磯村勇斗

イケメン俳優の登竜門である『仮面ライダー』シリーズからかっこいいと注目を浴び、ドラマや映画に引っ張りだこの磯村勇斗さんですが、どこの高校や大学を卒業しているのでしょうか?

学生時代のエピソードも併せた学歴情報をお届けします!

磯村勇斗の大学

磯村勇斗 桜美林大学

磯村勇斗さんは桜美林大学・芸術文化学群・演劇ダンス専修(偏差値:47~51 入試難度:低)2011年4月に入学し、2013年9月に中退しています。

【桜美林大学芸術文化学群の住所】
〒194-0294
東京都町田市常盤町3758

磯村勇斗さんが桜美林大学出身であることは、2017年8月26日発行の日刊スポーツのインタビューで語っていることから明らかです。

“卒業後、すぐに芸能界入りを目指すつもりでしたが、両親から「大学は行った方がいい」と言われ、芝居のできる大学(桜美林大)に進みました。ただ、芸能活動への思いが強くて2年で中退。”
引用元:【「ひよっこ」の磯村勇斗“ふるさと大使”で恩返し(日刊スポーツ)】

桜美林大学は学部や学科で分けることをせず『学群』という制度を採用していますが、学部よりも大きい区分けで含みを持たせた学びを追求しています。

校舎の名前が特徴的で、儒教の『明々館』や中国の学校名の『崇貞(すうてい)館』など、キリスト教を元にした大学でありながら東アジア由来なんですよ。

また留学制度が充実していて150以上の国際協定締結校があり選択肢が豊富です。

桜美林大学の初年度納入額は1,514,000円で文部科学省による私立平均額1,316,816円と比べると約200,000円ほど高めです。

大学時代のエピソード

中学の頃から演劇をしたかった磯村勇斗さんは、本当は大学に進学するつもりはなくて高校を卒業した後はプロダクションか劇団に入りたかったんです。

しかし磯村勇斗さんの両親は大学に進学して欲しかったことから演劇を勉強できる桜美林大学に決めました。

演劇の勉強はできても大学はあくまでも授業。しぶしぶ通うには4年間は長く3年生の9月に退学を中退してしまいました。

大学生活のことをインタビューではこのように語っていました。

“実は大学は2年半で中退してしまいました。結局は学生の授業。4年間も大学にいたら、自分の熱意がどんどん失われていく気がしたし、毎日に満足できなくなったんです。”
引用元【「今年が役者としてのスタート元年目の前の仕事にしっかり取り組んでいきたい」(Deview)】

大学の授業でも学ぶことはたくさんあったと想像しますが、磯村勇斗さんにとって現場感が足りなかったのかもしれません。

その後は居酒屋やカフェでアルバイトをしながらオーディションをたくさん受けるという下積み生活を送るのですが、一人暮らしをしていた磯村勇斗さんは友人に食料を分けてもらうほど貧しい生活に耐えたんだそうで演劇への情熱が伝わってきますね。

そんな努力家の磯村勇斗さんはイケメンですが、色んな人と似ていると噂になっているんですよ!

磯村勇斗と似てる人が多すぎ!

磯村勇斗さんが似ていると噂になっている人は男性だけでなく女性もいて、芸能界やスポーツ界にまで渡っているんですが、誰と似ているのか1人づつ紹介しましょう。

菅田将暉さん

磯村勇斗 菅田将暉

染谷将太さん

磯村勇斗 染谷将太

三浦涼介さん

磯村勇斗 三浦涼介

綾野剛さん

磯村勇斗 綾野剛

宇野昌磨さん

磯村勇斗 宇野昌磨

羽生結弦さん

磯村勇斗 羽生結弦

坂本勇人さん

磯村勇斗 坂本勇人

松岡麻優さん

磯村勇斗 松岡麻優

そして極めつけが矢野聖人さんですが、本人同士も似ていると自覚していてツイッターで披露しています。

これほどたくさんの人に似ていると言われるということは、いろんな役になれるとも言え、今後の磯村勇斗さんの七変化ぶりに期待できますね!


【主な卒業生】

磯村勇斗の高校

磯村勇斗  静岡県立沼津西高等学校

磯村勇斗さんは静岡県立沼津西高等学校・普通科(偏差値:52~58 入試難度:2008年4月に入学し、2011年3月に卒業しています。

【高校の住所】
〒410-0867
静岡県沼津市本字千本1910-9

磯村勇斗さんが沼津西高校出身である理由は、先ほどの日刊スポーツのインタビューに記載されていたことから確かですね。

“俳優を志しながらも、やんちゃだった沼津西高時代を振り返り、地元への恩返しを誓った。”
引用元:【「ひよっこ」の磯村勇斗“ふるさと大使”で恩返し(日刊スポーツ)】

沼津西高校は1901年に普通科の女学院として開校しましたが、2003年に芸術科を設置すると共に男女共学に移行しました。

勉学だけに励むのではなく、学校近くの千本浜海岸を流木の中からゴミだけを拾う清掃運動をしたり、沼津経済活性化を高校生目線から取り組む運動もしています。

高校時代のエピソード

高校時代はやんちゃで厳しい校則にも反抗的だったようで、『母校訪問企画』があったら是非ともオファーを受けて母校で素直に謝りたいんだとか。

反抗的であったのも、実は高校にも進学せずに演劇のため上京したかったにも関わらず「高校くらいはでておけ」と両親の反対にあったことから、志望した高校ではなかったんですよ。

普通科に進学したもののどうしても演劇の勉強をしたかったことから、磯村勇斗さん本人が劇団『沼津演劇研究所』を探し出して高校2年生のときから週1で学び始めます。

初めての舞台は高校2年生の冬で、30歳の男性役だったんだとか。

沼津演劇研究所は2011年11月20日より活動を休止していますが、磯村勇斗さんに与えた影響は計り知れないでしょうね。

部活は沼津で活発なバスケットボールをしていて卒業まで続けていたのですが、強豪校が多いようで県大会進出やインターハイで決勝進出などの成績は残っていませんでした。

磯村勇斗さんの当時の画像はありませんがバスケットボールの衣装を着ている姿をみると、高校時代もカッコよかったんでしょうね。

磯村勇斗 バスケットボール

【主な卒業生】

  • 田嶋陽子(元参議院議員)

磯村勇斗の中学校

磯村勇斗  沼津市立第一中学校

磯村勇斗さんは沼津市立第一中学校2005年4月に入学し、2008年3月に卒業しています。

【中学校の住所】
〒410-0806
静岡県沼津市本字丸子町692-1

磯村勇斗さんが第一中学校出身である理由は、先ほどの2017年8月26日発行の『日刊スポーツ』における磯村勇斗さんのプロフィール欄に書かれていたことから間違いありません。

磯村勇斗 沼津市立第一中学校

第一中学校は平成30年度から小中一貫校としてスタートしました。全校生徒が120名ほどの小さめな学校ですが、沼津西高校と同様、地域清掃に力を入れています。

中学時代のエピソード

中学生もバスケットボールを頑張っていましたが、学校の授業で友達と自主制作映画を作って披露したことがきっかけで俳優を目指すようになります。

反響がとても良かったようで、オーディションサイト『Deview』のインタビューで語っていました。

“中学2年生のとき、学校の授業の課題で友達と自主制作の映画を作ったことが芸能界を目指すきっかけです。『ヌマヅの少女ハイジ』という15分ぐらいの作品で、脚本もカメラも自分でこなし、ハイジ役も自分で演じました(笑)。それを学校で上映したときに、すごくたくさんの拍手をもらったんです。俳優になるしかない!と思いました。”
引用元【「今年が役者としてのスタート元年目の前の仕事にしっかり取り組んでいきたい」(Deview)】

磯村勇斗さんが演じた『ハイジ』は女の子ですが、ジブリ作品の『アルプスの少女ハイジ』に似た衣装で演じていたのかもしれないと想像すると可愛かったでしょうね。

磯村勇斗 アルプスの少女ハイジ

また、俳優だけでなくモデルのオーディションにも応募していたようで、磯村勇斗さんの公式ブログに書かれています。

“JUNON BOYは中学の時かな?たしか…1度応募したような記憶が…笑。携帯で初めて自撮りした覚えだけはあります。”
引用元【ゆるぅぅぅぅいブログ(磯村勇斗のオフィシャルブログ・キドウ)】
きっと数え切れないほどの画像を撮影したはずで、いろんなポーズを携帯に向かっている姿を想像すると頑張れ!と応援したくなりますね。

【主な卒業生】

  • 田嶋陽子(元参議院議員)

磯村勇斗の小学校

磯村勇斗 沼津市立第一小学校

磯村勇斗さんは沼津市立第一小学校1999年4月に入学し、2005年3月に卒業しています。

【小学校の住所】
〒410-0881
静岡県沼津市八幡町65ー1

磯村勇斗さんが第一小学校出身であることは、日刊スポーツのインタビューでのプロフィール欄に書かれていたことから間違いありません。

磯村勇斗 沼津市立第一小学校 

第一小学校は明治元年に徳川家の家臣の土地に校舎を建設したことから始まった長い歴史のある小学校です。

日本の伝統を継承すべく、琴やそろばん、茶道に校区の歴史探検など様々な日本文化を学ぶ機会も設けています。

小学生時代のエピソード

小学校時代は俳優ではなく『お笑い芸人』になりたかったんだそうで、特に『アンジャッシュ』さんや『インパルス』さんに憧れていたんだとか。目立ちたがり屋で注目を浴びることが大好きでした。

また、部活はサッカーしていて「人生で一番頑張った時期だった」とオーディションサイトの『Deview』でも語っていたことから相当努力していたはず。

勉強も頑張っていて、満点取るとおもちゃを買ってくれたこともあったんですって!

それほど勉強ができたから両親は磯村勇斗さんに大学進学を強く勧めたのでしょう。

磯村勇斗の幼稚園

磯村勇斗さんは幼稚園を1999年3月に卒園しています。

磯村勇斗さんの出身幼稚園がどこなのかは明らかにされていませんが、第一小学校の近くから下記のいずれかの幼稚園に通っていたと考えられます。

  • 中央幼稚園
  • ルンビニ幼稚園
  • 四恩幼稚園
  • 第一幼稚園
  • 沼津聖マリア幼稚園
  • こずわ幼稚園
  • 沼津梅花幼稚園

幼稚園時代のエピソード

幼稚園からモテていたという磯村勇斗さんは、自分から告白することはなく“待ちの態勢”だったんだそう。

2017年9月20日発売の『週刊女性』で語られていたのですが、幼稚園で告白される男子はそんなにいなかったでしょうね。

異性にモテることは人気俳優になる重要なポイント。磯村勇斗さんは生まれて数年で持ち合わせていたとは只者ではありません。

中学時代の自主制作映画の反響が磯村勇斗さんの人生をガラリと変えましたが、思い続けることはなかなかできないことで、磯村勇斗さんの本気度が伝わってきます。

中学で俳優になることを決心して積極的に高校進学を考えなかったにも関わらず、偏差値52~58の高めの沼津西高校に入学したとは元々磯村勇斗さんは賢かったのでしょう。

頭の良さを生かし今後の演技がどう表現されるのかとても期待できますね!