岡江久美子

岡江久美子さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!卒アル画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

懸賞マニアでヒロインを当てようとしていたことや難関校出身だったことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

岡江久美子の出身大学

岡江久美子さんは大学に進学していません。

高校を卒業する1975年3月から放送されたドラマ『お美津』で主演を務めていることから、大学には進学しませんでした。

岡江久美子 お美津

初出演で初主演だったことから、❝演技が下手なのは仕方がないが、セリフを覚えてくることと、遅刻はしないように❞と厳しく注意されたんだそう。

現場は岡江久美子さんが一番若かったので、とても可愛がってもらったそうですよ。

上記の画像のように美人で、持ち前の元気さがあれば人気ものになるのに時間はかからなかったでしょう。

大学相当時にあたる1975年から1979年に出演したドラマは下記の通り。

  • 水戸黄門 第7部 第3話『人情喧嘩まんじゅう -仙台-』
  • 江戸の旋風II 第17話『五年目の千鳥橋』
  • パパは独身
  • 白い荒野
  • 花神

当時の画像を見ると、今もほどんど変わらない美しさに驚きです。

岡江久美子 若い頃

岡江久美子 若い頃

岡江久美子の出身高校

鴎友学園女子高等学校
岡江久美子さんは1972年4月に鴎友学園女子高等学校へ入学し、1975年3月に卒業しています。

学校名鴎友学園女子高等学校
学科・コース普通科
偏差値67
入試難度難関
所在地〒156-8551
東京都世田谷区宮坂1丁目5番30号
最寄り駅経堂駅(小田急小田原線)
公式HPhttps://www.ohyu.jp/

岡江久美子さんが鴎友学園女子高等学校出身であることは、『みんなの高校情報』に卒業生として掲載されていることから間違いありません。

岡江久美子 みんなの高校情報

岡江久美子は懸賞でヒロインを当てた?

岡江久美子さんは中学時代から懸賞マニアで、新聞や雑誌、テレビにラジオとたくさんの懸賞に応募していました。当選したときに自分の名前が掲載されることが嬉しかったんだそう。

高校2年生のときにテレビドラマ『水滸伝』のヒロインを募集していて、岡江久美子さんはヒロインになりたかったと言うよりも、❝海外ロケ❞を目当てに応募していたんですよ!

最後の5人まで残りながらも、ヒロインに抜擢はされませんでしたが、スカウトされて芸能事務所に所属しています。

岡江久美子さんがスカウトされたのは高校の演劇部に所属していたのも理由の一つでしょう。

発声練習などの練習が厳しかったそうですが、『アルプスの少女ハイジ』のクララ役を見事演じたという自信が良い結果を生んだのかもしれません。

当時の画像を見ると、髪型がクララのようですね。

岡江久美子 高校時代




岡江久美子の出身中学校

東京学芸大学付属世田谷中学校

岡江久美子さんは1969年4月に東京学芸大学附属世田谷中学校へ入学し、1972年3月に卒業しています。

学校名東京学芸大学附属世田谷中学校
偏差値61
入試難度難関
所在地〒158-0081
東京都世田谷区深沢4丁目3−1
最寄り駅都立大学駅(東急東横線)
公式HPhttp://www.u-gakugei.ac.jp/~setachu/

岡江久美子さんが東京学芸大学附属世田谷中学校出身であることは、同校のホームページに卒業生(23期生)として掲載されていることから間違いありません。

東京学芸大学付属中学校ホームページ

岡江久美子の夢は外科医?

岡江久美子さんは外科医に憧れていたんだそう。

❝彼女は外科医に憧れていた。解剖してゆく過程が好きだそうで、イカ料理が得意なのもその辺の事情によるらしい。❞
引用元:【岡江久美子(沿線住民参加のコミュニティー誌『とうよこ沿線』)】

難関校に進学すると医師を目指す人も多いでしょうから、影響を受けていたのかもしれません。

入学したときは軟式テニス部に入部しましたが、肌に合わず演劇クラブに転部したんだそう。

肌に合わなかった理由はあきらかになっていませんが、当時の画像を見ると力強く走っている様子から、軟式テニスも上達したのではないかと想像します。

岡江久美子 中学生時代

横顔からだけでも、美人であることが分かります。

岡江久美子 中学生時代

岡江久美子の出身小学校

東京学芸大学付属世田谷小学校
岡江久美子さんは1963年4月に東京学芸大学附属世田谷小学校へ入学し、1969年3月に卒業しています。

学校名東京学芸大学附属世田谷小学校
所在地〒158-0081
東京都世田谷区深沢4丁目10−1
最寄り駅駒沢大学駅(東急田園都市線)
公式HPhttp://www.setagaya-es.u-gakugei.ac.jp/

岡江久美子さんが東京学芸大学附属世田谷小学校出身であることは、同校の5chに岡江久美子さんの名前が掲載されていることから間違いないでしょう。

東京学芸大学付属世田谷小学校 5ch

岡江久美子は鍵っ子だった

『徹子の部屋』に出演した時の話によると、岡江久美子さんは小学2年生から両親が共働きになったことから鍵っ子になったんだそう。

一人っ子なので、両親は習字や絵画、ピアノなど様々な習い事をさせたんだとか。

家では一人遊びでお芝居ごっこをしていたそうで、岡江久美子さんの演劇への興味は鍵っ子だからこそ培われたのかもしれません。

部活はバドミントン部で、体育の授業の障害物競走が好きだったということを考えると、文武両道でかつ美人だったとは羨ましい限りです。

岡江久美子 小学生時代

幼少期の画像を見ると、小さい頃から目が大きかったんですね。

岡江久美子 幼少期

岡江久美子 幼少期

岡江久美子の学歴一覧・出身地詳細

岡江久美子

【調査中】幼稚園
入園年月
卒園年月
東京学芸大学附属世田谷小学校
入学年月1963年4月
卒業年月1969年3月
東京学芸大学附属世田谷中学校
偏差値61入試難度難関
入学年月1969年4月
卒業年月1972年3月
鴎友学園女子高等学校
偏差値67入試難度難関
入学年月1972年4月
卒業年月1975年3月
大学【進学せず】
偏差値入試難度
入学年月
卒業年月

ここまで岡江久美子さんの学歴について見てきましたが、出身小学校が東京学芸大学附属世田谷小学校ということから出身地は世田谷区でしょう。

世田谷区は砧公園で有名なので岡江久美子さんは芝生で桜を眺めていたのかも?

岡江久美子さんが早口で話していたのは難関校に通っていたことでもわかるように頭脳明晰であったから頭の回転が速かったからなんですね。

エネルギッシュな話し方でいつも元気にしてくれた岡江久美子さんが2020年4月23日に新型コロナウィルス肺炎で亡くなられたことは大変ショックで残念です。

慎んでお悔やみ申し上げます。