深田恭子

奇跡の30代と称され、現在でも魅力たっぷりの深田恭子さんの高校・大学をはじめとする全学歴・偏差値を徹底解説!学生時代のエピソードと主な経歴、実家や家族構成を含めた生い立ちに迫ります!

卒アルと顔が違うのは整形!?

深田恭子の学歴・経歴一覧

まずは深田恭子さんの学歴と主な経歴を年表形式で紹介します!

ふりがな ふかだきょうこ 深田恭子
氏名

本名
深田恭子/※本名同じ
生年月日 198211日生 39
出身 東京都北区
身長 163cm  血液型 O
最終学歴 高卒 堀越高等学校・普通科・トレイトコース
年齢 学歴・経歴
1982 東京都北区生まれ
両親は一般人
1984 水泳を始め、イルカの生まれ変わりと思うくらい大好き
1986 桜輪幼稚園入園
  ピアノを習い始める
  粘土の作品はぎょうざ
1989 桜輪幼稚園卒園
北区立柳田小学校入学
平泳ぎで校内記録
1995 12 北区立柳田小学校卒業
北区立王子中学校(現:北区立王子桜中学校)入学
3回告白するも3回ともフラれた
1996 14 第21回ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリ
1997 15 ドラマ初出演『海峡』
1998 15 北区立王子中学校(現:北区立王子桜中学校)卒業
堀越高等学校・普通科・トレイトコース入学
映画初出演『新宿少年探偵団』
1999 16 ドラマ初主演『鬼の棲家』
    歌手デビュー『最後の果実』
    ピアニストデビュー『Dear…』
2000 17 映画初主演『死者の学園祭』
2001 18 堀越高等学校・普通科・トレイトコース卒業
アイドルユニット「HiP」参加
第24回日本アカデミー賞新人俳優賞
2003 21 日本人女優初『2003春夏パリ・オートクチュールコレクション』出演
2004 22 第59回毎日映画コンクール主演女優賞を最年少受賞
2015 33 舞台初出演&初主演『100万回行きたねこ』
2021 39 適応障害で3ヶ月ほど活動を休止

(※緑文字:学歴 赤文字:印象的な事柄

東京都北区出身の深田恭子さん。父親の名前や職業は一般の方のため公表されていません。深田恭子さんと父親中学生の頃からは一緒に映画に行ったり、小さい頃には交換日記をするほど仲が良いだとか!

深田恭子さんと父親は今でも仲が良く、腕を組んだり、手を繋いで歩くこともあるそうですよ。

母親の名前や職業も公表されていません。深田恭子さんの母親はずっとお喋りしているような人だそうで、深田恭子さん曰く「ずっと喋っててうるさい」んだとか。

ただ両親ともに厳格なタイプの方なんだそうですよ。

しかし深田恭子さんが適応障害で芸能活動を休止していた時には、献身的に深田恭子さんをサポートされていたようです。

深田恭子さんには6歳年下のまりさんという妹がいます。

深田恭子 妹

現在は2児の母となっており、深田恭子さんも甥っ子をとても溺愛しているんだとか!また深田恭子さんとまりさんは毎日のようにテレビ電話するほど仲が良いものの、深田恭子さんとは性格的に真逆なんだそうですよ。

まりさんは意思が強く、決めたら突っ走って行くようなタイプだと深田恭子さんは話しています。

普通な家庭に生まれ、4人家族として育った深田恭子さん。

2歳からスイミングを始めており、現在でもサーフィンなど行なっており運動神経抜群ですよね。

そんな深田恭子さんはどんな学生生活を送っていたのでしょうか?当時のエピソードや画像などを現在からさかのぼりながら見ていきましょう!

深田恭子の出身大学

深田恭子さんは大学に進学していません。

大学に進学したという報道がなされていないということ、大学時代にあたる2001年から2005年はドラマや映画に出演し、芸能活動に専念したことから大学には進学しませんでした。

深田恭子さんが出演したドラマは20本以上。

2001年7月放送の『ファイティングガール』主演・吉田小夜子役や2002年10月放送の『リモート』主演・彩木くるみ役、2004年1月放送の『彼女が死んじゃった。』主演・古森灯役などほとんどが主演やヒロイン役ばかりでした。

【ファイティングガール】

深田恭子 ドラマ ファイティングガール

【リモート】

深田恭子 ドラマ リモート

【彼女が死んじゃった。】

深田恭子 ドラマ 彼女が死んじゃった。

映画には2004年5月公開『下妻物語』 主演・竜ヶ崎桃子 役など5本に出演。

【下妻物語】

深田恭子 映画 下妻物語

ロリータファッションがあまりにも似合っており、この作品を機に深田恭子さんはロリータ雑誌の表紙なども務めるようになりましたよね。

深田恭子さんはこの作品を見返した時に自分自身があまりにもいい笑顔をしていたことに驚いたそうです。またこの作品で深田恭子さんは学生時代に送ることができなかった青春を感じることが出来たと話しています。

【コーセー】深田恭子 CM コーセー

【メナード】

深田恭子 CM メナード

深田恭子さんが大学に進学していたら、人だかりで授業にならなかった可能性もありますよね。

深田恭子の出身高校

深田恭子さんは1998年4月に堀越高等学校・普通科・トレイトコースへ入学し、2001年3月に卒業しています。

学校名 堀越高等学校
学部・学科 普通科・トレイトコース
偏差値/難度 38/低
所在地 〒164-0011
東京都中野区中央2-56-2
最寄駅 中野坂上駅(都営大江戸線)
学費 初年度:100万円

深田恭子さんが堀越高校出身であることは、同校の卒業式の様子がテレビで放送されたことから間違いありません。

深田恭子 堀越高校 卒業式

堀越高等学校 卒業式

深田恭子 堀越高校 卒業式

 

感極まって泣く姿を見ると、芸能活動との両立に苦労したんだろうなと想像してしまいますね。

堀越高等学校の主な卒業生は下記のとおりです。

    • 加藤あい(女優)
    • 上良早紀(女優)
    • 藤原竜也(俳優)
    • 塚本高史(俳優)

深田恭子は高校生時代に加藤あいを溺愛していた!?

深田恭子さんは同じ堀越高校に通っていた女優の加藤あいさんと親友になり、入学式から手を繋いで学校に登校したという逸話もあります。

また深田恭子さんは加藤あいさんのことが大切すぎて嫌いなタイプについてインタビューで質問された際には「加藤あいちゃんに近づく人」と発言するほどでした。

卒業式でも深田恭子さんと加藤あいさんは仲良くツーショットで写っています。

深田恭子 加藤あい

すでに芸能活動で大忙しだった深田恭子さんは学生らしい青春を送ることができなかったそうです。

また深田恭子さんが高校1年生のとき、ドラマ「神様、もう少しだけ」でヒロインに大抜擢されました。

深田恭子 ドラマ 神様、もう少しだけ

ドラマで深田恭子さんはHIVに感染した女子高生の真生を演じました。深田恭子さんを一躍ブレイクさせた作品ですが、当時15歳だった深田恭子さんにとっては重すぎるストーリーだったことから当時の記憶はあまりないんだとか。

本人曰く「記憶の扉を普段は閉じている」と話しています。

ただこの作品で深田恭子さんは数多くのことを学んだ現場だったと話しており、これまでの人生の中で一番怒られた現場だったそうですよ。

当時の助監督さんに「代わりはいくらでもいる」と言われた言葉が忘れられないんだとか。深田恭子さんは「だったら別の人がやればいい」と当時は思っていたそうですが、その言葉のおかげで「代わりがいる中でも自分に役を与えてくれた」ことを大事に感じるようになったんだそう。

この作品の後、深田恭子さんが1999年(17歳)の時に出演したドラマ「鬼の棲家」ではドラマ初主演を務めています。

深田恭子 ドラマ 鬼の棲家

同年には堂本剛さん主演のドラマ「to Heart~恋して死にたい~」で、ヒロインの三浦透子を演じました。

深田恭子 ドラマ to-heart

この作品で深田恭子さんは初めて明るい女の子を演じ、現場でも明るい気持ちで臨めるようになったと言います。この作品で自分自身が役に引っ張られるタイプだと気付いたんだそうですよ。

また1998年、16歳の時にはホリプロスカウトキャラバン出身者中心に組まれたアイドルユニット「HiP」とメンバーとしても活動しています。

深田恭子 Hip

深田恭子さんは高校2年生の夏頃まで「HiP」のメンバーとして活動しました。

また同年にはレコード会社11社が争奪戦をする中「最後の果実」で歌手デビューも果たしています。

深田恭子 最後の果実

2000年、高校3年生の時には映画「死者の学園祭」で映画初主演を務め、日本アカデミー賞を受賞しています。

深田恭子 死者の学園祭

堀越高校の1つ上の学年には女優の安達祐実さんも通学しており、深田恭子さんは学校で安達祐実さんを見かけるたびに感動してしまったんだとか!

安達ゆみ

深田恭子さんの今も高校時代もかわいらしくて魅力的ですが、顔が違うと噂になっているんです。

深田恭子の整顔で昔と今の顔が違う!?

深田恭子さんの卒アル画像があるのですが、すっぴんで写っていることあって、今と顔が違うと言われているんですよ。

深田恭子 卒アル


実際に高校時代と今の画像を比べてみましたが、二重の感じも鼻の高さも変化はないですよね。

深田恭子 昔と今

実際にしたのは“整顔”と言って、整体の顔バージョンである小顔矯正をしたんです。

2011年9月1日放送の『5LDK』で“整顔”の施術を受けたと語っていて、1回で3cm小さくなったんですって!

深田恭子 整顔

整顔前の高校時代と整顔後の今を比べてみました。

深田恭子 昔今

確かに顔の幅が違って小顔になっていますね。どちらにしろ美人であることに変わりはありません。




深田恭子の出身中学校

深田恭子さんは1995年4月に北区立王子中学校(現:北区立王子桜中学校)
へ入学し、1998年3月に卒業しています。

学校名 北区立王子中学校(現:北区立王子桜中学校)
所在地 〒114-0002
東京都北区王子2−7−1
最寄駅 王子駅(JR京浜東北線)

深田恭子さんが王子中学校出身であることは、深田恭子さんが在学中に同学校で生徒会長をしていたとつぶやいている人がいることから間違いありません。

王子中学校は2005年に桜田中学校と統合した公立中学校で、小学校と隣接しています。

主な卒業生は下記の通りです。

  • 荒川務(歌手)
  • 室町大助(俳優)
  • 常幸龍貴之(相撲力士)

深田恭子は中学生時代に3回フラれた!?

深田恭子さんは中学2年生の時に、2年間好きだった男の子に3回告白するも3回ともフラれた経験があるんだとか!

深田恭子 卒アル 中学

バレンタインデーにチョコを渡すも「いらない」と言われてしまったんだそうですよ。深田恭子さんをフルなんて…どんな男の子だったんでしょうね?

また中学時代深田恭子さんは音楽部の部長を務めており、クラリネットとサックスを担当していました。

学校生活では少しの間、いじめを受けた経験もあるんだとか。

深田恭子さんが中学2年生の時には第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRLオーディション」に出場し、約2万人の応募の中からグランプリに選ばれています。

中学2年生にあたる1996年に『第21回ホリプロスカウトキャラバン・PURE GIRLオーディション』に応募し、2万人の中からグランプリを受賞しました。

深田恭子 オーディション

深田恭子さんは歌手の華原朋美さんに憧れていたことから、知人の勧めでオーディションに応募しています。深田恭子さんは歌手になるのが夢だったそうですよ。

グランプリを受賞したときのことは必死すぎてあまり覚えていないんだとか!グランプリに輝いてスポットライトが当てられた瞬間もただ驚いてしまったと話しています。

オーディションへの出場は父親の知り合いが強く進めてくれたんだそう。

2017年11月1日発信の『ザ・テレビジョン』のインタビューによると、テレビと自分は無縁ものであると感じていました。

“テレビの世界は、自分とは懸け離れた“華やかな世界”という印象だったんです。自分がその中に入るなんて、想像したこともなかった。”
引用元:【“あの衣装”は「母校の制服に近い」メーン・ヒロインを数多くこなす深田恭子のデビュー当時と今(ザ・テレビジョン)】

グランプリ受賞後に芸能活動を始めるも、当初は演じることの面白さをなかなか見出すことができなかったんだとか。そのため芝居を「やらされている」ような感覚があったそうです。

しかし芝居の経験を重ねる中で、深田恭子さん自身新しい自分を見つけ出すことができるのが楽しくなってくるようになると、演技をすること、芝居をすることにやりがいを感じられるようになったと話しています。

深田恭子さんの連続テレビドラマデビューはドラマ「FiVE」でした。

深田恭子 FIVE

深田恭子 FIVE

深田恭子さんが演じたのはドラマのキーパーソンとなる早苗という女の子です。ドラマの現場ではともさかりえさんや篠原ともえさんなどメーンの役者がいくつもの現場を掛け持ちしている様子に衝撃を受けたんだそう。

当時はまだ役に感情をのせて芝居することが出来ていなかったため、楽しいという気持ちも持てずに演じていたと話しています。

そのため今後、芝居をすることが自分の仕事になっていく実感も持てず、仕事への向き合い方が子供だったとも話していました。

深田恭子さんは『Get Wild』を聴くと、芸能界に入る前の普通の中学生だった頃を思い出すんだとか!

当時好きだった楽曲に触れたりすると、記憶が蘇ったりしますよね。また普通の中学生だった深田恭子さんが芝居とまだ上手に向き合うことが出来ずにいたというのも驚きです。

2012年8月23日発信の『マイナビニュース』ではオーディションのときのことを語っていて、早く終わってほしいと願っていたんだとか。

“緊張で押しつぶされそうになっちゃって、早く終わってほしいと思っていました(笑)。”
引用元:【深田恭子、目標は「平穏な30代」-ホリプロスカウトキャラバン後に感じた”引き返せない瞬間”(マイナビニュース)】

超難関校であっても倍率2万倍ということはありません。深田恭子さんは2万倍を勝ち抜いてグランプリになったのですから、ある意味東大生よりもスゴイと言えますよね。

グランプリを受賞したときは後に引けなくなったとも語っていて、芸能界で行きていくんだと意気込みを中学2年生にして持っていたのでしょう。

深田恭子の出身小学校

深田恭子さんは1989年4月に北区立柳田小学校へ入学し、1995年3月に卒業しています。

学校名 北区立柳田小学校
所在地 〒114-0003
東京都北区豊島2−11−20
最寄駅 王子駅前駅(都電荒川線)

深田恭子さんが柳田小学校出身であることは、同校出身で後輩は深田恭子さんであるとつぶやいている投稿があることから確かですね。

深田恭子は小学生時代に平泳ぎで校内記録!

深田恭子さんが水泳を始めたのは2歳の頃で、小学校4年生になると選手コースに進んでいます。当時バロセロナオリンピックの女子平泳200メートルで優勝した岩崎恭子選手に憧れていたため、深田恭子さん自身も小学校で開催される大会で記録を出したいと思ったんだとか!

深田恭子 小学生時代

結果、小学校5年生、6年生の時には平泳で校内記録を打ち出しています。

一方で深田恭子さんは水泳が得意にも関わらず、それ以外のスポーツは全くダメだったんだそうですよ。

深田恭子 小学生時代

水泳の他にも4歳から習っているピアノや習字も習っていたため、全く休みがなかったんだそうです。ピアノの実力は作曲が出来るレベルまで上達しています。

また深田恭子さんが書いた字は宮崎市にあるうなぎ処『鰻楽』に飾ってあり、お手本のような美しい字ですね。

深田恭子 書道

また小学生の頃は福山雅治さんの大ファンで、福山雅治さんの出演するドラマや作品を隈なくチェックしていたんだそうですよ。

当時放送していたドラマ『銀狼怪奇ファイル』に出演していた宝生舞さんの「重ためぱっつん前髪」に憧れており、現在も前髪にこだわりがあるのはその影響なんだとか。

小学生の頃、深田恭子さんはセーラームーンが好きだったそうですよ。セーラームーンは当時の女の子の憧れの存在でしたよね。

セーラームーンではありませんが、七五三で晴れ着の深田恭子さんはご満悦のようです。

深田恭子 七五三

今の深田恭子さんを作り上げているのは、小学校時代の時間が大きな影響を与えているのでしょう。

もう一つ、深田恭子さんが習っていたのはピアノで作曲ができるほどの実力なんだとか。

2004年から2014年までの10年間、TV番組『新堂本兄弟』の堂本ブラザーズバンドでピアノを担当していたことからもかなりの実力であるとうかがえます。

演技に歌に水泳に習字にピアノができ、しかも超美人でスタイル抜群だなんて1日でいいから入れ替わりたいです…。

深田恭子の出身幼稚園

深田恭子さんは1986年4月に桜輪幼稚園へ入園し、1989年3月に卒園しています。

学校名 桜輪幼稚園
所在地 〒114-0004
東京都北区堀船1−34−12
最寄駅 梶原駅(都電荒川線)

深田恭子さんが桜輪幼稚園出身であることは、コミュニティサイト『mixi』の掲示板に同幼稚園に通っていた人の隣のクラスに深田恭子さんがいたことが書かれていたことから明らかになりました。

深田恭子

深田恭子の幼少期の作品はぎょうざ!?

幼稚園の頃に行われた学芸展示会で他の園児たちが紙粘土で工作をし作品を制作する中、深田恭子さんは、作り上げた作品は紙粘土が丸めてあるだけの「ぎょうさ」という作品を制作したんだそう。

深田恭子 幼稚園時代

丸めただけの作品ならボールでも良かったと感じますが、ぎょうざとはなかなかシュールですね…。

6歳の頃に妹のまりさんが誕生したため、両親を取られてしまうと感じた深田恭子さんは父親との交換日記に妹の悪口を書いていたんだとか。

深田恭子 幼少期

2005年12月5日発信の『ORICON NEWS』によると、深田恭子さんが卒園する時に大泣きしたことが掲載されています。

幼稚園での出来事は母親から聞いて自分のことなのに驚いた経験を持つ人が多いと思いますが、深田恭子さんは幼い頃のことを覚えているんですね。

水泳は2歳から習っていて、オリンピックも視野に入れていたという情報もあるほど。

2001年には日本スイミングクラブ協会による『第2回ベストスイマー賞』を受賞するほどの本格派なんですよ!

深田恭子 水泳

深田恭子さんのファンクラブは『Pool』という名前にするほどで、いかに泳ぐことが好きか分かりますね。

バタフライをする深田恭子さんの画像がありますが、水泳選手並みの気迫を感じます。

深田恭子 水泳

深田恭子さんが1歳の頃の画像です。後ろの障子をビリビリにしたのは赤ちゃんだった頃の深田恭子さんなんだとか!

深田恭子 幼少期

普通なら叱られてしまいそうなことを好きなだけやらせてくれるとは、寛容な両親の元で育ったんですね。

深田恭子の学歴・経歴まとめ

深田恭子

 

深田恭子さんは偏差値基準から見ると決して高いレベルとは言えませんが、水泳や習字やピアノと言った偏差値では評価できないところに才能を開花させていました。

深田恭子さんは「物事を途中で投げ出したことがない」と話しており、真面目で責任感のある性格であることがうかがえます。

適応障害と診断され一時芸能活動を休業していましたが、ゆっくり休んでパワーアップした深田恭子さんに期待大ですね!