしまったのもそういった状況が理由だったのでしょう。

それにしても、中学生にしてかなり整った顔立ちで今とほとんど変わらないですね。

中川梨花の出身小学校

中川梨花さんの小学校がどこなのかは明らかになっていませんが、2005年に北海道札幌市にある小学校へ入学し、2011年3月に卒業しています。

中川梨花さんは高校卒業後に上京していますがそれまでは札幌市で過ごしていましたので、小学校も札幌市内だった可能性が高いでしょう。

中川梨花は小学生の頃からアイドルになりたいと思っていた!

中川梨花さんは、アイドルが題材となったアニメ『きらりん☆レボリューション』を見て自分もそういう仕事につきたいと思ったと、2018年3月2日掲載『HUSTLE PRESS』のインタビューで語っています。

❝――芸能界には小さい頃から入りたいと?
「小学生の頃に『きらりん☆レボリューション』というアイドルのアニメが流行っていて、すごくキラキラしていて、観てると元気になれたんです。私も人に元気や勇気や夢を与えられるお仕事をしたいと、単純に憧れました」。❞
引用元:【FRESH ACTRESS 中川梨花(HUSTLE PRESS)】

小学生の頃からアイドルに憧れていて中学ではオーディションを受けるという行動にでている中川梨花さんは、夢を夢のままで終わらせない行動力を感じますね。

中川梨花の学歴一覧・出身地詳細

中川梨花

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月
卒園年月
【調査中】北海道札幌市内の小学校
入学年月2005年4月
卒業年月2011年3月
【調査中】北海道札幌市内の中学校
偏差値入試難度
入学年月2011年4月
卒業年月2014年3月
北海高等学校
偏差値56〜64入試難度
入学年月2014年4月
卒業年月2017年3月
慶應義塾大学・総合政策学部
偏差値70入試難度難関
入学年月2017年9月
卒業年月2021年8月予定

ここまで中川梨花さんの学歴について見てきましたが、高校卒業後に上京するまで北海道札幌市にいたことから出身地は札幌市ということで間違いありません。

札幌市といえば、さっぽろ雪まつりが有名ですので、中川梨花さんも子どもの頃一度は訪れていたかも?

最近ではぶりっ子キャラとして話題の中川梨花さんですが、高校時代から弁論大会で優勝したり大学も難関校に進んでおりかなり頭の良い方でした。

大学では学業と仕事の両立だけでなくサークルにも所属しチアリーダーとしても活躍しており、タイムマネージメントが上手な器用な方だということも伝わったのではないでしょうか。

また、幼い頃からアイドルに憧れていて中学時代は実際にアイドルとして活躍していたというのも意外でしたね。

大学卒業後はさらに活動の幅を広げていく中川梨花さんがどんな挑戦をしていくのか目が離せません!