広瀬香美

冬の女王としてスキーシーズンには欠かせないウィンターソングを歌い、ハイトーンヴォイスに魅了されたファンがたくさんいる広瀬香美さんですが、どんな学生だったのでしょうか?

そんな彼女の出身校や偏差値などの経歴情報と共に、卒アル画像や芸能界へデビューしたキッカケをご紹介します!

ひとりっ子として育った広瀬香美さんはどこの学校を卒業したのでしょうか?

家族構成などのプライベートな情報とともに見てきましょう!

広瀬香美のプロフィール

広瀬香美

本名:石井麻美(いしいまみ)※米光麻美(よねみつまみ)で以前公表されていた
愛称:無し

生年月日(星座):1966年4月12日(おひつじ座)
血液型:O型
出身地:和歌山県生まれ、大阪府門真市を経て福岡県筑紫野市育ち

所属:Muse Endeavor inc.
職業・ジャンル:歌手・作曲家・作詞家・編曲家
活動期間:1992年7月~

趣味・特技:読書・筋トレ・ヨガ
SNS:ツイッターフェイスブックインスタグラム公式サイト
家族:既婚・旦那(大沢たかお)※1999年に結婚、2006年に離婚、2008年10月12日再婚(一般人)子供無し

<主な出演作品・実績>

  • 1993年12月1日リリース『ロマンスの神様』
  • 2013年12月放送 NHK趣味Do楽『誰でも歌はうまくなる!広瀬香美のボーカルレッスンPart 2』
  • 2016年11月2日リリース『25thプレイリスト』
    ほか

広瀬香美の経歴~デビューのキッカケ~

広瀬香美さんはデモテープを作り音楽関係者に手渡したことがキッカケで1992年に『株式会社オフィスサーティー』に入所しデビューしました。

小さいころから音楽漬けの毎日で、クラシックの作曲家になろうと大学に進学しましたが、才能がないと言われてしまいます。

ショックを受けて夏休みに気分転換でロサンゼルスの友達のところに会いに行ったとき、マイケル・ジャクソンのライブを見て人生が変わったんだとか。

マイケル・ジャクソン

それまでに1000曲ほど書き溜めていたクラシックの曲をポップスに編曲してマイケル・ジャクソンに提供したい!と強く願うようになったんです。

マイケル・ジャクソンに少しでも近づくために、彼のヴォイストレーナー『セス・リッグス』のオーディションを受けて合格します。

セス・リッグス

しかし、レッスン代がとても高額でアルバイトだけでは追いつかなくなり、デモテープを作って音楽関係者に渡わたすことにしたのです。

歌手に曲を提供するつもりで渡したデモテープの声がとても良かったため、広瀬香美さん自身が歌手としてデビューすることになりました。

デビューした途端にヒットしましたね!

歌手としてのデビュー作は、1992年7月22日リリースアルバム『Bingo!』でした。

広瀬香美 BINGO

当時25歳だった広瀬香美さんはポップな感じで元気が貰えそうですね。

同年12月2日『愛があれば大丈夫』が1stシングルとしてリリースされました。

広瀬香美 愛があれば大丈夫

同年12月19日公開の映画『病は気から病院へ行こう2』の主題歌としてタイアップしています。

広瀬香美 病院へ行こう2

セス・リッグスのトレーニングを3年間受けましたが、そのトレーニングの成果が広瀬香美さんのブレイクの要因になったのですね。

広瀬香美の家族構成

広瀬香美さんひとりっ子ですが、両親の情報とともに見ていきましょう!

広瀬香美の父親

名前:米光(名前不明)
生年月日:不明

熊本県出身で建設関係の会社に勤務し、和歌山から大阪、福岡と転勤していました。

広瀬香美さんのブログに、父親のギターのことが書かれていたんですよ。

”私の両親は長年ロサンゼルスに暮らしていました。
その頃、父がここロサンゼルスで買ったギター。
母曰く、父はギターのレッスンに通っていたそうです。”
引用元:【父のギター♪(広瀬香美オフィシャルサイトBLOG)】

広瀬香美 父親 ギター

広瀬香美さんがロサンゼルスで一年の半分を暮らしているのは、両親のゆかりのある土地というのも理由の一つなんでしょう。

父親がギター教室を開くほど上手で、その教室で母親との運命の出会いがありました。

広瀬香美の母親

広瀬香美 母親

名前:米光(不明)
生年月日:年不明4月10日あるいは14日

いつも笑顔が耐えない明るい方のようですね。

山梨県甲府市出身で、広瀬香美さんのブログやインスタグラムからはおちゃめな母親なのがうかがえますね。

広瀬香美 母親

ブログに合同誕生会のことが書かれていて、誕生日は2日違いだからいつも一緒にお祝いするんだとか。

広瀬香美 母親 誕生会

美空ひばりさんのように母親と二人三脚でスターへの階段を駆け上がっていった一卵性親子なのかもしれませんね。

広瀬香美の出身校と偏差値

広瀬香美さんはどんな学生だったのでしょうか?通っていた小学校や中学校、高校や大学はどこなのか、偏差値の情報もあわせてご紹介します!

広瀬香美の大学と偏差値

広瀬香美 国立音楽大学

広瀬香美さんは国立音楽大学・音楽学部・音楽文化デザイン学科・音楽創作専修(偏差値:47.0~50.0 難易度:低)1985年4月に入学し、1989年3月に卒業しています。

【大学音楽学部の住所】
〒190-0004
東京都立川市柏町5-5-1

大学に入学して最初の試験は最下位だったんだとか。

先生には「作曲家には向いていない」と言われてしまいましたが、今から考えるとそれはクラシックの作曲家としては向いていなかったということ。

気分転換にロサンゼルスに行ったことが運命を変えたわけですから、ショックな事があってもメゲずに一歩前に進むことが大事だということをですね。

広瀬香美の高校と偏差値

広瀬香美 高校

広瀬香美さんは福岡女学院高等学校・音楽科(偏差値:54.0~61.0 難易度:中)1982年4月に入学し、1985年3月に卒業しています。

【高校の住所】
〒811-1313
福岡県福岡市南区曰佐3丁目42番1号

普段はショートカットの広瀬香美さんがおさげ髪とは新鮮に見えますね!

音楽科の3年生で音楽大学コースを専攻すると週に14時間も音楽の授業がありますが、広瀬香美さんもそれだけ学んでいたんですね。

普通科の学生であれば音楽は選択科目であり、しかも週に1時間程しかないと考えると驚異的な量の音楽を学ぶことになります。

当時は通学中に降りてくるメロディーをその場で書き留めていたんだとか。 才能がある人はよく”降りてくる”といった表現をしますが、広瀬香美さんはまさしくソレですね!

広瀬香美の中学校と偏差値

広瀬香美 福岡女学院中学校

広瀬香美さんは福岡女学院中学校(偏差値:45.0 難易度:低)1979年4月に入学し、1982年3月に卒業しています。

【中学校の住所】
〒811-1313
福岡県福岡市南区曰佐3丁目42番1号

中学の頃は学校に行くのが嫌で、井尻六ツ角交差点の歩道橋の上をトボトボ歩いていたら『愛があれば大丈夫』のメロディが浮かんできたんだそう。

その場で書き留めていたら学校に遅刻したんだとか。傍から見たらちょっと変わっているくらいに音楽漬けだったということですね。

広瀬香美の小学校

広瀬香美 吉木小学校

広瀬香美さんは筑紫野市立吉木小学校1973年4月に入学し、1979年3月に卒業しています。

【小学校の住所】
〒818-0004
福岡県筑紫野市大字吉木2526-2

小学校の情報は広瀬香美さん自身がつぶやいています。

作曲の勉強を5歳から始めていた広瀬香美さんが初めて作曲したのは6歳のときでした。

曲名は『パパとママ』で、2001ー2002年広瀬香美さんのツアーで披露されたんですよ。曲を作ったこともすごいですが、楽譜が残っていることも貴重ですよね。

広瀬香美の幼稚園

広瀬香美 さくら幼稚園

広瀬香美さんはさくら幼稚園1970年4月に入学し、1973年3月に卒業しています。

【保育園・幼稚園の住所】
〒571-0013
大阪府門真市千石東町10-10

幼稚園のこともツイートしています。

母親の意向で4歳からピアノを習い始めましたが、5歳からは和声学(西洋音楽の音楽理論における作曲の学問)も学び始めます。

和声学は大学に入ってから学びはじめる人も多く、わずか5歳にして学ばせるとは母親ははじめから作曲家にさせたかったのでしょう。

広瀬香美さんはシンガーソングライターでしたが、本当に小さいころから作曲を本格的に学んでいました。

クラシックの勉強とロサンゼルスでのトレーニングがあったからこそ大ヒット作品を世に出すことができたのですね。

2018年5月に事務所の移籍問題で『広瀬香美』という芸名の使用をめぐるトラブルが起きていますが、広瀬香美さんは彼女以外にはありえない名前であり、今後の活動においても使っていってほしいなと思います。