吉田沙保里

霊長類最強女子の異名を持つ吉田沙保里さんですが、どんな学生だったのでしょうか?

そんな彼女の出身校や偏差値などの経歴情報と共に、昔の画像やレスリングを始めたキッカケをご紹介します!

2男1女の長女として育った吉田沙保里さんはどこの学校を卒業したのでしょうか?家族構成などのプライベートな情報とともに見てきましょう!

吉田沙保里のプロフィール

吉田沙保里

本名:吉田沙保里(よしださおり)
愛称:霊長類最強女子・絶望

生年月日(星座):1982年10月5日(てんびん座)
血液型:O型
出身地:三重県津市

所属:至学館大学
職業・ジャンル:女子レスリング
活動期間:1985年~

趣味・特技:カラオケ・ゴルフ
SNS:ツイッターインスタグラム公式サイト
家族:兄・兄・未婚

<主な活動・実績>

  • 2002年2003年2005年~2015年『世界女子選手権55kg級 』優勝
  • 2012年『ロンドンオリンピック 女子レスリング55kg級』金メダル
  • 2016年『リオオリンピック 女子レスリング55kg級』銀メダル
    ほか

吉田沙保里の経歴~レスリングを始めたキッカケ~

吉田沙保里さんがレスリングを始めたキッカケは父親と兄2人がレスリングをしていて家に道場があったことから。

3歳から父親の主宰する一志ジュニアへ入り1986年から本格的に活動を開始しています。

5歳のときの人生初の試合は、6-7で負けだったんですが、その悔しさをバネに1995年JOC杯ジュニアオリンピック(40kg級)で優勝しました。

めげずに努力し続けることが大事なんですね。

吉田沙保里の家族構成

吉田沙保里さんには兄が2人がいますが、それぞれどんな人なのでしょうか?両親の情報とともに見ていきましょう!

吉田沙保里の父親

吉田沙保里 父親 吉田栄勝

名前:吉田英勝(よしだ えいかつ)
生年月日:1952年3月22日

吉田沙保里さんの父親・吉田栄勝さんも元レスリング選手で、専修大学卒業後に三重県庁に就職しました。

県庁に勤めながらレスリングを教える道場・一志ジュニアを主宰。

2009年にレスリング女子日本代表コーチに就任、2010年アジア選手権では女子チーム監督を務め、2012年のロンドンオリンピックでは女子代表チームコーチを務めました。

吉田栄勝さんの得意技はタックルで、吉田沙保里さんはそれを受け継ぎ「高速タックル」が彼女の代名詞になりましたね。

残念ながら2014年3月11日に伊勢自動車道を運転中、くも膜下出血を発症して亡くなりました。61歳でした。慎んでお悔やみ申し上げます。

目元が吉田沙保里さんと似ていますが、娘は父親に似るといいますから、一人娘の吉田沙保里さんのことはとても可愛かったでしょう。

吉田沙保里の母親

吉田沙保里 母親 吉田幸代

名前:吉田幸代(よしだゆきよ)
生年月日:1955年(月日不明)

吉田沙保里さんの母親・吉田幸代さんはテニスがとても上手で、インターハイに出場するほどの実力者。中学、高校、大学とキャプテンを務めてきました。

吉田沙保里さんの運動神経の良さは、母親からも受け継がれているのでしょうね。

2016年11月10日から放送していたアサヒスーパードライのCMで親子共演しています。

吉田沙保里 母親 吉田幸代 アサヒスーパードライ CM

霊長類最強の女と言われているのがウソみたいに柔らかな雰囲気で、また親子よく似ていますね!

ちなみに、吉田沙保里さんは父親が30歳、母親が27歳の時の子供でした。

吉田沙保里の長兄

吉田沙保里 兄 吉田勝幸

名前:吉田勝幸(よしだ かつゆき)
生年月日:1978年(月日不明)

長兄の吉田勝幸さんもレスリングをしていましたが、キッカケは持病の喘息を治そうと父親が考えたからでした。

吉田勝幸さんが一志ジュニアで学んでいた時は楽しさが中心で、それでは勝てないという反省から吉田栄勝さんの指導が変わっていったと言います。

吉田勝幸さんの話によると、自分と弟の吉田栄利さんが実験台で、その指導方法で勝てなかった場合の反省点を修正したことで吉田沙保里さんは成功したと語っていましたが、親も初めての経験で試行錯誤する上で仕方ないことですよね。

長兄だけあって吉田沙保里さんと似ていますが、特に面長のところがそっくりですね。

吉田沙保里の次兄

吉田沙保里 次兄 吉田栄利

名前:吉田栄利(よしだ ひでとし)
生年月日:1981年(月日不明)

長兄とともにレスリングに励み、中学時代に全国大会2連覇、高校時代は鹿児島県の鹿屋中央高校でインターハイ王者だった吉田勝幸さんでしたが、オリンピックには出場できませんでした。

吉田栄勝さん亡き後、道場の後を継いでレスリングの指導にあたっています。

兄は細身の体型ですが、弟の吉田栄利さんはがっしりとした体格ですね。この体格で寝技をかけられたら、窒息してしまいそうです。

 吉田沙保里の出身校と偏差値

吉田沙保里さんはどんな学生だったのでしょうか?通っていた小学校や中学校、高校や大学はどこなのか、偏差値の情報もあわせてご紹介します!

吉田沙保里の大学院

吉田沙保里 北京オリンピック

吉田沙保里さんは中京女子大学(現:至学館大学)・健康科学部・健康スポーツ科(偏差値:─ 難易度:─)の「名誉修士号」を2008年に授与されました。

※現在は男女共学化し、至学館大学と名称を変更
※大学院に偏差値の概念なし

【大学の住所】
〒474-0011
愛知県大府市横根町名高山55

修士号は中京女子大学谷岡郁子学長からのプレゼントだったのですが、北京オリンピックで金メダルをとったご褒美としてでした。

しかし、当の本人は「修士号って何?」と周囲に聞いて驚かせましたが、天然発言は吉田沙保里さんらしいですね。

吉田沙保里の大学と偏差値

吉田沙保里 アテネオリンピック

吉田沙保里さんは中京女子大学(現:至学館大学)・健康科学部・健康スポーツ科(偏差値:45.0~47.5 難易度:低)2001年4月に入学し、2005年3月に卒業しています。
※現在は男女共学化し、至学館大学と名称を変更

【大学の住所】
〒474-0011
愛知県大府市横根町名高山55

まさしく高速タックルをとらえた画像ですが、相手はタックルで責めてくるだろうと分かっていても高速すぎて避けられないのでしょう。

吉田沙保里さん大学4年生のときですが、オリンピック初出場で金メダルを獲得しました。

吉田沙保里 アテネオリンピック 金メダル

「絶対に金を取ります!」と公言し、勢いよく挑んだオリンピックですが、本当に金メダルを獲得できるとは素晴らしいですね。

吉田沙保里の高校と偏差値

吉田沙保里 高校生

吉田沙保里さんは三重県立久居高等学校(偏差値:38.0~43.0 難易度:低)1998年4月に入学し、2001年3月に卒業しています。

【高校の住所】
〒514-1138
三重県津市戸木町3569-1

思春期は吹き出物などで肌が荒れたりすることがあるのに、吉田沙保里さんの肌はツルツルできれいですね。

高校の時の試合の成績は1998年、1999年の世界カデット選手権での優勝です。ここでも連続優勝しているんですね。

吉田沙保里の中学校

吉田沙保里さんは一志町立一志中学校1995年4月に入学し、1998年3月に卒業しています。

【中学校の住所】
〒515-2504
三重県津市一志町高野2609番地

一志中学校は陸上競技部が強く、2008年12月21日に全国中学校駅伝大会で7位に入賞しています。

なんと吉田沙保里さんも陸上競技部に所属していたんですよ!高速タックルをするくらいですから足も速かったのかも知れません。

吉田沙保里の小学校

吉田沙保里さんは小学校を1989年4月に入学し、1995年3月に卒業しています。

 

吉田沙保里さんの小学校は明らかになっていませんが、中学校が一志町立一志中学校と判明しているため、学区から推測しました。

  • 津市立一志東小学校
  • 津市立一志西小学校

3歳のときからレスリングをしていて、小学校のときには既に敵なしと評判だった吉田沙保里さんは、近所では超有名人だったでしょう。

吉田沙保里さんはレスリング界では神童だったと言えますが、大人になっても勝ち続けていることが本当に素晴らしいですよね。

ふつうの取得の仕方ではないとは言え、修士号の意味がわからないのに修士号を取得してしまったというエピソードは伝説です。

偏差値は学力をはかる基準ですが、運動神経能力をはかる基準があると仮定したならば、吉田沙保里さんは100を越えてしまうかも知れません。