上白石萌音

上白石萌音さんは女優、歌、声優とマルチな才能にあふれる人気者ですが、出身高校や大学はどこなのでしょうか?

大学生で『ちはやふる』に、高校生で『君の名は』に出演した時の秘話と、昔の画像や学生時代のエピソードも併せた学歴情報をお届けします!

上白石萌音の出身大学

上白石萌音さんは2016年4月に明治大学・国際日本学部へ入学し、2020年4月に卒業予定です。

明治大学・国際日本学部の偏差値・住所

上白石萌音 明治大学

学校名 明治大学・国際日本学部
偏差値 69~72
入試難度
所在地 〒164-8525
東京都中野区中野4丁目21番1号
公式HP https://www.meiji.ac.jp/index.html

上白石萌音さんが明治大学に在学中であることは、つぶやきが複数投稿されていることから明らかになりました。


国際日本学部を専攻していることは、2016年8月24日発行の読売新聞夕刊『pop style』でのインタビューで「舞台芸術論や日本映画史を学んでいる」と語っていて、明治大学にあるカリキュラムから特定されました。

上白石萌音 読売新聞

上白石萌音 読売新聞 インタビュー

【明治大学3年次カリキュラム】

上白石萌音 大学 カリキュラム

上白石萌音の大学生時代のエピソード

株式会社ライセンスアカデミーが運営する『進路ナビ』のインタビューによると、上白石萌音さんは大学に週5日通っているんだとか。

明治大学に限らず一般的に大学1、2年生は必須科目が多いからなのですが、上白石萌音さんは忙しい1年生の時に社会現象になった映画に出演しているんですよ。

上白石萌音の『君の名は』秘話!

2016年8月26日公開の映画『君の名は』は125の国と地域で公開され、興行収入250億円を突破し日本映画史上最高の記録を作りましたが、上白石萌音さんは主人公の『宮水三葉』役を演じました。

上白石萌音 君の名は 宮水三葉

新海誠監督は事細かに上白石萌音さんへイメージを伝えて支持していたのかと思いきや、「全ておまかせします。」と言われただけだったんだとか。

原作も脚本も監督も全て新海誠さんがこなした『君の名は』は、新海誠監督にとって肝いりの作品であって、中心人物である宮水三葉さんに対する思い入れも相当なものだったはず。

上白石萌音さんが自由に演じられたのは、才能と可能性を監督にかわれていたからに違いありませんね。

上白石萌音の出身高校

上白石萌音さんは2013年4月に実践学園高等学校へ入学し、2016年3月に卒業しています。

実践学園高等学校の偏差値・住所

上白石萌音 実践学園高等学校

学校名 実践学園高等学校
偏差値 58~62
入試難度
所在地 〒164-0011 東京都中野区中央2-34-2
公式HP https://www.jissengakuen-h.ed.jp/

上白石萌音さんが実践学園高校出身であることは、つぶやきからあきらかになりました。

上白石萌音の高校生時代のエピソード

上白石萌音さんにはもう一つ代表作『ちはやふるシリーズ』の『大江奏』役がありますが、映画を撮影する前に映画のワンシーンのような場面があったんですよ。

上白石萌音 ちはやふる

上白石萌音の『ちはやふる』秘話!

2017年4月13日発信の『modelpress(モデルプレス)』によると、上白石萌音さんはオーディション終了ギリギリで駆け込んできたんだとか。

小泉徳宏監督は、「(役とぴったりの人と)出会ってしまったなって、最後にビシッと決まりました」と語っていました。

“オーディションの最後に駆け込んできた人に決まる”とは、その場面だけでも映画のワンシーンになりそうですよね。

2016年3月19日に公開された『ちはやふる上の句』のオーディションは上白石萌音さんが高校3年生のころ。

『進路ナビ』のインタビューでは「勉強熱心な高校で、1年生のときからビシビシと鍛えられました」と語っていて、高校3年生は受験のためにより課題も多かったと予想され、勉強と映画の撮影の間でスケジュール管理や体調管理などが大変だったでしょう。

【スポンサーリンク】

上白石萌音の出身中学校

上白石萌音さんは2010年4月に鹿児島市立皇徳寺中学校へ入学し、2013年4月に卒業しています。

鹿児島市立皇徳寺中学校の住所

上白石萌音 鹿児島市立皇徳寺中学校

学校名 鹿児島市立皇徳寺中学校
所在地 〒891-0103
鹿児島県鹿児島市皇徳寺台3丁目35−1
公式HP https://www2.keinet.com/koutokuc/

上白石萌音さんが皇徳寺中学校出身であることは、つぶやきが複数投稿されていることから確かですね。

上白石萌音の中学生時代のエピソード

『進学ナビ』で中学1年生のときに第7回『東宝シンデレラ』のオーディションを受けた経緯を語っていたんですよ。

“中学1年生の時、ミュージカルスクールの先生にすすめられて、「東宝シンデレラ」オーディションを受けてみたところ、トントン拍子に選考に受かり、デビューが決まりました。”
引用元:【最善を尽くせば、必ず道は拓ける!(進学ナビ)】

芸能界には否定的だった両親の影響もあって、受かるわけないと思っていた上白石萌音さん。

「もし最終選考まで残れれば、東京に行くことができる。思い出づくりにちょうどいいな」と旅行気分だったんだとか。

その結果『審査員特別賞』を受賞しています!

上白石萌音 第7回東宝シンデレラ 審査員特別賞

デビュー前から聡明で純真無垢な雰囲気。受賞したことにも納得ですね。

上白石萌音の同級生

  • 柏木由紀(アイドル)
  • 加藤ローサ(女優)

上白石萌音の出身小学校

上白石萌音さんは2004年4月に小学校名を入学し、2010年3月に卒業しています。

上白石萌音さんの出身小学校がどこなのかは明らかにされていませんが、皇徳寺中学校の学区から下記のいずれかの小学校に通っていたと考えられます。

  • 鹿児島市立皇徳寺小学校
  • 鹿児島市立宮川小学校

上白石萌音の小学生時代のエピソード

小学校の頃は母親がピアノの先生をしていた影響でピアノを習っていましたが、ピアノよりも歌や踊りのほうが好きだったことからミュージカルスクールに通っていたんだとか。

鹿児島市にあるミュージカルスクールは『MARIAミュージカル・アカデミー』で、卒業生として上白石萌音さんの名前が掲載されています。

上白石萌音 マリアミュージカル・アカデミー

演技はミュージカル・アカデミーで学んでいたことで、オーディションに合格できるだけの実力がついていたんですね。

ミュージカル・アカデミーで学んだ発声がしっかりしていたからこそ、歌も声優もこなすことができたんだと納得です。

一方、父親の仕事の関係で小学校3年生から5年生終わりまでの3年間、メキシコで住んでいたんだとか。

実は上白石萌音さんは帰国子女だったということが判明しましたが、英語を大学で学んでいることを考えるとトリリンガルになりますね!スゴイとしか言いようがありません。

上白石萌音の学歴まとめ!

上白石萌音

学歴 偏差値 入学年月 卒業年月
【未確定)小学校 2004年4月 2010年3月
鹿児島市立皇徳寺中学校 2010年4月 2013年3月
実践学園高等学校 58~62 2013年4月 2016年3月
明治大学・国際日本学部 69~72 2016年4月 2010年3月(予定)

上白石萌音さんがメキシコで3年間住んでいてスペイン語が堪能だとは意外でしたが、明治大学で国際日本学部を専攻したのも納得がいきます。

歌も上手で語学が堪能であれば、これからできる役が無限にあると期待でき、ますますの活躍が楽しみですね!