YOSHIKI

X JAPANのドラマー兼ピアニストであり、作曲家や音楽プロデューサーなど多彩な才能を持ち合わせるYOSHIKIさんですが、どんな学生だったのでしょうか?

そんな彼の出身校や偏差値などの経歴情報と共に、卒アル画像や芸能界へデビューしたキッカケをご紹介します!

2人兄弟の長男として育ったYOSHIKIさんはどこの学校を卒業したのでしょうか?

家族構成などのプライベートな情報とともに見てきましょう!

YOSHIKIのプロフィール

YOSHIKI

芸名:YOSHIKI(よしき)
別名:白鳥瞳・五十嵐美由姫・白鳥龍MacDonald Douglas・橘朋実白鳥麗・立花香流(作詞家)

本名:林 佳樹(はやしよしき)
愛称:よっちゃん

生年月日(星座):1965年11月20日(さそり座)
血液型:B型
出身地:千葉県館山市

所属:ジャパンミュージックエージェンシー・
YSKエンタテイメント・ウィリアム・モリス・エンデヴァー

職業・ジャンル:歌手・作曲家・プロデューサー
活動期間:1977年~

趣味・特技:水泳
SNS:ツイッターフェイスブックインスタグラム
家族:弟・未婚

<主な出演作品・実績>

  • 1989年『日本有線大賞・最優秀新人賞』、『全日本有線放送大賞・最優秀新人賞』、『第4回日本ゴールドディスク大賞・最優秀新人賞』
  • 1996年7月8日リリース『FOREVER LOVE』CDオリコンランキング1位
  • 2018年公演ロックフェス『Coachella 2018』
    ほか

YOSHIKIの経歴~デビューのキッカケ~

YOSHIKIさんはToshlさんとバンドを組んだことがキッカケで1985年6月『Dada Records』に入所しデビューしました。

9歳からピアノで作曲していたYOSHIKIさんは11歳のときに『KISS(キッス)』に魅了され、同じ年に幼馴染のToshlさんとロックバンド『DYNAMITE』を結成しました。

→Toshlの出身校や偏差値は?丸坊主な卒アル画像と意外なデビューのキッカケ!

その後、中学生で『NOISE』と改称し、高校生まで卒業生を送る会『予餞会』などでレッド・ツェッペリンなどのカバー曲を披露していました。

高校2年生の時にバンドを再編成し『X』が誕生。 これが将来の『X JAPAN』になっていきます。

歌手としてのデビュー作は、1985年6月15日リリース『I’LL KILL YOU』でした。

YOSHIKI X-JAPAN I'LL-KILL-YOU

画像中央が当時20歳のYOSHIKIさんですが、当時からカッコイイですね。

翌年の1986年、『X』を売り出すためにYOSHIKIさん自らインディーズレーベル『株式会社エクスタシーレコード』を設立しました。

高校卒業した時は音楽業界のことを右も左も知らない状態で東京に上京してきているにもかかわらず、わずか2年ほどでレーベル会社を立ち上げたことは凄すぎますよね。

1988年4月14日にファーストアルバム『Vanishing Vision』を発表したことでメジャーデビューを果たしました。

YOSHIKI X-JAPAN セカンド・アルバム Vanishing-vision

初登場オリコン6位を記録する異例のデビューを飾ったんですよ。

それから4年後の1992年8月24日にアメリカで記者会見をして世界進出を果たすのですが、『X』の名前はすでに使われていたため、『X JAPAN』に改称しました。

世界にも進出していましたが、1997年Toshlさんが”音楽性の違いを理由に脱退するのと同時にX JAPANは解散。

人気バンドの解散は大きく話題になりましたが、その10年後にToshlさんが復帰したことで2007年10月18日に『X JAPAN』が再結成されます。

X JAPANにToshlさん以外の人は考えられなかったのですね。

1991年から小室哲哉さんと新ユニット『V2』を結成。

YOSHIKI 小室哲哉 V2

現在もディナーショーを勢力的にこなしています。

YOSHIKIの家族構成

YOSHIKIさんには弟がいますが、どんな人なのでしょうか?両親の情報とともに見ていきましょう!

YOSHIKIの父親

YOSHIKI 父親

名前:林(名前不明)
生年月日:1942年(月日不明)

プロのタップダンサーでジャズピアノを弾きこなす父親でしたが、実家の呉服店を継いでからは店の経営に悩んでいたとの情報があがってきています。

父親はYOSHIKIさんにはとても優しくて、どんな悪戯にも笑顔だったんですって!

”僕が父親のレコードを何百枚も家の2階から庭に投げまくったんです。割れる爽快感が楽しくてね。その時も父は笑ってました。一言も怒られたことなはかったですね。その経験でものを壊すのを悪いと思わなくなったのかな(笑)。”
引用元:【インタビューYOSHIKIが語った抜け殻の2年間―(女性自身)】

また、4歳でピアノを誕生日に買ってもらったことを皮切りに、毎年楽器を買ってくれた父親でした。

10歳の誕生日はトランペットを買ってくれましたが、1976年8月に自ら命を絶ってしまいました。

呉服店の経営で悩んでいたのが理由とされていますが、真相は明らかにされていません。

慎んでお悔やみ申し上げます。

YOSHIKIの母親

YOSHIKI 母親

名前:林(名前不明)
生年月日:不明

皇室主催『春の園遊会』に出席した時の画像ですが、上品な方ですよね。

実は、YOSHIKIさんとツーショットで写っているんです。

YOSHIKI 春の園遊会

三味線が上手だという情報が入ってきています。

父親が他界してから女手一つで子どもを育てるには強靭な精神が必要だったでしょう。

しかもYOSHIKIさんは体が弱かったたと言いますから、家事と仕事と看病で三味線を触る時間はなかなか取れなかったのではないかと思います。

ちなみに、YOSHIKIさんは父親が23歳の時の子供でした。

YOSHIKIの弟

YOSHIKI 弟 林光樹

名前:林光樹(はやしこうき)
生年月日:1970年7月22日

1993年4月ドラマ『ダブル・キッチン』や1993年7月ドラマ『誰にも言えない』など数々のドラマに出演していた元俳優ですが、現在はYOSHIKIさんのマネージャーをしています。

海外に住んでいるYOSHIKIさんの日本でのマネージメントですが、肉親がマネージャーをしてくれたら安心できますよね。

2003年にNHK『おかあさんといっしょ』の体操のお姉さん『松野ちか』さんと結婚しました。

YOSHIKI 弟 林光樹 嫁 松野ちか

可愛らしい人と結婚されたんですね。

YOSHIKIの出身校と偏差値

YOSHIKIさんはどんな学生だったのでしょうか?通っていた小学校や中学校、高校や大学はどこなのか、偏差値の情報もあわせてご紹介します!

YOSHIKIの大学と偏差値

YOSHIKIさんは大学に進学していません。

音楽大学を受験するべく準備を進めていましたが、Toshlさんが東京進出する話を聞いて、受験をせずに一緒に行くことにしました。

YOSHIKIの高校と偏差値

YOSHIKI 卒アル 高校生

YOSHIKIさんは千葉県立安房高等学校(偏差値:58.0 難易度:中)1981年4月に入学し、1984年3月に卒業しています。

【高校の住所】
〒294-0047
千葉県館山市八幡385番地

リーゼントがきまってますね!肝が座ったような目をしています。

高校の頃は反抗期と父親のトラウマが重なって、入学式には髪を真っ赤に染め、膝まである学ランを着用して入学式に出席したとのこと。

入学してからは当然のことながら目立つ存在で、周りから不良と言われていたのですが、勉強はよくできていたので『成績優秀な不良』と呼ばれていたんですよ。

YOSHIKI 高校生

高校3年生の時に千葉で開催されたヤマハ主催のアマチュアのバンド・コンテスト『EastWest』で”ベスト・ドラマー賞を受賞した実績があります。

ヤンキーな見た目とは裏腹に、高成績でドラムの実力もあるなんてギャップの塊のような高校生だったんでしょう。

YOSHIKIの中学校

YOSHIKI 卒アル 中学生

YOSHIKIさんは館山市立第二中学校1978年4月に入学し、1980年4月に館山市立第三中学校開校すると共に移動、1981年3月に卒業しています。

【中学校の住所】
〒294-0045
千葉県館山市北条1452

ショートカットのヘアスタイルですが、ロックな感じがしますね。

館山市立第三中学校は1980年4月に新設された学校で、生徒数の多かった館山市立第二中学校の北条地区と、館野・九重地区を校区としていた館山市立第四中学校とを統合しました。

YOSHIKIさんは、中学生にして大きな夢を持っていました。

”中学で『夢はロックスター』と言ったら先生に『真面目に考えろ!』って殴られました。でも、そのことで生まれた反抗心からロックスターの夢がかなったんですからね。人生って不思議ですね・・”
引用元:【インタビューYOSHIKIが語った抜け殻の2年間(女性自身)】

当時は先生に殴られても体罰問題にならない時代だったとは言え、殴られた上に夢を持つように導いてくれるはずの人から夢を壊すような発言を受けていたとは驚きですね。

部活はブラスバンド部で父親が買ってくれたトランペットを吹いていたんですよ。しかも、サッカー部と兼部していたんです。

学校以外では、Toshlさんと組んでいたバンドを『NOISE』に改め、14歳の誕生日には母親に頼んでダブルベースのドラムセットを買ってもらいました。

学校の勉強とトランペットとサッカーとドラムを毎日こなすには、スケジュール管理も上手なのでしょうね。

YOSHIKIの小学校

YOSHIKI 小学生

YOSHIKIさんは館山市立条小学校1972年4月に入学し、1978年3月に卒業しています。

【小学校の住所】
〒294-0045
千葉県館山市北条456

伏目がちのYOSHIKIさんとは打って変わって、ぱっちりおめめですね。

9歳からピアノで作曲していたYOSHIKIさんはクラッシック音楽しか聞いたことがなかったのですが、父親が他界してからロックにも興味を持ちはじめました。

アメリカのハードロックバンド『KISS(キッス)』が1977年4月1日~4日(東京公演)に開催した『ロックンロール・オーバー・ツアー』の日本武道館公演を見たことをきっかけに 11歳でドラムをはじめます。

YOSHIKI 11歳

12歳でギターも始めていますがうまく弾くことができず、すぐに諦めてしまったとのこと。 才能の塊の様なYOSHIKIさんでも向き不向きがあるんですね。

YOSHIKIの幼稚園

YOSHIKI 幼稚園

YOSHIKIさんは館山市立北条幼稚園1970年4月までには入園し、1972年3月に卒園しています。

【幼稚園の住所】
〒294-0045
千葉県館山市北条402-2

YOSHIKIさんは耳が大きいんですね!音がよく聞こえそうです。

幼い頃は小児喘息を患い入退院を繰り返していました。母親はちゃんと大きくなってくれるか心配で仕方なかったんだとか。

YOSHIKI 幼稚園

母親は着物を着ていますが、ピクニックのような荷物が写っているので、どんな状況なのか気になりますね。

YOSHIKIさんの特技は水泳となっていますが、喘息を治そうと母親が習わせたのかも知れませんね。

生涯の友になるToshlさんとは同じすみれ組だったんですよ。

YOSHIKIさんは、自分の夢のためにいろんな楽器を極め、先生に殴られてもめげることなく、大学進学もとりやめて突き進みました。

日本人のロックバンドが世界で活躍したことはまさに偉業ですよね! これからも伝説を残し続けていくでしょう。