有働由美子

有働由美子さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!卒アル画像や若い頃の画像を含め、学生時代に迫ります!

若い頃と目が違うことや剣道の達人で2段だったことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

有働由美子の出身大学

有働由美子 神戸女学院

有働由美子さんは1987年4月に神戸女学院大学・文学部・総合文化学科へ入学し、1991年3月に卒業しています。

学校名神戸女学院大学
学部・学科文学部・総合文化学科
偏差値59~62
入試難度
所在地〒662-0827
兵庫県西宮市岡田山4丁目4−1
最寄り駅門戸厄神駅(阪急今津線)
公式HPhttps://www.kobe-c.ac.jp/

有働由美子さんが神戸女学院大学文学部総合文化学科出身であることは、同校のホームページに卒業生として掲載されていることからまちがいありません。

神戸女学院大学 有働由美子

❝この番組の司会を務める有働由美子アナウンサーは本学総合文化学科の卒業生です。❞
引用元:【神戸女学院大学】

有働由美子の志望校は大阪大学法学部!

2011年10月28日発信の『女性セブン』によると、弁護士を希望していた有働由美子さんの志望校は大阪大学法学部。

しかし、不合格だったので浪人したいことを父親に告げると、「美人なら『いいよ』っていうけど、お前の顔なら、なるべく早く社会に出て相手を見つけないと結婚できない」と許可が下りなかったんだとか。

有働由美子さんは大阪大学の赤本をビリビリに破いたほど不合格に腹を立てていたようで、そのうえ浪人を許されず、更には実の父親から「お前は美人ではない」と言われたショックは大きかったに違いありません。

不本意ながらも神戸女学院に進学したところ、大学4年生のときに勃発した湾岸戦争を報道する記者の姿に感動し、「人が行かないところに行って事実を伝えたい」と考えるようになったんですって!

卒論は中国について書いていたようで、当時はまだ眠れる獅子だった中国が世界のキーマンになると予想していたのでしょう。

当時の画像がありますが、いまとほとんど印象が変わりませんね。

有働由美子 大学時代

ところが、若い頃と違うと言われているんですよ。

有働由美子は若い頃と目が違う?

大学を卒業して間もないぐらいの画像を見ると、目が一重で今とは印象が違って見えます。

有働由美子 若い頃

有働由美子 若い頃

目を整形したのではないかという噂がありますが、2016年の『あさイチ』に出演した時のすっぴん画像も同じ一重であることから、整形手術は受けていません。

有働由美子 すっぴん

AFTER画像はまるで二重のように見え、目と目の距離も縮まり、小顔になったのかとさえ感じますが、有働由美子さんのメイク術の成果だったんですね。

【有働由美子の大学時代の同級生】

  • 笛吹雅子(アナウンサー)

有働由美子の出身高校

有働由美子 北野高校
有働由美子さんは1984年4月に大阪府立北野高等学校へ入学し、1987年3月に卒業しています。

学校名大阪府立北野高等学校
学科・コース普通科
偏差値76
入試難度難関
所在地〒532-0025
大阪府大阪市淀川区新北野2丁目5−13
最寄り駅十三駅(阪急宝塚線)
公式HPhttp://www.osaka-c.ed.jp/kitano/

有働由美子さんが北野高校出身であることは、2018年4月6日発信の『AERAdot』に同校出身という記事が掲載されていることから間違いありません。

北野高校 有働由美子

有働由美子の高校時代は剣道でインターハイ!

小学校から剣道を習っていた有働由美子さんは高校3年生の時にインターハイに出場するほどの腕前でした。

有働由美子 高校時代

有働由美子さんの左にいるのは剣道を指導してくれた父親ですが、有働由美子さんは父親とそっくりですね。

有働由美子 高校時代 剣道

成人してから剣道2段を取得しているほど剣道は有働由美子さんのライフワークになっています。

大阪随一と言われるほどの進学校で勉強が忙しかっただろうと想像しますが、インターハイに出場していたとは有働由美子さんは文武両道なんですね。

高校時代はラグビー部の男子生徒が好きだったんだそう。人気者だったために想いは伝えられなかったようで、剣道は積極的でも恋はそうはいかなかったのでしょう。

卒アルを見ると、おしゃれにはまだ目覚めていない素朴な高校生だったようです。

有働由美子 卒アル 高校

有働由美子 高校時代 3年生




有働由美子の出身中学校

有働由美子 豊中市立第十六中学校

有働由美子さんは1981年4月に豊中市立第十六中学校へ入学し、1984年3月に卒業しています。

学校名豊中市立第十六中学校
偏差値
入試難度
所在地〒561-0812
大阪府豊中市北条町3丁目18−1
最寄り駅服部天神駅(阪急宝塚線)
公式HPhttp://www.toyonaka-osa.ed.jp/cms/jh16/

有働由美子さんが第十六中学校出身であることは、コミュニティサイト『mixi』で同校出身で先輩であると投稿されていることから間違いないでしょう。

豊中16中学校 有働由美子

バレーボール部に入部するものの友達ができずに退部し、剣道部で練習に励んでいたところ、男子生徒に初恋をしたんだそう。奥手であった有働由美子さんは告白できなかったんだとか。

父親と近すぎたことも告白できなかった要因かもしれません…。

有働由美子は中学時代でも父親とお風呂?

有働由美子さんはNHKの情報番組『あさイチ』に出演していた際に、中学1年生になっても父親と一緒にお風呂に入っていたことを語っていました。

当時、父親とのお風呂は普通のことだと思っていた有働由美子さんは、友達に話すと「やばいよ!」や「気持ち悪い」と否定されたので、その日から一緒には入らなくなったんだとか。

父親から剣道を習っていたことで、父親と息子のような間柄に近い状態になっていたのかもしれません。

日本の伝統である剣道を極めていた一方で、有働由美子さんは英語を熱心に勉強していました。

留学経験がなかったにもかかわらず、周囲から『英語の話せる有働さん』として羨望のまなざしだったそうで、かっこいいですね。

有働由美子の出身小学校

有働由美子さんは1975年4月に郡山町立郡山小学校(現:鹿児島市立郡山小学校)へ入学。

1976年4月に姫路市の小学校に転校。

1977年4月に西宮市の小学校に再度転校し、1980年4月に豊中市立寺内小学校に三度転校して3月に卒業しています。

【郡山小学校】

有働由美子 郡山小学校

学校名郡山町立郡山小学校(現:鹿児島市立郡山小学校)
所在地〒891-1105
鹿児島県鹿児島市郡山町2080
最寄り駅伊集院駅(JR日豊本線)
公式HP

有働由美子さんが郡山小学校に入学したことは、2011年10月28日発信の『女性セブン』に郡山町出身と掲載されていることと、鹿児島市の学区から間違いありません。

郡山小学校 有働由美子

小学2年生で姫路市、小学3年生のときに西宮市に転校したことは、2013年12月11日発信の『週刊実話』に同内容が掲載されています。

【豊中市立寺内小学校】

有働由美子 寺内小学校

学校名豊中市立寺内小学校
所在地
最寄り駅緑地公園駅(大阪メトロ御堂筋線)
公式HPhttp://www.toyonaka-osa.ed.jp/cms/terauchi/

有働由美子さんが寺内小学校出身であることは、有働由美子さんの掲示板に同校出身と投稿されていることから間違いないでしょう。

寺内小学校 有働由美子

4つの小学校に通っていた有働由美子さんは、引っ込み思案になってしまったのですが、男子からスカートめくりをされそうになって大声を上げたら2度とされなくなったことから、「黙っていてはいけない。」と学んだんだとか。

有働由美子の小学生時代の夢は総理大臣?

小学校の卒業文集で有働由美子さんが書いた将来の夢は「総理大臣になること」だったそう。

有働由美子さんが育った家庭は、封建的で亭主関白の父親が絶対的権力をもっていたので、自分が総理大臣になることで男女平等にしたいと考えていたのかもしれませんね。

小学6年生のときには生徒会長になったそうで、将来の総理大臣を夢見て立候補したのでしょう。

ちなみに、有働由美子さんは阪神ファンですが、巨人ファンの父親に反発して阪神ファンになったそうですよ。

日ごろから読書が好きで、気に入った本は暗記するほど何度も読んでいたことで文章力が付き、受賞した経験があるという情報があります。

小学生のときには、すでに言葉で表現するアナウンサーの片鱗が見えていたようですね。

有働由美子の学歴一覧・出身地詳細

有働由美子

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月
卒園年月1975年3月
郡山町立郡山小学校
入学年月1975年4月
卒業年月1976年3月
姫路市の小学校
入学年月1976年4月
卒業年月1977年3月
西宮市の小学校
入学年月1977年4月
卒業年月1980年3月
豊中市立寺内小学校
入学年月1980年4月
卒業年月1981年3月
豊中市立第十六中学校
偏差値入試難度
入学年月1981年4月
卒業年月1984年3月
大阪府立北野高等学校
偏差値76入試難度難関
入学年月1984年4月
卒業年月1987年3月
神戸女学院大学・文学部総合文化学科
偏差値59~62入試難度
入学年月1987年4月
卒業年月1991年3月

ここまで有働由美子さんの学歴について見てきましたが、出身小学校が郡山小学校ということから出身地は日置郡郡山町(現:鹿児島市)でしょう。

郡山町は自然豊かな土地なので有働由美子さんは野山を駆け回っていた子供時代を過ごしたのかも?

有働由美子さんが小学生時代に総理大臣になりたかったとは意外でしたが、社会に影響力をあたえると言う意味においては、アナウンサーの方が力強いかもしれません。

女性のリーダーとしてこれからの活躍に期待します。