Koki 木村光希

Kōki,(木村光希)さんの出身高校や大学などの学歴と本当の出身地を徹底解説!幼少期の画像を含め、学生時代に迫ります!

4ヶ国語も話せることや作曲もしていたことなど他では知れない情報満載でお伝えしています。

Kōki,(木村光希)の学歴・経歴一覧

まずはKōki,さんの学歴と主な経歴を年表形式で紹介します!

ふりがなこうき/きむらこうきKoki
氏名

本名
Kōki,/木村光希
生年月日2003日生 18
出身東京都目黒区
身長161cm  血液型 O
最終学歴高卒 ブリティッシュ・スクール・イン・東京
年齢学歴・経歴
2003東京都目黒区生まれ
父親は木村拓哉&母親は工藤静香
アオバジャパンインターナショナルスクール入園
2008アオバジャパンインターナショナルスクール卒園
ブリティッシュ・スクール・イン・東京(小学校)入学
201310第23回ヤマノジュニアフルートコンテスト優秀賞
201411ブリティッシュ・スクール・イン・東京(小学校)卒業
ブリティッシュ・スクール・イン・東京(中学校)入学
201714作曲デビュー『鋼の森』『カスミ草』『Time after time』
201815モデルデビュー『ELLE japon』表紙
  日本初&歴代最年少のブルガリアンバサダー
  日本初シャネルのビューティーアドバイザー
  エル シネマアワード2018 エル・ガール ライジングスター賞
201916ブリティッシュ・スクール・イン・東京(中学校)卒業
ブリティッシュ・スクール・イン・東京(高等学校)入学
202017ベストジュエリードレッサー賞2020( 10代部門)
202118ブリティッシュ・スクール・イン・東京(高等学校)卒業
映画初出演&初主演『牛首村』

(※緑文字:学歴 赤文字:印象的な事柄

東京都目黒区出身のKōki,さん。父親は木村拓哉さん、母親は工藤静香さんで有名ですね。

木村拓哉の高校や大学の学歴&経歴まとめ!マツコと中居が同級生!

工藤静香の高校や大学の学歴・出身情報!幼少期の歯抜け画像が可愛い!

Kōki,さんの姉は音楽家でファッションモデルのCocomiさんです。

Cocomi(木村心美)の高校や大学の学歴・出身情報!フルートが凄すぎ!

超お金持ちな家庭に生まれ、4人家族として育ったKōki,さん。

幼稚園からインターナショナルスクールに通い、英語が母国語のように極めているKōki,さんが次に習得しているのはフランス語とスペイン語なんですよ。

そんなKōki,さんはどんな学生生活を送っていたのでしょうか?当時のエピソードや画像などを現在からさかのぼりながら見ていきましょう!

Kōki,(木村光希)の出身大学

Kōki,さんは大学に進学していません。

出身高校からは海外の大学に進学するケースが多いのですが、新型コロナウィルスがまんえんしたことから大学に進学せずに芸能界に専念することを選んだようです。

ちなみに、日本の大学に進学するにはイギリス独自の大学入学試験『GCE Aレベル』制度を取得すれば可能なんですよ。

Kōki,(木村光希)の出身高校

Kōki,さんは2019年9月にブリティッシュ・スクール・イン・東京・key stage 5 (A-level/6thForm)へ入学し、2021年8月に卒業しています。

学校名ブリティッシュ・スクール・イン・東京
学科・コースkey stage 5 (A-level/6thForm)
所在地〒154-8533
東京都世田谷区太子堂1-7-57学校法人昭和女子大学内 5号館3階・4階・5階
最寄り駅三軒茶屋駅(首都高速渋谷3号線)
公式HPhttps://office.swu.ac.jp/content/c_consistency/c_british/

Kōki,さんがブリティッシュ・スクール・イン・東京出身であることは、2007年12月20日号の『女性セブン』で「イギリス英語が好きだ」とコメントしていることが掲載されていたことと、東京でイギリスのインターナショナルスクールは同校1校だけであることから間違いないでしょう。

イギリスでの中学校最終学年は日本の高校1年生に該当することから、少しややこしくなりますが、ブリティッシュ・スクール・イン・東京ではKōki,さんは中学生です。

Kōki,さんが桐朋女子高等学校に進学したという噂がありますが、日本の高校1年生にあたる2018年5月28日発信の『スポニチアネックス』で“インターナショナルスクール在学”と掲載されていることから、桐朋女子高等学校ではありませんね。

“コウキ 2003年(平15)2月5日生まれ、東京都出身の15歳。都内のインターナショナルスクール在学。”
引用元:【キムタク&静香次女がモデルデビュー、ファッション誌いきなり表紙(スポニチアネックス)】

Kōki,さんの姉でCocomi(木村心美)さんが桐朋女子高等学校・音楽科に進学したことから、妹も同じ学校だと勘違いされたのでしょう。

第72回全日本学生音楽コンクール




Kōki,(木村光希)の出身中学校

Kōki,さんは2014年9月にブリティッシュ・スクール・イン・東京・(key stage 3・key stage 4 (IGCSE))へ入学し、2019年8月に卒業しています。

学校名ブリティッシュ・スクール・イン・東京
所在地〒154-8533
東京都世田谷区太子堂1-7-57学校法人昭和女子大学内 5号館3階・4階・5階
最寄り駅三軒茶屋駅(首都高速渋谷3号線)
公式HPhttps://office.swu.ac.jp/content/c_consistency/c_british/

Kōki,さんがブリティッシュ・スクール・イン・東京出身であることは、高校と同じくイギリスのインターナショナルスクールであることから間違いないでしょう。

イギリスでは11歳から15歳までの5年間のことを『Secondary School』と呼び、日本の中学生にあたります。

日本とイギリスでは年齢と学年の対応は違い、イギリスの年齢と学年の対応表は下記のとおりです。

Groupe System

Age as of 31st AugustUK stageUK Year
FoundationNursery
FoundationReceotion
key stage 1Year 1
key stage 1Year 2
key stage 2Year 3
key stage 2Year 4
key stage 2Year 5
10key stage 2Year 6
11key stage 3Year 7
12key stage 3Year 8
13key stage 3Year 9
14key stage 4 (IGCSE)Year 10
15key stage 4 (IGCSE)Year 11
16key stage 5 (A-level/6thForm)Year 12
17key stage 5 (A-level/6thForm)Year 13

イギリスは9月から新学年になるので、8月31日の生徒の満年齢が学年を決める基準になります。

左欄が8月31日時点での生徒の満年齢、中央欄がイギリスでの年齢別の段階(日本の場合の中学、高校のようなもの)、右欄がイギリスでの学年の言い方です。

Kōki,(木村光希)は中学生で芸能界デビュー

Kōki,さんは、2018年5月28日に発売された『ELLE JAPON』でデビューしました。

Koki

いきなり表紙を飾るほどのVIP待遇ですが、170cmの恵まれた身長と高級ブランドに負けない貫禄があってのことで、親の七光りだけでは成し得なかったでしょう。

Kōki,さんは木村拓哉さんに良く似ていて、女性らしいというよりもカッコイイですね!

Koki-木村光希

しかも語学に堪能で、日本語・英語・フランス語・スペイン語が話せるんだとか。

本名は木村光希(きむらみつき)さんと言いますが、芸名をKōki,(木村光希)としたのは海外の人が発音しやすいようにしたんだそう。

デビューから国際的に活躍することを視野に入れているのですね。

インスタグラムもデビューしていますが、すでにフォロワーが200万人超えです。

My sister is my personal cameraman

Kōki,さん(@Kōki,official_0205)がシェアした投稿 –

このインスタグラムにはMy sister is my personal cameraman(姉は私の個人的なカメラマン)と書かれているので、上記の画像はCocomiさんが撮影したものなんですね!

Kōki,(木村光希)は作曲家デビューもしていた!

Kōki,さんはフルートとバイオリンに長けていて、モデルよりも前に本格的に音楽活動を開始しています。

母親の工藤静香さんが2017年8月30日にリリースしたアルバム『凛』の中で『鋼の森』と『かすみ草』、『Time after time』はKōki,さんが作曲したものです。

ゆったりとしたテンポと低音が響く曲で、中学生が作ったものとは思えない大人の雰囲気をかもし出していますね。

また、『鋼の森』と『かすみ草』の作詞は『愛絵理(あえり)』さんなのですが、工藤静香さんのペンネームなんですよ!親子で共同制作とは羨ましい限りです。

学校ではCocomiさんと演奏会に出席していました。

Cocomi 中学時代

Cocomi Koki 中学時代

今後モデルとしてだけでなく、作曲家としても開花させていくでしょう。

Kōki,(木村光希)の出身小学校

Kōki,さんは2008年9月にブリティッシュ・スクール・イン・東京(key stage 1・key stage 2)へ入学し、2014年8月に卒業しています。

【渋谷キャンパス】

【昭和キャンパス】

学校名ブリティッシュ・スクール・イン・東京
所在地【渋谷キャンパスの住所】 (5~7歳)
〒150-0002
東京都 渋谷区渋谷1-21-18
【昭和キャンパスの住所】(8歳~11)
〒154-8533
東京都世田谷区太子堂1-7-57学校法人昭和女子大学内 5号館3階・4階・5階
最寄り駅渋谷(JP山手線)
三軒茶屋駅(首都高速渋谷3号線)
公式HPhttps://office.swu.ac.jp/content/c_consistency/c_british/

Kōki,さんがブリティッシュ・スクール・イン・東京出身であることは、姉の木村心美さんが小学校から同校に入学していることから、Kōki,さんも同じだと考えるのが自然でしょう。

イギリスでは5歳から11歳までの6年間のことをPrimary Schoolと呼び、日本で言う小学校に該当します。

キャンパスは8歳までは渋谷で、その後は昭和キャンパスに変わります。

ブリティッシュ・スクール・イン・東京Primary Schoolの学費は授業料と教育充実費で年間243,5万円かかり、6年間で1,461万円です。裕福な家庭のみが通うことのできる学校ですね。

Kōki,(木村光希)の小学生時代はコンクールで優秀賞

幼いころからフルートを習っていたKōki,さんは、2013年『ヤマノジュニアフルートコンテスト』で優秀賞を受賞しています。

第23回ヤマハコンクール

最優秀賞は姉のCocomiさんでしたが、姉妹揃って受賞するとは素晴らしいです。

楽譜を持っている画像を見ると、移動中でも音楽のことを考えていたのかと想像しますね。

Cocomi Koki 小学生時代

2014年8月には世界クラスのフルートを知るため音楽の本場であるヨーロッパ旅行にでかけた記事が報道されました。

Cocomi 小学生時代

手に持っている横長の袋にフルートが入っているのでしょうか。ふたりとも大事そうに肌身離さず持っていますね。

Kōki,(木村光希)の幼稚園

Kōki,さんはアオバジャパンインターナショナルへ入園し、2008年8月に卒園しています。

学校名アオバジャパンインターナショナルスクール
所在地〒153-0042
東京都目黒区青葉台2−11−5
最寄り駅神泉駅(京王井の頭線)
公式HPhttps://www.japaninternationalschool.com/

Kōki,さんがアオバジャパンインターナショナルスクール出身であることは、日本語でコミュニケーションできる、カナダの総合サービスサイト・jpcanada.comの2008年8月5日の掲示板に同園に通っていたという投稿があることから間違いないでしょう。

❝「青葉ジャパンインターナショナルスクール」。ここは宇多田ヒカルの母校であり、現在はキムタク・工藤静香夫妻の娘二人が通園しているんです。❞
引用元:【キムタクの長女がバンクーバーに留学?(jpcanada.com)】

アオバジャパンインターナショナルスクールは光が丘キャンパスと目黒キャンパスがありますが、木村拓哉さんの自宅が目黒区にあるというつぶやきが複数あることから、目黒キャンパスに通っていた可能性が高いですね。

2007年に完成した木村拓哉さんの豪邸は、完全防音設備の音楽スタジオが設置されています。

Cocomi 木村心美 実家

きっと娘たちがフルートを練習ができるように考えてのことで、時間を気にすることなく思う存分できたでしょうね。

美人で語学も堪能なKōki,さんに噂が立ってしまうんです。

Kōki,(木村光希)はダウン症?

Kōki,さんはダウン症ではないかという噂が流れましただが、ダウン症ではありません。

子供の顔を露出しないようにしたことであらぬ噂が立ち、根も葉もない噂になってしまったのではないかと思われます。

Cocomi Koki

Koki Cocomi

Cocomi Koki 幼少期

Cocomiさんと同じくらいの身長でお揃いの服を着ていると、まるで双子ですね。

Kōki,(木村光希)の学歴一覧・出身地詳細

Koki

ここまでKōki,さんの学歴について見てきましたが、出身幼稚園がアオバジャパンインターナショナルスクールということから出身地は目黒区でしょう。

目黒区は東京都写真美術館があるので、Kōki,さんは音楽だけでなく美的感覚も美術館で養っていたのかも?

両親が大物芸能人のサラブレッドとして鳴物入りでモデルデビューを果たしたKōki,さんですが、4ヶ国語を操り、フルートコンクールでの受賞や作曲活動など、かなりの才能を持った人物ではないかと興味深いですよね。

今後の活躍が楽しみで仕方ありません。