高内三恵子

高内三恵子さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!卒アル画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

ミス慶應2002優勝者だったことや超大物アイドルが同級生だったことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

高内三恵子の出身大学

慶應義塾大学

高内三恵子さんは2000年4月に慶應義塾大学・文学部へ入学し、2004年3月に卒業しています。

【日吉キャンパス】

【三田キャンパス】

学校名慶應義塾大学
学部・学科文学部
偏差値75
入試難度難関
所在地日吉キャンパス(1年生)
〒223-8512
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
三田キャンパス(2~4年生)
〒108-8345
東京都港区三田2-15-45
最寄り駅日吉キャンパス
日吉駅(東急東横線)
三田キャンパス
三田駅(都営三田線)
公式HPhttp://www.flet.keio.ac.jp/

高内三恵子さんが慶應義塾大学文学部出身であることは、ミス慶應2002のファイナリストパンフレットに同校在学と掲載されていることから間違いありません。

 

高内三恵子さんは見事優勝していますが、ファイナリストに有名人がいたんですよ。

高内三恵子のミス慶應ファイナリストにあの人が!

高内三恵子さんはミス慶應2002で優勝しています。

高内三恵子 ミス慶應

さすがにお美しいですが、ファイナリストにはアナウンサーの秋元優里さんがいたんです。

【ミス慶應2002ファイナリストパンフレット表紙】

ミス慶應2002 パンフレット

(※最下部右側:秋元優里さん)

秋元優里の出身校や偏差値は?ふっくらほっぺな高校時代の画像と意外なデビューのキッカケ!

しかも、予想は準優勝の三好さやかさんが優勝すると言われていたんですよ。

三好さやか

ミス慶應2002

秋元優里さんや三好さやかさんがいる中での優勝は本当に嬉しそうです。

高内三恵子 大学時代

実は、超大物アイドルと同級生だったんです。

高内三恵子の同級生は誰?

高内三恵子さんの同級生には櫻井翔さんがいました!

櫻井翔の高校や大学の学歴・出身情報!中学時代は身長が低かった!

高内三恵子さんはテニスサークルに所属していたようで、櫻井翔さんも一緒にテニスをしたことがあったのかもしれません。

高内三恵子 櫻井翔

パーティーに参加していたと思われる画像の高内三恵子さんはドレスでより女性らしいです。

高内三恵子 大学時代

卒業論文は❝テレビニュースの戦争映像の特徴と戦争報道の変質について❞書かれてあり、天下の慶應義塾大学だけあって難しい題材を研究していたんですね。

【高内三恵子の大学時代の同級生】

  • 櫻井翔(嵐)

高内三恵子の出身高校・中学校・小学校

高内三恵子さんは1997年4月に高等学校へ入学し、2000年3月に卒業。

1994年に中学校へ入学し、1997年3月に卒業。

1988年4月に小学校へ入学し、1994年3月に卒業しています。

高内三恵子さんの出身高校、中学校、小学校は明らかになっていません。

ミス慶應に輝いた人であれば、東京のテレビ局に就職することは可能だったと考えられますが、大阪市に本社がある『朝日放送』に就職したのは、実家が大阪にあるのかもしれません。

ABC

高内三恵子 朝日放送

『朝日放送の社員紹介』によると、入社当時はお笑い番組のADで女芸人顔負けの鼻にチューブを入れたりしていたんですよ。

❝初期配属のテレビ制作部で、お笑い番組のAD(アシスタントディレクター)として、いろんな罰ゲームの実験台となりました。
鼻にチューブを入れてお酢噴射、大量のミミズ収集、平均台に乗ってバレーボール砲撃…これ以上は言えません(笑)。❞
引用元:【2017年度新入社員採用情報 | 社員紹介 | 番組宣伝部 高内三恵子(朝日放送)】

平均台に乗ってバレーボール砲撃は痛いですが、ミス慶應2002が鼻にチューブを入れて酢を噴射するなんて体当たりすぎますよね…。

高内三恵子

驚くような体当たりができるのも、高内三恵子さんが関西人だからなのかもしれません。

引き続き調査していき、新しい情報が入りましたら追記します。

高内三恵子の学歴一覧・出身地詳細

高内三恵子

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月
卒園年月1988年3月
【調査中】小学校
入学年月1988年4月
卒業年月1994年3月
【調査中】中学校
偏差値入試難度
入学年月1994年4月
卒業年月1997年3月
【調査中】高等学校
偏差値入試難度
入学年月1997年4月
卒業年月2000年3月
慶應義塾大学・文学部
偏差値75入試難度難関
入学年月2000年4月
卒業年月2004年3月

ここまで高内三恵子さんの学歴について見てきましたが、出身校からは出身地は明らかになりませんでした。

ミス慶應でありながら、朝日放送で鼻にチューブをいれるなどの下積み時代を経験してきた高内三恵子さんはすごいですね。