平手友梨奈

欅坂46のメンバー最年少でありながらセンターを連続で務め、クールビューティーで新しいタイプのアイドルと人気の平手友梨奈さんですが、どこの高校や中学出身なのでしょうか?

卒アル画像や学生時代のエピソードも併せた学歴情報をお届けします!

平手友梨奈の大学

平手友梨奈さんは大学に進学していません。

2001年生まれの平手友梨奈さんは、2018年8月現在では高校2年生なのでまだ大学に進学できる年齢ではありません。

ちなみに平手友梨奈さんには、同志社大学商学部に通いながらモデルをしている平手慎太郎さんと言う兄がいますが、兄妹の仲がとても良いことから平手友梨奈さんも影響を受けて大学へ進学するかもしれませんね。

平手友梨奈 兄 平手慎一郎

大学への進学が予想される一方で、「平手友梨奈さんが留学するの では?」といった声も上がっていますが、これはどういったことから 話が上がってきたのでしょうか?

平手友梨奈がロスへ留学!?

2018年2月14日にロサンゼルスの空港で平手友梨奈さんと秋元康さんが目撃されています。

実際、秋元康さんはロサンゼルスでメキシコでいちばん有名なTVプロデューサーの『ペドロダミアン』さんと会っていて、彼のインスタグラムに載っているんですよ。

#YasushiAkimoto #akb48 #LA #friends

Pedro Damianさん(@pedrodamian01)がシェアした投稿 –

この対談から、メキシコのTVとタイアップするのではないかと噂が立ったんですよね。

また、欅坂46の関係者ではないかと思われる人が平手友梨奈さんは留学するというつぶやきがあるんですよ。

“3月から1ヶ月ロサンゼルスに住んでみて、それで大丈夫な場合は4月から1年間留学する。映画撮影も同時進行。でも。どこで撮影をするんだろうか?”
引用元【ツイッター】

このつぶやきが平手友梨奈さんのことを言っているとされていたのですが、平手友梨奈さんは大丈夫ではなかったようで、結果的にはAKB48の入山杏奈さんが留学することになったのです。

2016年6月27日放送のバラエティ『欅って、書けない?』の『じぶんヒストリー』コーナーで平手友梨奈さんの人生15年間の話をしている際、こんな事を言っていたんですよ。

“「中学2年の進路を決めるときに悩んでいて、クラスメイトにもなじめないし、留学も考えていたんですよ。」”
引用元:【平手友梨奈(欅って、書けない?)】

平手友梨奈 じぶんヒストリー

留学したかった経緯があることを考えると、平手友梨奈さんは大学進学ではなく留学をする可能性のほうが高いですね。

平手友梨奈の高校

平手友梨奈 16歳

平手友梨奈さんは日出高等学校・全日制・芸能コース(偏差値:43 入試難度:低)2017年4月に入学し、2020年3月に卒業予定です。

【日出高等学校の住所】
〒153-0063
東京都目黒区目黒1-6-15

16歳にあたる2018年1月の画像ですが、おとなしい雰囲気が逆に気になってしまう不思議な魅力がありますね。

平手友梨奈さんが日出高校であることは、平手友梨奈さんのブログに載っていた画像から明らかになりました。

2017年5月2日配信のブログには、原田葵さんが平手友梨奈さんの勉強している姿を映している画像が出ていて、平手友梨奈さんは高校の制服を着ていたんですよ。

制服が日出高校のものと同じなので間違いないですね!

【日出高校の制服参考画像】

日出高校 制服

平手友梨奈 高校 制服 日出高校

日出高校の芸能コースは通信制と全日制の2種類がありますが、通信制には制服がありませんので平手友梨奈さんが制服を着ているということは全日制ということになります。

芸能活動が忙しくて出席日数が不足しそうな場合、芸能コースはレポート等で補うなどのサポート体制が万全なので、日出高校にしたのでしょう。

日出高校は元女子校だったということから女性アイドルや女優がたくさん通っているので共感できる仲間がいるというのも選んだ理由なのでしょうね。

2019年4月から日出高校は日本大学付属高校になり、目黒日本大学高等学校と学校名も変わるんですよ。

日本大学に内部進学できることは魅力的ですが、日出という名前が消えてしまうのは少し寂しいですね。

日出高校の初年度納入額は1,046,000円で、文部科学省の私立高校平均額724,694円と比べると約320,000円高めです。

高校時代のエピソード

高校を入学したくらいから平手友梨奈さんが「元気がない」「病気なの?」と噂されるようになり、2017年の紅白歌合戦では倒れ込んで右腕を怪我してしまいました。

平手友梨奈 紅白歌合戦 2017

2015年8月デビュー以来ずっとセンターを務め、「坂道48」というAKB48と乃木坂46と欅坂46の選抜グループのセンターも務めていることで疲れが溜まっていたのでしょう。

紅白歌合戦からライブ公演にもテレビにも出演しなくなったために心配でしたが、半年経った7月に復帰し、再び平手友梨奈さんの活躍を見ることができるようになりました。

高校生は心も体も大人に変化する不安定な時期ですので、体調管理に気を配りながら頑張って欲しいですね。

右手の怪我で休んでいる間でもラジオには出演していた平手友梨奈さんですが、2018年3月22日放送のラジオ『SCHOOL OF ROCK!』で“明日に高校の三者面談が控えている”ことを話していました。「ホントにヤダ!! どうしよう!」と何度もぼやいていて、「助けてください」まで言う始末。

人生初の三者面談だったようで、「絶対に怒られるのが分かっているのに嫌だ」とかたくなに拒んでいたのは、成績に問題があったから?なんでしょうか。

【主な卒業生】

平手友梨奈の中学校

平手友梨奈 卒アル 中学 

平手友梨奈さんは北名古屋市立師勝中学校2014年4月に入学し、2015年に江戸川区立葛西第三中学校へ編入後2017年3月に卒業しています。

【師勝中学校の住所】
〒481-0014
愛知県北名古屋市井瀬木370番地

【葛西第三中学校の住所】
〒134-0083
東京都江戸川区中葛西6-6-13

卒アルでこれほど可愛く写れるのか、実は写真集の一部なのではないかと勘違いするほど完成されていますよね。

編入先の中学を先に紹介しますが、この制服から平手友梨奈さんが卒業した中学校は葛西第三中学校であることは明らかです。

【葛西第三中学校の制服参考画像】

葛西第三中学校 制服

葛西第三中学校は模試形式の高校受験対策を中学1年生のころからはじめ、2年生からは面接の練習も開始するなど、試験当日までに場馴れをさせておくように配慮してくれる学校です。

部活が盛んで、ダンス部やハンドボール部は全国大会に出場経験があり、陸上部やバレーボールでも強化選手がいるんですよ。

平手友梨奈さんは芸能活動が忙しすぎて、学校ではあまり見かけないと葛西第三中学校の人がつぶやいていましたが、人だかりになって授業にならないからと平手友梨奈さんだけ個別で授業を受けていた可能性もありますね。

編入する前の中学が師勝中学であることは、多くの人がつぶやいていることから間違いないです。

師勝中学は合唱で有名な学校で、合唱コンクールに出場する際はクラスが全力で一丸となるところが魅力で、平手友梨奈さんは歌がうまいからソロパートを歌っていた可能性もありますね。

また、老人ホームで合唱を披露するなど学校だけでなく地域の人達とも交流を図っているんですよ。

中学時代のエピソード

中学時代のことを2015年12月8日発信の『HUSTLE PRESS』で写真家の篠山紀信さんが平手友梨奈さんを撮影しながらインタビューに答える企画で話していました。

平手友梨奈 HUSTLE_PRESS

中学時代はバスケットボール部に所属していて、ポジションはセンター。バスケットボールをはじめたのは小学2年生からで、保育園からの友達がバスケットボールをしていたのがキッカケだったんだとか。

部活は生活指導にも厳しくて、あいさつから後片付けに至るまで細かく指導してくれたことで仕事場でも役に立っているんだそう。

また、平手友梨奈さんの身長は165cmと長身ですが、バスケットボールをしていたのが原因だろうとも言っていましたね。

バスケットボールは大好きでしたが、何かに没頭するものがないかと探していたんだそう

元々芝居が好きなこともあり、また兄の勧めもあって欅坂46のオーディションに受けると合格どころかセンターに決まりました。

あまりにも大抜擢で平手友梨奈さん自身が信じられなかったでしょうが、まさしくオーディションを境にシンデレラストーリーが始まったと言っても過言ではないですね。

しかし、中学3年生のときに「過去には絶対に戻りたくない」と語っていたことから、ぼっち疑惑があがっているんですよ。

中学時代は❝ぼっち❞だった!?

中学時代は先ほどの『欅って、書けない?』の『じぶんヒストリー』でも語っていましたが、「クラスメイトと馴染めなかった」と留学まで考えるほどですから、“ひとりぼっち”だったんですね。

それを裏付けるかのように、平手友梨奈さんは欅坂46のオーディションに合格して上京してから一度も地元に帰っていないんだそう。

帰りたくないレベルではなく、絶対の戻りたくないくらいの強烈な拒絶反応を示しているんですよ。

中学生は多感な時期なので、周囲から言われた何気ない一言に傷ついたことがあったのかもしれませんね。

師勝中学でのバスケ部で写っている画像がありますが、それを見るかぎりは楽しそうな表情をしていることから、テレビに出演したときは気持ちが沈んでいたのでしょう。

平手友梨奈 中学 バスケ部

平手友梨奈の小学校

平手友梨奈 卒アル 小学校

日に焼けた小麦色の肌が小学生らしくて、ボーイッシュなイメージもありますね。

この卒アルでは目が一重で写っているために整形したのではないかと言われていますが、整形ではありません。

平手友梨奈さんは14歳のときにデビューしていますが、その時の画像はすでに二重です。

平手友梨奈 デビュー 二重

中学で整形をするのは考えにくいですよね。というのも成長期に整形をすると歪んで成長してしまう可能性が高くなるから。まして小学生で整形するのはリスクが高すぎるので医師はすすめないですよ。

平手友梨奈さんは小学校へ2008年4月に入学し、2014年3月に卒業しています。

平手友梨奈さんの出身小学校がどこなのかは明らかにされていませんが、師勝中学校の通学区から、下記のいずれかの小学校に通っていたと考えられます。

  • 北名古屋市立師勝小学校
  • 北名古屋市立師勝東小学校
  • 北名古屋市立師勝西小学校

中でも寄せられた情報から師勝西小学校の可能性が高いです。

小学生時代のエピソード

小学2年生からバスケットボールをしていたとお伝えしましたが、クラシックバレエとピアノも習っていたんです。

クラシックバレエは2018年3月21日放送のラジオ『SCHOOL OF LOCK! GIRLS LOCKS!』で語っていましたが、5歳から中学1年生まで習っていたんだとか。

平手友梨奈 ラジオ SCHOOL OF LOCK! GIRLS LOCKS!

小学校4年生まではバレエ教室で1番体が柔らかかったのにもかかわらず、5年生になって急に硬くなったんだそう。

成長期のせいかもと言っていましたが、毎日練習していても体が硬くなることってあるんですね。

ピアノは3歳から小学校卒業するまで習っていたという情報があり、2018年の全国大会ツアーでは8月11日に弾き語りを披露しました。

平手友梨奈さんのポテンシャルが高いのは、小学校時代に習ったピアノやクラシックバレエで培われてきた才能を兼ね備えていたからだったんですね。

平手友梨奈の保育園

平手友梨奈さんは保育園を2008年3月に卒園しています。

平手友梨奈さんの出身保育園がどこなのかは明らかにされていませんが、師勝中学校の学区内から下記のいずれかの保育園に通っていたと考えられます。

  • 能田保育園
  • 鹿田南保育園
  • 鹿田北保育園

中でも、寄せられた情報と『鹿田』に平手姓が多いというつぶやきから、鹿田南保育園の可能性が高いですね。

保育園時代のエピソード

先ほどの『HUSTLE PRESS』でのインタビューで保育園時代の話を語っていましたが、そのころは『ととろのメイちゃん』みたいにツインテールで大きな声を出して走り回っている女の子でした。

メイちゃん

保育園時代から親友が一人いて、小学校も中学校もその子と一緒に行動していたのですが、欅坂46のオーディションに受かって上京するときにはたくさん会って思い出づくりをしたんだとか。

それだけ仲がよかったので今も交流があるそうですが、物心つくくらいからの親友がいるって羨ましいですね。

平手友梨奈さんは中学2年生でアイドルグループのセンターを務めるという重役を担いましたが、その後も継続してセンターを維持しているのは秋元康さんが平手友梨奈さんの才能を高く評価しているから。

一時期は元気がないことや腕の怪我で心配しましたが、元気に復活してきてくれたことで安心できましたよね。

これからどんな曲でどんなダンスを見せてくれるのかとても楽しみで目が離せません!