川栄李奈

川栄李奈さんの出身大学や高校などの学歴を徹底解説!昔の画像や幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

中学時代はモテモテだったことや志尊淳さんが同級生だったことなど、他では知れない情報満載でお伝えします。

川栄李奈の出身大学

川栄李奈さんは大学に進学していません。

AKBの活動が忙しいということに加えて、2013年4月20日放送のバラエティ『国立め茶の水女子大学付属第48高等学校期末テスト』(第13回)で”最下位”になったことから考えても、大学進学が進路の選択肢に入ることはなかったと考えられます。

川栄李奈  めちゃイケ 抜き打ちテスト

大学在学時に当たる2013年から2017年に出演したドラマは19作品し、2016年4月放送の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に出演しました。

川栄李奈 ドラマ とと姉ちゃん

映画は2016年10月29日公開の『デスノート Light up the NEW world』に出演。

川栄李奈 デスノート-Light-up-the-NEW-world

2014年4月放送の情報バラエティ番組『バイキング』で水曜レギュラーとして、2015年4月からは同番組の専属レポーターとして出演しました。

川栄李奈 バイキング

多忙な毎日を送っていたことから考えると、大学に通う時間は無かったでしょうから、大学に進学しないで正解でしたね。

川栄李奈の出身高校

川栄李奈さんは2010年4月に神奈川県立綾瀬西高等学校へ入学し、2011年に退学。

2012年4月に日出高等学校(現:目黒日本大学付属高等学校)通信制課程・芸能・スポーツプロフェッショナルコースへ転校し、2014年3月に卒業しています。

【神奈川県立綾瀬西高等学校】

川栄李奈 綾瀬西高等学校

学校名 神奈川県立綾瀬西高等学校
学科・コース 普通科
偏差値 40
入試難度
所在地 〒252-1123
神奈川県綾瀬市早川1485-1
公式HP https://ayasenishi-h.pen-kanagawa.ed.jp/

2011年頃から川栄李奈さんの出身高校が横浜翠嵐高等学校(偏差値:74.0 難易度:高) という誤報が流れていましたが、2チャンネルで流れていたものを週刊実話が『川栄李奈は偏差値:70の学校に通っていた』と取り上げたために広まりました。

川栄李奈 偏差値

川栄李奈さんはSNSで「偏差値:70のがっこうには通っていない」と否定していることから、横浜翠嵐高校ではありませんね。

川栄李奈 高校 偏差値

川栄李奈さんが綾瀬西高等学校に在学していたことは、“2ちゃんねる”に投稿されていたAKB48グループの情報をまとめているサイト『AKB48タイムズ(AKB48まとめ)』に川栄李奈さんと同じ学校に通っていた人が“同校に入学しました”と投稿していることから間違いないでしょう。

“29. AKB48タイムズ2013年02月11日 20:58
川栄りなは神奈川県立綾瀬西高校に入学しました。そして1年生の時にAKBのオーディションに合格して、2年生の時に綾瀬西高校をやめました。私は綾瀬西高校の者なので、川栄の学歴が横浜翠嵐になってるのを見てびっくりしました。今の綾瀬西高校の3年生(もう卒業ですが)は川栄のことをよく知っていますので、よかったら聞いてみてください。”
引用元:【AKB48タイムズ】

【日出高等学校(2019年より目黒日本大学高等学校)】

川栄李奈 日出高校

学校名 日出高等学校(2019年より目黒日本大学高等学校)
学科・コース 通信制・普通科
偏差値
入試難度
所在地 〒153-0063
東京都目黒区目黒1丁目6−15
公式HP https://www.meguro-nichidai.ed.jp/tsushin/

川栄李奈さんが日出高校出身であることは2018年11月9日放送の『A-studio』に志尊淳さんがゲストで出演した際、サブMCの川栄李奈さんと同じ高校のクラスメイトだったと語っていたことと、志尊淳さんが日出高校の通信制出身であることから、間違いないでしょう。

川栄李奈 志尊淳 テレビ A-studio

川栄李奈の高校時代はモテモテだった?

高校時代の川栄李奈さんはモテモテだったために告白されても断ることが多かったのですが、思いつめて気持ちを伝えた男子生徒は断られた衝撃が大きすぎて学校の廊下で号泣したこともあるんだとか。

当時の画像を見ると、頬がほんのりピンク色で妖精のようにかわいい川栄李奈さんの虜になってしまうのも納得できますね。

川栄李奈 高校

部活には所属せずにオーディションを受けるまではコンビニでアルバイトをしていたので、川栄李奈さん目当てに買い物に来る男子も多かったことでしょう。

高校1年生にあたる2010年7月24日に開催された『AKB48第11期研究生オーディション』に合格。

川栄李奈さんは、“オーディションを受けたキッカケは、友人に誘われてノリと遊び感覚で応募してみた”というゆるい動機でした。

合格してAKBメンバーに入った後も歌や踊りに身が入らず、AKBメンバーを辞めようと思っていたんですよ。

しかし、“演じることは楽しい”と感じるようになってからは女優になりたいと決心し、AKBを卒業することを決め、2015年8月にASKからエイベックス・ヴァンガードに移籍し女優デビュー。

女優としてのデビュー作は、2011年4月放送開始のドラマ『マジすか学園2』です。

川栄李奈 マジすか学園2

同ドラマに“りな”役として出演してる川栄李奈さんは当時16歳だったであどけなさが残る少女ですね。

『マジすか学園2』では最終話のみの出演でしたが、『マジすか学園3』からは出番が増えていますので、演技力を買われていたということでしょう。

川栄李奈の高校時代の同級生(日出高校)

  • 志尊淳(俳優)(通信制)
  • 藤井萩花(E-girls)
  • 日高里菜(声優)
  • 鈴木愛理(℃-ute)
  • 尾島知佳(アイドリング!!!)
  • 玉井杏奈(PASSPO☆)
  • 松井みお(PASSPO☆)
  • 山内鈴蘭(AKB48)
  • 西野七瀬(乃木坂46)
  • 能條愛未(乃木坂46)
  • 樋口裕太(俳優)
  • 松岡茉優(女優)
    →松岡茉優の高校や中学の学歴まとめ!昔の画像と顔が変わった?
【スポンサーリンク】

川栄李奈の出身中学校

川栄李奈 中学 大和市立鶴間中学校

川栄李奈さんは2007年4月に大和市立鶴間中学校へ入学し、2010年3月に卒業しています。

学校名 大和市立鶴間中学校
偏差値
入試難度
所在地 〒242-0001
神奈川県大和市下鶴間3016
公式HP http://www.ed2.city.yamato.kanagawa.jp/c-turu/

川栄李奈さんが鶴間中学校出身であることは、同校出身であるというつぶやきがあることから間違いないでしょう。

川栄李奈の中学時代にファンクラブ!

川栄李奈さんはソフトテニス部の副部長をしていて、ファンクラブができるほどモテたとラジオ「AKB48のオールナイトニッポン」で語っていました。

”「中学校でアンケートで、“一番、モテる人”“一番、かわいい人”、全部私だったの。部活の後輩から『川栄さんのファンクラブがあるの知ってますか』と言われた」”
引用元:【AKB48の川栄李奈 学生時代にファンクラブがあった!(エキサイトニュース)】

それだけモテるとどんな気持ちになるのでしょうね。1日でいいからそんな立場になってみたいものです。

川栄李奈の出身小学校

川栄李奈 小学校 大和市立林間小学校

川栄李奈さんは2001年4月に大和市立林間小学校へ入学し、2007年3月に卒業しています。

学校名 大和市立林間小学校
所在地 〒242-0043
神奈川県大和市林間1-5-18
公式HP http://www.ed2.city.yamato.kanagawa.jp/s-rinka/

川栄李奈さんが林間小学校出身であることは、大和市立鶴間中学校の学区域にある小学校は1つしかないため間違いありません。

川栄李奈の小学生時代から女優だった?

小学生の時どうしても妹が欲しかったので、2年間友達に嘘をついていたことがあったんだそう。

架空の妹を2年間も友達に信じさせたとは、演技力が小学校の頃から養われていたのかもしれません。

小学校の頃の画像はありませんが、2012年9月18日の29thシングル『永遠プレッシャー』選抜じゃんけん大会の時の川栄李奈さんはランドセルと黄色い学帽がとても似合っていて、きっとこんな感じの小学生だったのでしょう。

川栄李奈 選抜じゃんけん大会 小学生役

川栄李奈の学歴まとめ!

川栄李奈

【調査中】幼稚園 保育園
入園年月 1998年4月
卒園年月 2001年3月
大和市立林間小学校
入学年月 2001年4月
卒業年月 2007年3月
大和市立鶴間中学校
偏差値 入試難度
入学年月 2007年4月
卒業年月 2010年3月
神奈川県立綾瀬西高等学校
偏差値 40 入試難度
入学年月 2010年4月
卒業年月 2011年退学(※月日は調査中)
高等学校・普通科・通信制
偏差値 入試難度
入学年月 2012年4月
卒業年月 2014年3月
大学
偏差値 入試難度
入学年月 進学せず
卒業年月

AKBに在籍していた頃は踊りも歌も好きじゃなかったという衝撃的な事実がありましたが、『A-studio』出演時に「演じることが大好きでおばあちゃんになっても続けていきたい」と語っていたことから、夢を見つけることが出来てよかったですね。

色んな役にどんどんチャレンジして、日本を代表する女優になってもらいたいと願います。