あいみょん

あいみょんさんの曲は過激ながら多くのファンを獲得し紅白にも出場しましたが、出身高校や中学はどこなのでしょうか?

韓国人説が本名から判明したことと、昔の画像や学生時代のエピソードも併せた学歴情報をお届けします!

あいみょんの出身大学

あいみょんさんは大学に進学していません。

ミュージックWEBストア『OTOTOY』であいみょんさんが受けたインタビューでは「高校を卒業した後は、どうしようと思っていたんですか?」という質問に対し、大学に進学しなかったことが語られています。

“卒業する前からバイトを長いことやっていたので、それをやりつつ音楽をやろうかなと思っていました。”
引用元:【配信ないけど激推ししてます!!ーー西宮在住の19歳SSW・あいみょんが鮮烈デビュー(OTOTOY)】

わりとゆるい感じのスタンスで、音楽活動をしていこうとしていたんですね。

あいみょんさんのデビューのきっかけはYoutubeです。当時、友達が音楽関係の専門学校に通いながら音楽動画をYoutubeで配信していたのですが、そこにあいみょんさんがゲストで演奏したことだったんです。

友達もあいみょんさんの才能に可能性を感じていて、あいみょんさんの曲を世界へ発信するべきだと確信していたのでしょう。

その後、音楽事務所『Lastrum』から連絡が来て2015年3月4日に『貴方解剖純愛歌 〜死ね〜』でインディーズデビュー(※大手ではないレコード会社からのデビュー)をしたのですが、一本だけの動画公開でデビューまでこぎ着けるなんて、ドラマのワンシーンみたいですね。

当初は「腕を切り落としたり、目をくり抜いたりという表現が過激すぎる」と放送局が『貴方解剖純愛歌 〜死ね〜』の放送を自粛していたのにも関わらず、オリコンインディーズウィークリーチャートで10位にランクインしました。

放送されない状況であっても、心に響く曲は広まっていくという証明のような人気の出方ですね。

注目されるようになったあいみょんさんは、ドラマにも曲を提供するようになります。

2016年10月ドラマ『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』の主題歌に『生きていたんだよな』を提供したあいみょんさんでしたが、投身自殺をした女性のことを歌っているんですよ。

遺体から流れる血が「赤くてキレイ」と表現していることから、「亡くなった人に対して不謹慎だ」という批判が出るかと思われますが、世間は「ハマる」「元気出る」「心に刺さる」と称賛しています。


過激すぎる歌詞であっても、あいみょんさんのハスキーボイスと飾らないキャラクターによって応援歌にさえなってしまうというとは不思議な能力を持った人です。

2016年11月30日シングルでリリースされた『生きていたんだよな』からメジャーデビューを果たしましたが、確実に大物シンガーになる階段を一つ一つ登っていますね。

あいみょんの出身高校

あいみょん 西宮南高校

あいみょんさんは2010年4月に兵庫県立西宮南高等学校へ入学し2012年3月に中退。

2012年4月に兵庫県内の高校に編入し、2013年3月卒業しています。

学校名 兵庫県立西宮南高等学校
学科・コース 普通科
偏差値 47
入試難度
所在地 〒663-8141
兵庫県 西宮市高須町2−1−43
公式HP http://www.hyogo-c.ed.jp/~nishiminami-hs/

あいみょんさんが西宮南高校出身であることは、あいみょんさんが同校出身であるというつぶやきが複数投稿されていることから明らかになりました。

あいみょんさんが高校を中退したことは、2018年8月16日発信の『BuzzFeed Japan』のインタビューで「高校を一度やめた」と語っていることから間違いありません。

あいみょん インタビュー 高校

また、同インタビューで「高校を変わって、1年だけ通った」とも語っていることから他校に編入したことが明らかになりました。

あいみょん インタビュー 高校時代

編入先の高校につきましては、新しい情報が入り次第ここに追記していきます。

あいみょんさんの芸名は中学・高校時代のあだ名だったのですが、名前の音からある疑惑が噂されているんです。

あいみょんは韓国人!?

“あいみょん”が「アニョハセヨ」の略である“アンニョン”に近いことから韓国人ではないかという誤解が生まれましたが、あいみょんさんは日本人です。

一方で韓国料理屋みたいな名前だという噂もチラホラ出ていて、イメージだけが先行してしまっているのも韓国人疑惑が出てきた理由でしょう。


その上、あいみょんさんの顔立ちが韓国人みたいだとまで言われるようになってしまいました。

あいみょん 韓国人説

韓国人の肌がキレイなことは有名ですが、あいみょんさんの肌もトラブルがないことから勘違いされたのかもしれません。

あいみょんさんの本名からも日本人であることがわかります。

あいみょんの本名が判明!

あいみょんさんの本名は森井愛美さんであることは、高校2年生にあたる2011年『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 3 〜For Girls〜』に出場していたことから判明しました。

あいみょん 高校 EXILE オーディション

4次審査まで通過したことで学校の授業中に携帯電話に連絡が来てしまい、「早く落ちろ!」と願っていたとミュージックWEBストア『OTOTOY』のインタビューで語っていたのですが、贅沢な悩みですね。

あいみょんさんが韓国人であるかどうかですが、日本国の機関紙『官報』に掲載されている日本に帰化した韓国人の日本での通り名を調べてみると、『森井』姓はありません。

よって、あいみょんさんは日本人であることが判明しました。

あいみょんの高校生時代のエピソード

『BuzzFeed Japan』のインタビューによると、高校時代に感じていたことは“どこまでが友達なのか”という線引が分からなかったと言います。

クラスメイトからいじめられているわけでもないし、先生に反抗しているわけでもなかったのですが、学校に行っても保健室ばかりに居たんだそう。

学校の授業内容に必要性を感じられず、疑問を感じたまま長いあいだ拘束される毎日。更に仲が良いと思っていた友達からある日突然無視されたり、常に空気を読んでいないと仲間はずれにされてしまう恐怖に嫌気がさしていたんだとか。

出席日数が足りなかったために西宮南高校で退学が留年かを余儀なくされたのですが、高校を卒業する必然性は感じていて、編入することはあいみょんさんが決めました。

“高校卒業資格は人生を左右すると思ってしまって、別の学校に編入させてもらいました”
引用元:【「教室にほとんど来なかった同級生」への誤解(BuzzFeed Japan)】

高校3年生の1年間は友達を作ろうともせず、西宮南高校の友達とも縁が切れてしまって全く1人の時間を過ごしたあいみょんさん。

1人の時間のおかげで誰にも頼らず音楽で生きていく決心がついたと言いますから、じっくりと自分と対話できた1年だったのでしょう。

この頃の画像が複数枚ありますが、髪の色が変化していて気持ちが揺れていたのではないかと感じさせる画像です。

あいみょん 高校生 3年生

あいみょん 高校生 3年生

あいみょん 高校生 3年生

【スポンサーリンク】

あいみょんの出身中学校

あいみょん 西宮市立学文中学校

あいみょんさんは2007年4月に西宮市立学文中学校へ入学し、2010年3月に卒業しています。

学校名 西宮市立学文中学校
偏差値
入試難度
所在地 〒663-8182
兵庫県西宮市学文殿町1丁目5−7
公式HP http://kusunoki.nishi.or.jp/school/gakubuj/

あいみょんさんの出身中学校が学文中学校であることは、同校を卒業しているというつぶやきが投稿されていることから明らかになりました。

あいみょんの中学生時代のエピソード

音楽ニュースメディア『音楽ナタリー』のインタビューによると、中学時代は陸上部で短距離に打ち込んでいて、副部長を務めたことが語られています。

“中学では陸上競技部に入って、部活一筋でした。ほんまに一生懸命やって最終的には副部長にまで上り詰めました。”
引用元:【あいみょん愛を伝えるための7つのキーワード(音楽ナタリー)】

音楽漬けのイメージが有るあいみょんさんは運動音痴なのかと思いきや、足が速かったとは意外ですね。

学文中学校の陸上部は強豪校で有名で、あいみょんさんが在学していた2008年に第35回全日本中学校陸上競技選手権大会100mリレーで準優勝。

あいみょん 学文中学 陸上選手権大会2008

あいみょんさんが中学2年生のときのことで、リレーメンバーに入っていたかどうかは明らかになっていませんが、副部長になるくらいですから2年生のときから既に有望視されていたに違いありません。

学校では走りで頑張り、帰宅するとアコースティック・ギターに一生懸命だったんですよ。

あいみょんは中学生から作曲していた!

2018年4月20日発信の『WWD JAPAN』によると、14歳ころから作曲をしはじめていました。父親が音楽関係の仕事をしていたことと、祖母が歌手になりたかったということから音楽の影響を受けたと言います。

アコースティック・ギターは父親から譲り受けたのかと思いきや、英語の先生でアメリカ人のブレントさんからでした。

「もし、ブレントさんからアコースティック・ギターをもらっていなかったら歌手にはなっていなかった」と言うほど重大なことだったんですよ。

ギターを手にしても教室には通わず(父親が「ギターは自分で学ぶもの」と教室に通わせてくれなかった)、独学でギターも作詞作曲もマスターしたなんてスゴイとしか言いようがありません。

中学生から書き溜めた曲は200曲以上あるとも語っているので、これからリリースされるかもしれませんね。

あいあいみょんの出身小学校

あいみょん 西宮市立小松小学校

あいみょんさんは2001年4月に西宮市立小松小学校へ入学し、2007年3月に卒業しています。

学校名 西宮市立小松小学校
所在地 〒663-8123
兵庫県西宮市小松東町1丁目3−59
公式HP http://kusunoki.nishi.or.jp/school/komatsue/

あいみょんさんが小松小学校出身であることは、出身が鳴尾であることと小松小学校であることをつぶやいている投稿があることから明らかになりました。

あいみょんの小学生時代のエピソード

小学校時代はとても明るくで活発な少女だったんですよ。

音楽ニュースメディア『音楽ナタリー』によると、いたずらをして先生に怒られていたんだとか。

“小学生の頃は近所の友達と「コマネチ!」とか言いながら走り回ってたり、アニメの「ボボボーボ・ボーボボ」が大好きで、その絵を描いて前の席の子の背中にこっそり貼って先生に怒られたりしていました。”
引用元:【あいみょん愛を伝えるため7つのキーワード(音楽ナタリー)】

あいみょん ボボボーボ・ボーボボ

ボボボーボ・ボーボボは女の子が好むようなキャラクターには感じられませんが、強烈な印象があいみょんさんの心をつかんだのでしょうね。

ちなみに、小学校よりもずいぶんと幼い頃の画像がありますが、頬がぷくぷくでめちゃくちゃ可愛らしい赤ちゃんです。

あいみょん 幼少期 赤ちゃん

あいみょんの学歴まとめ!

あいみょん

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月
卒園年月
西宮市立小松小学校
入学年月 2001年4月
卒業年月 2007年3月
西宮市立西宮学文中学校
偏差値 入試難度
入学年月 2007年4月
卒業年月 2010年3月
兵庫県立西宮南高校
偏差値 47 入試難度
入学年月 2010年4月
卒業年月 2012年3月(中退)
兵庫県内某高等学校
偏差値 入試難度
入学年月 2012年4月(編入)
卒業年月 2013年3月
大学
偏差値 入試難度
入学年月 進学せず
卒業年月

音楽の才能にあふれているあいみょんさんが高校中退していたとは意外でしたが、そのままで終わらずに編入し高校を卒業したことは最後まで諦めなかったことだと評価すべきですね。

編入先では1人だったと語っていましたが、きっとクラスメイトはあいみょんさんのことを応援してくれているでしょう。

独特な世界観をもつあいみょんさんのこれからの作品に期待したいですね!