菅義偉

菅義偉さんの出身高校や大学などの学歴と本当の出身地を徹底解説!中学時代の野球画像や大学時代の空手画像を含め、学生時代に迫ります!

働きながら勉強をして大学に入学したことやスポーツ万能の学生時代だったことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

菅義偉の出身大学

法政大学法学部

菅義偉さんは1969年4月に法政大学・法学部へ入学し、1973年3月に卒業しています。

学校名 法政大学
学部・学科 法学部
偏差値 67~69
入試難度 難関
所在地 〒102-8160
東京都千代田区富士見2-17-1
最寄り駅 市ヶ谷駅(JR中央線)
公式HP https://www.hosei.ac.jp/hogaku/

菅義偉さんが法政大学法学部出身であることは、首相官邸ホームページにおいて同校出身と掲載されていることから間違いありません。

首相官邸ホームページ

学部つきましては、法律学科と政治学科の2説がありますが、政治家の菅義偉さんは政治学科出身であるほうが自然ですよね。

一方で2019年9月4日発信の『アクセスジャーナル』によると、菅義偉さんが法政大学第二部法学部政治学科出身であるという説を唱えています。

❝巷では菅氏は秋田の貧しい家に生まれ、そのため大学は昼間は働いて法政大学の夜間に通ったということになってます。しかし、実際は裕福な家庭で、1浪してやっと夜間に受かったが、それだとイメージが悪いので苦学したストーリーにしている。❞
引用元:【<記事紹介>「カジノは許さんと菅官房長官を叱る横浜のドン」(『週刊新潮』9月5日号)(アクセスジャーナル)】

同じ法政大学法学部出身でありながらも二部であるかどうかの違いが明らかになっていないため、この点も引き続き調査していきます。

他には菅義偉さんが北海道教育大学を受験したという情報がありますが、本人がきっぱりと否定しています。

❝北海道教育大を受けた事実はまったくありません。❞
引用元:【菅義偉氏 北海道教育大受験の事実はなく逃げるように上京(NEWSポストセブン)】

北海道教育大学説がどこから来た噂なのかは不明ですが、菅義偉さんの母親、姉2人、叔父叔母が教師だったことから菅義偉さんも教師を志しているのではないか(教育大学受験)と勘違いされてしまったようですね。

高校を卒業してから集団就職する友達に影響を受けて一緒に上京した菅義偉さんでしたが、現実に直面してしまったんですよ…。

菅義偉の大学生時代は苦学生だった!

菅義偉さんは段ボール会社で勤めはじめたのですが、現実がいかに厳しいか気がついたそう。

段ボール会社で勤務している先輩の待遇が菅義偉さんの希望するものとはかけ離れていたのでしょう。

菅義偉さんは意を決して段ボール会社を辞め、大学に入学するまでに2年間働きながら学費を貯め、見事法政大学に合格。

法政大学を選んだ理由は、学費が一番安かったからだそう。

入学してからもガードマンや新聞社の雑用、カレー屋などのアルバイトをして学費と生活費をまかなっていたんですよ。

入学する前の2年間と入学してからの4年間の計6年間も働くことと勉強することを並行させていたとは誰もができることではありません。

しかも、空手部・剛柔流空手道部に所属して部活動もしていたんです!

菅義偉 大学時代

菅義偉 大学時代

空手部に入部した理由は❝厳しいところで自分を鍛えたい❞という考えからだったそうですが、働きながらの苦学生にして追い打ちをかけるなんてストイックな人なんですね。

菅義偉の出身高校

秋田県立湯沢高等学校
菅義偉さんは1964年4月に秋田県立湯沢高等学校へ入学し、1967年3月に卒業しています。

学校名 秋田県立湯沢高等学校
学科・コース 普通科
偏差値 58
入試難度
所在地 〒012-0853
秋田県湯沢市新町27
最寄り駅 湯沢駅(JR奥羽本線)
公式HP http://www.yuzawa-h.net/

菅義偉さんが湯沢高校出身であることは、『みんなの高校情報』に同校出身と掲載されていることから間違いありません。

菅義偉 みんなの高校情報

菅義偉の高校時代は遠距離通学

菅義偉さんは自宅から一番近い高校に進学したにもかかわらず、片道2時間もかかったんです。

高校が遠かったことから、中学の同級生の120人中60人が卒業と同時に集団就職し、残り60人中30人が実家を継いだことから高校進学率は25%(30人)でした。

いわばエリート組の菅義偉さんは、高校3年生からは進学組に所属していたんですよ。

高校が遠くて部活動をする時間がなかったので、登下校の時間を有効に使って勉強をしていたのかもしれませんね。

【菅義偉の高校時代の同級生】

  • 由利昌司(湯沢市議会議長)
【スポンサーリンク】

菅義偉の出身中学校

雄勝町立秋ノ宮中学校(現、湯沢市立雄勝中学校)

菅義偉さんは1961年4月に雄勝(おがち)町立秋ノ宮中学校(現、湯沢市立雄勝中学校)へ入学し、1964年3月に卒業しています。(※1972年に湯沢市立雄勝中学校へ統合されて廃校)

学校名 雄勝町立秋ノ宮中学校(現、湯沢市立雄勝中学校)
偏差値
入試難度
所在地 〒019-0204
秋田県湯沢市横堀字上新田10
最寄り駅
公式HP http://www.city-yuzawa.jp/ogachijhs/

菅義偉さんが秋ノ宮中学校出身であることは、2016年9月20日発信の『Smart FLASH』で同校に通っていたと掲載されていることから間違いありません。

❝本誌は菅本人が「逃げ出したかった」と語った故郷に向けて車を走らせた。湯沢市秋ノ宮地区。通っていた秋ノ宮小学校は自宅から数分の距離にある。❞
引用元:【安倍内閣のキーマン菅官房長官「中学時代は野球部で1番サード」(Smart FLASH)】

菅義偉の中学時代は野球部

菅義偉さんは中学時代、野球部で守備はサード、1番打者でした。

当時の画像を見ると、目が大きくてなかなかのイケメンです!

菅義偉 中学時代

菅義偉さんは顧問からスイングを変えるように指導されていたにもかかわらず、頑固としてバットを投げ出すような風変わりなフォームのまま変えようとはしなかったそう。

菅義偉さんの打率が4割もあったので、顧問も打撃フォームを変えようとしなくなったそうで、自分を貫き通すところがカッコいいですね。

【菅義偉の中学生時代の同級生】

  • 由利昌司(湯沢市議会議長)

菅義偉の出身小学校

雄勝町立秋ノ宮小学校(現、湯沢市立雄勝小学校)
菅義偉さんは1955年4月に雄勝(おがち)町立秋ノ宮小学校(現、湯沢市立雄勝小学校)へ入学し、1961年3月に卒業しています。

(※現在は湯沢市雄勝スポーツセンター)

学校名 雄勝町立秋ノ宮小学校(現、湯沢市立雄勝小学校)
所在地 〒019-0321
秋田県湯沢市秋ノ宮字中島365
最寄り駅
公式HP http://www.city-yuzawa.jp/ogachies/

菅義偉さんが秋ノ宮小学校出身であることは、2016年9月20日発信の『Smart FLASH』で同校に通っていたと掲載されていることから間違いありません。

❝今は統廃合された秋ノ宮中学もすぐ先にあった。❞
引用元:【安倍内閣のキーマン菅官房長官「中学時代は野球部で1番サード」(Smart FLASH)】

菅義偉の小学生時代は自然と人が集まる

『Smart FLASH』によると、菅義偉さんは決して人前に出るタイプではなかったのですが、自然と人が集まって来ていたんだそう。

秋ノ宮小学校のすぐ近くに住んでいたことから、学校の帰りに友だちが集まっては一緒に遊んでいたんだとか。

湯沢市議会議長の由利昌司氏によると、定期購読している漫画を自分よりも先に読ませてあげていたようで、小学生にして器の大きい人だったんですね。

実家がイチゴ農家で『秋ノ宮いちご』のブランド化に成功していたので、経済的に裕福な生い立ちだったようです。

大学の学費も援助してもらえたでしょうが、菅義偉さんは頑固として自力で卒業したかったのでしょう。

小学生時代からスポーツ万能で、相撲、野球、バスケ、陸上、スキーの選手に選ばれていたそうで、控えめな印象の菅義偉さんからは意外な特技があったんですね。

【菅義偉の小学生時代の同級生】

  • 由利昌司(湯沢市議会議長)

菅義偉の学歴一覧・出身地詳細

菅義偉

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月
卒園年月
雄勝町立秋ノ宮小学校(現、湯沢市立雄勝小学校)
入学年月 1955年4月
卒業年月 1961年3月
雄勝町立秋ノ宮中学校(現、湯沢市立雄勝中学校)
偏差値 入試難度
入学年月 1961年4月
卒業年月 1964年3月
秋田県立湯沢高等学校
偏差値 58 入試難度
入学年月 1964年4月
卒業年月 1967年3月
法政大学・法学部
偏差値 67~69 入試難度 難関
入学年月 1969年4月
卒業年月 1973年3月

ここまで菅義偉さんの学歴について見てきましたが、出身小学校が雄勝町立秋ノ宮小学校ということから出身地は湯沢市秋ノ宮でしょう。

湯沢市秋ノ宮は秋の宮温泉郷で有名なので菅義偉さんはいろんな温泉を巡った子供時代を過ごしたのかも?

菅義偉さんは2年間も働きながら勉強をして法政大学に入学しただけでなく、働きながら大学も卒業したほどの努力家でした。

これからも庶民派感覚の政治家として市民の味方になってくれることでしょう。