青木さやか

青木さやかさんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!卒アル画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

不良の欠席届を代筆した代わりにカツアゲされたお金を取り返してもらっていたことやあだ名がウォーズマンだったことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

青木さやかの出身大学

名古屋学院大学

青木さやかさんは1991年4月に名古屋学院大学・外国語学部・中国語学科へ入学し、1995年3月に卒業しています。

学校名名古屋学院大学
学部・学科外国語学部・中国語学科
偏差値50.0
入試難度
所在地〒456-8612
愛知県名古屋市熱田区熱田西町1-25
最寄り駅日比野駅(名古屋市営地下鉄名港線)
公式HPhttps://www.ngu.jp

青木さやかさんが名古屋学院大学外国語学部中国語学科出身であることは、同校の卒業生インタビューページに掲載されていることから間違いありません。

❝名古屋学院大学外国語学部中国語学科を卒業。❞
引用元:【卒業生が語る:青木 さやか(名古屋学院大学HP)】

寄せられたコメントにより、1992年入学という情報を引き続き調査していきます。

同校の創立50周年を記念して❝カレッジソング❞を作成しているのですが、青木さやかさんは歌詞を担当しているんですよ。

思星館の食堂や麦粒苑によく出没していたそうで、キャンパスライフを謳歌していたんですね。

【思星館と麦粒苑】

名古屋学院大学 思星館 麦粒苑

(※画像上から思星館、麦粒苑)

青木さやかはアナウンサー志望だった!

青木さやかさんは大学時代、放送文化研究会のアナウンス部に所属。

はじめは友達に誘われてアナウンス部に入りましたが、そこでの活動を通してどんどんアナウンサーという職に惹かれ始めたんですよ。

❝ある日、サークルの後輩に「先輩、アナウンサーになればいいじゃないですか!」って言われたんです。その時から話すことは大好きで、「好きなことが仕事になったら素敵だな」と思っていたので、「それ、いいかもしれない!」って、自分の中で少し未来が見えたんです。アナウンサーやタレント、芸能界に興味を持ったのは、放送文化研究会の活動のおかげかもしれないですね。❞
引用元:【卒業生が語る:青木 さやか(名古屋学院大学HP)】

意気揚々と大学4年生の時にアナウンサー試験に挑戦するも、全滅してしまうんです…。

なんとか芸能事務所・ナゴヤタレントビューローに所属することができ、イベントの司会や岐阜放送の仕事をしていたんだそう。

その後ワタナベエンターテインメントに所属し、エンタの神様などで活躍できるまでに8年間は下積み時代相当きつかったんだとか。

あきらめずに継続したからこそ今の青木さやかさんがあるんですね。

成人式の時の画像をみると、アナウンサーでも十分通用できる美しさです。

青木さやか 成人式

青木さやかの出身高校

愛知県立瀬戸高等学校

青木さやかさんは1988年4月に愛知県立瀬戸高等学校・普通科へ入学し、1991年3月に卒業しています。

学校名愛知県立瀬戸高等学校
学科・コース普通科
偏差値43.0
入試難度
所在地〒489-0988
愛知県瀬戸市東山町1-5
最寄り駅水野駅(名古屋市営地下鉄瀬戸線)
公式HPhttps://seto-h.aichi-c.ed.jp/index.html

青木さやかさんが愛知県立瀬戸高等学校出身であることは、株式会社イトクロが運営する『みんなの高校情報』に掲載されていることから間違いありません。

青木さやか みんなの高校情報

青木さやかは高校でグレた!

青木さやかさんは両親共に学校の先生だったので、厳しい教育のなか育てられました。

優等生でいた青木さやかさんですが、両親の離婚をきっかけに母親に反抗するようになったんだそう。

❝母が嫌いになったのは、教員だった両親が離婚した高校時代。母は周りから尊敬されていましたが、「娘の私は幼いころから褒められた記憶がなく、指導や注意を受けてばかりでした」。❞
引用元:【憎んだ母の手に触れるまで 青木さやかさん、最期の和解(朝日新聞DIGITAL)】

実際、学校では成績優秀だったのにも関わらず全く褒めてもらえないなんて、誰でも挫けてしまいますよね。

母親が「仕事は公務員がいい」という言葉を聞いて、絶対に公務員にはならないと心に決めたんだとか。

グレるとヤンキーになりそうですが、青木さやかさんは勉強をし続けて大学に進学していることを考えると理性で判断できる人なのでしょう。

高校の卒業アルバム画像ですが、かなりの短髪でボーイッシュな雰囲気ですね。

青木さやか 卒アル 高校

実は東京の美容院に行った際に、一番流行っている髪形で頼んだところ刈り上げにされてしまったんですって!

❝東京の美容院に行って、見たこともないような髪形をしている男の人に、思いきって『いちばんはやっている髪形にしてください』って頼むと、KARIAGEに。❞
引用元:【青木さやか語る「林真理子さん『ルンルン~』で感じた東京」(女性自身)】

見たこともない髪型をしてる人にとっての流行りだったのかもしれませんね…。

青木さやかの出身中学校

尾張旭市立旭中学校

青木さやかさんは1985年4月に尾張旭市立旭中学校へ入学し、1988年3月に卒業しています。

学校名尾張旭市立旭中学校
偏差値
入試難度
所在地〒488-0818
愛知県尾張旭市向町2-4-2
最寄り駅尾張旭駅(名古屋鉄道瀬戸線)
公式HPhttps://www.owariasahi.ed.jp/asahi-j/

青木さやかさんが尾張旭市立旭中学校出身であることは、愛知県尾張旭市企画部情報課が発行している『広報おわりあさひ』に同校に進学したと掲載されていることから間違いありません。

❝ふたば幼稚園に通い、城山小学校、旭中学校に進学いたしました。 ❞
引用元:【市制50周年PR大使からのメッセージ 青木さやかさん(広報おわりあさひ)】

青木さやかは不良の代筆でカツアゲ返金!

青木さやかさんが通っていた中学校は、毎日ガラスが割れていたり、他校の生徒が攻めてきたりと、当時のドラマさながらの❝荒れた中学校❞だったそう。

不良生徒からいじめられていたのかと思いきや、上手に付き合って恩恵を受けていたんですよ。

❝私は字がすごくうまかったものだから、不良のコたちに、まるで親が書いたような体育の欠席届とかを、代筆してあげてたんです。おかげで、カツアゲされたお金を取り返してもらったりしました」 ❞
引用元:【青木さやか 林真理子『ルンルン~』を手にした80年代の思い出(女性自身)】

中学生で不良生徒と共生関係を築けていたとは、青木さやかさんの地頭の良さがわかりますね。

青木さやかの出身小学校

尾張旭市立城山小学校

青木さやかさんは1979年4月に尾張旭市立城山小学校へ入学し、1985年3月に卒業しています。

学校名尾張旭市立城山小学校
所在地〒488-0884
愛知県尾張旭市城山町城山13-1
最寄り駅尾張旭駅(名古屋鉄道瀬戸線)
公式HPhttps://www.owariasahi.ed.jp/siroyama-e/

青木さやかさんが尾張旭市立城山小学校出身であることは、中学と同様『広報おわりあさひ』に掲載されていることから間違いありません。

青木さやかのあだ名はウォーズマン!

ヘルメットのような髪型だった青木さやかさんはウォーズマンと呼ばれていたんですよ!

青木さやか ウォーズマン

小学生のあだ名の付け方はディスっていることが多いので残酷だなと感じますが、青木さやかさんの場合はドンピシャですね…。

全科目において成績優秀だった青木さやかさんが羨ましくてイジったのかもしれません。

勉強だけでなく、習い事は3歳から続けているピアノに加えて、書道、水泳、体操とたくさん掛け持ちしていたんですよ。

とは言え一度聞いてしまうと、赤いドレスを着てピアノの前に座っていてもウォーズマンが演奏しているようにしか見えません。

青木さやか 小学生時代

ちなみに小学生の頃までNHKしか見れなかったんですよ!

母親は小学校の校長先生まで務めていたので、聖職者の子供として厳しく育てられたんですね。

青木さやかの出身幼稚園

青木さやかさんはふたば幼稚園へ入園し、1979年3月に卒園しています。

青木さやかさんがふたば幼稚園出身であることは、中学と同様『広報おわりあさひ』に同園出身と掲載されていることから間違いありません。

しかし現在、尾張旭市にふたば幼稚園がないことから、廃園または統合された可能性があります。

引き続き調査していき、新しい情報が入りましたら追記します。

青木さやかは母親が絶対!

青木さやかさんの母親はいい大学を出て、教師になって、若くて、綺麗で、字も美しかったそうで、自他ともに認める理想の女性でした。

母親は誰にとっても一番大きな存在ですが、青木さやかさんにとっては絶対君主的に膨れ上がっていたことでしょう。

ピアノに関しても母親の教育は厳しく、曲が弾けるようになっても褒められることはなかったんですよ。

❝ピアノで『エリーゼのために』が弾けるようになった。報告すると“それはもう昨年、○○ちゃんが弾いていたよね”とか。 ❞
引用元:【青木さやかが離婚を経て“生き直し”を決意した理由「娘を褒めることが難しかったの」(週刊女性PRIME)】

母親に甘えたい時期に認められようとして頑張っている幼少期を想像すると切ない気持ちになりますね。

当時の画像をみると、きっとカメラを構えている母親に何かをうったえたいのかと感じるような凛々しい眉毛です。

青木さやか 幼少期

更に幼い青木さやかさんを見ると、生まれたときから目がぱっちりとしていたんですね。

青木さやか 幼少期

青木さやかの学歴一覧・出身地詳細

青木さやか

ふたば幼稚園
入園年月調査中
卒園年月1979年3月
尾張旭市立城山小学校
入学年月1979年4月
卒業年月1985年3月
尾張旭市立旭中学校
偏差値入試難度
入学年月1985年4月
卒業年月1988年3月
愛知県立瀬戸高等学校・普通科
偏差値43.0入試難度
入学年月1988年4月
卒業年月1991年3月
名古屋学院大学・外国語学部中国語学科
偏差値50.0入試難度
入学年月1991年4月
卒業年月1995年3月

ここまで青木さやかさんの学歴について見てきましたが、出身小学校が尾張旭市立城山小学校ということから出身地は尾張旭市でしょう。

尾張旭市は城山公園で有名なので、青木さやかさんも城山公園で花見をしたり、お祭りに行ったり、広い公園で遊んで過ごしたのかも?

芸人という職業は、母親が嫌がる職業をあえて選んだそうですが、もともと真面目な性格の青木さやかさんだからこそ、日本中の誰もが知る芸人にまでなれたのでしょう。

またシングルマザーとしても頑張っている青木さやかさんの今後の活躍に期待ですね。