清原翔

清原翔さんの出身大学や高校などの学歴を徹底解説!卒アル画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

大学院に進学するつもりだったことや地元の中学が茅ヶ崎だったことなど、他では知れない情報満載でお伝えします。

清原翔の出身大学

明治大学理工学部
清原翔さんは2011年4月に明治大学・理工学部・電気電子生命学科へ入学し、2015年3月に卒業しています。

学校名 明治大学
学部・学科 理工学部・電気電子生命学科
偏差値 65~66
入試難度 難関
所在地 〒214-8571
神奈川県川崎市多摩区東三田1丁目1−1
最寄り駅 生田駅(小田急小田原線)
公式HP https://www.meiji.ac.jp/sst/index.html

清原翔さんが明治大学・理工学部・電気電子生命学科出身であることは、同大学の学位記(卒業証書)を持った画像があることと、2018年3月9日発信の『ViVi』で同学科を専攻したことを語っていることから間違いありません。

清原翔 大学時代

“理工学部に進学して、電気電子生命学というものを勉強していた”
引用元:【嫌みなエリート役を好演!清原翔が猛反対されても俳優業にチャレンジした理由とは。(ViVi)】

理工学部と農学部は同じ生田キャンパスにありますが、1学年上の農学部に山本美月さんが通学していました。

山本美月の大学や高校の学歴・卒アル情報!仮装の写真がかわいい!

 

清原翔は大学院に進学するつもりだった?

大学4年生のときに『MEN’S NON-NO』のオーディションを受けた清原翔さん。合格して専属モデルになっていますが、オーディションを受ける前は大学院に進学するつもりだったんだそう。

大学院のために授業を最大限選択し、サークルやクラブ活動には参加しないほど真面目に勉強していたんだとか。

それでもオーディションを受けようと思い立ったのは、小学校から大学まで平凡な学生生活を送っていたので卒業する前にチャレンジしてみたかったからでした。

大学では電気電子生命学を学んでいたのですが、正直なんのことっちゃ分からなくて、大学院に行くつもりではいたけれども、「おもしろそうじゃないな。」と気が乗らなかったんですって!

明治大学・理工学部・電気電子生命学科の説明によると、例えば電気自動車やスマートフォンが代表的な研究分野だそうですが、制御システムや通信方式など範囲が広すぎてどこまで研究したら良いのか判断がつかなくなってしまいますよね。

『MEN’S NON-NO』に合格したときは「足が太い」と言われ、5~6kg減量。必死に雑誌社に痩せたことをアピールしたんだそう。

デビューした頃の画像を見てもどこが太いのかわかりませんが、厳しい判断基準があるのでしょう。

清原翔 雑誌 メンズノンノ デビュー当時

モデルをしていくうちに、俳優に転向していく坂口健太郎さんや柳俊太郎さんを見て、「俺もやってみようかな。」とMEN’S NON-NOに相談したのですが、猛反対されました。

「そんな中途半端な気持ちではできるわけがない。」と逆に大学院の道を勧められたそうですが、ファッションショーで芸能事務所・スターダストプロモーションの人に見初められてチャンスをつかんだんだとか。

モデルの期間は事務所に所属していなかったそうで、足掛けで芸能活動していると勘違いされても仕方ないですよね。

清原翔の出身高校

神奈川県立大磯高等学校

清原翔さんは2008年4月に神奈川県立大磯高等学校・普通科へ入学し、2011年3月に卒業しています。

学校名 神奈川県立大磯高等学校
学科・コース 普通科
偏差値 58
入試難度
所在地 〒255-0002
神奈川県中郡大磯町東町2丁目9−1
最寄り駅 大磯駅(湘南新宿ライン)
公式HP https://oiso-h.pen-kanagawa.ed.jp/news.html

清原翔さんが大磯高校出身であることは、同校出身であるというつぶやきがあることから間違いないでしょう。

清原翔の高校時代はバレー男子だった?

185cmと高身長の清原翔さんは身長を生かして未経験ながらバレーボール部に所属したところ、あっという間に主力選手になったんですよ。

ポジションは明らかになっていませんが、身長を生かすのであればアタッカーだったかもしれませんね。

部員のメンバーとは練習が終わってからも一緒に遊んでいたそうで、チームメイトと仲が良かったのも清原翔さんが活躍できた要因でしょう。

当時の画像を見ても、ピアスをして青春謳歌している様子がうかがえますね。

清原翔 高校時代

学校の成績は、明治大学に合格するほどなので良かっただろうと推測できますが、国語は苦手だったんだとか。理系の清原翔さんは、答えがハッキリとしているものが得意なのでしょう。

ちなみに、大学へはどうしても行きたかったわけではなく何もすることがなかったから進学したそうで、成績がいいと道を選べますよね。




清原翔の出身中学校・小学校

清原翔さんは1999年4月に茅ヶ崎市の小学校へ入学し、2005年3月に卒業。

2005年4月に茅ヶ崎市の中学校へ入学し、2008年3月に卒業しています。

清原翔さんが茅ヶ崎市の小・中学校出身であることは、同じ小・中学校だったとつぶやいている人が松坂桃李さんと同じ地元であることも投稿していることと、松坂桃李さんが茅ヶ崎市出身であることから間違いないでしょう。

松坂桃李の大学や高校の学歴まとめ!卒アル画像がイケメン!!

また、2017年10月2日発信の『MEN’S NON-NO WEB』でも、湘南の海が実家に近いと語っています。

“実家に近い、湘南の海でした。慣れ親しんだ“ホーム”でのロケだった”
引用元:【清原 翔が「クラブ・ラ・メール」の撮影をしたのは、あの海だった!(MEN’S NON-NO WEB)】

更に、MEN’S NON-NOのフェイスブックページに湘南名物の『茅ヶ崎しらすせんべい』とお土産に持参した話も。

ここまで条件が揃えば茅ヶ崎市が地元であることに間違いはありませんが、どこの小・中学校を卒業したのかは明らかになっておらず、新しい情報が入りましたらここに追記していきます。

清原翔の中学生・小学生時代はテレビっ子だった?

子供の頃は「テレビっ子」だったんだそうで、『ポケットモンスター』や『名探偵コナン』の大ファンだったんだとか。

家でこもりっきりだったわけではなく、小学校2~3年生は野球をしていて、ピッチャーでした。清原翔さんは小学生のころから体が大きかったでしょうから、球も速かったでしょうね。

当時の画像はありませんが、こんなおちゃめな雰囲気だったに違いありません。

清原翔 野球

野球を始める前の画像だと思われますが、幼少期のころからおしゃれだったんですよ!

清原翔 幼少期

清原翔 幼少期

アニマル風の帽子をチョイスしたのは母親だろうと想像しますが、センスの良い家庭環境で育ったからこそモデルになろうと思ったのでしょうね。

清原翔の学歴一覧・出身地詳細

清原翔

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月 1996年4月
卒園年月 1999年3月
【調査中】小学校
入学年月 1999年4月
卒業年月 2005年3月
【調査中】中学校
偏差値 入試難度
入学年月 2005年4月
卒業年月 2008年3月
神奈川県立大磯高等学校
偏差値 58 入試難度
入学年月 2008年4月
卒業年月 2011年3月
明治大学・理工学部・電気電子生命学科・電気電子工学専攻
偏差値 65~66 入試難度 難関
入学年月 2011年4月
卒業年月 2015年3月

ここまで清原翔さんの学歴について見てきましたが、出身地は茅ヶ崎市でした。

茅ヶ崎市はシラスで有名なので清原翔さんの身長が高いのはカルシウム豊富な食事のおかげかも?

清原翔さんはスタイルバツグンなので勉強せずに容姿ばかりを気にしていたのかと思いきや、大学院に進学するほどの研究者だったとは意外でした。

しかも、電気電子生命学というスマホなど時代の最先端の研究をするほど明晰な頭脳の持ち主でしたね。

持ち前の頭脳を生かし今後どんな役作りで活躍するのか楽しみです!