前田旺志郎

前田旺志郎さんの出身高校や大学などの学歴と本当の出身地を徹底解説!幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

慶應義塾大学に入学した理由や病気休業の真相など、他では知れない情報満載でお伝えしています。

前田旺志郎の出身大学

慶應義塾大学総合政策学部

前田旺志郎さんは2019年4月に慶應義塾大学・総合政策学部へAO入試で入学し、2023年3月に卒業予定です。

学校名慶應義塾大学
学部・学科総合政策学部
偏差値73
入試難度難関
所在地〒252-0882
神奈川県藤沢市遠藤5322
最寄り駅湘南台駅(小田急小田原線)
公式HPhttps://www.sfc.keio.ac.jp/

前田旺志郎さんが慶應義塾大学総合政策学部に在籍していることは、慶應義塾大学の学生が運営する新聞『慶應塾生新聞』の新入生応援特集でインタビューされていることから間違いありません。

❝昨年慶大へ入学した前田旺志郎さん(総1)に、大学生活や新入生に向けたアドバイスなどについてインタビューした。❞
引用元:【《新入生応援特集》 前田旺志郎さんインタビュー(慶應塾生新聞)】

(※総1が総合政策学部1年の略)

AO入試で受験したことも慶應塾生新聞で語っていて、Ⅰ期は不合格だったんだとか。

❝受験の形式はAO入試でした。芸能活動をやっていたので「大丈夫だろう」と思っていたら、Ⅰ期で落ちてしまいました。この時、自分が能動的に何かをやっていたわけではないことに気づきました。❞
引用元:【《新入生応援特集》 前田旺志郎さんインタビュー(慶應塾生新聞)】

2019年11月9日放送の『メレンゲの気持ち』に出演した際に「受験のために猛勉強しました。」と語っていたのは、Ⅰ期で不合格だったことから真剣モードのスイッチが入ったのでしょう。

何度でも挑戦してやる!というこだわりがあったようですね。

前田旺志郎が慶應に入学した理由は?

幼い頃から芸能活動をしてきた前田旺志郎さんは、大学では芸能活動とは違う何かを学びたいと思っていたところにSFC(慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス)を教えてもらったんだそう。

SFCには個性豊かなで様々な目標に向かって努力している学生が多いことを知り、自分のやりたいことが新たに見つかるかもしれないと感じたから慶應に決めたんだとか。

前田旺志郎さんは『演劇教育』に興味があり、元・文部科学副大臣、前・文部科学大臣補佐官日本サッカー協会理事の鈴木寛研究会(すずかんゼミ)でコミュニケーションや会話、熟議などを学びたいと願うようになったんですって!

前田旺志郎 慶應塾生新聞

大学ではバスケットボールサークルに所属し、芸能活動とも並行しながら「とてもバランスよく両立できている。」と慶應塾生新聞で語っていました。

将来は現場で第一線を走りながら、将来の芸能界を担う人材を育てる方面でも活躍しそうですね。

前田旺志郎の出身高校

堀越高等学校
前田旺志郎さんは2016年4月に堀越高等学校・普通科・トレイトコースへ入学し、2019年3月に卒業しています。

学校名堀越高等学校
学科・コース普通科・トレイトコース
偏差値38
入試難度
所在地〒164-0011
東京都中野区中央2-56-2
最寄り駅中野駅(JR中央線)
公式HPhttp://www.horikoshigakuen.ed.jp/

前田旺志郎さんが堀越高校出身であることは、2020年2月4日放送のバラエティ『バナナマンのドライブスリー』のゲストであった浜辺美波さんが「堀越高校ではまえだまえだの弟さんが同級生でした。」と語っていたことから間違いありません。

浜辺美波の高校や中学の学歴・出身情報!歯並びが昔の画像と違う?

前田旺志郎はドラマで大活躍

高校時代の前田旺志郎さんはドラマで大活躍で下記の作品に出演しています。

  • 2016年10月15日『おみやさんスペシャル2』
  • 2017年1月31日『カルテット 第3話』
  • 2017年8月『ウツボカズラの夢』
  • 2017年10月連続テレビ小説『 わろてんか』
  • 2017年11月5日『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜第3話』
  • 2018年1月7日『スペシャルドラマ必殺仕事人』
  • 2018年1月『命売ります』
  • 2018年6月18日『銀河鉄道999 40周年記念生ドラマ 銀河鉄道999 Galaxy Live Drama』
  • 2018年『琥珀の夢』
  • 2018年10月13日『マリオ〜AIのゆくえ〜』
  • 2019年2月3日『THE GOOD WIFE / グッドワイフ 第4話』

芸能活動で多忙だったにもかかわらず、大学受験のために塾通いもしていたんだとか。

同時期にNHK教育テレビ(NHK Eテレ)『テストの花道』ではゼミ生としてレギュラー出演していました。

前田旺志郎 NHK テストの花道

番組内で学んだことも大学合格の要因になったことでしょう。

【前田旺志郎の高校時代の同級生】

  • 浜辺美波(女優)
  • 井上瑞稀(HiHi Jets)
  • 橋本涼(HiHi Jets)



前田旺志郎の出身中学校

台東区立桜橋中学校

前田旺志郎さんは2013年4月に台東区立桜橋中学校へ入学し、2016年3月に卒業しています。

学校名台東区立桜橋中学校
偏差値
入試難度
所在地〒111-0024
東京都台東区今戸2丁目1−8
最寄り駅浅草駅(つくばエクスプレス)
公式HPhttps://taito.ed.jp/swas/index.php?id=1320116

前田旺志郎さんが桜橋中学校出身であることは、兄の前田航基さんが同校出身であることと、同校に入学してくるというつぶやきがあることから間違いないでしょう。

前田航基の高校や大学の学歴・出身情報!ジャニーズを退所?!

(※さくらまやさんは台東区出身)

前田旺志郎のバスケ友達がスゴイ!

前田旺志郎さんはバスケ部に所属していたことで2015年6月13日公開の映画『海街diary』で共演した広瀬すずさんとバスケ友達になったんですよ。

前田旺志郎 広瀬すず

前田旺志郎さんは大学でもバスケットボールサークルに所属しているくらい大好きなので、広瀬すずさんとも話が弾んだのでしょうね。

前田旺志郎の出身小学校

吹田市立豊津第一小学校
前田旺志郎さんは2007年4月に吹田市立豊津第一小学校へ入学し、2013年3月に卒業しています。

学校名吹田市立豊津第一小学校
所在地〒564-0063
大阪府吹田市江坂町1丁目15−42
最寄り駅江坂駅(北大阪急行電鉄)
公式HPhttp://www2.suita.ed.jp/school/es/15-toyo1/

前田旺志郎さんが豊津第一小学校出身であることは、豊津に住んでいるというつぶやきと垂水町での目撃情報、吹田市の学区から間違いないでしょう。

【吹田市ホームページ】

吹田市ホームページ 学区

一方で中学のつぶやきにあるように❝来年弟が入学してくる❞ということは、小学生の時から前田航基さんと一緒に上京していた可能性もあります。

引き続き調査していき、新しい情報が入りましたら追記します。

前田旺志郎は病気だった?

前田旺志郎さんが小学校高学年ごろから芸能活動が少なくなったことから病気説が取り沙汰されましたが、病気ではありませんでした。

小学校高学年のタイミングで『まえだまえだ』の活動を少なくし、前田旺志郎さんと前田航基さんはそれぞれ役者としての活動にしぼったんだとか。

まえだまえだ

まえだまえだ

前田旺志郎さんは3歳から前田航基さんのタレントスクールに同行し、5歳にあたる2005年放送『ナショナル劇場水戸黄門第35部』でドラマデビューを果たしました。

映画デビューは2011年6月11日公開の『奇跡』で、兄弟ともに初出演ながら初主演だったんですよ。

監督の是枝裕和さんは前田兄弟のことを「頭が良い。」とべた褒めだったそうで、幼い頃から前田旺志郎さんは頭脳明晰だったんですね。

2009年7月放送の『笑っていいとも!テレフォンショッキング』に出演したときは「将来の夢は中古車屋を経営すること。自分では高い車は買えないので、車屋さんをしたら試乗できるし。」と言っていたことも大人の笑わせ方を知っていたのではないかと想像してしまいます。

幼少期の画像を見ると、天真爛漫さが無条件に可愛いですね。

前田航基 幼少期

前田旺志郎 幼少期

前田旺志郎の学歴一覧・出身地詳細

前田旺志郎

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月
卒園年月
吹田市立豊津第一小学校
入学年月2007年4月
卒業年月2013年3月
台東区立桜橋中学校
偏差値入試難度
入学年月2013年4月
卒業年月2016年3月
堀越高等学校・普通科・トレイトコース
偏差値38入試難度
入学年月2016年4月
卒業年月2019年3月
慶應義塾大学・総合政策学部
偏差値73入試難度難関
入学年月2019年4月
卒業年月2023年3月(予定)

ここまで前田旺志郎さんの学歴について見てきましたが、出身地は吹田市垂水町でしょう。

吹田市垂水町は万葉集の志貴皇子が詠んだ歌の中に登場する滝で有名な垂水神社があるので、前田旺志郎さんは境内で遊んでいたのかも?

前田旺志郎さんは堀越高校から慶應義塾大学に偏差値からすると35アップという驚異的な躍進を遂げました。

幼い頃からの頭の良さを生かして、演劇教育の分野でも活躍してくれることでしょう。