タモリ

タモリさんの出身大学や高校などの学歴を徹底解説!卒アル画像を含め、学生時代に迫ります!

大学中退していたことや幼稚園を入園拒否していたことなど、他では知れない情報満載でお伝えします。

タモリの出身大学

タモリ 早稲田大学

タモリさんは1965年4月に早稲田大学・第二文学部・哲学科・西洋哲学専攻へ入学し、1966年に中退(除籍)しています。

学校名 早稲田大学
学部・学科 第二文学部・哲学科・西洋哲学専攻
偏差値 ─(※現在廃部のため偏差値なし)
入試難度
所在地 〒169-0051
東京都新宿区西早稲田1丁目6−1
公式HP https://www.waseda.jp/top/

タモリさんが早稲田大学第二文学部に在学していたことは、早稲田大学学生部が発行する学生向け週刊広報紙『早稲田ウィークリー』1997年4月17日号で同校に在学していたことが掲載されていることから間違いありません。

“本学文学部哲学科出身”
引用元:【第800号記念 タモリ ロングインタビュー(早稲田ウィークリー)】

タモリさんは1年浪人して早稲田大学第二文学部(夜学部)に進学しました。

志望校は早稲田大学ではなく、船が好きだったことで電気通信大学に行きたかったのですが、試験科目の物理が克服できなかったので早稲田大学に変更。

浪人中は押し入れにこもって、中国や韓国から送られてくるラジオ放送を聞いている時間が長かったんだとか。

早稲田大学に変更した理由は、吉永小百合さんが通っていたから。

学食で吉永小百合さんと出会ったこともあったんだそうで、まんざらネタでもなかったようです。

『早稲田ウィークリー』によると、2年生になるときに友達2人と旅行に行くことになり、タモリさんが学費を使って友達2人分の旅費を貸してあげたのですが、旅行代金を返してくれなかったことでタモリさんが学費を払えずに除籍になっています。

代金を返してくれなかったにもかかわらず、今でも友達2人と交流があるんだそうでタモリさんは寛大な心の持ち主なんですね。

わずか1年の大学生活はクラブに没頭していたんですよ。

タモリの大学生時代はジャズ漬けだった?

タモリさんは大学生になって初めて『ジャズ』を聞いたんだそう。

高校時代まではクラシックからはじまり、チベット音楽まで聞いていたのですが、「これだ!」と思えるジャンルがなかったんだとか。

後輩がアメリカのジャズドラマー『アート・ブレイキー』のレコードを持っていたので聞いてみると何がいいのか全くの不明。

アートブレイキー

どこがいいのかわからないことが未経験だったので、レコードを借りてきて聞き込んでいくうちにジャズにハマってしまったんですって!

当時からトランペットを吹けたタモリさんは、早稲田大学にある『モダンジャズ研究会』に入部。

しかし、先輩から「マイルスのトランペットは泣いてるけれども、お前のトランペットは笑ってる」と言われ、3日でトランペットから降ろされてマネージャーをすることになったんだとか。

このころに、本名の森田を逆転させた『タモリ』という芸名を使い始めています。

当時ではありませんが、トランぺットを演奏しているタモリさんは半端なくスゴいんですよ。

リズムが速いところも乗って吹いているにもかかわらず、降ろされてしまったとはレベルの高い研究会だったんですね。

それもそのはず、同期にはギタリストの増尾好秋さんや1学年先輩にはベーシストの鈴木良雄さんがいたのですから、学生でありながらプロ中のプロのなかにいたのと同じだったんです。

【増尾好秋さん】

増尾好秋

【鈴木良雄さん】

鈴木良雄

トランペットから降ろされてマネージャーをしながら舞台の司会もするようになったのですが、“司会が面白い”と評判に。ジャズよりもタモリさんの司会に注目が浴びるようになりました。

先輩からは「お前の司会の合間に演奏をしているわけじゃない。」と言われるほどだったんですよ。

タモリさんの人気はますます鰻上りで、学生バンドの司会としてTBSラジオの番組『大学対抗バンド合戦』に出演することになり、番組の司会をしていた大橋巨泉さんから「すごいぞ。才能がある」と褒められていたんですって!

大橋巨泉

突然、振られた司会を難なくこなすどころか話題になってしまうほどだとは、タモリさんは話術に長けていたんですね。

タモリの大学時代の同級生

  • 増尾好秋

タモリの出身高校

タモリ 筑紫丘高校

タモリさんは1961年4月に福岡県立筑紫丘高等学校・普通科へ入学し、1964年3月に卒業しています。

学校名 福岡県立筑紫丘高等学校
学科・コース 普通科
偏差値 72
入試難度 難関
所在地 〒815-0041
福岡県福岡市南区野間2丁目13−13番1号
公式HP http://chikushigaoka.fku.ed.jp/Default2.aspx

タモリさんが筑紫丘高校出身であることは、2007年6月30日に開催された同校の創立80周年記念に卒業生として講演していることから間違いありません。

タモリ 筑紫丘高校 出身

筑紫丘高校は福岡県でも有数の進学校で、タモリさんは昔から頭が良かったんですね。

更に頭のよさがうかがえるような、色んな資格を取得しているんですよ。

タモリの高校時代はマルチだった?

タモリさんは剣道部と吹奏楽部に所属し、トランペットを担当していました。タモリさんから運動系のイメージはなかったので、剣道をしていたとは意外。

剣道だけでなく、学校の部活以外で『柳生新陰流兵法居合道』の道場に通い、二段を取得。

居合道とは古武道を現代武道化したものですが、剣道と似ているから剣道部にも入部していたんですね。

また、船の無線通信士に憧れてたことからアマチュア無線クラブにも入部。

更には生徒会の副会長もしていたと言いますから、4つのクラブ活動と生徒会と学業を並行していたとはマルチすぎます。

卒アルを見ると眼鏡が良く似合う好青年で、女子からモテていたに違いありません。

タモリ 卒アル 高校時代

【スポンサーリンク】

タモリの出身中学校

タモリ 高宮中学校

タモリさんは1958年4月に福岡市立高宮中学校へ入学し、1961年3月に卒業しています。

学校名 福岡市立高宮中学校
偏差値
入試難度
所在地 〒815-0082
福岡県福岡市南区大楠3丁目11−1
公式HP http://www.fuku-c.ed.jp/schoolhp/jhtakami/

タモリさんが高宮中学校出身であることは、2015年5月26日発信の朝日新聞社が運営する『with news』に同校出身と掲載されていることから間違いありません。

“福岡に、タモリさん、森口博子さん、博多華丸さん、氷川きよしさんらが卒業した中学校があります。それは福岡市立高宮中学校です。”
引用元:【タモリ・森口博子・氷川きよし…全員同じ中学出身 謎の名門校とは?(with news)】

中学時代は剣道と陸上競技をしていて、短距離200mの部門とタモリさんの若いころはスポーツマンだったんですね。

一方で信心深かったのではないかと言われているんですよ。

タモリの中学時代はクリスチャンだった?

中学時代は『平尾バプテスト教会』に通っていたタモリさんですが、クリスチャンではありません。

ほとんど毎週通っていたことから勘違いされたのですが、宣教師の話し方や身振り手振りが面白くて通い詰めていたんだとか。

タモリさんのトーク力は平尾バプテスト教会で磨かれたと言っても過言ではないそうで、2年間も通い詰めたのだから、相当に興味深かったのでしょう。

タモリの出身小学校

タモリさんは1952年4月に福岡市立高宮小学校へ入学。

1952年に分校として福岡市立西高宮小学校が設立されたことで移動し、1958年3月に卒業しています。

【福岡市立高宮小学校】

沼田北小学校

学校名 福岡市立高宮小学校
所在地 〒810-0012
福岡県福岡市中央区白金2丁目15−40
公式HP http://www.fuku-c.ed.jp/schoolhp/eltakami/

タモリ 高宮小学校

学校名 福岡市立西高宮小学校
所在地 〒815-0071
福岡県福岡市南区平和1丁目6−55
公式HP http://www.fuku-c.ed.jp/schoolhp/elnisita/

タモリさんが高宮小学校から西高宮小学校に移動し卒業したことは、タモリさんと同級生だった母親が語っていたことをつぶやいている投稿があることから間違いないでしょう。


他にも、タモリさんが西高宮小学校出身であることをつぶやいている投稿が複数あります。

上記ほど複数あれば、同校出身で間違いないですね。

タモリは小学生時代から料理好きだった?

タモリさんの祖母は進歩的な人で、当時、男性が炊事場に立つことは許されない時代に「男も料理ができるようにならないといけない。」と毎日タモリさんに晩御飯の支度をしている姿を見せていたんだそう。

見ていただけで料理を覚えてしまうとは、頭がいい証拠。

小学校の成績はトップクラスだったといいますから、教科書も見ただけで覚えてしまうのでしょう。

小学3年生の下校途中で電柱のワイヤーが右目に刺さり、2か月学校を休んで療養しましたが、失明してしまいます。

片方が見えているとはいえ、失明したことはかなりのショックだったに違いありません。

タモリさんは落ち込んで引きこもったりはしなかったのですが、右目を手で隠すことは多かったんだそう。小学生ではサングラスをするわけにはいかなかったのでしょう。

引きこもるどころか積極的にクラスのために動き、小学5年生の時には卒業生を送り出すお別れ会『予選会』で『喜劇カラス天狗』の台本を書いたりしていたんですよ。

しかし、喜劇にも関わらず受けなかったんだそうで、残念だったでしょうね。

タモリの出身幼稚園

タモリさんは幼稚園に入園していません。

入園前に見学をしに行ったところ、葛原しげる作詞・室崎琴月作曲の童謡『夕日』♪ギンギンギラギラ夕日が沈む♪と歌いながら両手を回転させている先輩園児を見て、「あんな子供っぽいことはできない」と入園拒否をしたために入園しませんでした。

小学校に入るまで毎日、坂道に立って行き交う人達を見ていたそうで、あまりにも暇すぎて入園拒否をしたことを後悔したんだとか。

幼稚園を拒否する人の話は聞いたことがなく、タモリさんほどの偉人は幼いころから伝説があるんですね。

タモリの学歴まとめ!

タモリ

幼稚園 保育園
入園年月 入園せず
卒園年月
福岡市立高宮小学校
入学年月 1952年4月
卒業年月 1952年(月は調査中)
【調査中】小学校
入学年月 1952年(月は調査中)
卒業年月 1958年3月
福岡市立高宮中学校
偏差値 入試難度
入学年月 1958年4月
卒業年月 1961年3月
福岡県立筑紫丘高等学校・普通科
偏差値 72 入試難度 難関
入学年月 1961年4月
卒業年月 1964年3月
早稲田大学・第二文学部・西洋哲学専修
偏差値 入試難度
入学年月 1965年4月
卒業年月 1966年(除籍)

タモリさんが大学を中退した理由が友達に貸したお金が返ってこなかったからだとは驚きでした。

大学を辞めないために、もう一度仕送りをしてもらうことや裕福な友達に借りるなど、方法はいくらでもあったはずですが、幼稚園から入園を拒否するくらい精神的にも頭脳的にも優れた人なので、一般人には計り知れない考えがあったのでしょう。

実際、タモリさんは芸能界の第一線を走り続けている人で、偉人の域に達していますよね。