山里亮太

山里亮太さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!卒アル画像やメガネなし画像を含め、学生時代に迫ります!

浪人中に猛勉強をしたのは兄の支えが理由だったことやお笑い芸人になる条件が難関大学に入学することだったことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

山里亮太の出身大学

山里亮太 関西大学

山里亮太さんは1997年4月に関西大学・文学部・教育学科(現在は総合人文学科)へ入学し、2001年3月に卒業しています。

学校名 関西大学
学部・学科 文学部・教育学科(現在は総合人文学科)
偏差値 70
入試難度 難関
所在地 〒564-8680
大阪府吹田市山手町3丁目3番35号
最寄り駅 関大前駅(阪急千里線)
公式HP http://www.kansai-u.ac.jp/index.html

山里亮太さんが関西大学文学部教育学科出身であることは、2015年12月17日公開の『朝日新聞デジタル』に同校卒と掲載されていることから間違いありません。

❝お笑い芸人の山里亮太さん(38)は関西大学文学部教育学科(現在は総合人文学科)卒。❞
引用元:【死ぬほど勉強、兄の陰の支え知ったから 山里亮太さん(朝日新聞デジタル)】

山里亮太の浪人中に猛勉強した理由は?

2015年12月17日発信の『朝日新聞デジタル』によると、山里亮太さんは現役受験した10学部すべて落ちたときに、母親から「受験料は兄さんが貯金をはたいてだしてくれたんだよ」と聞かされました。

全く勉強していなかった山里亮太さんは、「4択問題だから、まぐれでどこかに受かるのかもしれない」と安直に考えていたんですよ。

兄は大学に行かずにアルバイトで貯めたお金を全て使い、「もしかしたら、受かるかもしれないから」と陰で応援してくれていたんですって!

山里亮太さんは自分の甘さを反省し、1年間人が変わったように猛勉強をして5学部合格を決めました。

山里亮太さんの兄の愛がなければ、お笑い芸人になっていなかったかもしれません。

山里亮太のお笑い芸人になる条件は難関校に進学?

山里亮太さんは千葉県に住んでいたにもかかわらず、関西大学に進学したのはNSC(吉本総合芸能学院)に入学するためでした。

母親にNSCに入りたいことを相談すると、「誰もが認める難関校に進学したら入学してもいい」と言われたんですって!

当時、山里亮太さんはNSCに東京校があることを知らなかったので、どうしても関西の大学に進学する必要があったんですね。

大学3年生の時に晴れてNSCに入学しますが、関西大学でも「面白い人」と有名だったんだとか。

山里亮太 大学時代 3年生

同級生の矢井田瞳さんが2018年7月31日放送のラジオ『たまむすび』で語っていたのですが、「面白くて有名な上に、赤いメガネと服装がファッショナブルでかっこよかった」んだそう。

それが証拠に合コンを週に9回もしていたほどプレイボーイだったんですよ。

大学4年生の時には大学の寮長もしていたようで、リア充な大学生活を送っていたようですね。

山里亮太の出身高校

山里亮太 千葉大学付属高等学校
山里亮太さんは1993年4月に千葉経済大学附属高等学校へ入学し、1996年3月に卒業しています。

学校名 千葉経済大学附属高等学校
学科・コース 普通科
偏差値 52~59
入試難度
所在地 〒263-0021
千葉県千葉市稲毛区轟町4丁目3−30
最寄り駅 天台駅(千葉都市モノレール2号線)
公式HP https://www.cku-h.ed.jp/#

山里亮太さんが千葉経済大学附属高校出身であることは、『みんなの高校情報』に卒業生として掲載されていることから間違いありません。

山里亮太 千葉大学付属高等学校出身

山里亮太の高校時代はバスケ部で出番は16秒!

山里亮太さんは高校3年間バスケットボール部に所属し1日も休まず練習に出続けていましたが、試合に出場したのは高校最後の16秒だけ。

しかも、監督の指示が悲しいものでした…。

高校時代はバスケットボール部に命をかけ、勉強をほとんどしなかったにもかかわらず、出場時間が16秒でボールに触るなとはあまりにも悲惨すぎます。

しかも、他校の生徒からはギャグ漫画の『行け!稲中卓球部』に似ていることや、オリジナルの応援が面白くてギャグみたいだと「稲中」と呼ばれていて、もはやバスケットボール部員としても認められていなかったんですね。

稲中

ちなみに先生からは「バクダン」と呼ばれていたようで、いつ爆発するかわからない怖さを秘めていたのかもしれません。

【スポンサーリンク】

山里亮太の出身中学校

山里亮太 千葉市立さつきが丘中学校

山里亮太さんは1990年4月に千葉市立さつきが丘中学校へ入学し、1993年3月に卒業しています。

学校名 千葉市立さつきが丘中学校
偏差値
入試難度
所在地 〒262-0014
千葉県千葉市花見川区さつきが丘2丁目15−15
最寄り駅 新検見駅(JR総武本線)
公式HP http://www.cabinet-cbc.ed.jp/school/jhs/027/

山里亮太さんがさつきが丘中学校出身であることは、2009年7月3日放送のバラエティ『さんま&くりぃむの芸能界(秘)個人情報グランプリ』で同校出身と掲載されていたことから間違いありません。

山里亮太 さつきが丘中学校

大学の受験料を払ってくれた兄が中学の頃はヤンキーで山里亮太さんを繁華街にわざと置いてけぼりにして陰で見張っていて、不良が絡んできたところに兄が登場して成敗することをしていたんだそう。

喧嘩が好きならただ仕掛けたらいいようなものですが、シナリオを立てて喧嘩を正当化させる頭の良さは山里亮太さんと同じで兄弟ゆえに似ているのかもしれませんね。

兄に繁華街に連れて行かれたのにもかかわらず、門限を破ると父親からは何度も殴られていたんだそうで、とばっちりを食らっていたようです。

一方で母親は山里亮太さんを箱根駅伝に出場させる夢を持っていたんだとか。

靴擦れは残念でしたが、駅伝に選ばれるほど山里亮太さんは足が速かったんですね。成績もよかったようですが、様子が変わってしまうんですよ。

山里亮太の中学時代は好きな子が原因で成績ガタ落ち!

山里亮太さんは中学2年生まで個人塾に通っていたことで成績優秀で県の上位校に狙えるほどの学力があったのですが、好きな女子学生が通っていた進学塾に変わった途端に成績がガタ落ちになってしまったんだそう…。

先生との相性が合わなかったようで、志望校のランクを落としたにもかかわらず不合格になってしまったんだとか。

山里亮太さんは進学塾と肌が合わなかったことを気づいていたことから、その時点で元の塾に帰ったほうがいいと感じますが、女子学生から離れたくなかったのでしょうね。

先ほどの卒アルを見ると、小学生が抜けきれない髪型をしているので、恋の成就の可能性は低かったでしょう。

意外にもファーストキスは中学時代で、トランプの罰ゲームで奪われてしまったんです。

山里亮太さんは一般人ではなく、女優の蒼井優さんと結婚するほどドラマチックな恋を求めているのに、自分の大切なファーストキスが罰ゲームにされてしまうとは落ち込んだでしょうね…。

蒼井優の中学や高校の学歴情報!大学中退とイジメを受けた辛い過去!

山里亮太の出身小学校

山里亮太 千葉市立さつき東小学校

山里亮太さんは1984年4月に千葉市立さつきが丘東小学校へ入学し、1990年3月に卒業しています。

学校名 千葉市立さつきが丘東小学校
所在地 〒262-0014
千葉県千葉市花見川区さつきが丘1丁目7
最寄り駅 新検見駅(JR総武本線)
公式HP http://www.cabinet-cbc.ed.jp/school/es/060/

山里亮太さんがさつきが丘東小学校出身であることは、2019年7月26日放送のバラエティ『先生、、、生きてますか?~会って、どうしても感謝の言葉を伝えたい。~』に同校が母校と掲載されていることから間違いありません。

❝南海キャンディーズとユースケ・サンタマリアがMCを務めるこの特番は、母校の千葉・千葉市立さつきが丘東小学校を訪問する。❞
引用元:【『先生、、、生きてますか?~会って、どうしても感謝の言葉を伝えたい。~』】

山里亮太の小学校時代は問題児だった!

小学3、4年生のころは、授業を妨害してしまうような問題児だったんですよ。しかも、モテていた男子が大事にしているサッカーボールに彫刻刀を隠れて刺し、困っているところに救世主のように登場することで女子の人気を得るという筋書きが立てられるずる賢い子供でした。

2019年7月29日発信の『スマートフラッシュ』によると、❝叱るとほとんどの子供は大人しくなるが、山里亮太さんは机にしがみついて「俺は悪くない!」と叫ぶような子❞で、クラスに影響力のある存在だったんだとか。

家では父親のしつけで❝ブリーフ1枚で外を走るお仕置きだった❞ので、住んでいた団地では目立っていたことから少々の先生の叱り方では効果がなかったのでしょう。

小学5、6年の担任は山里亮太さんのことを❝褒めてやる気にさせる子だ❞と判断し、山里亮太さんが好きな手塚治虫さんの漫画を教室に置いたり、先生の自宅に呼んでお菓子やジュースでもてなすなどの好待遇をしてくれたんだそう。

虚勢を張っていた山里亮太さんは次第に先生に心を開くようになり、応援団や生徒会のリーダーを買って出るようになったんですって!

卒アルを見ると、自信に満ち溢れた笑顔から先生に認めてもらったことで生き生きとしている様子がうかがえますね。

山里亮太 卒アル

❝人生には3回モテ期がある❞というジンクスがありますが、山里亮太さんは小学校入学するまでに3回使い切ってしまったらしいですよ。

モテ期を使い果たしたといいながらも蒼井優さんと結婚しているわけですから、使い果たしたのは嘘だったと反感を買ってしまいそうですよね。

小学校が千葉市花見川区にあるので、出身地も同じかと思いきや、母親の実家で生まれていたんですよ。

千葉県から遠い県で生まれていたんですね。

山里亮太の学歴一覧・出身地詳細

山里亮太 千葉市立さつきが中学校

【調査中】幼稚園
入園年月
卒園年月
千葉市立さつきが丘東小学校
入学年月 1984年4月
卒業年月 1990年3月
千葉市立さつきが丘中学校
偏差値 入試難度
入学年月 1990年4月
卒業年月 1993年3月
千葉経済大学附属高等学校
偏差値 52~59 入試難度
入学年月 1993年4月
卒業年月 1996年3月
関西大学・文学部・教育学科
偏差値 70 入試難度 難関
入学年月 1997年4月
卒業年月 2001年3月

ここまで山里亮太さんの学歴について見てきましたが、意外にも出身地は母親の故郷である鹿児島県でした。

鹿児島県は桜島で有名なので、山里亮太さんは火山灰で砂遊びをしていたのかも?

山里亮太さんは千葉県民であったにもかかわらず、お笑い芸人の入り口であるNSC(吉本総合芸能学院)に入学するために親の条件である関西大学に進学しました。

芸能界に専念するために大学を断念する人もいるなか、芸能界のために大学に進学していたとは不思議に感じますね。