大友花恋

大友花恋さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!卒アル画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

中学の学年テストで4番の秀才だったことや実家が牛乳店だったことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

大友花恋の出身大学

大友花恋さんは大学に進学していません。

2019年10月30日公開の公式ブログにおいて大学に進学しなかったことが掲載されています。

❝私は大学に通っておらず、大学生の皆さんを街中で見かけるたびに尊敬と憧れを抱いていた❞
引用元:【大学(大友花恋公式ブログ)】

後述しますが高校時代は学校と芸能界の両立で苦労したことから、大学は行かずに芸能界に専念することを選んだのでしょう。

大友花恋の出身高校

高崎市立高崎経済大学附属高等学校

大友花恋さんは2015年4月に高崎市立高崎経済大学附属高等学校・普通科へ入学し、2018年3月に卒業しています。

学校名高崎市立高崎経済大学附属高等学校
学科・コース普通科
偏差値60
入試難度
所在地〒370-0081
群馬県高崎市1650−1
最寄り駅高崎問屋町駅(JR両毛線)
公式HPhttp://www.tcue-h.ed.jp/

大友花恋さんが高崎経済大学附属高等学校出身であることは、同校出身というつぶやきが複数あることから間違いないでしょう。

(※経附=高崎経済大学附属高校)

大友花恋さんが高校を中退したことや東京の高校に転校したという噂がありますが、下記の内容から同校を現役卒業しているでしょう。

❝そんな私、無事に高校三年生になれることが決定いたしました!よかったよかったの冥利につきます。❞
引用元:【3月(大友花恋公式ブログ)】

❝振り返ってみると、1年前のこのくらいの日に高校を卒業したわけでして。❞
引用元:【すっかり(大友花恋公式ブログ】

❝学業と仕事の両立、なんてよく聞くけれど、口にするほど簡単ではなかったです笑❞
引用元:【長いです。(大友花恋公式ブログ)】

❝「慣れ親しんだ学校で、お世話になった先生方に温かく見送ってくださって、『応援しているよ』と声もかけていただいたので、もっと頑張ろうと気が引き締まりました」❞
引用元:【大友花恋、高校卒業後も制服は「まだまだ着たい!」(シネマトゥデイ)】

大友花恋の高校時代は通勤4時間!

仕事の度に高崎市から電車に乗って東京まで通っていた大友花恋さんの通勤時間は片道2時間で往復4時間だったそう。

通勤時間で勉強していたそうで、電車の中のほうが集中できたんだとか。

体力的にハードだったと想像しますが、お弁当は毎日大友花恋さんが作っていたんですって!

大友花恋さんは頭脳明晰であるとともに、女子力も高かったんですね。




大友花恋の出身中学校

高崎市立吉井中央中学校

大友花恋さんは2012年4月に高崎市立吉井中央中学校へ入学し、2015年3月に卒業しています。

学校名高崎市立吉井中央中学校
偏差値
入試難度
所在地〒370-2132
群馬県高崎市吉井町吉井581
最寄り駅吉井駅(上信電鉄)
公式HPhttp://swa.city.takasaki.gunma.jp/yoshiichuou_chu/

大友花恋さんが吉井中央中学校出身であることは吉井町出身であるというつぶやきがあることと、同校の制服を着た卒業式画像があることから間違いありません。

【大友花恋の中学卒業式】

大友花恋 卒業式 中学校

(※大友花恋公式ブログより)

【吉井中央中学校の制服参考画像】

吉井中央中学校制服参考画像

大友花恋の中学時代は学年4位!

大友花恋さんは成績優秀で、学年テスト4位を取ったこともあるんですよ。

更には学級委員長を務めていたそうで、みんなをまとめるリーダーシップも持ち合わせていたんですね。

読書が大好きで特に湊かなえさんの作品にハマっていたようですが、活字をたくさん読む人は国語力が上がって成績が良くなるのかもしれませんね。

大友花恋の出身小学校

高崎市立吉井小学校

大友花恋さんは2006年4月に高崎市立吉井小学校へ入学し、2012年3月に卒業しています。

学校名高崎市立吉井小学校
所在地〒370-2132
群馬県高崎市吉井町吉井235−1
最寄り駅吉井駅(上信電鉄)
公式HPhttp://swa.city.takasaki.gunma.jp/yoshii_sho/

大友花恋さんが吉井小学校出身であることは、実家が牛乳店を経営していると公表していることと吉井中央中学校の学区内にある牛乳店が1件しかないこと、吉井小学校の学区から間違いありません。

大友花恋 セブンティーン

【グーグルマップ】

高崎市 グーグルマップ

大友花恋のチャンスは1度きり

大友花恋さんは小学5年生から読者モデルをしていましたが、6年生になって読者モデルでは物足りなくなって母親に芸能事務所に入りたいと願ったんだそう。

大友花恋 大澤花恋

読者モデルのころは、『大澤花恋』で活動していました。

母親は『研音』だったら許可してもいいとオーディションを受けさせてくれたのですが、「チャンスは1度だけで研音がダメだったらあきらめようね。」と言われていたんですって!

大友花恋さんは見事チャンスを掴み、芸能界入りを果たしました。

母親は合格通知が着たときに居ても立っても居られず、学校にまで報告してくれたんですよ。

母親もめちゃくちゃ嬉しかったのでしょうね。

大友花恋の出身幼稚園

大友花恋さんは2003年4月に吉井幼稚園へ入園し、2006年3月に卒園しています。

大友花恋さんの出身幼稚園は明らかになっていませんが、実家から近い幼稚園に通っていたと仮定すると、下記の幼稚園に通っていた可能性があります。

  • 高崎市立吉井幼稚園
  • 高崎市立吉井西幼稚園

吉井幼稚園の方がより大澤乳業に近いので、吉井幼稚園に通っていた可能性が高いですね。

大友花恋の幼稚園時代からモデル志望

大友花恋さんは当時テレビに出ていたモデルさんの表情を見て楽しそうだと感じ、自分もなりたいと思っていたんだとか。

3~5歳でモデルが楽しそうだと分かるなどとは、精神の成長が早いです。

初恋は幼稚園時代でよく話す男の子を追いかけていたそうで、おませさんでありながらも積極的な女の子だったんですね。

幼少期の画像をみると、可愛いの言葉しか見つかりません。

大友花恋 幼少期

大友花恋 幼少期

大友花恋の学歴一覧・出身地詳細

大友花恋

【未確定】幼稚園
入園年月2003年4月
卒園年月2006年3月
高崎市立吉井小学校
入学年月2006年4月
卒業年月2012年3月
高崎市立吉井中央中学校
偏差値入試難度
入学年月2012年4月
卒業年月2015年3月
高崎市立高崎経済大学附属高等学校・普通科
偏差値60入試難度
入学年月2015年4月
卒業年月2018年3月
大学【進学せず】
偏差値入試難度
入学年月
卒業年月

ここまで大友花恋さんの学歴について見てきましたが、実家が大澤乳業であることから出身地は高崎市吉井でした。

高崎市吉井は多胡碑記念館で有名なので大友花恋さんは歴史に思いを馳せながら散歩をしていたのかも?

大友花恋さんは往復4時間をかけて東京に通いながら高校を卒業しました。がんばり屋さんの大友花恋さんはこれから大成していくことでしょう。