伊調馨

女子個人として人類史上初のオリンピック4 連覇を果たした伊調馨さんですが、どんな学生だったのでしょうか?

そんな彼女の出身校や偏差値などの経歴情報と共に、卒アル画像やレスリングを始めたキッカケをご紹介します!

1984年6月13日に生まれ、1男2女の次女として育った伊調馨さんはどこの学校を卒業したのでしょうか?家族構成などのプライベートな情報とともに見てきましょう!

伊調馨のプロフィール

伊調馨

本名:伊調馨(いちょうかおり)
愛称:無し

生年月日(星座):1984年6月13日日(ふたご座)
血液型:B型
出身地:青森県八戸市

所属:ALSOK(綜合警備保障株式会社)
職業・ジャンル:女子レスリング選手
活動期間:2000年~

趣味・特技:レスリング(子供の指導)・掃除・食事・睡眠
SNS:無し
家族:兄・姉

<主な活動・実績>

  • 189連勝・25戦連続無失点の記録
  • 2012年8月『ロンドンオリンピック』63kg級で金メダル
  • 2016年8月『リオデジャネイロオリンピック』58kg級で金メダル
    ほか

伊調馨の経歴~レスリングを始めたキッカケ~

伊調馨さんがレスリングを始めたキッカケは兄が地元クラブでレスリングをやっていたことから。八戸クラブへ入り2000年から本格的に活動を開始しています。

伊調馨 2002年ワールドカップ優勝時

2002年ワールドカップ優勝時の画像ですが、伊調馨さんはとびきりの笑顔満面ですね!

初めてのタイトルは、2001年4月8日開催のジャパンクイーンズカップ56kg級での優勝。

3歳のときから「オリンピックで姉妹で金」という夢は持っていたのですが、マット運動やかけっこのような感じでレスリングをしていて、本格的にレスリングをしだしたのは高校生だったと日本オリンピアンズ協会のインタビューに答えています。

伊調馨の家族構成

伊調馨さんには兄姉がいますが、それぞれどんな人なのでしょうか?両親の情報とともに見ていきましょう!

伊調馨の父親

伊調馨 父親 伊調春行

名前:伊調春行(いちょうはるゆき)
生年月日:1951年(月日不明)

伊調馨さんの父親・伊調春之さんは寿司職人との情報がありますが、キリンビール120周年記念CMには会社員と表記されていましたので、個人店舗のお寿司屋さんではありません。

伊調兄妹がレスリングで活躍しているので父親も元レスリング選手かと思っていましたが、意外と普通のサラリーマンでした。

キリンビール120周年記念CMは2008年11月22日から放送され、伊調馨さんと伊調千春さんと伊調春行さんの親子共演が話題になりましたね。

伊調馨 父親 伊調春行 姉 伊調千春 CM

台本や演出も一切なしのアドリブ撮影で、親子の自然な姿が映し出されていました。子供の頃の伊調千春さんが伊調馨さんとお年玉の金額が同じだったことを文句言っていましたよ。

画像を見る限り、どこから見ても職人さんですね。眉が太くて、日本人男子と言う印象です。

伊調馨の母親

伊調馨 母親 伊調トシ

名前:伊調トシ(いちょうとし)
生年月日:1949年(月日不明)

伊調馨さんの母親・伊調トシさんの職業は明らかになっていませんが、子供が3人共レスリングで忙しかったでしょうから、専業主婦で子供をサポートしていたのかもしれません。

伊調トシさんは勝負に厳しい方で、「試合になったら死んでも勝て!」と言っていたんだとか。その精神が3人の子供に受け継がれているのですね。

残念ながら、2014年11月28日に自宅で倒れたときに頭を強打し、脳挫傷で意識が戻らないまま他界しました。まだ65歳という若さで、あまりにも突然の別れとなりました。

画像では日の丸のハチマキ姿に意気込みを感じますね!目の大きい綺麗な人です。

ちなみに、伊調馨さんは父親が33歳、母親が35歳の時の子供でした。

伊調馨の兄

伊調馨 兄 伊調寿行

名前:伊調寿行(いちょうとしゆき)
生年月日:不明

伊調馨さんの兄・伊調寿行さんもレスリング選手で有名で、伊調馨さんは兄の影響でレスリングを始めましたよね。戦歴は、全日本ジュニア選手権大会で3位入賞し、専修大学時代には全日本大学選手権大会で4位の成績を修めました。

現在は、伊調馨さんも所属する「ALSOK」レスリング部のコーチを務めています。

とにかく体の大きい人ですね!レスリングしている人は筋肉質のイメージでしたが、ぽっちゃりされているような、、、。コーチで現役から離れているからかもしれません。

伊調馨の姉

伊調馨 姉 伊調千春

名前:伊調千春(いちょうちはる)
生年月日:1981年10月6日

伊調馨さんの姉・伊調千春さんもお兄さんの影響で5歳からレスリングを始め、アテネオリンピック、北京オリンピック2大会連続銀メダル獲得しました。

2010年4月より青森県立八戸西高等学校で教鞭をとっています。オリンピック銀メダリストが先生なんて生徒だったら嬉しいですよね。

オリンピックを応援する側で現役を退いているからか、表情が柔らかいですね。髪も少し伸びて優しい印象です。

伊調馨の出身校と偏差値

伊調馨さんはどんな学生だったのでしょうか?通っていた小学校や中学校、高校や大学はどこなのか、偏差値の情報もあわせてご紹介します!

伊調馨の大学院

伊調馨 大学院 伊調千春 吉田沙保里

伊調馨さんは北京大学で金メダルを獲得したため中京女子大学・健康科学部・健康スポーツ科(偏差値:─ 難易度:─)の「名誉修士号」を2008年に授与されました。
※現在は男女共学化し、至学館大学と名称を変更
※大学院に偏差値の概念なし

【大学の住所】
〒474-0011
愛知県大府市横根町名高山55

メダルを持った笑顔は最高に輝いていますね!しかも姉妹で獲得とは本当に偉業です。

谷岡郁子学長からのプレゼントだったんですよ。

”「何が彼女たちのプレゼントになるかと考えた。実戦の中で(修士号に値する)研さんを積んだ。将来、教壇に立ったり、指導する立場に立つ時にプラスになれば」”
引用元:【吉田&伊調姉妹に母校中京女大名誉修士号(日刊スポーツ)】

同じくして吉田沙保里さんも修士を授与してもらったのですが、「修士ってなんですか?」と言っていたんだとか。

伊調馨の大学と偏差値

伊調馨 大学

伊調馨さんは中京女子大学(現:至学館大学)・健康科学部・健康スポーツ科(偏差値:45~47.5 難易度:低)2003年4月に入学し、2007年3月に卒業しています。

※現在は男女共学化し、至学館大学と名称を変更

【大学の住所】
〒474-0011
 愛知県大府市横根町名高山55

着物を着ると和服美人の女子大生ですね!手にしているのは、卒業式に授与された「学長賞」です。

大学在学中2004年のアテネオリンピックで金メダルを獲得。56kg級で吉田沙保里さんに苦戦していたのですが63kg級に階級をあげると無敵になりました。

アテネオリンピックに同じくレスリングで出場していた姉・伊調千春さんが銀メダルに終わったときも「千春のためにも必ず勝つ」と言って優勝し、「千春と一緒に取った金メダルです」と言ったエピソードは有名になりましたね。

姉妹愛に心動かされた人はたくさんいたでしょう。

伊調馨の高校と偏差値

伊調馨 高校生

伊調馨さんは中京女子大学附属高校(偏差値:44.0~54.0 難易度:低)2000年4月に入学し、2003年3月に卒業しています。

【高校の住所】
〒461-0047
愛知県名古屋市東区大幸南2丁目1-10

セーラー服がよく似合っていて、眞子さまと似ていますよね!

同校はレスリングではとても有名で、金メダリストもたくさん排出しているんですよ。オリンピックメダリストに姉妹でなりたいと強く思うようになった理由は、メダリストが身短になったからではないでしょうか。

伊調馨の中学校

伊調馨 中学校

伊調馨さんは八戸市立長者中学校1997年4月に入学し、2000年3月に卒業しています。

【中学校の住所】
〒031-0000
青森県八戸市大字沢里字休場28-1

普通の女の子にしか見えませんね。可愛らしい近所の子と言った感じです。

全日本女子中学生選手権を2連覇していますが、この頃の優勝ではまだ本気ではなかったということでしょうか。

本気でなくとも優勝!しかも2連覇とは恐るべしです。

伊調馨の小学校

伊調馨さんは八戸市立長者小学校1991年4月に入学し、1997年3月に卒業しています。

【小学校の住所】
〒031-0021
青森県八戸市長者3丁目2-1

2016年9月26日放送の東奥日報で、伊調馨さんがV4を記念して母校を訪問したと報道しました。そこで、八戸市立長者小学校と八戸市立長者中学校の名前が判明しました。

伊調馨さんは父親が寿司職人というレスリングに関係ない家庭に育ちながら、オリンピック4連覇という大偉業を達成しました。レスリング中心で学校を決めているので偏差値は高くないですが、修士課程も修了していてすばらしいですね!