山尾志桜里

ミュージカル『アニー』の初代主役を務め、検察官、政治家と華々しい経歴を持つ山尾志桜里さんですが、どんな学生だったのでしょうか?

そんな彼女の出身校や偏差値などの経歴情報と共に、卒アル画像や政治家を始めたキッカケをご紹介します!

ひとりっ子として育った山尾志桜里さんはどこの学校を卒業したのでしょうか?家族構成などのプライベートな情報とともに見てきましょう!

山尾志桜里のプロフィール

山尾志桜里

本名:山尾志桜里(やまおしおり)※旧姓:菅野(かんの)
愛称:不明

生年月日(星座):1974年7月24日(しし座)
血液型:不明
出身地:宮城県仙台市生まれ、東京都三鷹市育ち

所属:民主党
職業・ジャンル:政治家
活動期間:2009年8月30日~

趣味・特技:不明
SNS:ツイッターフェイスブック
家族:既婚・旦那(山尾恭生)※2006年に結婚・子供1人(長男)

<主な活動・実績>

  • 2004年10月東京地方検察庁の検察官に着任
  • 2007年12月民主党愛知県第7総支部長就任
  • 2009年8月衆議院議員総選挙初当選
    ほか

山尾志桜里の経歴~政治家を始めたキッカケ~

山尾志桜里さんが政治家を始めたキッカケは裁判の傍聴で社会の不公平や理不尽を感じたことから。2009年8月30日に民主党へ入り本格的に活動を開始しています。

裁判の傍聴に行ったのは高校3年生の9月で、何を目標としたらいいのか迷っていた時期。

裁判の内容は殺人事件で、60歳のホームレスの女性が中学生3人と無職の成人男性によって殺害されたと言うものでした。

「もし女性がホームレスになるような世の中じゃなかったら、成人男性が無職ではなく就職しやすい世の中だったら、こんな事件は起こらなかったかも知れない。」と思い、社会の様々な問題を解決するために政治家を志そうと思ったと言います。

自分のことでも精一杯なのに、世の中を変えていこうと思えるのは素晴らしいですよね。

山尾志桜里の家族構成

山尾志桜里さんの両親の情報を見ていきましょう!

山尾志桜里の父親

山尾志桜里 父親 菅野一男

名前:菅野一男(かんのかずお)
生年月日:不明

目元が山尾志桜里さんとよく似ていて、優しい印象ですね。

菅野一男さんは、東京三鷹市で2008年4月1日に糖尿病・内分泌疾患・内科専門の『かんの内科』を開業しています。

【かんの内科の住所】
181-0013
東京都三鷹市下連雀3-44-17
エルヴェ三鷹2F

もともとは東北大学の理学部化学科に在籍していたのですが、人体や生命に興味をもつようになって東北大学を卒業後に東京医科歯科大学へ1981年に入学したとの情報があがっています。

山尾志桜里さんの小学校の入学式と菅野一男さんの医学部入学式と同じ日だったんだとか。

それからの6年間、医者の勉強と親子3人の生活費を稼ぐ仕事を掛け持ちしたとのことで、勉強だけでも大変なのに、凄いですよね。

山尾志桜里の母親

名前:不明
生年月日:不明

一般人のため、山尾志桜里さんの母親の情報はあがってきていません。夫と子供を支える主婦業に専念していたと思われますが、情報が入手でき次第ここで追記していきます。

山尾志桜里の出身校と偏差値

山尾志桜里さんはどんな学生だったのでしょうか?通っていた小学校や中学校、高校や大学はどこなのか、偏差値の情報もあわせてご紹介します!

山尾志桜里の大学と偏差値

山尾志桜里 大学

山尾志桜里さんは東京大学1993年4月に入学し、1997年3月に法学部(偏差値:75.0 難易度:高)を卒業しています。

【東京大学法学部の住所】
〒113-0033
東京都文京区本郷7丁目3-1

髪が長くて、とても女性らしいですね!

山尾志桜里さんは東京大学の男子ラクロス部『東大男子ラクロス部 BLUE BULLETS』のマネージャーを務めていましたが、合コンや飲み会が好きな集まりだったようで、クラブ活動中もいつも女の子の話でもちきりだったと言われています。

そんな中、山尾志桜里さんは男性からモテモテだったと噂があり、男子ラクロス部のアイドル的存在だったと言えますね。

山尾志桜里の高校と偏差値

東京学芸大学付属高校

山尾志桜里さんは東京学芸大学付属高校(偏差値:75.0 難易度:高)1990年4月に入学し、1993年3月に卒業しています。

【高校の住所】
〒154-0002
東京都世田谷区下馬4-1-5

学校の怪談でも出てきそうなくらい、歴史を感じる校舎ですね。

山尾志桜里さんの高校時代は結構遊んでいたと1995年2月発売の書籍『アニーの100日受験物語』で語っています。

”「高校時代はよくカラオケボックスに行っていました。私は声が低いので、中森明菜とかの歌がわりと得意でした」”
引用元:【アニーの100日受験物語】

山尾志桜里 アニーの100日受験物語

本格的に受験勉強を始めたのは高校3年の9月からだったんですよ。

父親の影響で医学部を目指していたとの情報もありますが、裁判の傍聴をきっかけに法学部を目指します。

東京大学文科I類を受験し、前期試験では不合格だったのですが、後期試験で合格しました!

授業だけで全て理解できる能力と、記憶力も驚異的なのでしょう。一度見たものは忘れない能力があったからと思いますが、羨ましいですよね。

山尾志桜里の中学校と偏差値

山尾志桜里 中学校 色付き

山尾志桜里さんは東京学芸大学付属大泉中学校(偏差値:63.0 難易度:高)1987年4月に入学し、1990年3月に卒業しています。

【中学校の住所】
〒178-0063
東京都練馬区東大泉五丁目22番1号

山尾志桜里さんは東京学芸大学付属大泉中学校に通う西武池袋線で、“すごい美少女がいる”と噂されるほど有名な存在でした。

頭が良い上に噂になるほどの美人なんて女性として完璧過ぎますね!

山尾志桜里の小学校と偏差値

山尾志桜里 小学生

山尾志桜里さんは聖徳学園小学校(偏差値:40.0 難易度:低)1981年4月に入学し、1987年3月に卒業しています。

【小学校の住所】
〒180-8601
東京都武蔵野市境南町2-11-8

才能あふれるオーラが感じられる少女ですよね。

聖徳学園小学校の偏差値をみると一見入りやすいように見えますが、在籍している生徒はIQ130超えがたくさんいるんだとか。

聖徳学園で勉強を続けていくと高校ではIQ200を超える生徒も出てくるんですよ。

英才教育、知能教育を実践しているので、その成果が出ているということですね。

そんな中、山尾志桜里さんは小学6年生のときにミュージカル『アニー』のオーディションに1万人以上の応募の中から見事合格し、主役を務めます。

山尾志桜里 アニー

今ではアニー役は1年で卒業しましたが、山尾志桜里さんは2年連続で務める異例の扱いだったんですよ。

頭がいいだけでなく、歌や踊り、演技もこなしてしまうスーパーガールだったんですね。

偏差値では低い方の聖徳学園に山尾志桜里さんの高学歴になったポイントがあるように思えます。やり方次第では子供はドンドン伸びる可能性があるのですね。

その才能を政治に活かし、世直しをしていただきたいと思います。