亀梨和也

亀梨和也さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!卒アル画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

軟式野球の世界大会で日本代表になったことや堀越高校に入学させてもらえなかったことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

亀梨和也の出身大学

亀梨和也さんは大学に進学していません。

進学していたと仮定すると大学1年にあたる2005年1月放送のドラマ『ごくせん』に出演し、著名な賞を受賞しました。

  • 第44回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞『ごくせん』
  • 第8回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ賞 助演男優賞『ごくせん』
  • 第47回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞『野ブタ。をプロデュース』

同年10月放送の『野ブタ。をプロデュース』で共演した山下智久さんとのユニット『修二と彰』でリリースした主題歌『青春アミーゴ』はミリオンセラーに輝いています。

山下智久の大学や高校の学歴情報!英語が劇的に上達した方法とは!?

KAT-TUNの活動を同時進行にしていたことから、過密スケジュールだったに違いありません。

大学に進学しても通う時間は取れなかったかもしれませんね。

亀梨和也の出身高校

水元高等学校

亀梨和也さんは2001年4月に都立水元高等学校(現:都立葛飾総合高等学校)へ入学し、2001年ごろ中退しています。

学校名都立水元高等学校(現:都立葛飾総合高等学校)
学科・コース普通科
偏差値47
入試難度
所在地〒125-0035
東京都葛飾区南水元4丁目21−1
最寄り駅金町駅(JR上野東京ライン)
公式HPhttp://www.katsushikasogo-h.metro.tokyo.jp/site/zen/

亀梨和也さんが水元高校に在学していたことは、『高校偏差値ナビ』に同校中退と掲載されていることから間違いありません。

亀梨和也 高校受験ナビ

(※当サイトの偏差値の基準は『みんなの高校情報』を採用しています。)

亀梨和也は堀越高校に入れなかった!

2012年11月号の『Myojo』に亀梨和也さんが答えた❝10000字ロングインタビュー❞によると、ジャニーズ事務所の進学相談で堀越高校を断られたんだそう。

❝Jr.には芸能活動ができる堀越高校に進学するって流れがあるんだけど、事務所の進学相談に母親と行ったら、“キミはまだ掃いたらいなくなるようなJr.だから”普通の高校に通ってくださいって言われて。帰りの電車で悔しくて半泣きだった。❞
引用元:【10000字インタビュー(Myojo)】

生田斗真さんや山下智久さんは家に遊びに来るほど仲が良かったのですが、彼らは堀越高校に進学しているだけにショックも大きかったんだとか…。

生田斗真の高校や大学の学歴・出身情報!英語力がハンパない!

2ヶ月家庭教師をつけてもらって仕事も休んで勉強し、見事合格が決まった後にジャニーズ事務所を辞めようと行ったところ、ジャニー喜多川さんに引き止められたんですよ。

それから1ヶ月後にKAT-TUNの結成が決まったことを考えると、事務所の進学相談担当は将来を読み間違えていましたね。

高校時代の亀梨和也さんはイケメン度急上昇です。




亀梨和也の出身中学校

江戸川区立松江第三中学校

亀梨和也さんは1998年4月に江戸川区立松江第三中学校へ入学し、2001年3月に卒業しています。

学校名江戸川区立松江第三中学校
偏差値
入試難度
所在地〒132-0021
東京都江戸川区中央1丁目20−1
最寄り駅新小岩駅(JR総武線)
公式HPhttp://edogawa.schoolweb.ne.jp/matsue3-j/

亀梨和也さんが松江第三中学校出身であることは、同校出身というつぶやきがあることから間違いないでしょう。

亀梨和也の中学時代はレッスンをぶっち!

亀梨和也さんは中学1年生にあたる1998年11月8日に入所していますが、本人は全くジャニーズに興味はなかったんだそう。

小学生時代から野球少年だったことと、ジャニーズ事務所には親戚が履歴書を送っていたことから、「○月○日に来てください。」と事務所からレッスンの連絡があっても野球の練習を優先していたんですって!

ついにジャニー喜多川さんから呼び出しがあったので「いよいよ怒られるのか?」とヒヤヒヤしていたところ、「ジャニーズ初の甲子園へ行ってよ」というオファーだったそうで、亀梨和也さんがいかに期待されていたかがわかりますね。

亀梨和也の出身小学校

江戸川区立大杉第二小学校

亀梨和也さんは1992年4月に江戸川区立大杉第二小学校へ入学し、1998年3月に卒業しています。

学校名江戸川区立大杉第二小学校
所在地〒132-0022
東京都江戸川区大杉3丁目11−1
最寄り駅新小岩駅(JR総武線)
公式HPhttp://edogawa.schoolweb.ne.jp/oosugi2-e/

亀梨和也さんが大杉第二小学校出身であることは、同校出身というつぶやきがあることから間違いないでしょう。

亀梨和也の小学生時代は世界大会で日本代表!

小学1年生のときに両親に頼み込んで軟式リトルリーグ『大杉ビクトリーズ』に入団。背番号11番で全てのポジションに付きました。

運動神経抜群の亀梨和也さんは、小学6年生のときに軟式野球の世界大会『少年軟式野球国際交流協会』に日本代表として選ばれたんですよ!

中学になると『江戸川東シニア』というシニアリーグに所属し、ジャニー喜多川に言われた事もあって甲子園を目指して朝7時から夜7時まで練習していたんだそう。

小学校ではクラスの中心人物で学芸会では必ず主役に立候補していました。

小学4年生のときは江戸川区の学芸会コンクールで主役の一人として参加し、優勝しているんですよ!

野球といい学芸会といい、亀梨和也さんは多才であったんですね。

当時の画像を見ると、幼いイメージが残っていて今と雰囲気が違いますよ。

亀梨和也の出身幼稚園

亀梨和也さんは1989年4月に幼稚園へ入園し、1992年3月に卒園しています。

亀梨和也さんの出身幼稚園がどこなのかは明らかにされていませんが、赤いベレー帽が特徴の幼稚園に通っていました。

制服からでは幼稚園を断定できなかったことから引き続き調査していき、新しい情報が入り次第追記します。

亀梨和也の幼稚園時代はチョコ50個のモテモテ!

亀梨和也さんのモテ期は幼稚園で、バレンタインのチョコレートは冷蔵をの野菜室を満杯にするほどだったんですよ。

一方でスカートめくりをすることにハマってしまい、『スカートめくり界のエース』とまで言われていたんだとか…。

亀梨和也さんにちょっかいを出されることが嬉しいと感じる園児が多かったのかもしれません。

亀梨和也の学歴一覧・出身地詳細

【調査中】幼稚園
入園年月1989年4月
卒園年月1992年3月
江戸川区立大杉第二小学校
入学年月1992年4月
卒業年月1998年3月
江戸川区立松江第三中学校
偏差値入試難度
入学年月1998年4月
卒業年月2001年3月
都立水元高等学校
偏差値47入試難度
入学年月2001年4月
卒業年月2001年ごろ中退
大学【進学せず】
偏差値入試難度
入学年月
卒業年月

ここまで亀梨和也さんの学歴について見てきましたが、出身小学校が江戸川区立大杉第二小学校ということから出身地は江戸川区大杉付近でしょう。

江戸川区は金魚で有名なので亀梨和也さんはお祭りで金魚すくいをしていたのかも?

亀梨和也さんほど人気のある人が堀越高校に進学できなかったとは意外でした。

野球で日本代表になるほどの才能を兼ね備えている亀梨和也さんですから、スポーツの分野でも活躍の場を広げてくれることでしょう。