藤原紀香

藤原紀香さんの出身大学や高校などの学歴と本当の出身地を徹底解説!卒アル画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

落語研究会に入り高座名が『親和亭かつお』だったことやミス日本を受賞していたことなど、他では知れない情報満載でお伝えしています。

藤原紀香の出身大学

神戸親和女子大学

藤原紀香さんは1990年4月に神戸親和女子大学・文学部・英米文学科へ入学し、中退しています。

学校名神戸親和女子大学
学部・学科文学部・英米文学科
偏差値42.0
入試難度容易
所在地〒651-1111
兵庫県神戸市北区鈴蘭台北町7−13−1
最寄り駅鈴蘭台駅(神戸電鉄)
公式HPkobe-shinwa.ac.jp

藤原紀香さんが神戸親和女子大学出身ということは、同校のパンフレットに在学生として掲載されていることから間違いありません。

藤原紀香 大学時代

藤原紀香は両親から芸能界入り反対!

藤原紀香さんは大学在学中の20歳の時に、第24回ミス日本グランプリに応募しグランプリを受賞しています。

藤原紀香 ミス日本

成人式の画像を見てもとても美しいですね。

藤原紀香 大学時代 成人式

ミス日本には母親がこっそり応募したそうで、その母親も昔ミス和歌山に応募し最終選考まで残った経歴を持っていますが、厳しかった父親に反対され辞退しているため、自分の叶わなかった夢を藤原紀香さんに託したんだそう。

そんな母親からの期待を背負っていた藤原紀香さんですが、見事グランプリを獲得し、これをきっかけに芸能プロダクションからのスカウトを受けます。

しかし、両親は芸能界入りを最後まで反対していたそうで、特に父親からは猛反対され、話すら聞いてくれなかったとか。

その後、1993年にデビューを果たし、デビュー当初は神戸の実家から新幹線や飛行機で仕事場に通っていましたが、阪神大震災を経験したことにより「人生やりたいことをやらずに後悔したくない」と1995年に上京を決意しています。

藤原紀香 大学時代

‘‘東京での芸能活動はあきらめようかと思った時、阪神大震災が起きました。生き延びて初めて、人生やりたいことをやらずに後悔したくないと東京行きを決心しました。
引用元;【女優・藤原紀香さん 頑固な父がファンに見せた笑顔(NIKKEI STYLE)】

上京について母親からは「あんたの帰るところはここやで。ダメやと思ったら自分で引き際を決めて帰ってきなさい」と背中を押してもらったが、父親は最後まで首を縦に振らなかったとか…。

しかし、そんな父親が上京の際にはトラックに荷物を積み無言で東京まで運んでくれたんですって!

❝父は最後まで首を縦には振りませんでしたが、東京に行く前日に突然『トラック用意したから荷物を積め』と。東京まで夜通し運転してくれたんです。
引用元;【女優・藤原紀香さん 頑固な父がファンに見せた笑顔(NIKKEI STYLE)】

親の反対を押し切り芸能界の道を選んだ藤原紀香さんですが、大学に通いながらの神戸から東京への往復生活は、円形脱毛症になるほど大変な日々だったそうです。

それでも踏ん張れたのは、阪神大震災での経験により悔いの残らない人生にしたいという強い想いがあったからこそのことでしょう。

藤原紀香の出身高校

親和女子高等学校

藤原紀香さんは1987年4月に親和女子高等学校・総合進学コースへ入学し、1990年3月に卒業しています。

学校名親和女子高等学校
学科・コース総合進学コース
偏差値60.0
入試難度
所在地〒657-0022
兵庫県神戸市灘区土山町6−1
最寄り駅六甲駅(阪急神戸線)
公式HPkobe-shinwa.ed.jp

藤原紀香さんが親和女子高等学校出身ということは、本人がブログのタイトルに親和女子高校時代と書いていることから間違いありません。

【16歳の私~神戸親和女子高校時代(藤原紀香 徒然はんなり日記)】

藤原紀香 高校時代

藤原紀香さんはなぜこの画像を撮ったのか記憶に無いそうですが、とっさに思いついたポーズなのでしょう。

藤原紀香は高校時代、高座名が『親和亭かつお』だった!

藤原紀香さんは高校時代、落語研究会に在籍しており、『親和亭かつお』の高座名で落語を披露していたんですよ。

かつおにした理由は明らかになっていませんが、将来サザエさんを演じている藤原紀香さんからすると縁深い名前ですね。

授業では世界史が好きで、将来の夢は歴史考古学者になることだったんだとか。

歴史や伝統に興味があったとは渋い好みですが、片岡愛之助さんと結婚したのもなるほどなと感じます。

片岡愛之助の高校や大学の学歴・出身情報!ヤンキーの中でぼっち!

一方で高校3年生の時に選抜高等学校野球大会の『セブンティーンレポーター』に選ばれ、リポーターを経験しているんです。

藤原紀香 高校時代

藤原紀香 高校時代

やはりこの頃から美少女だったようですね。幼さはありますが現在とあまり変わっていない印象を受けます。

また高校の卒業アルバムの画像を見ると、端正な顔立ちで、この頃から一目置かれる存在だったことでしょう。

藤原紀香 卒アル 高校

藤原紀香 卒アル 高校




藤原紀香の出身中学校

親和女子中学校

藤原紀香さんは1984年4月に親和中学校へ入学し、1987年3月に卒業しています。

学校名親和中学校
偏差値61
入試難度
所在地〒657-0022
兵庫県神戸市灘区土山町6−1
最寄り駅六甲駅(阪急神戸線)
公式HPkobe-shinwa.ed.jp

藤原紀香さんが親和中学校出身ということは、同校出身というつぶやきがあることから間違いないでしょう。

藤原紀香は発表会で王子役をした!?

藤原紀香さんは幼い頃からピアノを習っており、ピアノの先生が開いたミュージカルアカデミーにも遊び感覚で通っていたそうです。

市のバウホールで行われた初めての発表会の演目は『白雪姫』で、白雪姫ではなく王子役を演じたそう。

今でもセリフや歌を覚えているそうで、歌いながらバウホールの舞台に登場したことを鮮明に覚えているんだとか。

‘‘演目は、『白雪姫』で、私は、白雪姫👸♡~ではなくみての通り、王子役でした  笑
なんといまだに セリフの歌も覚えていて、、、不思議ですね。若い頃の記憶って☺︎
引用元;【中学時代(藤原紀香 徒然はんなり日記)】
藤原紀香 中学生時代

王子様役であるにもかかわらず、白雪姫かと思うほど可愛らしいです。

小さい頃からのこのような経験が、後に藤原紀香さんの役者人生に活きているんですね。

藤原紀香の出身小学校

西宮市立生瀬小学校

藤原紀香さんは1978年4月に西宮市立生瀬小学校へ入学し、1984年3月に卒業しています。

学校名西宮市立生瀬小学校
所在地〒669-1102
兵庫県西宮市生瀬町2−26−24
最寄り駅JR生瀬駅(宝塚線)
公式HPnishi.or.jp

藤原紀香さんが西宮市立生瀬小学校出身ということは、同校出身というつぶやきがあることから間違いないでしょう。

藤原紀香の足が長すぎ!

藤原紀香さんの当時の画像を見ると、小学生にしてすでに足が長すぎです!

藤原紀香 小学生時代

藤原紀香 小学生時代

顔が小さくて美人で足が長いとくれば、近所では有名な美少女だったことでしょう。

しかも、藤原紀香さんの実家は兵庫県西宮市の苦楽園の近でセレブが住む場所なんですよ。

父親は設計事務所を経営していることからも、藤原紀香さんはお嬢様だったんですね。

こちらは藤原紀香さんのブログに掲載されていた親子3人での画像ですが、とても素敵な雰囲気のご家族ですよね。それにしても母親の品のある立ち姿とスタイルのよさに驚きです。

藤原紀香 両親

この画像でもわかる通り、母親は171cmある藤原紀香さんよりも身長があるモデル体型で、ポパイに出てくる‘‘オリーブのスタイルに似ていた為、高校の頃はオリーブと呼ばれていたんだとか。

藤原紀香さんがブログで1歳の頃の画像を載せた際には、「お母さまと紀香さんそっくりですね 美人母娘です」や「お母さんとそっくりですね。お2人とも美人でやっぱり家系かな」などの反響がたくさんあり、話題になったんですよ。

藤原紀香 幼少期

確かにとても美人で、藤原紀香さんによく似ています。1歳の藤原紀香さんもとても可愛いらしいですね。

藤原紀香の学歴一覧・出身地詳細

藤原紀香

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月
卒園年月
西宮市立生瀬小学校
入学年月1978年4月
卒業年月1984年3月
親和中学校
偏差値61.0入試難度
入学年月1984年4月
卒業年月1987年3月
親和女子高等学校・普通科
偏差値60.0入試難度
入学年月1987年4月
卒業年月1990年3月
親和女子大学・文学部・英米文学科
偏差値42.0入試難度容易
入学年月1990年4月
卒業年月0000年3月

ここまで藤原紀香さんの学歴について見てきましたが、出身小学校が西宮市立生瀬小学校ということから出身地は兵庫県西宮市でしょう。

兵庫県西宮市は手延べそうめんで有名なので藤原紀香さんも子供の頃によく食べていたかもしれませんね。

両親からの愛情を一身に背負い大物女優になった藤原紀香さんですが、美しいことはもちろん、あの芯のある強い女性像は両親の愛情があってこその魅力なのでしょう。

今後も彼女の活躍を期待します。