末吉9太郎

アイドルオタク動画でバズりながら本人もアイドルである末吉9太郎さんの高校・大学をはじめとする全学歴・偏差値を徹底解説!学生時代のエピソードと主な経歴、実家や家族構成を含めた生い立ちに迫ります!

8年間で100回以上オーディションを落ち続けていたことや恋愛禁止を課していた?

末吉9太郎の学歴・経歴一覧

まずは末吉9太郎さんの学歴と主な経歴を年表形式で紹介します!

ふりがな すえよしきゅうたろう 末吉9太郎
氏名

本名
末吉9太郎本名非公開
生年月日 199328日生 28
出身 千葉県木更津市
身長 168cm  血液型 B型
最終学歴 大卒 昭和音楽大学・音楽学部・音楽芸術表現学科・ポピュラー音楽コース
年齢 学歴・経歴
1993 千葉県木更津市生まれ
1999 小学校入学
2005 12 小学校卒業
    中学校入学
    ハロプロに入れないことを知る…。
2006 14 オーディションを受け始める
2009  15 中学校卒業
拓殖大学紅陵高等学校・普通科入学
2012 18 拓殖大学紅陵高等学校・普通科卒業
昭和音楽大学・音楽学部・音楽芸術表現学科・ポピュラー音楽コース入学
2013 20 ブログ開設
 2014 21 つばさレコーズオーディション合格
2015 22 アイドルユニット『CUBERS』結成
2016 22 昭和音楽大学・音楽学部・音楽芸術表現学科・ポピュラー音楽コース卒業
2019 26 CUBERSメジャーデビュー
バラエティ初出演『TiARY TV かまってちゃん』
  初舞台『男子はつらくないよ??』
  You Tube開設『9太郎の9ちゃん動画』
2020 27 リーダー就任

(※緑文字:学歴 赤文字:印象的な事柄

千葉県木更津市出身の末吉9太郎さん。両親の情報は明らかになっていないので一般人のようですね。

末吉9太郎さんはブログやTwitterなどで発言していますが、兄弟のことに触れていないので一人っ子の可能性が高いでしょう。

一般的な家庭に生まれ、3人家族として育った末吉9太郎さん。本名を公表していません。

末吉9太郎さんの本名が『末吉秀太』さんであるという噂が流れましたが、末吉秀太さんは長崎県佐世保市出身のダンサー・歌手なので違いますね。

末吉秀太

末吉9太郎さんの持ちネタに「それなー」がありますが、末吉秀太さんの曲に『SO-RE-NA』があったことで間違われてしまったのでしょう。

『末吉9太郎』という芸名はインディーズデビューする1週間前に突如決めたれた芸名だったことを話しています。自分だけ名字もあり、数字が入っていて鬼ヤバだと感じたんだそう。

他にも『セバスチャン』などの変わった芸名ばかりだったんだとか…。

今ではファンの方に『9ちゃん』と呼ばれていたり、エゴサーチするときにヒットしやすい芸名で、末吉9太郎さん本人も気に入っているそうです。

また末吉9太郎という芸名は本名に近しいところもあると話しています。本名に近しい芸名が末吉9太郎というのはかなり興味深いですよね!

そんな末吉9太郎さんはどんな学生生活を送っていたのでしょうか?当時のエピソードや画像などを現在からさかのぼりながら見ていきましょう!

末吉9太郎の出身大学(偏差値・評判・学費)

末吉9太郎さんは2012年4月に昭和音楽大学・音楽学部・音楽芸術表現学科・ポピュラー音楽コースへ入学し、2016年3月に卒業しています。

学校名 昭和音楽大学
学部・学科 音楽学部・音楽芸術表現学科・ポピュラー音楽コース
偏差値/難度 46/低
所在地 〒215-8558
神奈川県川崎市麻生区上麻生1丁目11−1
最寄駅 百合ヶ丘駅(小田急線)
学費 初年度:228万円

末吉9太郎さんの出身大学については2016年3月28日発信の自身のブログに音楽大学を卒業したことと学位記が掲載されています。

末吉9太郎 大学時代 卒業

具体的な大学名は書かれていませんが、学位記が昭和音楽大学のものなんですよ。

【昭和音楽大学学位記参考画像】

昭和音楽大学 学位記参考画像

末吉9太郎さんが音楽芸術表現学科・ポピュラー音楽コースを選考したことは、同ブログに❝たくさん歌って、たくさん作曲した❞と書かれていたことから該当するコースです。

昭和音楽大学は1984年に設置された私立の単科大学で、近隣に日本映画大学があるんですよ。

主な卒業生はSUPER☆GiRLSの元メンバー石丸千賀さんや歌手の石橋優子さんがいます。

末吉9太郎は大学生時代までに100社以上!?

末吉9太郎 大学時代

末吉9太郎さんは大学2年生で合格するまで100社以上もオーディションを受け続けていたんですよ。

同じオーディションも審査員が変われば合格するかもと何度でもチャレンジしたんだとか。

8年間で100回以上も落選し続けたらめげてしまいそうですが、末吉9太郎さんは自分を落とすなんて見る目のない奴だと全然気にしなかったんですって!

当時の末吉9太郎さんができることはブログだと思い付き、観客が0人であっても歌もMCも一人でこなしていたのを芸能事務所に送ったんだそう。

現マネージャーが末吉9太郎さんを人気者だと勘違いしてオーディションに合格したんです!

100回以上落ちても、観客が0であっても自分がアイドルになるしか考えられなかったという末吉9太郎さんのマインドはぶっ飛んでいますね。

末吉9太郎さんが大学3年生の頃にボーイズユニット『CUBERS』のメンバーとしての活動をスタートさせています。

オーディションに選抜された5人のメンバーで構成されている『CUBERS』は正式なグループ名が決定するまで『只今、研修中です。男子』というユニット名で約3ヶ月のプレ活動していました。

2015年10月7日には『CUBERS』のデビューシングル『SHY』を発売を発売しています。

末吉9太郎さんはCUBERSのリーダーを務めていますが、アイドルに対する思い入れが半端ではないからこそ任せられたのでしょう。

末吉9太郎の出身高校(偏差値・評判・学費)

末吉9太郎さんは2009年4月に拓殖大学紅陵高等学校・普通科へ入学し、2012年3月に卒業しています。

学校名 拓殖大学紅陵高等学校
学部・学科 普通科
偏差値/難度 41~57/中
所在地 〒292-0822
千葉県木更津市桜井1403
最寄駅 木更津駅(JR内房線)
学費 初年度:70万円

末吉9太郎さんの出身高校については高校時代の卒アルと木更津駅をよく通っていたという自身のつぶやきから総合的に考えて間違いないでしょう。

末吉9太郎 Twitter

末吉9太郎 卒アル

末吉9太郎 卒アル

【拓殖大学紅陵高等学校の制服参考画像】

拓殖大学紅陵高等学校の制服参考画像

木更津駅周辺で末吉9太郎さんが着ていた制服のブレザーに水色のカッターシャツは拓殖大学紅陵高等学校だけなんですよ。

拓殖大学紅陵高等学校は普通科のみですが、特進コース、進学コース、普通コースに別れていて、末吉9太郎さんがどのコースに通っていたのかは引き続き調査していきます。

1978年に男子校として木更津紅陵高等学校名で開校した同校は1981年に共学化しました。学生寮があり、男子は時習寮、女子はK・G Flatと呼ばれています。

硬式野球部が強く千葉県大会決勝に登場する常連校で、ボクシング部は男女とも全国大会に出場しているんですよ。

1994年には航空宇宙マテリアル部が第18回鳥人間コンテスト人力プロペラ機部門に高校生初で出場しました。

主な卒業生は元プロ野球選手の小川博文さんや飯田哲也さん、漫画家のむぎわらしんたろうさんやミュージシャンの竹原ピストルさんがいます。

末吉9太郎は高校生時代は恋愛禁止!?

末吉9太郎さんは高校時代まだアイドルにはなれていませんでしたが、アイドルは恋愛禁止だと考え自分自身で「恋愛禁止」と掲げていたことを動画『卒アル晒す』で話しています。

これだけ可愛かったにもかかわらず、将来アイドルになったときに過去の不祥事として掘り出されないように用心していたとは徹底ぶりがパネェですね。

一方で体育の球技のチーム分けや修学旅行の班分けなどのとき、末吉9太郎さんは最後の1人まで選ばれることがないなど仲間はずれにされていたんですよ…。

CUBERSでメジャーデビューをするなりLINEでメッセージを送ってきたクラスメイトには、内容を見もせずに削除してブロックしているそうです。

末吉9太郎 Twitter

有名になるなり連絡してきても末吉9太郎さんが腹を立てるのは自然なことですね。




末吉9太郎の出身中学校・小学校

末吉9太郎さんは2006年4月に木更津市内の中学校へ入学し、2009年3月に卒業。2000年4月に木更津市内の小学校へ入学し、2006年3月に卒業しています。

末吉9太郎さんの出身中学校・小学校は明らかになっていません。木更津市出身であることから同市内の小中学校に通っていたと考えられますが、引き続き調査していきます。

末吉9太郎は小中学生時代はハロプロにがく然!?

末吉9太郎 小学生時代

アイドルにどうしてもなりたかった末吉9太郎さん。中学1年生のとき、ハロプロの募集要項に『女性のみ』と記載されていることに気付き、泣く泣く諦めたんだとか…。

末吉9太郎さんは小中学校に友達がいなかったのですが、ハロプロに入ってアイドルになることを心の支えにしてきたんですよ。

祖母にも「お前ならアイドルになれるよ」と言われていた分、落胆が大きかったに違いありません。

そもそもアイドルになりたいと思ったきっかけは、幼稚園の頃に行われたお遊戯会で女の子が披露した『LOVEマシーン』を見たからでした。

男の子は祭りだったのですが、末吉9太郎さんはLONEマシーンが踊りたくて仕方なかったんですって!

小学4年生のときに市原市民会館で後藤真希さんのソロコンサート『ゴー!マッキングGOLD』を見て感無量となり、会場で場を盛り上げているオタクの存在にも感銘したんだそう。

小学校の卒業アルバムにも将来の夢の欄に歌手と記載しているんですよ!

学校ではポムポムプリンの道具箱を気持ち悪いと言われたり、カバンを蹴られたりしても「僕が可愛いから嫉妬しているんだ。可愛い僕はアイドルになるから何て言われようともへっちゃら」と思っていたそう。

帰宅するとモーニング娘のメンバーになった妄想をしてライブを開催していたそうで、まさにアイドルが心の支えだったんですね。

ちなみに、中学時代はテニス部に所属していましたが退部しています。部活でも友だちができなかったからかもしれません。

仲間はずれにされることで登校拒否になる子供が多い中、末吉9太郎さんは自分は別格だから関係ないと思えたのは、表に出てきていない両親や祖父母の愛情に包まれていたからこそでしょう。

両親はアイドルのコンサートは積極的に連れて行ってくれたそうで、末吉9太郎さんの心の支えであることを理解してくれていた証拠ですね。

末吉9太郎の学歴・経歴まとめ

ここまで末吉9太郎さんの学歴と主な経歴について見てきましたが、アイドルでありながらも音大を現役卒業している学識者でした。

男の子なのにハロプロ入ってモーニング娘。になると思い続け、女性のみと知ってからも100回以上オーディションを受け続けていた根性は誰も真似できません。

CUBERSのリーダーに就任し、アイドルのオタクのモノマネを配信して1億回再生を超えバズらせている末吉9太郎さんは一つのブームを作っていくことでしょう。