山口真帆

山口真帆さんはNGT48のチームGの副キャプテンとして活躍していますが、出身高校や中学はどこなのでしょうか?

新潟出身ではない山口真帆さんの出身地が高校から判明したことや、学生時代のエピソードも併せた学歴情報をお届けします!

山口真帆の出身大学

山口真帆さんは大学に進学していません。

アイドルの山口真帆さんが大学に進学していれば2018年3月に卒業予定ですが、卒業についての報道がありませんでした。

また、大学2年生にあたる2015年7月25日にNGT48第1期生オーディション最終審査に合格していることから、芸能界に専念し大学に進学することはしませんでした。

NGT48第1期オーディションは、5850人応募に対し最終の第3次審査に合格したのは22人。

NGT48 第1期オーディション

265倍もの激戦のなか山口真帆さんは合格しましたが、最年長の20歳であったことからメンバーには頼られる“お姉さん的存在”になっていたでしょう。

山口真帆の出身高校

山口真帆 八戸学院光星高等学校

山口真帆さんは2011年4月に八戸学院光星高等学校へ入学し、2014年3月に卒業しています。

学校名 八戸学院光星高等学校
学科・コース 調査中
偏差値 36~46
入試難度
所在地 〒031-8507
青森県八戸市湊高台6丁目14−5
公式HP http://kh.hachinohe-u.ac.jp/

山口真帆さんが八戸学院光星高校出身であることは、同校出身であることをつぶやいている投稿があることから明らかになりました。

山口真帆の高校生時代のエピソード

2011年8月21日発信の『高校野球朝日新聞DIGITAL』で第93回全国高校野球選手権大会に八戸学院光星高校が準優勝したことで在校生代表として受けたインタビューに山口真帆さんが掲載されているんですよ。

“準優勝メダルを下げて場内を一周する選手を見て一年山口真帆さん(15)は「選手はよくがんばりました。お疲れさまと言いたい。あさっては帰校を出迎えます」と話した。”
引用元:【学校700人・街に大型映像 地元・八戸も熱く(高校野球朝日新聞DIGITAL)】

八戸学院光星高校の体育館に生徒や周辺住民が一緒になって応援していたところに取材が来たのですが、山口真帆さんがカワイイから目立ってしまい、インタビューを受けることになったのでしょう。

卒アルもめちゃくちゃカワイイので、目立って当然ですよね。

山口真帆 卒アル

【スポンサーリンク】

山口真帆の出身中学校

山口真帆 八戸市立根城中学校

山口真帆さんは2008年4月に八戸市立根城(ねじょう)中学校へ入学し、2011年3月に卒業しています。

学校名 八戸市立根城中学校
偏差値
入試難度
所在地 〒039-1166
青森県八戸市根城5丁目11−42
公式HP https://nblog.hachinohe.ed.jp/nejyoj/blog_176656.html

山口真帆さんが根城中学校出身であることは、同じ中学校だったとつぶやいている人のプロフィールが同校であることから明らかになりました。

山口真帆 出身 八戸市立根城中学校

山口真帆の出身地が中学から判明!

山口真帆さんの出身中学が根城中学校であったことから、青森県八戸市出身であることが判明しました。

山口真帆さんの出身地が八戸市ではなく青森市であるという説もありますが、青森市から八戸市まで約70kmほどあり、高校で通うには不自然な距離。

青森市から八戸市

また、後述しますが、山口真帆さんは中学校も八戸市の学校ですので、出身地は八戸市になります。

NGT48は新潟県のアイドルにもかかわらず、青森県八戸市の山口真帆さんが応募した理由は、“3歳まで新潟県に住んでいたから。”なんですよ。

新潟県のどこに住んでいたかは明らかになっていませんが、山口真帆さんの祖父が同県に住んでいるとも語っていて、第2の故郷なのですね。

根城中学校の文化際である『根中祭』では体育館で“一芸大会”というものがあり、学期の演奏やダンス、コントなどを披露するのですが、山口真帆さんも歌と踊りで出場していたでしょう。

細くて美人で踊りもできる山口真帆さんですので、中学校の頃からアイドルのように活躍していたのではないでしょうか。

NGT48ならぬNJC(ねじょうちゅう)48に近いものを結成していたのかもしれませんね。

山口真帆の出身小学校

山口真帆さんは2002年4月に小学校に入学し、2008年3月に卒業しています。

山口真帆さんの出身小学校がどこなのかは明らかにされていませんが、根城中学校の通学区から下記のいずれかの小学校に通っていたと考えられます。

  • 八戸市立根城小学校
  • 八戸市立江南小学校
  • 八戸市立田面木(たものき)小学校

山口真帆の小学生時代のエピソード

小学校の頃の山口真帆さんは成績優秀で、通っていた塾(詳しい塾名は調査中)のテストで全国一位になりかけたんですよ。

算数が98点であっても全国でほぼ1位であったわけで、おっとりした話し方の山口真帆さんからは意外なイメージのかなり勉強ができた小学生だったんですね。

また、物持ちがとてもよくて、小学校1年生から6年生まで同じ消しゴムを使っていたんですよ。

小学生の頃は書き間違いが多く消しゴムのカスが山になるくらい使っていたように記憶していますが、消しゴムが6年間も使えたとは、ほとんど書き間違いが無かったんですね。

ゆっくりなテンポの山口真帆さんは、確実に物事を進めていくタイプなのでしょう。

山口真帆の学歴まとめ!

山口真帆

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月
卒園年月
【未確定】小学校
入学年月 2002年4月
卒業年月 2008年3月
八戸市立根城中学校
偏差値 入試難度
入学年月 2008年4月
卒業年月 2011年3月
八戸学院光星高等学校
偏差値 36~46 入試難度
入学年月 2011年4月
卒業年月 2014年3月
大学
偏差値 入試難度
入学年月 進学せず
卒業年月

小学校の頃全国学力テストで1位だったとは、山口真帆さんは成績優秀だったんですね。おっとりとした話し方をしますが、地頭は賢いことが分かっていますのでこれからの活躍が気になりますね!