島田紳助

島田紳助さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!卒アル画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

超お坊ちゃま育ちだったことや剃り込みヤンキーだった高校時代など、他では知れない情報満載でお伝えしています。

島田紳助の出身大学

京都学園大学

島田紳助さんは1974年4月に京都学園大学・経済学部へ入学し、まもなく中退しています。

学校名京都学園大学(現:京都先端科学大学)
学部・学科経済学部
偏差値44.0
入試難度
所在地〒621-8555
京都府亀岡市曽我部町南条大谷1-1
最寄り駅太泰天神川駅(京都市営地下鉄東西線)
公式HPhttps://www.kuas.ac.jp/

島田紳助さんが京都学園大学に進学したことは、『みんなの大学情報』に掲載されていることから間違いありません。

島田紳助 みんなの高校情報

両親が入学金を払ったとほぼ同時期に 島田洋之介・今喜多代師匠のところに弟子入りしていることから、島田紳助さんは実際のところ大学には1日も行っていないでしょう。

実は大学に行くのをやめようと思ったきっかけは入試内容だったんですよ。

島田紳助の大学生を辞めた理由は入試内容!

島田紳助さんが京都学園大学を受験した時は、京都学園大学の入学試験は面接のみだった為、島田紳助さんは「4年間ここに通っても得るものはない」と判断し、中退することを決めたんですよ。

何でも許してくれた父親も島田紳助さんが「漫才師を目指す」と言った時には、流石に反対をしたんだとか…。

しかし、結局は島田紳助さんの意志を尊重して背中を押してくれました。

そのお陰もあり、島田紳助さんは松本竜介さんとお笑いコンビ『紳助・竜介』を組み、1980年代前半の漫才ブームを引っ張る存在になりました。

紳助隆介

大学に行ったとしても、島田紳助さんほどお笑いの才能がある人は卒業後に芸能界に入っていた可能性が高そうですね。

島田紳助の出身高校

大谷高等学校

島田紳助さんは1971年3月に大谷高等学校へ入学し、1974年3月に卒業しています。

学校名大谷高等学校
学科・コース調査中
偏差値51.0~67.0
入試難度
所在地〒605-0965
京都市東山区今熊野池田町12番地
最寄り駅東福寺駅(京阪本線)
公式HPhttp://www.otani.ed.jp/

島田紳助さんが大谷高等学校を卒業したことは、大学と同様『みんなの大学情報』に掲載されていることから間違いありません。

島田紳助の高校時代は少年鑑別所!

高校時代も島田紳助さんは、いわゆる不良で暴走族にも所属していました。

島田紳助 高校時代

バリバリのヤンキーですよね…。

2011年12月22日発信の『女性セブン』によると、少年鑑別所に送致されていたんですよ。

❝それが紳助のツッパリ人生の始まりでもあった。高校にはいると、車上荒らしで少年鑑別所に送致されたりもした。❞
引用元:【島田紳助 20年以上にわたり両親へ月30万円の仕送りをしてた(女性セブン)】

少年鑑別所に入っていたとは筋金入りのヤンキーですね。

島田紳助さんが通っていた当時の大谷高等学校は修学旅行で他の学校の学生と喧嘩にならない様に山の中の宿舎に生徒を宿泊させてという程、ヤンチャなメンバーが集まっていたそうです。

当時の画像を見ると、反社会的勢力の一員しか見えません。

島田紳助 ヤンキー時代

さぞかし不登校だったのかと思いきや、島田紳助は勉強が嫌いなのにも関わらず、高校時代は1日も学校を休みませんでした。

ヤンチャをしながら友達たちと高校生活を満喫していたようで、自身はとても面白かったんですって!

高校1年生の画像は眉毛が多く残っているので、まだ駆け出しだったことがうかがえますね。

島田紳助 高校時代

ちなみに、島田紳助さんは学校のクラブではなくボクシングジムに入っていました。

細マッチョで引き締まった体をしていたんですね。

島田紳助 高校時代 ボクシング




島田紳助の出身中学校

京都市立八条中学校

島田紳助さんは1968年4月に京都市立八条中学校へ入学し、1971年3月に卒業しています。

学校名京都市立八条中学校
偏差値
入試難度
所在地〒601-8461
京都府京都市南区唐橋門脇町35
最寄り駅西大路駅(東海道・山陽線)
公式HPhttp://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/index.php?id=202107&type=3

島田紳助さんが八条中学校を卒業したことは❝我が八条中学校の先輩❞というつぶやきがあることから、間違いないでしょう。

島田紳助は盗品を売りさばいていた!

中学に入ると勉強嫌いだったこともあり、島田紳助さんは素行で問題を起こすようになります。

❝中学時代は教室の窓ガラスを割ったり、盗品を売りさばいたり❞
【引用元:島田紳助20年以上にわたり両親へ月30万円の仕送りをしていた(NEWSポストセブン)】

盗品を売りさばくというのはちょっと行き過ぎですよね…。

中学1年生の時の画像は大人しそうですが、闘志はメラメラと燃えていたのかもしれません。

島田紳助 中学時代

島田紳助の出身小学校

京都市立唐橋小学校

島田紳助さんは1962年4月に京都市立唐橋小学校へ入学し、1968年3月に卒業しています。

学校名京都市立唐橋小学校
所在地〒601-8466
京都府京都市南区唐橋西寺町65
最寄り駅西大路駅(東海道・山陽線)
公式HPhttps://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/index.php?id=105101

島田紳助さんが唐橋小学校を卒業したことは同校出身というつぶやきがあることから間違いないでしょう。

島田紳助の小学生時代は超お坊ちゃま!

一人っ子の島田紳助さんは両親からとても大切に育てられ、欲しい玩具は高価なものでも買って貰えました。

小学校3年生の時に家庭教師がついただけでなく、靴下を履かせてもらったり口まで食べ物を運んでもらっていたんですって!

超がつくほどのお坊ちゃまぶりですよね。

成績が上がるようにと家庭教師をつけてもらったにもかかわらず、全く勉強する気がなくなってしまったんですよ…。

当時、小学3年生で家庭教師というのはかなり早かったので、遊びたい盛りの島田紳助さんが勉強を嫌いになったのも無理はないかも知れませんね。

父親は島田紳助さんの祖父が実家が商家だったので、「商人の子に学問はいらん」という人だったことが不満で、紳助さんには「勉強をさせてやりたい」という思いで、早くから家庭教師をつけたんだとか。

まさに親の心子知らずですね。

幼少期の画像をみると、すでに島田紳助さんのあごです!

島田紳助 幼少期

島田紳助の学歴一覧・出身地詳細

島田紳助

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月
卒園年月
京都市立唐橋小学校
入学年月1962年4月
卒業年月1968年3月
京都市立八条中学校
偏差値入試難度
入学年月1968年4月
卒業年月1971年3月
大谷高等学校
偏差値51.0~67.0入試難度
入学年月1971年4月
卒業年月1974年3月
京都学園大学・経済学部
偏差値44.0入試難度
入学年月1974年4月
中退年月1974年4月

ここまで島田紳助さんの学歴について見てきましたが、出身小学校が京都市立唐橋小学校ということから出身地は京都市でしょう。

京都市は寺院と祇園で有名なので島田紳助さんは案外、情緒豊かな子供時代を過ごしたのかも?

島田紳助さんは口では父親の生き方を批判するようなことばかり言っていましたが、20年間も毎月30万円も仕送りをし、実家も長屋から立派なお宅へと立て替えています。

悪ぶっても実は愛情深い島田紳助さんが垣間見えますね。